Adobe Experience Cloud リリースノート - 2021年9月

バナー

Experience Cloud アプリケーションおよびサービスは毎月更新されます。このページには、Experience Cloud と Experience Platform の最新のリリースアップデート、ドキュメントおよびチュートリアルが集約されています。また、Creative Cloud for Enterprise と Document Cloud の新しいドキュメントも参照できます。

メモ

毎月アドビの優先製品アップデートをサブスクライブして、このページの更新に関する電子メール通知を受信します。このページはひと月にわたって保持されるので、定期的にアクセスして、アドビのエンタープライズ製品と Experience League のドキュメントが更新されていないか確認してください。

最終更新日:2021年9月14日(PT)

サポートが必要な場合は、Adobe Experience League にアクセスし、製品および技術ドキュメント、アドビが運営するコース、ビデオチュートリアル、すばやい回答、コミュニティインサイト、講師によるトレーニングをお探しください。

アイコン Experience League ライブイベント

Experience League ライブイベントとは、アドビの技術を学べる、Adobe の専門家や特別なゲストとのディスカッションです。以下のスケジュールを参照してライブに参加したり、過去の録画イベントを視聴したりしましょう。

イベントの日付 イベント名 タイプ 説明
2021年9月23日(PT) ホリデーキャンペーンを目立たせるためのエキスパートのヒント ライブビデオイベント 休暇に備えた買い物を始めるのに早すぎることがないのと同じように、ホリデーマーケティングキャンペーンを大成功に導くための計画に早すぎることはありません。Adobe Campaign を使用すると、組織の目標を達成するキャンペーンを設計、計画、実行できます。
1 年の終わりを華麗に飾るキャンペーンを実行するためのヒントはご存知でしょうか。それらに関する豊富な専門知識を持つ 3 人の Adobe 専門家によるライブディスカッションにご参加ください。詳細…
2021年8月26日(PT) 次のオーディエンスセグメントを従来よりもスマートに イベントの録画 すべての優れたマーケティングキャンペーンを成功させるには、オーディエンスのターゲティングを正確におこなう必要があります。新しい Adobe Experience Platform セグメントビルダー を使用すると、チャネルをまたいでプロファイルデータと時間ベースのユーザー行動を使用して、次のオーディエンスセグメントを作成できます。最も必要としている人にメッセージを届けるのに、これ以上の方法はありません。
2021年7月29日(PT) Adobe Analytics の実装に関する 3 つのお気に入りのヒント イベントの録画 Summit のステージで彼をご覧になった方もいるでしょう。Adobe インサイダーツアーでは、専門家としてアドバイスを提供しました。お客様自身の Adobe Analytics 実装に、彼と一緒に取り組めるというメリットが得られるかもしれません。エリック・マティソフフは、このメンバー限定 Experience League のライブディスカッションで、Adobe Analytics の実装に関する 3 つのお気に入りのヒントを紹介します。

その他のビデオについては、YouTube の Adobe Experience League チャンネル を参照してください。

アイコン Experience Cloud Central UI Components と管理

今月は更新はありません。頻繁に更新を確認してください。

Experience Cloud Central UI Componentsと管理に関するその他のヘルプリソース

アイコン Adobe System Status

Adobe System Status は、Adobe製品とサービスの停止、中断、メンテナンスイベントに関する詳細情報、ステータス更新、電子メール通知を提供します。status.adobe.com でご確認ください。

(Adobe System Statusの最新のリリース情報は、2020年5月21日(PT)のリリースノートをご覧ください。)

アイコン Adobe Analytics

リリース日:2021年9月15日(PT)

Adobe Analytics の新機能

機能 説明 一般公開 - ターゲット日
今月は新機能はありません なし

Customer Journey Analytics の新機能

機能 説明 一般公開 - ターゲット日
指標の重複排除 Customer Journey Analytics(CJA)で、指標から重複しているインスタンスを排除できるようになりました。同じ値が列(同じ列または別の列)に表示される場合は、指標の増加するのを防ぐことができます。重複排除は、主要指標が何度もカウントされるのを防ぎ、データの信頼性を高めます。詳細情報 2021年9月16日(PT)
レポートでの夏時間のサポート CJA内のすべてのデータは、(特定のタイムゾーンではなく)UTCで保存されます。CJAのデータビュー で、夏時間に基づき、1時間の増減を考慮してデータをシフトできるようになりました。詳細情報 2021年9月16日(PT)
カスタムカレンダー データビューに別のカレンダータイプ(retail 4-4-5など)を選択できます。同じ接続に基づいて複数のデータビューを作成し、同じデータを異なるカレンダー形式で表示できます。 詳細情報 2021年9月16日(PT)
ブール値フィールドのサポート CJAでブール値フィールドがサポートされるようになりました。詳細情報 2021年9月16日(PT)
新しい接続 情報のエクスペリエンス この接続 UI の機能強化により、データがレポートに使用できる状態かどうか、またいつ使用できるかを知ることができます。また、データ処理に関する問題を追跡することもできます。詳細 2021年9月20日(PT)

