Experience Cloud リリースノート

最終更新日: February 2024

このページでは、Experience Cloud およびアドビのエンタープライズアプリケーションについて、次のセルフヘルプリソースを検索できます。

  • リリースノートおよび製品ドキュメント
  • サポートナレッジベース記事
  • Experience League に関する今後のイベント
  • 最新のビデオチュートリアル

最高のセルフヘルプエクスペリエンスを実現するには、Experience League にログインし、アドビのドキュメントコースイベントコミュニティフォーラムサポートの無料ライブラリ全体での検索エクスペリエンスをカスタマイズします。

このページの更新に関するメール通知を毎月受け取るには、アドビ優先製品アップデートを購読してください。

2024年2月

最終更新日:2024年2月28日(PT)

アイコン Experience League のイベントと最新情報

Experience League に関するエキサイティングなイベントについて説明します。アドビの製品エキスパートから学んだり、質問の回答を得たり、製品エキスパートと交流したりするのにうってつけの場です。

Experience League に関するイベント

更新日:2024年2月28日(PT)

 詳細
  • Experience Manager | ウェビナー | EMEA AEM コミュニティイベント | コンテンツサプライチェーンに関する素晴らしいインタラクティブなセッションを開催し、お客様の目標、これまでの実績、直面している課題、対処方法について話し合います。| 2月29日午後 3:00(GMT) | 登録

  • 管理者とキャンペーン | Experience Leagueライブ | 新しいAdobe Campaign Web ユーザーインターフェイスを先に進める | 2 月 29 日に、新しいAdobe Campaign Web User Interface を使用したクロスチャネル戦略の計画、立ち上げ、測定方法を学び、新しい Generative AI 機能のプレビューを得るためにご参加ください。 | 2月29日8:00(PT) | 登録

  • EXPERIENCE MANAGER | Livestream | App Builder が 10.0 に変わる | App Builder のエンジニアリングチームに参加して、最新の CLI リリースの新機能と、デバッグをより簡単におこなえる新しい方法を含む将来の状況を確認してください。 | 2月29日午前 9:00(PT) | 登録

  • Workfront | カスタマーワークショップ | 学習:法務およびコンプライアンス向け Workfront | 法務およびコンプライアンスチームとの連携により、プロセスを効率化し、組織内のより多くのオーディエンスに Workfront プラットフォームを拡張し、導入を拡大する方法について説明するワークショップにご参加ください。| 2月29日9:30(PT) | 登録

  • Workfront | コミュニティイベント | つながる:マーケティング&クリエイティブ向け管理チャット | マーケティングチームやクリエイティブチームのシステム管理者の場合このお客様主導のセッションでは、他の管理者と連携して、ベストプラクティス、ヒント、テクニックについて話し合います。 | 3月1日午前 9:00(PT) | 登録

  • WORKFRONT | ウェビナー | Workfront の使用を開始:リソース管理 | アドビの Workfront ビジネスアドバイザーが、ニーズに合わせて進化する作業管理システムを簡単に作成するためのブループリントを使用して、Workfront の最も影響力のあるユースケースの 1 つであるリソース管理を紹介します。| 3月7日午後 1:00(ET) | 登録

  • Workfront | コミュニティイベント | つながり:Workfront Collective | 他の Workfront のお客様と、共同問題解決および成功共有セッションにご参加ください。| 3月11日午前 6:00(PT) | 登録

  • Workfront | コミュニティイベント | つながり:Workfront Collective | 他の Workfront のお客様と、共同問題解決および成功共有セッションにご参加ください。| 3月11日午前 6:00(PT) | 登録

  • Experience Manager | ウェビナー | エスプレッソ& Experience Manager:AEM がクラウドでより強力な理由 | アドビのエキスパートが、ベストプラクティスアナライザーや Cloud Acceleration Manager などのツールを使用したコンテンツの評価と移行計画を通じて、クラウドへのスムーズな移行を確実に行う方法について話し合います。| 3月14日午後 1:00(ET) | 登録

  • Adobe Summit | デジタルエクスペリエンス会議 | スキルを広げ、最新のトレンドを見つけ、エクスペリエンス主導の成長の未来を探る | 主要なブランドから学び、生成 AI の未来を発見し、エクスペリエンス主導の成長に備えます。| 3月25日~28日 @ラスベガスとオンライン | 登録

Experience League でその他の今後のイベントを確認するか、イベントの録画を参照してください。

アイコン Adobe GenStudio

Adobe GenStudio は、生成 AI とインテリジェントな自動化により、コンテンツサプライチェーンを高速化および簡素化するエンドツーエンドのソリューションです。

