一般原則

Journey Optimizer では、イベントやデータソースに保存されたコンテキストデータを活用して、リアルタイムオーケストレーションのユースケースを構築できます。

次の機能を活用して、複数のステップから成る詳細なシナリオを設計できます。

  • リアルタイム送信 単一配信 イベントを受信したときにトリガーされます。 バッチで Adobe Experience Platformセグメントの使用

  • イベント、Adobe Experience Platform の情報、サードパーティの API サービスのデータなどの​コンテキストデータ​を活用できます。

  • 以下を使用: ビルトインアクション デザインしたメッセージを送信するには Journey Optimizer または カスタムアクション サードパーティ製システムを使用してメッセージを送信する場合。

  • ジャーニーデザイナー​を使用すると、エントリイベントやセグメントの読み取りアクティビティを簡単にドラッグ&ドロップして、条件を追加し、パーソナライズされたメッセージを送信するなど、複数の手順から成るユースケースを作成できます。

このページ