Adobe Experience Manager as a Cloud Service の最新のリリースノート release-notes

以下のセクションでは、Experience Manager as a Cloud Service の現在(最新)のバージョンの機能リリースノートの概要について説明します。

NOTE
ここから、以前のバージョン(例えば、2022年、2023年)のリリースノートに移動できます。
Experience Manager as a Cloud Service の今後の機能のアクティベーションについての詳細は、Experience Manager リリースロードマップをご覧ください。
NOTE
Experience Cloud リリースノートの更新に関するメール通知を毎月受信するには、アドビ製品アップデートの優先通知を購読してください。

リリース日 release-date

Adobe Experience Manager as a Cloud Service の最新の機能リリース(2024.6.0)のリリース日は 2024年6月27日です。次回の機能リリース(2024.7.0)は 2024年7月25日(PT)に予定されています。

メンテナンスリリースノート maintenance

最新のメンテナンスリリースノートについては、こちらをご覧ください。

リリースビデオ release-video

2024.6.0 リリースで追加された機能の概要については、2024年6月リリースの概要ビデオをご覧ください。

Experience Manager Sites as a Cloud Service sites

Experience Manager Sites の新機能 new-feature-sites

実際の使用のモニタリング(RUM)データサービス

実際の使用のモニタリング(RUM)データサービスが一般提供され、AEM as a Cloud Service のクライアントサイドのデータコレクションを有効にすることができます。このサービスは、ユーザーインタラクションをより正確に反映し、web サイトのエンゲージメントの信頼性の高い測定を保証します。ページトラフィックとパフォーマンスに関する高度なインサイトをお客様に提供し、ページのパフォーマンスを理解して強化する貴重な機会を提供します。

早期導入プログラム sites-early-adopter

バリエーションを生成

AEM の新機能を通じて GenAI を活用し、バリエーションを生成し、クラウドサービスでアクセスできるようになりました。バリエーションを生成は、生成 AI を使用してコンテンツの作成を生成し拡張するのに役立ちます。プログラムでの検討については、アドビのアカウントチームにお問い合わせください。

コンテンツフラグメントコンソールでのアセットのブラウジング

コンテンツ作成者は、コンテンツフラグメントコンソールを離れることなく、画像やその他のアセットを参照、表示およびアクションを実行できるようになりました。

アセットブラウジング

この機能を試してフィードバックを共有いただける場合早期導入プログラムの詳細をご案内いたしますので、ご自身の正式なメール ID から aemcs-headless-adopter@adobe.com までご連絡ください。

Experience Manager Assets as a Cloud Service assets

Experience Manager Assets の新機能 new-features-assets

コンテンツハブ

コンテンツハブは、Experience Manager Assets as a Cloud Service の一部として使用でき、組織とそのビジネスパートナーがオンブランドのコンテンツに簡単にアクセスできます。コンテンツハブを使用すると、アセットを簡単に見つけて配布し、オンブランドの新しいバリエーションを再利用および作成し、大規模なアクティベーションを加速できます。

コンテンツハブユーザーインターフェイス

OpenAPI 機能を備えた Dynamic Media

OpenAPI 機能を備えた Dynamic Media は、Adobe およびサードパーティのアプリケーション全体で DAM を拡張し、アセットセレクターまたは OpenAPI スタックを通じて、あらゆるチャネルでオンブランド承認済みのデジタルアセットにアクセスできます。主要な考え方 - バイナリコピーはなく、アセットはエッジで最適化および変換されるので、パフォーマンスが向上し、アセットはパブリックまたは安全に配信されます。

新しい Dynamic Media のデータフロー図

アセットビューの新機能 assets-view-new-features

Assets Insights ダッシュボードでその他のオプションが使用可能

アセットタイプおよびサイズ別のアセット数がAssets Insights ダッシュボードで使用できるようになりました。これらのオプションを使用すると、Assets ビュー環境でリアルタイムデータが配信されます。サイズ範囲とアセットタイプ別に、アセットの数と割合が詳しく示されます。

埋め込み Adobe Express エディターの更新

  • 新しいバージョンとして保存する場合と比較して、新しいアセットとして保存する場合のユーザーエクスペリエンスが向上しました。

  • 複数ページの Express ドキュメント(以前は単一ページのみがサポートされていました)を複数ページの PDF と画像の両方の形式で書き出します。画像形式を選択すると、各ページがダウンストリーム配信用に DAM 内の個別のアセットとして保存されます。

  • アセットの保存中に保存ダイアログでのメタデータの追加をサポートします。

Experience Manager Forms as a Cloud Service forms

AEM Forms の新機能 forms-new-prerelease-features

コアコンポーネントベースのアダプティブフォーム用のビジュアルルールエディターの強化

このリリースでは、コアコンポーネントに基づいたアダプティブフォームのビジュアルルールエディターが、大幅にアップグレードされました。次の操作ができるようになりました。