 詳細
公開日 名前 タイプ 説明
2024年2月 GenStudio チュートリアル ビデオ 新しい Adobe GenStudio で Experience League チュートリアルを参照してください。GenStudio は、生成 AI とインテリジェントな自動化により、コンテンツサプライチェーンを高速化および簡素化するエンドツーエンドのソリューションです。

アイコン認定制度

すべてのアドビ認定制度候補者にご注目ください。Experience League の Experience Cloud 認定制度サイトをご覧ください。

 詳細

Experience Cloud 認定制度サイトは、すべての Experience Cloud 認定制度に関連するコンテンツのワンストップショップであり、定期的に更新されて次の内容が反映されます。

  • 利用可能な認定制度
  • アドビアプリケーションの認定制度の更新
  • 認定制度プログラムの更新

その他Experience League のアドビ認定制度にアクセスして、今日から認定制度へのジャーニーを開始しましょう。

アイコン Adobe System Status

Adobe System Status で最新の機能や更新についてご確認ください。

 詳細

Adobe System Status では、アドビ製品およびサービスに関する詳細情報、ステータス更新およびメール通知を提供します。停止、中断およびメンテナンスイベントに関する通知を受け取れます。status.adobe.com/ja でご確認ください。

リリース日:2024年1月30日(PT)

新機能

  • お知らせは、ステータス API に含まれるようになりました。
機能 説明
お知らせ API
  • お知らせは、広範囲に影響を与えるグローバルレベル、クラウドレベルまたは製品レベルのメッセージです。過去の例としては、Covid-19 に関するメッセージが挙げられます。他の例としては、Log4j のようなグローバルなセキュリティ脆弱性や、サポートセンターのダウンなどがあります。お知らせは、問題やメンテナンスとは関係ありません。クラウドレベルまたは製品レベルのアップデートに関する顧客とのコミュニケーションに使用されます。
  • お知らせは、ステータス API コレクションの一部になりました。お客様はクエリを実行し、お知らせを取得して、社内ダッシュボードに統合できます。新しいエンドポイントについては、こちらからご確認ください。
バグの修正
  • インターフェイスのパフォーマンスが向上しました。

最近のリリースノートについては、以下を参照してください。

アイコン Experience Cloud - 主要なインターフェイスおよび管理

詳しくは、Experience Cloud の主要なインターフェイスのコンポーネントと管理を参照してください。製品とユーザーの管理、プロファイル設定と環境設定の指定、Experience Cloud オブジェクトの検索、Cookie の管理などを行えます。

 詳細
機能 説明
ログインページ ログインページでは、読み込みごとに背景画像が自動的に回転します。 (新機能はありません)。

Experience Cloud の主要なインターフェイスコンポーネントに関するヘルプについては、Experience Cloud インターフェイスおよび管理ガイド(顧客属性、Experience Cloud Assets、オーディエンスなどを含む)を参照してください。

アイコン Experience Platform

Experience Platform と Mobile SDK の最新リリース情報と新規ドキュメントについて説明します。新しいチュートリアルおよびナレッジベース記事を Experience League で確認してください。

 詳細

新しい Experience Platform のチュートリアルとコース

Adobe Experience Platform 向けに新しく公開されたビデオ、チュートリアル、コース。

公開日 アプリケーション 名前 タイプ 説明
2024年2月 Real-Time Customer Data Platform、Journey Optimizer ユースケースのプレイブック 複数のビデオ Real-Time Customer Data Platform と Journey Optimizer のお客様が、ユースケースプレイブックで価値創出までの時間をどう短縮できるかを説明します。ユースケースプレイブックは、複数の業界やマーケティング目標をカバーする数十のテンプレートからなるカタログです。
2024年2月 タグ タグ環境と埋め込みコードの使用 ビデオ 開発環境、ステージング環境および実稼動環境と埋め込みコードを使用して、タグプロパティを開発および検証する方法について説明します。

新しい Experience Platform でのナレッジベースのサポート

Experience Platform の新しい記事と既存記事の更新です。

公開日 名前 タイプ 説明
2024年1月 開発者が API を使用して Assurance ログを表示する方法 新しい記事 開発者が API を使用して Assurance ログを表示する方法について説明します。
2024年1月 新しく追加した属性にデータが入力されない 新しい記事 スキーマを更新して Adobe Experience Platform にデータを取り込むと、新しく定義した属性にデータが入力されず、その結果、実稼動時に問題が発生する場合の解決策について説明します。
2024年1月 AEP データ収集 - ルールにカスタムイベントを追加すると​エラー:「最大数のルールコンポーネントがあります」​が発生する 新しい記事 Experience Platform Data Collection プロパティのルールにイベントを追加すると、最大数のルールコンポーネントがあります​というエラーが発生する問題に対する解決策について説明します。

