setAsset setasset

フライアウトビューアの JavaScript API リファレンス。

setAsset( *asset*)

アセット

{ 文字列} 新しいアセット ID、明示的な画像セット、またはフレーム固有の画像サービング修飾子を含む明示的な画像セット。オプションのグローバル画像サービング修飾子を後に付加します。 ?.

IR(画像レンダリング)または UGC(ユーザー生成コンテンツ)を使用する画像は、このビューアではサポートされません。

新しいアセットを設定します。 このパラメーターは、いつでも(前後に)呼び出すことができます init(). 次の後に呼び出された場合 init()を指定した場合、ビューアは実行時にアセットをスワップします。

関連トピック init.

戻り値 section-1d3cf85bc7cc4dfe9670e038d02b9101

なし

section-9e9332aa86b74a5fb321375c03fdc5b3

単一の画像参照:

<instance>.setAsset("Scene7SharedAssets/Backpack_B")

カタログで定義されている画像セットへの単一の参照:

<instance>.setAsset("Scene7SharedAssets/ImageSet-Views-Sample")

明示的な画像セットを次に示します。

<instance>.setAsset("Scene7SharedAssets/Backpack_B,Scene7SharedAssets/Backpack_C")

フレーム固有の画像サービング修飾子を含む明示的な画像セット:

<instance>.setAsset("(Scene7SharedAssets/Backpack_B?op_colorize=255%2C0%2C0,Scene7SharedAssets/Backpack_B?op_colorize=0x00ff00)")

セット内のすべての画像にシャープ修飾子が追加されました。

<instance>.setAsset("Scene7SharedAssets/Backpack_B,Scene7SharedAssets/Backpack_C?op_sharpen=1")
recommendation-more-help
b7426f53-aad9-4c00-83fc-664f30f681e8