AEM Forms の早期アクセス機能 forms-new-early-access-features

AEM Forms 早期アクセスプログラムでは、他のユーザーよりも先に最先端のイノベーションに独占的にアクセスし、その開発に貢献できるユニークな機会を提供します。プログラムを利用すると、複数のイノベーションにアクセスできます。

このリリースノートでは、現在のリリースで提供されるイノベーションのリストを示します。早期アクセスプログラムで利用可能なイノベーションの完全なリストについては、AEM Forms 早期アクセスプログラムのドキュメントを参照してください。

ボット保護方法の強化

AEM Forms では、Cloudflare Turnstile と hCaptcha という 2 つの一般的な Captcha ソリューションのサポートを追加して、セキュリティ機能を強化しました。この機能は、既存の Google reCAPTCHA を補完し、ユーザーに追加のオプションを提供します。これにより、ボットやスパム送信からフォームを保護する柔軟性が向上します。

  • Cloudflare Turnstile:このスムーズな Captcha は、明示的なインタラクションを必要としないシンプルなテストを通じてユーザーを検証します。フォームにシームレスに統合し、ユーザーエクスペリエンスを向上させます。
  • hCaptcha:プライバシーに焦点を当てたこの Captcha は、データプライバシーに焦点を当てた、ユーザーフレンドリーな代替手段を提供します。セキュリティとユーザーエクスペリエンスのバランスを取ることを目的としています。
  • Google reCAPTCHA:AEM Forms では、引き続き reCAPTCHA v2 と reCAPTCHA Enterprise の両方をサポートし、信頼性が高く確立されたソリューションを提供します。

AEM Forms では、複数の CAPTCHA オプションを提供して、特定のニーズに最適なソリューションを選択できるようになりました。

これらの Captcha ソリューションをアダプティブフォームに統合する準備はできていますか?アドビのドキュメントでは、Cloudflare TurnstilehCaptchaGoogle reCAPTCHA の各項目について詳しい手順を示しています。

Forms サービス

Forms サービスでは、データキャプチャ用のインタラクティブな PDF フォームを生成します。また、これを使用して、既存のインタラクティブ PDF フォームとの間でデータを読み込みまたは書き出したり、送信済みデータを検証したりすることもできます。機能の分類を以下に示します。

  • Forms のレンダリング:AEM Forms Designer を使用して作成したテンプレートからと、オプションで XML データから、インタラクティブな PDF フォームを生成します。この機能により、入力可能な PDF フォーム(オプションでデータを事前入力することもできます)が生成されます。
  • データの抽出と読み込み: 既存の PDF フォームにデータを読み込んだり、入力済みの PDF フォームからデータを抽出したりします。XDP と XML の両方のデータ形式がサポートされ、XFA 以外の PDF フォーム(AcroForms とも呼ばれます)への読み込みでは、さらに FDF および XFDF データもサポートされます。
  • データの検証:XDP または XML 形式で送信されたデータを、AEM Forms Designer を使用して作成されたテンプレートに対して検証します。
IMPORTANT
早期アクセスイノベーションの早期アクセスプログラムへの参加に興味がある方は、公式アドレスから aem-forms-ea@adobe.com にメールを送信して利用申請してください。すべてのイノベーションまたは特定のイノベーションに対して利用申請できます。

Experience Manager as a Cloud Service の基盤 foundation

コンテンツヘルス関連アクションセンター通知早期導入プログラム actions-center-notifications

アクションセンターは、重要なインシデントが発生した場合や、コードや設定に関してプロアクティブなアクションを実行する必要がある場合にメール通知を送信します。アドビでは、コンテンツヘルスに関連するいくつかの新しいタイプの通知を導入しました。この機能は、早期導入プログラムを通じて利用できます。参加するには、アドビカスタマーケアにお問い合わせください。

ページに多数のノードが含まれる page-nodes

ノードの数が多いと、レンダリングのパフォーマンスが低下し、ページの読み込み時間が短縮される可能性があります。あるページ上で大量のノードが検出されると、アクションセンターを通じて事前通知が届きます。これを受けて、ユーザーは、ページ内のノードの合計数を減らすために必要な手順を実行できます。

実行中のワークフローインスタンスの数が多い running-workflows

オーサー環境で多数のワークフローの数を実行している場合は、ワークフローエンジンのパフォーマンスが影響を受けます。実行中のワークフローインスタンスの数が多く検出された場合は、アクションセンターを通じて事前通知が届きます。このプロセスにより、不要な実行中のワークフローを終了するためのパージジョブを設定できます。

ユーザーがカスタムグループに直接追加される users-customgroups

ユーザーがカスタムグループに直接追加されると、アクションセンターを通じて事前通知が届きます。このプロセスでは、関連する IMS グループにユーザーを追加し、これらの IMS グループを AEM グループのメンバーとして含めることで、IMS のベストプラクティスに従うことができます。

JCR コンテンツが欠落しています jcr-content

JCR コンテンツが欠落していることが検出されると、アクションセンターは事前に通知します。このアプローチでは、欠落しているコンテンツを追加し、特定の AEM Assets 機能のエラーを防ぐことができます。