Adobe Analytics の修正点と CJA の修正点

  • 新しく Analytics をプロビジョニングした会社の管理者が最初のレポートスイートを作成できない問題を修正しました。(AN-265842、AN-269752)
  • データフィードが配信されない問題を修正しました。(AN-268758、AN-268737、AN-268568、AN-268759、AN-264728)
  • Target UI の A4T レポートで上昇率と信頼性が計算されない問題を修正しました。(AN-264841)
  • AppMeasurement ライブラリが iOS デバイスでアプリ内ブラウザーを読み込めなかった問題を修正しました。(AN-247942)
  • レポートスイート設定に Activity Map 設定が表示されない問題を修正しました。(AN-267243)
  • (CJA)CJA のレポートで、通貨コードの代わりに通貨記号が使用される問題を修正しました。(AN-268881)

Adobe Analytics におけるその他の修正点

AN-224899、AN-239753、AN-256295、AN-262122、AN-262449、AN-263969、AN-264665、AN-265223、AN-265260、AN-265519、AN-265579、AN-266199、AN-266354、AN-266968、AN-267564、AN-267624、AN-267711、AN-267781、AN-268170、AN-268267、AN-268334、AN-268402、AN-268551、AN-268675、AN-269000、AN-269050、AN-269059、AN-269305、AN-269531

Analytics 管理者向けの重要な注意事項

通知 追加日または更新日 説明
3 つの Analytics API サービスの提供終了 2021年9月16日(PT) 2021年10月28日​に、次のAnalyticsレガシーAPIサービスが提供終了日になり、シャットダウンされます。 これらのサービスを使用して構築された現在の統合は、その日以降使用できなくなります。
  • 1.3 Analytics API
  • 1.4 SOAP Analytics API
  • 従来の OAuth 認証(OAuth および JWT)
アドビでは、お客様のご質問に対する回答や進め方に関するガイダンスを提供するために、従来の API の EOL(サポート終了)に関する FAQ を用意しています。これらのサービスを使用する API 統合は、1.4 Analytics REST API または 2.0 Analytics API に移行できます。従来の OAuth アカウントは、Adobe I/O Analytics 統合アカウントに移行できます。このアカウントは、1.4 Analytics API と 2.0 Analytics API のどちらにアクセスする場合にも使用できます。
Adobe Data Connectors のサポート提供終了 2020年8月3日(PT) Adobe Data Connectors は、実行不可能またはサポート対象外のレガシーテクノロジーによって動作します。Adobe Exchange パートナープログラムで新しい標準が利用できます。どの統合でも、その標準を使用して、引き続き提供およびサポートできます。正式なサポート終了日は 2021年8月19日(PT)​です。詳細情報…
フル処理 データソース のサポート終了 2021年4月12日 アドビは、2021年7月31日(PT)​にフル処理データソースを非推奨(廃止予定)としました。2021年3月25日(PT)現在、このタイプの新規インポートは作成できなくなっています。このタイプのデータをインポートするには、一括データ挿入 API を使用してください。

AppMeasurement

AppMeasurement リリース(バージョン 2.22.2)の最新の更新については、JavaScript リリースノートの AppMeasurement を参照してください。

