Adobe Experience Cloud リリースノート - 2022 年 1 月(PT)

バナー

の最新のリリース更新について説明します。 Adobe Experience Cloud製品. Experience Leagueの最新のセルフヘルプドキュメント、チュートリアル、コースを入手します。

メモ

このページの更新に関する毎月の電子メール通知を受け取るには、 Adobe優先製品アップデート. 頻繁にもう一度確認して、Experience Leagueで起こっていることの上に留まります。

2022年1月

最終更新日:2022 年 1 月 14 日(PT)

サポートが必要な場合は、訪問 Adobe Experience League 製品および技術ドキュメント、Adobeが運営するコース、ビデオチュートリアル、すばやい回答、コミュニティインサイト、講師によるトレーニングについて説明します。

アイコン Experience League イベント

Experience League イベントは、アドビの製品エキスパートから回答を得るのに最適な場所です。利用可能なイベントは次のとおりです。

スケジュールとイベントは次のとおりです。

Experience League LIVE

Experience League LIVE は、Experience League チームが制作したライブストリーミングショーです。 これは、Adobe製品の専門家とつながりの機会です。Adobe Experience Cloudアプリケーションで適用できる実用的なヒント、テクニックおよび戦略について説明します。

イベントの日付 時間 イベント名 形式 説明
2022 年 1 月 25 日(PT) 午前 9 時。(PST) 複数のデータソースをまたいでビジネスを分析する ライブビデオイベント Customer Journey Analyticsを使用して、すべてのデータを 1 か所に取り込みます。
2022 年 2 月 3 日(PT) 午後 12:00(EST) AEMでのすべての新しい参照デモの概要 ライブビデオイベント AEM as a Cloud Serviceのプロビジョニング、デモ、および機能の調査を最も速くおこなう方法を学びます。

過去のエピソードは、 Experience Leagueライブ.

コミュニティ Q&A コーヒーブレーク

特別なゲストと 1 時間を過ごし、質問をExperience Leagueコミュニティで送信します。 Adobeの製品エキスパートから質問への回答を得る

イベント名 日付 アプリ管理 形式 説明
Customer Journey Analytics Analytics の将来 2022 年 1 月 18 日@ 8am PST Adobe Analytics,Customer Journey Analytics,Experience Platform フォーラム Q&A Analytics コミュニティ (Adobe Analytics、グループプロダクトマネージャー ) で質問を投稿します。
詳細と登録
Adobe TargetとJourney Optimizerの統合、Adobe Targetインターフェイスおよび一般的な Target トピック 2022 年 1 月 19 日@午前 9 時 (PST) Adobe Target、Journey Optimizer フォーラム Q&A Jon Tehero と 1 時間過ごし、Adobe Targetコミュニティで質問を送信します。
詳細と登録

アドビ開発者ライブ

イベント 日時 タイプ 説明
Adobe Developers Live オンデマンド ビデオ Developers Live では、業界をまたいで設計、コンテンツ作成ワークフロー、ドキュメントサービス、顧客体験管理を支える最新の技術進歩と開発者ツールを紹介します。基調講演を視聴できるほか、Analytics API、クライアントデータレイヤー、Adobe I/O オープンソースプロジェクト、その他多くのことを学習できます。

アイコン Experience Cloud Central UI Components と管理

過去 1 か月は更新されていません。

Experience Cloud Central UI Componentsと管理に関するその他のヘルプリソース

アイコン Adobe System Status

Adobe System Status は、Adobe製品とサービスの停止、中断、メンテナンスイベントに関する詳細情報、ステータス更新、電子メール通知を提供します。status.adobe.com でご確認ください。

詳しくは、 最新のリリースノート 対象 Adobe System Status.

アイコン Adobe Experience Platform

リリースの更新情報、およびExperience Platformと モバイル SDK:

  • 次回の予定リリース: 2022 年 1 月 27 日
  • 最新リリース: 2021 年 11 月 18 日

詳しくは、 Experience Platformリリースノート 現在の状態を保つ

新しいExperience Platformチュートリアルとコース

新しく公開されたExperience Platform用ビデオ、チュートリアル、コース。

公開日 名前 タイプ 説明
2022 年 1 月 Customer AI の設定 ビデオ 顧客 AI のインスタンスを作成して、顧客の行動を予測する方法について説明します。
2022 年 1 月 Attribution AI の設定 ビデオ Attribution AI のインスタンスを作成して、マーケティングチャネルやキャンペーンが及ぼす影響を理解する方法について説明します。

Adobe Mobile SDK

Adobe Experience Platform Mobile SDK の リリースノートと変更ログ を参照してください。

アイコン Adobe Analytics

リリース日:2022 年 1 月 19 日(PT)