アイコン Real-Time Customer Data Platform

Experience League に関する Real-Time Customer Data Platform の最新のチュートリアルをご確認ください。

 詳細

アイコン Analytics

Adobe Analytics と AppMeasurement の最新のリリース情報を確認してください。Experience League で新しいチュートリアルやコースをご覧ください。

 詳細

Analyticsリリース日:2024年2月16日(PT)

AppMeasurement

リリースバージョン:2.24.0

Analytics の新しいチュートリアルとコース

Adobe Analytics 用に公開された新しいビデオチュートリアル、記事およびコース。

公開日 名前 タイプ 説明
2024年2月 Experience Platform タグの Analytics 拡張機能の一般設定の指定 ビデオのアップデート トラッキングサーバーの設定を含め、タグの Analytics 拡張機能の一般設定オプションについて説明します。
2024年2月 Experience Platform タグの離脱リンクトラッキングの設定 ビデオのアップデート Experience Platform タグの Adobe Analytics 拡張機能で数回クリックするだけで、サイト上の離脱リンク(別のサイトに移動するリンク)をトラッキングする方法を学びます。
2024年2月 データレイヤーを使用して Experience Platform タグで Analytics 変数を設定する ビデオのアップデート データレイヤーから値を取り込み、Experience Platform タグでその値を使用して Adobe Analytics に変数を入力する方法を説明します。Analytics やその他の Experience Cloud ソリューションにデータレイヤーを使用することがベストプラクティスです。
2024年2月 Experience Platform タグでのダウンロードリンクトラッキングの設定 ビデオのアップデート Experience Platform タグの Adobe Analytics 拡張機能で数回クリックするだけで、サイト上のダウンロードリンク(ブラウザー以外のファイルをマシンにダウンロードするリンク)をトラッキングできます。
2024年2月 Experience Platform タグでの doPlugins と実装プラグインの使用 ビデオのアップデート doPlugins 関数を使用するメリットと、Analytics 実装プラグインを追加してデータ収集を強化するメリットについて説明します。
2024年2月 特別ページ用の Experience Platform タグルールの作成 ビデオ 各ページで収集されたデータに加え、特定のページで収集する必要があるデータもあります。このビデオでは、そのデータを共通データと結合し、Adobe Analytics に送信する方法を説明します。

新しい Adobe Analytics サポートナレッジベース

Analytics の新しい記事と既存記事の更新です。

公開日 名前 タイプ 説明
2024年1月 管理者以外のユーザーが特定の eVars のデータを取得できない 新しい記事 この記事では、管理者以外のユーザーが Adobe Analytics で特定の eVars のデータを取得できない原因について詳しく説明します。管理者ユーザーは、ディメンションを割り当てたり、ディメンションを Media Analytics ワークスペースにマップしたりできます。

アイコン Customer Journey Analytics

Customer Journey Analytics の最新のリリース情報をご確認ください。Experience League で新しいチュートリアルやコースをご覧ください。

 詳細

Customer Journey Analyticsリリース日:2024年2月16日(PT)

Customer Journey Analytics の新しいチュートリアルとコース

Customer Journey Analytics 用に公開された新しいビデオ、チュートリアル、またはコース。

公開日 名前 タイプ 説明
2023年2月 ルックアップデータおよびプロファイルデータの CJA ルックアップ ビデオ ルックアップデータをルックアップデータセットおよびプロファイルデータセットに追加する方法と、主なフィールドを計画およびマッピングする方法を説明します。

アイコン Streaming Media Analytics

Streaming Media Analytics の最新のリリース情報をご確認ください。Experience League で新しいチュートリアルやコースをご覧ください。

 詳細

アイコン Adobe Experience Manager

Experience Manager の新機能、修正点および更新です。安定性、セキュリティ、パフォーマンスを高めるために、オンプレミス環境のお客様には最新のパッチをデプロイすることをお勧めします。