新しい Analytics コースとチュートリアル

Analytics と Customer Journey Analytics の新しいコース、チュートリアル、記事。

公開日 名前 タイプ 説明
2021年9月 Adobe Analyticsの基本指標 ビデオ Adobe Analytics の基本的な訪問者指標とそれらの相互関係について、概念的に説明します。レポートでの ページビュー、 訪問回数、 個別訪問者数 を使用する際のユースケースをいくつか説明します。
2021年9月 テーブルとビジュアライゼーションの データソース 設定 ビデオ 設定を通じてテーブルとビジュアライゼーションを結び付ける方法を確認し、様々な分析でのユースケース向けにこれらの設定をおこなう方法を学びます。
2021年9月 SFTP 経由での Data Warehouse リクエストの送信 ビデオ SFTP を使用して Data Warehouse リクエストを送信する方法を説明します。Data Warehouse は、データをフィルタリングして、保存用およびカスタムレポート用の Analytics データのコピーを参照できます。ユーザー独自の質問に基づいて、生データから詳細なデータの関連性を表示するようレポートにリクエストできます。
2021年9月 リンクされた IMS ID を確認してログインの問題を防ぐ ビデオ Adobe Analytics で IMS ID が間違っている、または欠落している場合、ユーザーのログインに問題が生じる可能性があります。ユーザーは、リンクされた IMS ID 自体を確認し、問題がある場合はカスタマーサポートに問い合わせることができるので、一般的なトラブルシューティング手順を実行する手間を省くことができます。
2021年9月 データフィードジョブの再実行 ビデオ Adobe Analytics の データフィード UI を使用すると、データフィードの管理がはるかに容易になります。データフィードを管理するアクセス権を持っている場合は、カスタマーサポートチームに最近のデータフィードファイルを再送してもらわなくても、データフィードインターフェイスからデータフィードジョブを再実行できます。
2021年9月 データフィード ID の検索 ビデオ データフィードの配信に失敗した場合や、データフィードファイル再送信のリクエストがあった場合は、Adobe に問い合わせる必要が生じる場合があります。顧客が データフィード ID を提供すると、カスタマーサポートチームがリクエストを処理するのに便利です。
2021年9月 アカウントで利用可能な機能を表示する ビデオ Analytics の「管理者」セクションの「機能アクセスレベル」設定を表示すると、会社が利用できる Analytics パッケージおよび機能へのアクセスレベルを表示できます。このビューは、Activity Map、Advertising Analytics、アラートの異常値検出などに使用できます。
2021年9月 今後のトラフィックスパイクの管理 ビデオ Adobe は、高トラフィックのイベントが成功するよう、クライアントとの提携を試みます。トラフィックスパイクのスケジュールを設定することは、パートナープロセスの出発点となります。スパイクのスケジュール セクションでは、一時的なトラフィックスパイクをアドビに通知し、それらを適切なリソースに割り当てて処理することができます。
2021年9月 メールドメイン制限の実施 - テクニカルビデオ ビデオ セキュリティマネージャー を使用すると、レポートデータへのアクセスを制御できます。オプションには、強力なパスワード、パスワード有効期限、IP ログイン制限、電子メールドメイン制限などがあります。メールドメイン制限の実施 では、Analytics がブックマーク、ダウンロード可能なレポートおよびアラートを送信する電子メールアドレスおよびドメインをフィルタリングします。電子メールフィルターリストでは、最大 100 個のエントリをサポートし、各エントリは電子メールアドレスか電子メールドメイン全体を指定できます。
2021年9月 ユーザーアセットを別のユーザーに転送する ビデオ ユーザー管理 ページでは、ユーザーとグループを管理し、レポート、ツールおよびレポートスイートへのアクセスを制御できます。Adobe Analytics の ユーザー管理 を使用して、ダッシュボード、カレンダーイベント、ブックマークなどのユーザーアカウント項目を別のユーザーアカウントに割り当てることができます。
2021年9月 Analytics でのボットルールの設定 ビデオ ボットルールを 使用すると、既知のスパイダーやボットによって生成されるトラフィックをレポートスイートから削除できます。ボットトラフィックを削除すると、Web サイト上のユーザーアクティビティをより正確に測定できます。ボットルールを定義すると、すべての受信トラフィックを定義済みのルールを比較します。これらのルールのいずれかと一致するトラフィックは、レポートスイートで収集されず、トラフィック指標には含まれません。
2021年9月 Analytics 管理ログの概要 ビデオ ユーザーがログインした時間、ユーザーの使用量、アクセス、レポートスイート、管理者による変更を確認するのに役立つログファイルです。管理ログは、 管理ツール で管理者がおこなったすべての変更を報告します。ログは、3 つのログのいずれかからユーザー定義のレポートへのゲートウェイを提供します。
2021年9月 Analysis Workspace のパフォーマンス指標の表示 ビデオ Analysis Workspace のプロジェクトのパフォーマンスは、様々な要因の影響を受けます。パフォーマンス オプションを使用すると、ネットワーク、ブラウザー、プロジェクト要因など、プロジェクトのパフォーマンスに影響を与える要因を確認できます。
2021年9月 タイムスタンプオプション設定の有効化 ビデオ タイムスタンプ オプションを使用すると、同じグローバルレポートスイートにタイムスタンプのあるデータとないデータを混在させることができます。タイムスタンプ付きのデータをモバイルアプリからグローバルレポートスイートに送信し、レポートスイートを作成しなくてもオフラインでのトラッキングを使用するようにアプリをアップグレードできます。
2021年9月 データフィード認証キーのダウンロード ビデオ データフィードを作成すると、生データファイルの送信先と各ファイルに含めたい内容をアドビが把握できます。Analyticsでは、データフィードの SFTP サポートを利用できます。SFTP ホスト、ユーザー名、および宛先サイトに有効な RSA または DSA 公開キーが含まれている必要があります。フィードの作成時に、適切な公開キーをダウンロードできます。
2021年9月 ビジュアライゼーションの凡例のカスタマイズ ビデオ ビジュアライゼーションの凡例のカスタマイズ(「シリーズラベル編集」とも呼ばれます)は、レポートを見るすべての人にビジュアライゼーションを理解しやすくるための優れた手段です。
2021年9月 Analysis Workspace での Dimension グラフライブリンク ビデオ 何と呼べばいいのか分からないが、素晴らしい機能です。ディメンション値から折れ線グラフを作成する際に、別のディメンション値を選択して、グラフを動的に変更できるようになりました。詳しくは、ビデオをご覧ください。