Adobe Analytics の新機能

機能 説明 ターゲット日
なし 詳しくは、 一般公開

Customer Journey Analytics の新機能

機能 説明 ターゲット日
永続性 ディメンションと指標のバインディングのオプション データビューを作成または編集する際に、ディメンションの永続性を別のディメンションまたは指標に連結できます。 この概念は、 マーチャンダイジング Reports & Analytics の ID と、CJA でサポートされるようになりました。 詳細情報 2022 年 1 月 19 日(PT)
最初の既知 および 最新の既知 配分モデル これら 2 つの新しい配分モデルでは、指定した永続性スコープ内のディメンションの最初または最後に観測された値(ルックバックを含むセッション、ユーザーまたはカスタム期間)を取得します。 次に、指定した範囲内のすべてのイベントに割り当てモデルを適用します。 詳細情報 2022 年 1 月 19 日(PT)
PersonID および PersonID 名前空間 寸法 を公開します。 personID ( または customerID、または接続内のデータセットの結合に使用する ID など ) をデータビューのディメンションとして使用する。 この機能強化により、 personID 接続から取り込んで、データビューのディメンションとして渡します。 詳細情報 2022 年 1 月 19 日(PT)

詳しくは、 一般公開 」を参照してください。

Adobe AnalyticsとCustomer Journey Analyticsの修正点

  • Analysis Workspaceで、ディメンション項目にオーディエンス ID が表示されない問題を修正しました。 (AN-262038、AN-279315)
  • 保存した Target Workspace のプロジェクト。 (AN-277461;AN-275825;AN-266397)
  • 有効でない機能が UI に表示される問題を修正しました。 (AN-262006)
  • Workspace の日付フィールドを使用して日付を変更する際に発生していた問題を修正しました。 その結果、 終了時刻 午後 11:59 から午前 12:00 に変更。 (AN-277269、AN-277481)
  • 既に読み込まれているセグメントに新しいセグメントを追加すると、セグメント UI が壊れる問題を修正しました。 (AN-260827)
  • 共有 Workspace プロジェクトにユーザーがアクセスできない問題を修正しました。 (AN-267529)
  • 相対日付範囲の開始日が終了日より後の場合に表示するエラーメッセージを追加しました。 (AN-270488)
  • 様々なデータフィードの問題を修正しました。 (AN-275876;AN-270512;AN-277284;AN-277290;AN-274893;AN-274606;AN-269651)
  • グラフの日付範囲で、テーブルの日付フィルターが無視される問題を修正しました。 (AN-263999)
  • 夏時間が原因で予定レポートが早く送信される問題を修正しました。 (AN-276410、AN-276305)
  • プロジェクトのダウンロード先の .csv ファイルが Workspace で失敗する問題を修正しました。 (AN-275834)

Adobe Analyticsと CJA のその他の修正点

AN-253294;AN-254976;AN-255377;AN-255561;AN-258550;AN-259336;AN-263935;AN-265094;AN-269441;AN-269486;AN-269855;AN-271166;AN-271588;AN-272088;AN-272249;AN-272859;AN-272873;AN-272885;AN-273229;AN-273913;AN-274237;AN-274472;AN-274491;AN-274619;AN-274766;AN-275248;AN-275259;AN-275271;AN-275315;AN-275388;AN-275418;AN-275597;AN-275643;AN-275650;AN-275651;AN-275675;AN-275682;AN-275704;AN-275711;AN-275796;AN-275834;AN-275923;AN-275941;AN-276044;AN-276125;AN-276157;AN-276397;AN-276597;AN-276789;AN-276834;AN-276861;AN-276870;AN-276963;AN-276975;AN-277000;AN-277044;AN-277093;AN-277200;AN-277215;AN-277271;AN-277281;AN-277362;AN-277419;AN-277492;AN-277498;AN-277533;AN-277619;AN-277675;AN-277681;AN-277767;AN-277805;AN-277810;AN-277818;AN-277875;AN-277933;AN-277988;AN-278105;AN-278115;AN-278122;AN-278192;AN-278407;AN-278437;AN-278559;AN-278604;AN-278610;AN-278709;AN-278835;AN-278849;AN-278881;AN-279067;AN-279103;AN-279111;AN-279219;AN-279237;AN-279312