 詳細

Experience Manager のロードマップとリリースビデオ

アドビでは、次のリソースにアクセスして最新のリリース情報を常に確認することをお勧めします。

最新リリースの概要ビデオ

2024.01.0(2024年1月)リリースに追加された機能の概要については、2024年1月リリースの概要ビデオをご覧ください。

Experience Manager Sites as a Cloud Service

AEM Sites での Extension Manager

新しい AEM Sites の Extension Manager を探索して、UI 拡張機能を設定して AEM 設定をパーソナライズします。

AEM Sites の Extension Manager を使用すると、開発者や実務担当者は、AEM Sites の機能を強化するために Adobe App Builder で作成された UI 拡張機能にアクセス、管理、カスタマイズして、AEM Sites の機能を強化できます。

Extension Manager を使用すると、次のことを実行できます。

  • インスタンス単位で拡張機能を有効または無効にする
  • 拡張パラメーターの設定
  • 拡張機能のプレビューと、共有可能なプレビューリンクの生成
  • インタラクティブデモを介した UI 拡張機能の確認
  • ファーストパーティの拡張機能を使用した、アドビの実験機能へのアクセス

アドビでは、UI 拡張機能に関するフィードバックや新しいユースケースを積極的に求めています。連絡を希望される場合は、uix@adobe.com までメールを送信してください。

Experience Manager Assets as a Cloud Service

管理ビューのプレリリース機能

  • サポートされているすべてのビデオタイプのプレビューレンディション - Experience Manager Assets では、処理プロファイル設定を行わなくても、サポートされているすべてのビデオタイプのプレビューレンディションをデフォルトで生成するようになりました。

Assets ビューの新機能

  • スマートタグのブロックリスト - Assets Essentials を使用すると、アセットをリポジトリにアップロードする際に、スマートタグとして追加したくない単語で構成されるブロックリストを定義できるようになりました。この機能は、ブランドのコンプライアンスを保持し、スマートタグのモデレートにかかる作業を軽減するのに役立ちます。

Experience Manager Forms as a Cloud Service

早期導入プログラム

将来の機能をテストする機会を得るには、アドビの早期導入プログラムに参加してください。

  • Adobe Workfront Fusion シナリオへのアダプティブフォームの送信 - Forms as a Cloud Service には、アダプティブフォームを Adobe Workfront に簡単に接続するための標準オプションが用意されています。これにより、Adobe Workfront シナリオにアダプティブフォームを送信するプロセスが簡単になり、アダプティブフォームの送信時に Workfront Fusion シナリオをトリガーできます。

  • 右横書き言語のサポート - コアコンポーネントに基づいて作成されたアダプティブフォームを、アラビア語、ペルシア語、ウルドゥー語などの右横書き(RTL)言語で表示できるようになりました。RTL 言語は、世界中で 20 億人以上によって使用されています。RTL 言語のフォームを使用すると、アダプティブフォームのリーチを拡大して、これらの多様なオーディエンスに対応し、RTL マーケットを選択できます。特定の地域では、現地語でフォームを提供することが法的に義務付けられています。現地の言語に対応することで、より幅広いオーディエンスに扉を開くだけでなく、関連する法律や規制を確実に遵守できます。

  • DocAssurance API(通信 API の一部)を使用したドキュメントの保護 - DocAssurance API を使用すると、ドキュメントに署名して暗号化することで機密情報を保護できます。暗号化により、ドキュメントの内容は判読できない形式に変換され、許可されたユーザーのみがアクセスできるようになります。この強化された保護層は、貴重なデータを不正な目から守るだけでなく、安心感ももたらします。Signature API を使用して、組織は配布する PDF ドキュメントおよび受信する Adobe PDF ドキュメントのセキュリティとプライバシーを保護できます。このサービスでは、デジタル署名と証明書を使用して、意図された受信者のみがドキュメントを変更できるようにします。

早期導入プログラムに参加し、機能へのアクセスをリクエストするには、ご自身の公式メール ID から aem-forms-early-adopter-program@adobe.com にメールを送信してください。

Experience Manager as a Cloud Service Foundation

Dynatrace のサポート

  • Dynatrace を使用するお客様が AEM の使用状況を監視できる - Dynaterace 環境との接続をリクエストしてアプリケーションのパフォーマンスを監視する方法を説明します。Dynatrace が有効になっている場合、すべてのお客様が利用できる New Relic APM は、データの収集を停止します。

早期導入プログラム

Cloud Manager

新機能

  • Cloud Manager は、メイン証明書だけでなく、中間証明書の有効期限も検証するようになりました。
  • CDN ログは、圧縮形式で返されるようになりました。