Analytics ヘルプリソース

アイコン Audience Manager

Audience Managerの新機能 — 2021年9月14日​に更新:

機能 説明
モバイルIDデータ収集の同意 モバイルIDデータ収集の同意のサポートを追加しました。 このアップデートのメリットを受けるには、AEP Mobile SDK iOS Core 2.8.0以降にアップグレードする必要があります。

アイコン Experience Platform

Experience Platform および Platform サービス(Journey Orchestration、Offer decisioning、Mobile SDK)のリリース更新情報と新しいドキュメントが含まれます。

Experience Platform の既存機能の更新(2021年8月25日​分)は、次のとおりです。

  • **宛先:**宛先のユーザビリティを改善し、マーケターはセグメントを既存の宛先へとシームレスにアクティブ化できるようになりました。
  • オブザーバビリティに関するインサイト: Platform 上で実行中のワークフローに関する、重要なアラートを登録できるようになりました。
  • リアルタイム顧客プロファイル: Experience Platform 内のプロファイルを参照する際に、結合ポリシー別に参照し、選択した結合ポリシーに基づく 20 件のサンプルプロファイルをプレビューできるようになりました。
  • ソース:​ファイル取得カテゴリの名前がローカルシステムに変更され、ローカルファイルアップロードコネクタを使用してローカルファイルを直接 Platform に取り込めるようになりました。

詳しくは、 Experience Platform リリースノート を参照してください。

Experience Platform チュートリアルおよびコース

Experience Platform およびサービス用に公開された新しいビデオ、チュートリアル、またはコース。

公開日 名前 タイプ 説明
2021年9月 アラート ビデオ Adobe Experience Platform でアラートを登録および管理する方法について説明します。アラート は、様々なプロセスを監視して、Platform 実装がスムーズに実行されていることを確認するのに役立ちます。
2021年9月 製品プロファイル ビデオ 製品プロファイルを作成し、ユーザー、開発者、管理者および権限を割り当てる方法について説明します。
2021年9月 Admin Console の概要 ビデオ Experience Platform のアクセス制御階層ワークフローの概要です。

Journey Orchestration

Journey Orchestration の機能、修正点および新しいヘルプコンテンツ。

2021年8月

  • 動的ヘッダー:HTTP ヘッダーパラメーターで動的データを渡せるようになりました。これらのパラメーターは、ジャーニーアクションの HTTP 呼び出し(タイムスタンプやトラッキング ID など)を受信する統合システムで使用できます。詳細情報…
  • 動的 URL パス:カスタムアクションの動的 URL パスを設定できるようになりました。詳細情報…

詳しくは、Journey Orchestration リリースノート を参照してください。

新しい Journey Orchestration のチュートリアルとコース

公開日 名前 タイプ 説明
2021年8月 ジャーニー構築の概要 ビデオ ジャーニーキャンバスでジャーニーを構築する基本を理解します。
2021年8月 顧客プロファイルデータの設定 - 概要 ビデオ リアルタイム顧客プロファイルデータと、Journey Optimizer の顧客プロファイルデータを設定するために必要な手順について説明します。
2021年8月 ID のマッピング ビデオ スキーマフィールドに ID としてラベルを付ける方法とタイミング、名前空間の作成方法、ID をプライマリにするタイミング、ID データの取得と検証方法について説明します。
2021年8月 ユースケース - バーストメッセージ ビデオ バーストメッセージに適用可能なユースケースを理解します。バーストメッセージのジャーニーを設定する方法と、適用するベストプラクティスを説明します。