Analytics 管理者向けの重要な注意事項

通知 追加日または更新日 説明
従来の Analytics 許可リスト OAuth/JWT 統合の EOL 拡張機能の有効期限 2022 年 1 月 14 日(PT) オン 2022 年 5 月 26 日Analytics 1.3 API、1.4 SOAP API およびレガシー Analytics OAuth/JWT EOL 許可リスト拡張機能は有効期限が切れます。 従来の Adobe Analytics OAuth/JWT 資格情報により、クライアント統合をに移行する追加の時間が Adobe IMS資格情報. この有効期限はに影響します(ただし、に限定されません) Adobe Analytics Livestream および Adobe Campaign 必要な IMS 移行を完了していないお客様。 現在レガシーを使用しているお客様 Analytics Auth 拡張機能を介した OAuth/JWT 資格情報許可リストで、2022 年 5 月 25 日までに IMS 資格情報への移行を完了していない場合、Adobe サービスへのアクセス権が失われます。 Livestream のお客様は、これらを参照できます 説明 クライアントアプリケーションを IMS 資格情報に移行する際に使用されます。 Campaign の最新バージョンへのアップグレードについては、Adobeアカウントチームに問い合わせることができます。 Campaign.
のサポート終了 Reports & Analytics 2022 年 1 月 4 日(PT) 2023 年 12 月 31 日​をもって、アドビは およびそれに付属するレポートと機能を廃止する予定です。Reports & Analytics以下を実現するレポート、ビジュアライゼーションおよび基盤となるテクノロジー Reports & Analytics もはやAdobeの技術基準を満たさない 最も多い Reports & Analytics 機能は、 Analysis Workspace. 2015 年のAnalysis Workspaceリリース以降、 Reports & Analytics の機能と機能がAnalysis Workspaceに移行され、ワークフローパリティのしきい値に達しました。 この通知では、提供終了プロセスについて説明しています。
Secure File Transfer Protocol(SFTP) サービスのアップグレード 2022 年 1 月 13 日(PT) オン 2022 年 5 月 3 日, Adobe Analytics は、ファイル転送のセキュリティを強化するために、Secure File Transfer Protocol(SFTP) サービスをアップグレードします。 この変更により、一部の SFTP クライアント設定はサポートされなくなります。 また、次の方法で利用できる接続オプションもいくつか追加します。 2022 年 3 月 2 日. これは、SFTP を使用してAdobe Analyticsに送信された、またはから取得されたデータにのみ影響します。 FTP プロトコルに影響はありません。 サービスの中断を避けるために、SFTP クライアント(コード、ツール、サービス)が、詳細に説明された変更に従っていることを確認してください ここ.
グローバル+中国 RDC タイプ 2021 年 11 月 22 日(PT) グローバル+中国 は、 中国のパフォーマンス最適化アドオンパッケージ. 以前は、データを中国の収集エンドポイントにルーティングするか、グローバルな収集エンドポイントの 1 つにルーティングするかを決定する必要がありました。これで、この RDC タイプ​を選択して、アドビがユーザーの位置情報に基づいて最適な収集エンドポイントを決定できるようになります。
データソースでのフル処理のサポート終了 2021 年 10 月 18 日(PT) 2022 年 1 月 31 日(PT)、アドビはフル処理のサポートを終了します。これにより、ユーザーはオフラインのヒットデータを Analytics に取り込めるようになります。この機能は、一括データ挿入 API を介して利用できます。詳細情報

AppMeasurement

AppMeasurement リリース(バージョン 2.22.4)の最新の更新については、JavaScript リリースノートの AppMeasurement を参照してください。

新しい Analytics チュートリアルとコース

新しく公開されたAdobe Analyticsビデオ、チュートリアル、コース。

公開日 名前 タイプ 説明
2022 年 1 月 ビジネスユーザー向け Analytics 入門は廃止されました ビデオ 元のコースが廃止された理由と、新しい交換コースのAdobeが推奨する内容を説明します。
2022 年 1 月 メディア再生滞在時間パネル ビデオ メディア再生時間パネルを使用して、メディアユーザーが、指定された精度での 1 日の閲覧時間に基づいて視聴者数を把握できる方法を説明します。
2022 年 1 月 Adobe Analyticsの顧客セグメント化戦略とベストプラクティス ビデオ 木曜日に、顧客セグメントの基本、戦略、ベストプラクティスに焦点を当てた Analytics の Analytics インサイダーに参加します。
2022 年 1 月 有料検索検出の設定 ビデオ 推奨事項を含め、Adobe AnalyticsAdmin Consoleの有料検索検知の設定に関する手順を説明します。
2022 年 1 月 リスト変数の設定 ビデオ Adobe Analyticsでリスト変数を設定して使用する方法と理由について説明します。 リスト変数を使用すると、1 つのeVarに複数の値を入力できます。
2022 年 1 月 トラフィック変数(prop)の設定 ビデオ トラフィック変数 ( prop、AnalyticsAdmin Console。
2022 年 1 月 処理ルールを使用した受信データの操作 ビデオ Adobe Analyticsの処理ルールと、それらを使用できる要素について説明します。 処理ルールの使用に関するヒント、例、警告をいくつか取得します。
2022 年 1 月 Analysis Workspace でのディメンションとしてのセグメントの使用 更新されたビデオ Analysis Workspaceでディメンションとして使用して、セグメントを比較および視覚化する方法を説明します。
2022 年 1 月 Adobe Analyticsでのセグメントの管理と共有 更新されたビデオ この更新されたビデオでは、セグメントの共有と管理に関するヒントを紹介します。
2022 年 1 月 Analysis Workspace でのセグメントを使用したデータの制限 更新されたビデオ ツールを使用しているときに、Analysis Workspaceでプロジェクトのユーザーを特定のセグメント(複数可)に制限する方法を説明します。
2022 年 1 月 Analysis Workspace におけるセグメント比較 更新されたビデオ Adobe AnalyticsのAnalysis Workspaceに属する Segment IQ が、すべてのディメンションおよび指標にわたって 2 つの Analytics セグメントのうち、最も統計的に有意な違いを自動的に見つけることで、分析を簡素化する方法を説明します。

