ユーザーインターフェイス要素のローカライゼーション localization-of-user-interface-elements

インタラクティブ画像ビューアに表示されるコンテンツには、ローカライゼーションの対象となるものもあります。 このコンテンツには、ユーザインターフェイス要素のツールチップや、読み込み時にフライアウトズームビューで表示される情報メッセージなどが含まれます。

ビューア内のテキスト内のローカライズ可能な内容は、SYMBOL と呼ばれる、特別な Viewer SDK 識別子で表されます。 SYMBOL には、英語のロケール ( "en") が標準のビューアに付属しており、必要に応じてロケールのユーザ定義値が設定されている場合もあります。

ビューアが起動すると、現在のロケールがチェックされ、そのロケールでサポートされる各シンボルに対してユーザ定義の値が存在するかどうかが確認されます。 ある場合は、ユーザー定義の値を使用します。それ以外の場合は、標準のデフォルトテキストにフォールバックされます。

ユーザ定義のローカリゼーションデータは、ローカライゼーション JSON オブジェクトとしてビューアに渡すことができます。 このようなオブジェクトには、サポートされるロケール、各ロケールの SYMBOL テキスト値、およびデフォルトのロケールのリストが含まれます。

このようなローカライゼーションオブジェクトの例を次に示します。

{
"en":{
"Container.LABEL":"Interactive Image Viewer"
 },
 "fr":{
"Container.LABEL":"Visionneuse d'images interactive"
},
defaultLocale:"en"
}

上記の例では、ローカリゼーションオブジェクトで 2 つのロケール ( "en" および "fr") を参照し、各ロケールで 2 つのユーザーインターフェイス要素のローカライゼーションを提供します。

Web ページコードでは、ローカリゼーションオブジェクトをの値としてビューアのコンストラクターに渡す必要があります。 localizedTexts 設定オブジェクトのフィールド。 別のオプションとして、 setLocalizedTexts(localizationInfo) メソッド。

次のシンボルがサポートされています。

記号
ツールチップの表示…
Container.LABEL
トップレベルのビューア要素の ARIA ラベル。
ZoomView.ROLE_DESCRIPTION
メインビューコンポーネントの ARIA ロールの説明。
ZoomView.USAGE_HINT
ARIA キーボードユーザー向けの使用ヒント。
recommendation-more-help
b7426f53-aad9-4c00-83fc-664f30f681e8