完了したワークフローがパージされない workflows

完了したワークフローが 90 日以上経過してもパージされていないと、アクションセンターは事前に通知します。このアプローチは、ワークフローインスタンスの数を減らすことで、ワークフローエンジンのパフォーマンスを向上させるのに役立ちます。

Sling リソースが欠落している sling-resource

Sling リソースが欠落していることが検出されると、アクションセンターは事前に通知します。このアプローチでは、欠落しているリソースを追加し、特定の AEM Assets 機能のエラーを防ぐことができます。

コンテンツ配信関連の早期導入プログラム foundation-early-adopter

以下の早期導入プログラムのどれに興味があるかを明記して、aemcs-cdn-config-adopter@adobe.com にメールを送信してください。

CDN での基本認証(早期導入プログラム) basicauth-cdn

ユーザー名とパスワードの入力を求める基本認証ダイアログを表示して、特定のコンテンツリソースを保護します。この機能は、エンドユーザーのアクセス権に対する包括的なソリューションとして機能するのではなく、主にビジネス関係者によるコンテンツのレビューなど、簡易な認証ユースケースを対象としています。ユーザー名とパスワードのリストは、秘密鍵タイプの Cloud Manager 環境変数を参照して、設定パイプライン経由でデプロイされる Git の設定ファイルを通じて管理されます。詳細情報

セルフサービス API キーを使用して CDN のコンテンツをパージ(早期導入プログラム) purge-cdn

CDN パージ API キーをセルフサービス方式で登録し、これを使用して CDN のコンテンツをグローバルに、または 1 つ以上のリソースに対して無効にします。詳細情報

顧客管理 CDN(BYOCDN)用の X-AEM-Edge-Key のセルフサービス作成(早期導入プログラム) byocdn-keys

以前は、顧客管理 CDN の設定に必要な X-AEM-Edge-Key を生成するには、サポートチケットが必要でした。これが現在では、設定パイプラインを使用してデプロイされる設定ファイルを通じてセルフサービス方式で実行できるようになり、新しい環境のオンボーディングの遅延がなくなりました。詳細情報

クライアントサイドのリダイレクト(早期導入プログラム) client-side-redirects-early-adopter

ソース管理で 301/302 クライアントサイドのリダイレクトを設定し、CDN にデプロイします。詳細情報リクエストと応答の変換、AEM 外のサイトへのトラフィックのルーティングなど、CDN 設定に関連して既に利用可能な他の機能がいくつかあります。

トラフィックフィルタールールアラート(早期導入プログラム) traffic-filter-rules-alerts-early-adopter

最近リリースされたトラフィックフィルタールールには、オプションでライセンス可能な web アプリケーションファイアウォール(WAF)ルールが含まれており、許可または拒否するトラフィックを設定できます。

早期導入プログラムに参加すると、トラフィックフィルタールールがトリガーされるたびにアラートを受け取ることができます。特定のトラフィック状況が発生するとアクションセンターのメール通知が送信されるので、適切な対策を講じることができます。

ビジネスユーザーが Git 外部でリダイレクトを宣言できる(早期導入プログラム) apache-rewritemaps-early-adopter

AEM 6.5 と同様に、Apache/Dispatcher は、web 階層パイプラインの実行を必要とせずに、公開リポジトリ内の特定の場所に配置された書き換えマップを取り込んで読み込みます。このアプローチにより、ビジネスユーザーは、スプレッドシートや、ACS Commons リダイレクトマップマネージャーやカスタムアプリケーションなどの UI を使用してリダイレクトを宣言できます。

動的コンテンツを読み込むためのエッジサイドインクルード(ESI)(早期導入プログラム) esi-early-adopter

アドビが管理する CDN で、エッジレベルの動的 web コンテンツアセンブリ用のマークアップ言語であるエッジサイドインクルード(ESI)がサポートされるようになりました。ESI スニペットを含め、より大きい TTL で HTML ページ全体を CDN にキャッシュしながら、より頻繁なアップデート(小さい TTL)を必要とする小さなセクションを、接触チャネルから頻繁に取得できます。

Experience Manager ガイド guides

Adobe Experience Manager Guides の最新リリースの新機能と強化機能の完全なリストについては、こちらを参照してください。

Cloud Manager cloud-manager

Cloud Manager の月次リリースの完全なリストは、こちらで確認できます。

移行ツール migration-tools

移行ツールのリリースの完全なリストは、こちらで確認できます

ユニバーサルエディター universal-editor

ユニバーサルエディターのリリースの完全なリストは、こちらで確認できます。

バリエーションの生成 generate-variations

バリエーションの生成のリリースの完全なリストは、こちらで確認できます。

Experience Cloud のリリースノート experience-cloud

他のExperience Cloudアプリケーションのリリースについては、 こちらを参照してください。

recommendation-more-help
fbcff2a9-b6fe-4574-b04a-21e75df764ab