Analytics ヘルプリソース

アイコン Audience Manager

Audience Manager の修正点と改善点。

  • すべての API 呼び出しで、Swagger インターフェイスを介して実行すると Undocumented エラーを返す問題を修正しました。(AAM-59190)
  • 場合によって誤ったユーザーの役割がパートナーに割り当てられる問題を修正しました。(AAM-59451)
  • API で大文字と小文字を区別する認証ヘッダーが必要となる問題を修正しました。(AAM-58528)

アイコン Adobe Experience Manager

Adobe Experience Manager リリースのアップデートとロードマップページにアクセスして、リリース情報に関する最新情報を入手することをお勧めします。

Adobe Experience Manager 製品リリース

  • Adobe Experience Manager as a Cloud Service

    次を監視: 2021 年 12 月リリースの概要ビデオ 2021.11.0(2021 年 11 月)リリースで追加された機能の概要。

    • 新機能の 🔗2021 年 10 月リリースの概要ビデオ。

    • 新機能の 🔗2021 年 9 月リリースの概要ビデオ。

    • Adobe Experience Manager Assets as a Cloud Service

      新機能

      • Dynamic Media 画像スマート切り抜き および スウォッチ は、最新のSenseiサービスによって動作するようになり、改善された切り抜きとスウォッチを生成します。 また、同じ縦横比で異なる解像度の異なる切り抜きコンテンツを生成する機能が強化されました。 また、イメージプロファイルの幅と高さに変更がない場合、手動の編集は再処理時に保持されます。

      Experience Manager Assetsプレリリースチャネルの新機能

      • Dynamic Media -Experience ManagerDynamic Mediaインターフェイスを使用して、 一般設定 および 公開設定 Dynamic Media Classicデスクトップアプリケーションを使用する代わりに、
      • Dynamic Mediaでは、MXF ビデオの取り込み、プレビュー、再生、公開をサポートするようになりました。 MXF ビデオの注釈とショッパブルビデオは、まだサポートされていません。
      • リモート DAM と Sites デプロイメント間の接続を設定すると、リモート DAM 上のアセットが Sites デプロイメントで使用できるようになります。 これで、 操作の更新、削除、名前変更、移動 リモートの DAM アセットまたはフォルダー上。 更新は、Sites デプロイメントで自動的に利用できます(少し遅れて)。
    • Adobe Experience Manager Forms as a Cloud Service

      新機能

      • 安全な処理のためにExperience Managerワークフローデータを外部化:インプロセスExperience Managerワークフローデータを保存できます (Experience Manager ワークフロー変数 安全に処理するために、顧客が管理するリポジトリ内の SPD (Sensitive Personal Data) 要素を含むデータ )。 データ要素とワークフロー変数は、Experience Managerリポジトリに保存されず、ワークフローの処理中に顧客が管理するリポジトリからオンデマンドで取得されます。

      Experience Manager Formsプレリリースチャネルの新機能

      • AEM Formsas a Cloud Service — 通信: 通信 API は、テンプレートと XML データを組み合わせて、様々な形式の印刷ドキュメントを生成する場合に役立ちます。 このサービスを使用すると、同期モードとバッチモードでドキュメントを生成できます。 API を使用すると、以下を実行するアプリケーションを作成できます。
        • テンプレートファイル(PDF および XDP)に XML データを格納することで、最終形式のドキュメントを生成します。
        • 非インタラクティブ PDF 印刷ストリームを含む様々な形式で出力フォームを生成します。
      • コミュニケーション API で作成されたレコードのドキュメントおよびPDFドキュメント用のカスタムフォント:コミュニケーション API を使用して生成されたPDFドキュメントで、ブランド承認済みフォントを使用して、組織の要件に合わせることができるようになりました。
      • Forms Portal:以下を使用できます。 Forms Portal 発行済みのアダプティブフォームをExperience Manager Sitesページに一覧表示する。 これにより、サイト訪問者は利用可能なすべてのフォームを見つけることができます。 また、 Forms Portal アダプティブフォームのドラフトを保存してアクセスし、送信後のアダプティブフォームのPDFバージョンを確認するには、以下の手順に従ってください。
    • Cloud Manager

      新機能

      • ユーザーは、新しいフロントエンドパイプラインを使用して、フロントエンドコードを迅速に排他的にデプロイできるようになりました。 詳しくは、 Cloud Manager フロントエンドパイプライン を参照してください。

        重要

        Experience Manager版 2021.10.5933.20211012T154732Z または新しいを使用するにはそれ以降 フロントエンドパイプライン.