Journey Orchestration の追加リソース

ヘルプセンター - リリースノート - ハウツービデオ - 最新のドキュメント更新

Offer Decisioning

表示域のフロー:​オファーの作成時に表示域を追加および設定する方法が更新され、ユーザーエクスペリエンスが向上しました

Offer Decisioning のその他のリソース

ヘルプセンター - リリースノート - ハウツービデオ - 最新のドキュメント更新

Adobe Mobile SDK

Adobe Experience Platform Mobile SDK の リリースノートと変更ログ を参照してください。

アイコン Journey Optimizer

2021年8月 の Journey Optimizer の更新点は次のとおりです。

機能 説明
送信時間の最適化 Adobe Journey Optimizer とのエンゲージメントの対象となる顧客ごとに、最適なタイミングでプッシュ通知またはメールを自動的に送信します。
スキーマ間の関係の活用 ビジネスイベントの設定時に、スキーマ間の関係を活用できるようになりました。
再試行期間 プリセットごとに再試行期間を定義して、不要になったときに再試行がそれ以上実行されないようにすることが可能になりました。
抑制リスト メールアドレスとドメインを抑制リストに追加する際、1 つずつユーザーインターフェイスから選択、またはCSV ファイルをアップロードした一括モードのいずれかを利用できるようになりました。

詳しくは、 Journey Optimizer リリースノート を参照してください。

Journey Optimizer の追加リソース

ヘルプセンター - リリースノート - ハ ウツービデオ

アイコン Adobe Experience Manager

Adobe Experience Manager リリースのアップデートとロードマップページにアクセスして、リリース情報に関する最新情報を入手することをお勧めします。

Adobe Experience Manager 製品リリース

  • Experience Manager as a Cloud Service

    Adobe Experience Manager as a Cloud Service の新機能

    追加された機能の概要については、 2021年8月リリースの概要 ビデオをご覧ください。

    • Experience Manager Assets as a Cloud Service

      新機能

      • デジタルアセットをリンクとして共有する場合は、URL をすぐにクリップボードにコピーできます。この機能強化により、アセットをより速く、より容易に共有できます。
      • TXT ファイルをアップロードすると、アセットマイクロサービスによって自動的にサムネールが生成されます。PNG サムネールは、ユーザーがファイルを開かなくても、コンテンツやファイルをある程度識別するのに役立つ TXT ファイルのレンディションです。この機能は設定を必要とせず、デフォルトで機能します。

      Experience Manager Assets のプレリリースチャネルの新機能

      • 列 ビューと カード ビューで、検索結果に表示されたアセットを並べ替えられるようになりました。並べ替えは、名前作成済み変更済み、または​なし​の列で機能します。
    • Adobe Experience Manager Forms as a Cloud Service

      新機能

      Forms のベータ機能

      • 統合ストレージコネクタ。統合ストレージコネクタ を使用して、顧客が管理するリポジトリ内にある処理中のデータを外部に置きます。例えば、次のことができます。

        • フォームポータル の保存と再開機能を有効にし、アダプティブフォームのドラフトを顧客が管理するデータリポジトリに保存します。
        • 顧客が管理するリポジトリに、機密性の高い個人データ(SPD)を含むプロセス内 Experience Manager Workflows データ(Experience Manager Workflow 変数 データ)を格納します。
      • AEM Forms as a Cloud Service - 通信。通信 API では、XDP テンプレートと XML データを組み合わせて、様々な形式の印刷用ドキュメントを生成できます。このサービスを使用すると、同期モードでドキュメントを生成できます。API を使用すると、以下の作業を支援するアプリケーションを作成できます。

        • テンプレートファイルに XML データを入力してドキュメントを生成します。
        • 非インタラクティブ PDF 印刷ストリームを含む様々な形式で出力フォームを生成します。
        • XFA フォーム PDF および Adobe Acrobat フォームから印刷用 PDF ファイルを生成する

        formscsbeta@adobe.com に書き込んで、ベータ版プログラムに新規登録できます。
        Forms プレリリースチャネルで利用できる新機能

      • アダプティブフォーム で Adobe Sign の役割を使用します。ビジネスおよびエンタープライズサービスレベル版 Adobe Sign では、必要に応じて、署名者のみでなく、契約受信者の役割を拡張し、ワークフロー要件に合わせることができます。同意書の各受信者がアダプティブフォーム で自分の役割を設定できるようになりました。署名者 はデフォルトの役割です。

      • Analytics for Adaptive Forms。Adobe Analytics for Adaptive Forms を介してエンドユーザーの行動をキャプチャおよび追跡し、エンドユーザーのインサイトを収集できるようになりました。情報に基づいてデータ決定をおこない、エンドユーザーエクスペリエンスを向上させるのに役立ちます。

      • AEM Forms を Microsoft® Dynamics および Salesforce.com と簡単に接続できます。このサービスは、標準のデータソース設定を提供します。また、Microsoft® Dynamics と Salesforce.com のデータモデルも提供しています。これにより開発者は、🔗アダプティブフォームのデータソースとして Microsoft® Dynamics と Salesforce.com をすばやく簡単に設定できます。