      • コード品質パイプラインの期間は、Experience Manager画像全体を構築する必要なく、より効率的にコード分析を実行することで短縮されます。 この変更は、リリース後の数週間で段階的にロールアウトされます。

      • Git コミット ID がパイプライン実行の詳細に表示され、作成されたコードの追跡が容易になりました。

      • プログラムの作成 は、公開されている API を通じて使用できるようになりました。

      • 環境の作成 は、公開されている API を通じて使用できるようになりました。

      • この x-request-id 応答ヘッダーが、www.adobe.io の API Playground に表示されるようになりました。このヘッダーは、トラブルシューティングのためにカスタマーケアに関する問題を送信する際に役立ちます。

      • 新しい アクティビティ パイプラインやコード実行などのアクティビティとそれに関連する詳細を表示できるページが使用可能です。 時間が経つと、このページに示すアクティビティの範囲は、提供された詳細と共に拡大します。

      • 新しい パイプライン 詳細の概要を簡単に表示できるステータスポップオーバーを含むページが利用できるようになりました。 表示可能な パイプライン は、関連する詳細と共に実行されます。

      • この パイプラインを編集 API で、デプロイフェーズで使用する環境の変更がサポートされるようになりました。

      • の最適化 OakPal 大きなパッケージでスキャンプロセスを使用できるようになりました。

      • 品質の問題の CSV ファイルに、各品質の問題のタイムスタンプが含まれるようになりました。

コミュニティ

新しい Adobe Experience Manager コースとチュートリアル

以下は、過去 1 か月間に公開された新しいビデオ、チュートリアル、コースです。

公開日 名前 タイプ 説明 アプリケーション
2022 年 1 月 Adobe開発者アプリビルダーを使用したAdobe Experience Manager as a Cloud Serviceの拡張 ビデオ(複数) 新しいAdobeの Developer App Builder は、AEMのas a Cloud Service機能を簡単に拡張できるように開発者向けの拡張フレームワークを提供します。 AEM as a Cloud Service
2022 年 1 月 AEM AEM as a Cloud Serviceのヘッドレスクイックセットアップ ビデオ AEMヘッドレスのクイックセットアップをご覧ください。 WKND Site サンプルプロジェクトのコンテンツを使用してAEMヘッドレスを操作し、AEM Headless GraphQL API を介してコンテンツを使用するサンプル React App(SPA) を使用できます。 AEMas a Cloud Service
2022 年 1 月 高度なネットワーク ビデオ(複数) AEM as a Cloud Serviceが、外部サービスとの接続を管理する 3 つのオプションを提供する方法を説明します。柔軟なポートエグレス、専用の出力 IP アドレス、および仮想プライベートネットワーク。 AEM as a Cloud Serviceの Cloud Manager プログラムおよび環境では、一度に 1 つのタイプの高度なネットワーク設定のみを使用できます。 AEMas a Cloud Service
2022 年 1 月 製品データと関連するAEMコンテンツの強化 ビデオ マーケターが Adobe Experience Manager の関連コンテンツを使用して製品データをエンリッチメントする方法について説明します。アセットなどのコンテンツ エクスペリエンスフラグメント、および コンテンツフラグメント AEMでは、コマース製品に関連付けることができます。 AEMas a Cloud Service
2022 年 1 月 E メールサービス ビデオ AEMを設定してAEM as a Cloud Serviceから電子メールを送信 DefaultMailService 高度なネットワーク出力ポートを使用する場合。 AEMas a Cloud Service
2022 年 1 月 Workfront enhanced connector の基本 ビデオ Adobe WorkfrontおよびExperience Manager Assets拡張コネクタの基本について説明します。 詳細 プロジェクトフォルダー. AEM AssetsサービスとWorkfront
2022 年 1 月 AEM Sites使用の手引き — クイックサイト作成 ビデオ(複数) ローコードのアプローチを使用して、クイックサイト作成と事前定義済みのサイトテンプレートを使用してAdobe Experience Managerで最初のサイトを作成する方法を説明します。 AEM Sites
2022 年 1 月 非標準ポートでの HTTP/HTTPS 接続(柔軟なポート出力用) ビデオ(複数) 非標準ポート (80/443ではない ) での HTTP/HTTPS 接続を、AEM as a Cloud Serviceからプロキシする必要がある方法を説明します。 AEMas a Cloud Service
2022 年 1 月 アクティブなタブと完了したタブを示すアイコンを追加します ビデオ 左側のタブナビゲーションを使用してアダプティブフォームを作成する際に、アイコンを表示してタブのステータスを示す方法について説明します。 AEM Forms
2022 年 1 月 Adobeアセットリンクの設定 ビデオ クリエイティブチームやマーケティングチームがコンテンツ作成プロセスでアセットに対して共同作業を容易にすることで、組織にすばやく影響を与えます。 AEM Assets
2022 年 1 月 AEM Commerce as a Cloud Service - はじめに ビデオ マーケターが Adobe Experience Manager の関連コンテンツを使用して製品データをエンリッチメントする方法について説明します。アセット、エクスペリエンスフラグメント、AEM内のコンテンツフラグメントなどのコンテンツを、コマース製品に関連付けることができます。 AEMas a Cloud Service
2022 年 1 月 AEM Sites使用の手引き — クイックサイト作成 ビデオ ローコードのアプローチを使用して、クイックサイト作成と事前定義済みのサイトテンプレートを使用してAdobe Experience Managerで最初のサイトを作成する方法を説明します。 AEM Sites
2022 年 1 月 製品データと関連するAEMコンテンツの強化 ビデオ マーケターが Adobe Experience Manager の関連コンテンツを使用して製品データをエンリッチメントする方法について説明します。アセット、エクスペリエンスフラグメント、AEM内のコンテンツフラグメントなどのコンテンツを、コマース製品に関連付けることができます。 AEMas a Cloud Service

Adobe Experience Manager リリース情報

Experience Manager のリリースノートはすべて次のページに記載されています。

Experience Manager に関するその他のヘルプリソース

Adobe Experience Manager の XML ドキュメント

AEM上にデプロイされたAdobe Experience Managerの XML Documentation。 これは、Adobe Experience Managerでのネイティブ DITA サポートを可能にし、AEMが DITA ベースのコンテンツの作成と配信を処理できる、強力なエンタープライズグレードのコンポーネントコンテンツ管理ソリューション (CCMS) です。 詳細情報: AEM向け XML ドキュメント.

Adobe Experience Managerの XML ドキュメントに関する新しいチュートリアル

Adobe Experience Manager向け XML ドキュメント用に公開された新しいビデオ、チュートリアル、コース。

公開日 名前 タイプ 説明
2022 年 1 月 XML ドキュメントのリリース ビデオ 強力なエンタープライズグレードのコンポーネントコンテンツ管理ソリューション (CCMS) であるAdobe Experience Manager向けの XML ドキュメントについて説明します。 Adobe Experience Managerでのネイティブ DITA サポートが可能になり、AEMで DITA ベースのコンテンツの作成と配信を処理できるようになります。
2022 年 1 月 AEM向け XML ドキュメントを使用した出力生成 ビデオと記事 マップダッシュボード、レポート、ベースラインと条件を使用したパブリッシュなどについて説明します。

アイコン Adobe Commerce

Adobe Commerce リリースノートについては、次のリンクを参照してください。

新しい Adobe Commerce チュートリアル

公開日 名前 タイプ 説明
2022 年 1 月 Business Intelligence ビデオ(複数) 概要から始め、すべてのAdobe CommerceおよびMagento Open Sourceのマーチャント向けに最適化された完全なソリューションであるBusiness Intelligenceについて学びます。
2022 年 1 月 ユーザー、役割、権限 ビデオ 各ユーザーに対して個別のユーザーアカウントを作成し、ビジネスニーズに基づいて制限付きアクセスを割り当てる方法を説明します。
2022 年 1 月 二段階認証 ビデオ 2 要素認証 (2FA) がデータへの不正アクセスを防ぐ方法を説明します。 Adobe CommerceとMagento Open Sourceは、複数のプロバイダーからの 2 要素認証方式をサポートしています。
2022 年 1 月 Web サイト、ストア、およびストア表示の追加 ビデオ 各Adobe CommerceおよびMagento Open Sourceのインストールが、Web サイト、ストア、ストア表示の階層をサポートする方法について説明します。 ビジネスのニーズに応じて、この階層を構築し、拡張します。
2022 年 1 月 ストア URL の変更 ビデオ ストアのベース URL を変更する方法を説明します。 (このビデオの内容は 2.1.0 リリースを反映しています)。
2022 年 1 月 ストアサイトマップの設定 ビデオ サイトマップをコマースストアに簡単に追加する方法を説明します。
2022 年 1 月 プロモーション価格ルール ビデオ 製品の関係を設定し、価格ルールを使用して、様々な条件に基づいて割引をトリガーする方法を説明します。
2022 年 1 月 ページの作成 ビデオ 1 つのパラメーターで JSON を返すページを作成する方法を説明します。
2022 年 1 月 JavaScript モジュールの追加 ビデオ 「Hello World」という挨拶文を提供するシンプルな JS モジュールの開発について説明します。
2022 年 1 月 Page Builder の概要 ビデオ ページビルダーを使用すると、視覚的なストーリーテリングを強化するカスタムレイアウトでコンテンツに富んだページを簡単に作成し、顧客エンゲージメントとロイヤルティを高める方法を説明します。
2022 年 1 月 データベースにテーブルを追加する ビデオ Commerce で、データベーステーブルの作成、既存のテーブルの変更、データへのデータの追加を可能にする特別なメカニズム(モジュールのインストール時に追加する必要がある設定データなど)について説明します。
2022 年 1 月 モジュールの作成 ビデオ モジュールは、コマースの構造要素です。システム全体がモジュールに基づいて構築されます。 通常、カスタマイズを作成する最初の手順は、モジュールを構築することです。
2022 年 1 月 製品属性の作成 ビデオ コマースで最も一般的な操作の 1 つである製品属性を追加する方法を説明します。 属性は、製品に関連する多くの実用的なタスクを解決する強力な方法です。
2022 年 1 月 依存関係の挿入の例 ビデオ 依存関係の挿入、つまりオブジェクト A がそれらの依存関係を提供する外部オブジェクト B に対して依存関係を宣言するための設計パターンについて説明します。 A で宣言される依存関係は通常、クラスインターフェイスで、依存関係 B が提供するインターフェイスは具体的な実装です。