    • Experience Manager Screens as a Cloud Service

      新機能

      • Experience Manager Screens as a Cloud Service では、基本的な再生モニタリングをサポートするようになりました。現在は、各 ping で様々な再生指標がレポートされます(デフォルトは 30 秒)。指標に基づいて、様々なエッジケース(動きのないエクスペリエンス、空白の画面、スケジュールの問題など)を検出できます。この機能を使用すると、プレーヤーがコンテンツを適切に再生しているかどうかをチームがリモートで監視できます。また、フィールド内の空白の画面や壊れたエクスペリエンスに対する反応性が向上し、壊れたエクスペリエンスがエンドユーザーに表示されるリスクが低くなります。
        基本的な再生モニタリング を参照してください。
      • ビデオのサムネールサポートが Experience Manager Screens as a Cloud Service でサポートされるようになりました。コンテンツ作成者は、画像をプレースホルダーとして使用できるように、ビデオのサムネールを定義できます。適切なチームによって実際のビデオに関する最終決定が下される間に、コンテンツの再生とターゲティングのテストを適切におこなうことができます。ビデオの再生に失敗した場合にも、画像を使用できます。
        ビデオのサムネールのサポート を参照してください。
    • Cloud Manager

      新機能

      • Experience Manager Project Archetype used by Cloud Managerのバージョンがバージョン 30 に更新されました。
      • Cloud Manager ランディングページのプログラムカードと関連するエクスペリエンスが新しくなりました。
      • コード品質ステップログ に、OakPal スキャンプロセスの詳細なログ情報が含まれるようになりました。
      • アクティビティ ページメニューオプションに、完了したコードジェネレーターの実行についての「ログをダウンロード」するオプションが追加されました。このオプションを選択すると、ビルド手順のログがダウンロードされます。
      • プログラム カードを選択すると、 Cloud Manager の概要 ページに移動します。
      • Cloud Service のお客様は、Cloud Manager で SLA(サービスレベル契約)レポートを表示できるようになりました。この機能は、今後数ヶ月間で徐々に使用可能になる予定です。
        SLA レポート を参照してください。
      • IndexTypeIndexDamAssetLucene の品質ルールのタイプと重大度が変更されました。これらのルールは、両方とも致命的な重大度のバグになりました。
      • 非同期および Tika 設定に対応する新しい Oak インデックス品質ルールが導入されました。
      • プログラムごとの SSL 証明書の最大数を 50 に増やします。
      • ユーザーが Cloud Manager UI を使用して複数のリポジトリを作成および管理できるセルフサービス機能。
      • SonarQube は GIT 履歴データを不必要に読み取っていました。大規模なコードベースでは、これによってビルドのパフォーマンスが不必要に低下することがありました。
      • パイプラインごとに Maven 依存関係キャッシュを無効にする API が追加されました。
      • Experience Manager Project Archetype used by Cloud Manager のバージョンがバージョン 29 に更新されました。

コミュニティ

新しい Adobe Experience Manager コースとチュートリアル

以下は、過去 1 か月間に公開された新しいビデオ、チュートリアル、コースです。

公開日 名前 タイプ 説明
2021年9月 Experience Manager のバックエンド開発者向けの基本事項 コース Adobe Experience Manager のバックエンド開発について詳しく説明します。Java™ API、Sling モデルおよび単体テストを使用する際のベストプラクティスについて説明します。
2021年9月 Assets Essentials の概要 ビデオ Assets Essentials が直感的で使いやすいユーザーインターフェイスを提供し、アセットや関連情報を見つけやすく、覚えやすくする仕組みについて説明します。
2021年9月 Assets Essentials のプロビジョニング ビデオ Cloud Manager を使用して Assets Essentials をデプロイし、ユーザーアクセスをプロビジョニングする方法を説明します。
2021年9月 Creative Cloud と Assets Essentials ビデオ Assets Essentials を Adobe Creative Cloud ライブラリと統合する方法を説明します。

Adobe Experience Manager に関するリリースノートやその他のリリース情報のリンクは次のとおりです。

Adobe Experience Manager に関するその他のヘルプリソース

アイコン Adobe Campaign

Adobe Campaign は、オンラインおよびオフラインのマーケティングチャネルにわたって 1 対 1 のメッセージを届けるために直感的で自動化された方法を提供します。顧客の習慣や好みによって特定されたエクスペリエンスを利用して、顧客が欲しいものを予測できるようになりました。