アイコン Adobe Target

最終更新日:2022 年 1 月 10 日(PT)

詳しくは、 Target リリースノート 」を参照してください。

アイコン Adobe Campaign

Adobe Campaign は、オンラインおよびオフラインのマーケティングチャネルにわたって 1 対 1 のメッセージを届けるために直感的で自動化された方法を提供します。顧客の習慣や好みによって特定されたエクスペリエンスを利用して、顧客が欲しいものを予測できるようになりました。

最新の Campaign 製品リリース

リリースされた最新の機能、機能強化、修正について詳しくは、以下を参照してください。

新規 Campaign チュートリアルとコース

新しく公開された Adobe Campaign ビデオ、チュートリアル、コース。

公開日 名前 タイプ 説明 バージョン
2022 年 1 月 アドホックなメール配信テンプレートのデプロイ ビデオ アドホック E メール配信テンプレートをデプロイする方法と、E メール配信と配信ワークフローの違いについて説明します。 Campaign v8
2022 年 1 月 配信テンプレートプロパティの設定 ビデオ 配信テンプレートのプロパティを設定する方法と各プロパティの詳細を説明します。 Campaign v8
2022 年 1 月 キャンペーンの承認の設定 ビデオ キャンペーンレベルで承認とレビュー担当者を設定する方法について説明します。 Campaign v8
2022 年 1 月 ワークフロー内での承認プロセスの作成 ビデオ ワークフロー内で承認プロセスを作成して、配信を開始する前にターゲティングの選択ロジックを審査し承認できるようにする方法について説明します。 Campaign v8
2022 年 1 月 配信の承認の設定 ビデオ 配信レベルで承認とレビュー担当者を設定する方法について説明します。 Campaign v8
2022 年 1 月 FFDA を使用した API ステージングメカニズム ビデオ フル FDA を使用した API ステージングメカニズムの仕組みについて説明します。 ステージングが使用される理由、Adobe Campaignでのステージングの主な原則、カスタムテーブルのステージングメカニズムを有効にする方法を説明します。 Campaign v8

Campaign ヘルプリソース

アイコン Adobe Journey Optimizer

Journey Optimizer を使用すると、1 つのアプリケーションで、スケジュールされたオムニチャネルキャンペーンや何百万人もの顧客向けの 1 対 1 の瞬間を管理でき、インテリジェントな意思決定とインサイトにより、ジャーニー全体を最適化します。

最新の Journey Optimizer 製品リリース

最新の機能、改善点および修正点について詳しくは、Journey Optimizer リリースノートを参照してください。

Journey Optimizer のその他のリソース

アイコン Adobe Journey Orchestration

Experience Platform を使用して、各個人のニーズをリアルタイムでインテリジェントに予測することで、エクスペリエンスチャネルをまたいでカスタマージャーニーを調整します。

最新の Journey Orchestration 製品リリース

最新の機能、改善点、修正点について詳しくは、Journey Orchestration リリースノートを参照してください。

Journey Orchestration のその他のリソース

アイコン Adobe Marketo Engage

Marketo Engage は、複雑な購入ジャーニーのすべてのステージにわたるエンゲージメントを通じてカスタマーエクスペリエンスを変革しようとしている経営陣や B2B マーケター向けの完全なアプリケーションです。

Core Marketo Engage の更新

最新のリリーススケジュール情報とリリースノートについては、Marketo Engage リリーススケジュールを参照してください。

アイコン Adobe Workfront

Adobe Workfront は、アイデアの共有、コンテンツの作成、複雑なプロセスの管理、および最高の作業を行うための統合作業管理アプリケーションです。

すべての製品の最新情報のまとめについては、Workfront リリースページを参照してください。

Icon Adobe Advertising Cloud

リリースノート: Adobe Advertising Cloud

Advertising Cloud 全体の新機能

最終更新日:2021 年 10 月 27 日(PT)

機能 説明
Advertising Cloud 向け Analytics レガシーAdobe Analyticsの使用から切り替える場合 visitorAPI.js Adobe Experience Platformライブラリ (alloy.js) の場合は、ID のステッチを有効にするために、いくつか変更を加える必要があります。 詳しくは、 の使用 Last Event Service Adobe Experience Platformを使用した JavaScript ライブラリ Web SDK.