最新の Campaign 製品リリース

リリースされた最新の機能、機能強化、修正について詳しくは、以下を参照してください。

新しい Campaign コースとチュートリアル

公開日 名前 アプリケーション 説明
2021年9月 コントロールパネルのトラブルシューティング Campaign V8 コントロールパネル のトラブルシューティング方法を説明します。
2021年9月 データベースの監視 Campaign V8 コントロールパネル を使用してインスタンスのデータベースの使用状況を監視する方法を説明します。
2021年9月 IP アドレスの許可リストへの追加 Campaign V8 コントロールパネル を使用して、Campaign Classic インスタンスの許可リストに IP の範囲を追加する方法と、許可リストから IP の範囲を削除する方法について説明します。
2021年9月 IP 範囲の許可リストへの追加 Campaign V8 コントロールパネル で IP アドレスの範囲を許可リストに追加する方法を説明します。
2021年9月 URL 権限の追加 Campaign V8 Adobe Campaign Classic インスタンスから外部 URL への接続を確立する方法について説明します。
2021年9月 SFTP サーバーへの接続 Campaign V8 コントロールパネル に保存したキーを使用して、クライアント SFTP アプリケーションで SFTP サーバーに接続する方法を説明します。
2021年9月 SSH キーの生成 Campaign V8 ターミナルを使って SSH キーを生成する方法と、公開バージョンのキーを コントロールパネル に保存する方法について説明します。
2021年9月 コントロールパネル - サーバー容量の監視 Campaign V8 SFTP サーバーのストレージ容量を監視する方法について説明します。
2021年9月 コントロールパネル - コントロールパネルの概要 Campaign V8 この記事では、コントロールパネル にアクセスする方法と、コントロールパネル を使用するための前提条件を説明します。
2021年9月 Adobe Campaign のトラブルシューティング - 概要 Campaign Standard この節では、Adobe Campaign Standard で発生した問題のトラブルシューティングに役立つ情報をアドビカスタマーサポートが提供しています。
2021年9月 ゼロ ID レコードの欠落 Campaign Classic ゼロ(0)の ID の問題を修正する方法を説明します。
2021年9月 ロードバランサーの問題 Campaign Classic インスタンスの再起動時にロードバランサーの問題を修正する方法を説明します。
2021年9月 Analytics へのキャンペーンラベルの送信 Campaign Classic Analytics で欠落しているキャンペーンラベルを修正する方法を説明します。
2021年9月 無効化なメッセージによるメールのトリガー Campaign Classic 無効なメッセージからのメールを停止する方法を説明します。
2021年9月 公開エラーの修正 Campaign Classic 管理者以外のユーザーの公開エラーを修正する方法について説明します。
2021年9月 パブリックリソース URL を http から https に変更する手順 Campaign Standard パブリックリソース URL を http から https に変更する方法について説明します
2021年9月 配信 XML データの取得 Campaign Classic 配信 XML データを取得する方法を説明します。
2021年9月 Experience Manager への接続中のエラー Campaign Standard/Experience Manager Campaign Standard から Experience Manager への接続中にサービス「nms:delivery」のエラー「GetAEMContentList」が発生した場合の解決方法を説明します。
2021年9月 コンソールのログインエラーを修正 Campaign Classic コンソールのログイン中に発生したエラーを修正する方法を説明します。
2021年9月 プロファイルの表示中に発生した技術的なエラーをトラブルシューティングする方法 Campaign Standard コンソールのログイン中に発生したエラーを修正する方法を説明します。
2021年9月 キャンペーンワークフローでの無条件停止 Campaign Classic ワークフローで無条件停止を正しく実行する方法を説明します。

Campaign ヘルプリソース

アイコン Advertising Cloud

リリースノート: Adobe Advertising Cloud

Advertising Cloud DSP の新機能

最終更新日:2021年8月21日(8月11日リリース)

機能 説明
プレースメントの Pre-bid viewability Oracle Advertising(Moat)の Pre-bid viewability フィルターが、プレースメントで使用できるようになりました。

最終更新日:2021年8月20日(8月21日リリース)

機能 説明
新しいベータ版 Advertising Cloud JavaScript タグは、Adobe Experience Cloud ID(ECID)サービスと従来の ef_id および gsurferid を使用して、コンバージョンを測定します。この新しいタグは、ファーストパーティ Experience Cloud s_ecid cookies を作成し、他の Experience Cloud 製品とより緊密に統合できます。

ITP マッピングを使用する従来の Advertising Cloud JavaScript タグは、2021年9月に非推奨(廃止予定)になります。

担当のアドビアカウントマネージャーから、詳細および実装手順についてご連絡いたします。
ポートフォリオ 自動重み付けのレコメンデーションを含む新しい目標ベータ版は、すべてのユーザーが利用できます。新しいインターフェイスには、目標の作成と初期目標の重み付けの設定に関する、より多くのガイダンスが含まれています。重み付けのレコメンデーションは、アシスト指標に対してのみ使用できます。

アイコン Commerce(Magento)

Adobe Commerce リリースノートについては、次のリンクを参照してください。

アイコン Target

最終更新日:2021年8月3日

最新のリリース情報については、Target リリースノートを参照してください。

アイコン Marketo Engage

Marketo Engage は、複雑な購入ジャーニーのすべてのステージにわたるエンゲージメントを通じてカスタマーエクスペリエンスを変革しようとしている経営陣や B2B マーケター向けの完全なアプリケーションです。

Core Marketo Engage の更新

最新のリリーススケジュール情報とリリースノートについては、Marketo Engage リリーススケジュールを参照してください。

アイコン Workfront

Adobe Workfront は、アイデアの共有、コンテンツの作成、複雑なプロセスの管理、および最高の作業を行うための統合作業管理アプリケーションです。

すべての製品の最新情報のまとめについては、Workfront リリースページを参照してください。

アイコン Document Cloud

新しく公開された Adobe Document Cloud ビデオ、チュートリアル、コース。

Document Cloud のコースとチュートリアル

公開日 名前 タイプ 説明
2021年9月 タグ付けされていない PDF へのフォームフィールドの追加 ビデオ このオンデマンドセッションでは、手動フォームフィールドや追加のフォームフィールドプロパティの作成について、さらに深く掘り下げます。
2021年9月 タグ付き PDF へのフォームフィールドの追加 ビデオ このオンデマンドセッションでは、以前にタグ付けされた PDF へのフォームフィールドの追加に重点を置いています。
2021年9月 スキャンされたドキュメントと複雑なリスト ビデオ このオンデマンドセッションでは、スキャンされたドキュメントや複雑なリストなど、頻繁に発生する複雑な問題に対処します。
2021年9月 複雑なテーブル ビデオ このオンデマンドセッションでは、PDF のアクセシビリティを修正する際に発生する一般的で困難な問題の一つである、複雑な表を解決します。
2021年9月 アクセスできない PDF の修正 ビデオ このオンデマンドセッションでは、入門ウェビナーで紹介した Acrobat Pro DC ツールを使用して、Word ドキュメントを変換し、基本的なタグの問題を修正するワークフローについて説明します。
2021年9月 PDF のアクセシビリティの概要 ビデオ このオンデマンドセッションでは、PDF をアクセシビリティ対応にするための Acrobat Pro DC の設定方法、ソースドキュメントから PDF への変換プロセスについて説明します。
2021年9月 携帯電話上で PPT ファイルを PDF に変換する ビデオ この 60 秒のビデオチュートリアルでは、携帯電話上で、PowerPoint のメール添付ファイルを PDF に変換する方法を説明します。ファイルが戻ったら、ファイルを表示し、「共有」をタップしてにチームに送信します。この操作をおこなうのに、PowerPoint を携帯電話にインストールする必要はありません。
2021年9月 写真の PDF を瞬時に作成 ビデオ この 60 秒のビデオチュートリアルでは、多数の JPG を Acrobat アイコンにドラッグ&ドロップして PDF を作成する方法について説明します。複数ページの PDF を作成する場合は、「はい」をクリックします。次に、追加の JPG ファイルをページパネルにドラッグするだけで、PDF にページを追加できます。
2021年9月 複数の PDF ファイルの一括検索 ビデオ この 60 秒のビデオチュートリアルでは、PDF ファイルで検索を開始し、詳細検索を開いて、PDF ファイルのフォルダー全体を検索する方法を説明します。
2021年9月 Acrobat Web での PDF の編集 ビデオ この 60 秒ビデオチュートリアルでは、PDF をダウンロードせずに、テキストや画像を簡単に編集する方法を説明します。
2021年9月 ファイルを 1 つの PDF に結合する ビデオ この 60 秒のビデオチュートリアルでは、複数の異なる種類のファイルを 1 つの PDF に組み合わせて、ドキュメントをすばやく作成する方法を説明します。
2021年9月 Acrobat アクセシビリティシリーズ ビデオ この 6 部構成のオンデマンドウェビナーシリーズでは、アクセシビリティの基本から PDF ファイルのタグ付けに関する深い知識を習得できます。各セッションには、練習ファイルが含まれています。

Document Cloud ヘルプについては、以下を参照してください。

アイコン Creative Cloud エンタープライズ版

最新のチュートリアルについては、Creative Cloud エンタープライズ版チュートリアル を参照してください。

このページ