Advertising Cloud DSP の新機能

最終更新日:2021 年 10 月 27 日(PT)

機能 説明
カスタムレポート カスタムレポート用に、Amazon S3 および report destinations と呼ばれる様々なタイプの FTP 配信場所を作成および管理できるようになりました。レポートの宛先を設定したら、新しいカスタムレポートをそれぞれ 1 つ以上の宛先タイプの場所に配信したり、電子メールの受信者に配信したりするように設定できます。Amazon S3 および FTP 資格情報を更新しても、レポートの配信が中断されることはありません。

既存のレポートは、指定した電子メール受信者に引き続き送信されます。別のレポートの宛先への配信を設定するには、新しい宛先でレポートを作成します。
パッケージ、プレースメント、および 広告ビュー 1 日分のデータを表示する場合、トレンドグラフに時間別データが含まれるようになりました。任意の時点にカーソルを置くと、その時間のデータが表示されます。
プレースメント プレースメントインスペクターに「在庫」タブが含まれるようになりました。このタブには、プレースメントのすべての取引とそれに関連する指標が表示されます。この情報を使用すると、カスタムレポートを生成せずに、すばやく調整を行ったり、問題をトラブルシューティングしたりできます。
広告 (広告に Clearcastclock 番号を含める権限を持つユーザー)別の広告に添付されている時計番号を使用しても、DSP でエラーが表示されなくなりました。注意:​ベストプラクティスは、各ビデオ広告に一意の時計番号を使用することです。そうしないと、パブリッシャーはすべての広告を承認しません。
取引 ID 取引 ID 設定およびユーザーインターフェイスのその他の場所は、次の Magnite SSP
の新しいブランディングを反映しています。
  • SSP Tremor (Telaria) は現在 Magnite CTV.
  • 今後数週間の間に Rubicon が Magnite DV+で、 DV+ は、ディスプレイ、ビデオ、およびオーディオなどの他の形式を表します。
Freewheel プログラムによる保証契約 広告のステータスを検索できるようになりました。 Freewheel プログラムで保証された契約 広告 表示 以前は、取引表示からのみステータスを確認できました。

最終更新日:2021 年 10 月 7 日(PT)

機能 説明
レポート、通知センター (10 月 9 日(PT)リリース)カスタムレポートまたは予定レポートの作成が完了または失敗したときに Advertising Cloud Search から送信されるレポート関連のすべてのメール通知は、通知センターで処理されるようになりました。レポートについては、メール通知と web 通知がデフォルトで有効になっていますが、オプションで通知設定を変更できます。今回の変更により、
  • メールの受信者は、Advertising Cloud Search に登録されている認証済みユーザーでかつ広告主のアカウントにアクセスできるユーザーに限定されます。この機能により、権限のないユーザーには機密データが送信されなくなります。
  • メールの形式とコンテンツでは、通知センターのテンプレートが使用されます。このテンプレートには、レポートの詳細が記述されており、すべてのレポート形式に対応する直接ダウンロードリンクが含まれています。
  • レポート通知は、通知センターの新しい通知タイプで、独自の通知設定を備えています。
何らかの自動処理を使用してメール通知からレポートを取り込む場合は、フィルタリングロジックを更新して、プロセスが確実に継続されるようにしなければならないことがあります。
広告インサイト ベータモードでは、追加のインサイトを利用できます。

新しいAdvertising Cloudチュートリアル

公開日 名前 タイプ 説明
2022 年 1 月 Advertising Cloud チュートリアル ビデオ Advertising Cloud DSPに関する 5 つの新しいビデオチュートリアルが利用できます。

アイコン Adobe Document Cloud

新しく公開された Adobe Document Cloud ビデオ、チュートリアル、コース。

新しいDocument Cloudコースとチュートリアル

新しく公開された Adobe Campaign ビデオ、チュートリアル、コース。

公開日 名前 タイプ 説明
2022 年 1 月 PDF ビデオ この実践チュートリアルでは、グラフィックの強化と自動番号付けを追加してPDFを変換する方法を学びます。
2022 年 1 月 Acrobat DCとMicrosoft® 365 をよりスマートに使用 コース 内部に強力なPDFツールを見つける Microsoft® 365 および Acrobat DC 古くなった壊れたドキュメントワークフローを置き換える場合。 手動でのドキュメント処理を自動化し、遅延やミスを回避し、セキュリティと生産性を向上し、優れた顧客と従業員のエクスペリエンスを提供する方法を、既に使用しているMicrosoft®とAcrobatのツール内で説明します。

Document Cloud ヘルプについては、以下を参照してください。

アイコン Adobe Creative Cloud for enterprise

最新のチュートリアルについては、Creative Cloud エンタープライズ版チュートリアルを参照してください。

このページ