早期導入プログラム

今後の機能をテストする機会を得るには、アドビの早期導入プログラムに参加してください。

  • リアルユーザーモニタリング(RUM)を使用したクライアントサイド収集 - リアルユーザーモニタリング(RUM)データサービスを使用して、AEM as a Cloud Service のクライアントサイド収集を有効にすることができます。

    リアルユーザーモニタリング(RUM)データサービスは、ユーザーインタラクションをより正確に反映し、高い信頼性で web サイトのエンゲージメントを測定できるようにします。ページのパフォーマンスに関する高度なインサイトを得る、絶好の機会です。これは、アドビ管理の CDN またはアドビ管理以外の CDN を使用するお客様にとって有益です。アドビ管理以外の CDN を使用しているお客様は、自動トラフィックレポートを有効にできるようになり、トラフィックレポートをアドビと共有する必要がなくなりました。

    この新機能をテストしてフィードバックを共有することに興味がある場合は、お使いの Adobe ID に関連付けられているメールアドレスから aemcs-rum-adopter@adobe.com 宛てにメールを送信してください。メールには実稼動環境、ステージング環境、開発環境のドメイン名を記載してください。この機能の早期導入プログラムの利用は制限されています。

  • 独自の GitHub を使用可能 - GitHub を使用してリポジトリを管理している場合は、Cloud Manager を通じて GitHub リポジトリ内でコードを直接検証できるようになりました。この統合により、コードをアドビのリポジトリと一貫して同期する必要がなくなり、プルリクエストをメインブランチに結合する前に検証できるようになります。

    この新機能をテストしてフィードバックを共有することに興味がある場合は、お使いの Adobe ID に関連付けられているメールアドレスから Grp-CloudManager_BYOG@adobe.com 宛てにメールを送信してください。

  • セルフサービスのコンテンツ復元 - 新しいセルフサービスのコンテンツ復元機能では、最大 7 日間のバックアップ復元が提供され、早期導入者は以下の機能を評価目的で使用できます。

    • 過去 24 時間のポイントインタイムバックアップの復元
    • 最長 7 日間の固定時間の復元

    この新機能のテストとフィードバックの共有に関心がある場合は、お使いの Adobe ID に関連付けられているメールアドレスから aemcs-restorefrombackup-adopter@adobe.com 宛てにメールを送信してください。

    • 早期導入プログラムは開発環境にのみ制限されています。
    • この機能の早期導入プログラムの利用は制限されています。
    • この機能は、誤って削除したコンテンツを回復するためのものであり、災害復旧を目的としたものではありません。
  • エクスペリエンス監査ダッシュボード - Cloud Manager エクスペリエンス監査ダッシュボードには、ページのパフォーマンススコアのトレンド表示と、スコアの改善に役立つインサイトおよびレコメンデーションが含まれています。エクスペリエンス監査は、Cloud Manager 実稼動パイプラインのステップとして含まれます。

    ダッシュボードには、web アプリの品質を向上させるためのオープンソースの自動化ツールである Google Lighthouse を使用します。公開されている web ページや認証が必要な web ページに対して実行できます。 パフォーマンス、アクセシビリティ、プログレッシブ web アプリ、SEO などの監査が行われます。

    新しいダッシュボードのテスト運用に関心がありますか?開始するには、Adobe ID に関連付けられたメールアドレスから aem-lighthouse-pilot@adobe.com にメールを送信します。

バグの修正

  • 設定ファイルの場所が適切に設定されていない場合、設定パイプラインがビルドステップで失敗し、不明瞭なエラーメッセージが表示されるエラーが修正されました。 エラーメッセージが明確になり、設定ファイルの場所が正しいことをユーザーが確認する必要があることが示されるようになりました。
  • BUILD_MAVEN_TRANSFER_ARTIFACT_ERROR によりビルドステップが FAILED ステータスで終了した場合、宛先分岐との結合の競合によるエラーとして、適切に記述されるようになりました。

Workfront for Experience Manager 拡張コネクタ

Workfront for Experience Manager 拡張コネクタの最新バージョン 1.9.16 のリリース日は、2024年1月19日(PT)でした。

リリースのハイライト

Workfront for Experience Manager 拡張コネクタの最新バージョンには、次のバグ修正が含まれています。

  • 現在、CRX DE の Workfront 設定には project ID が保存されていないので、読み取り専用権限を適用するとエラーが発生します。方法について詳しくは、権限の設定を参照してください。
  • カスタムプロパティを標準インデックス定義に追加する方法に関する公開ドキュメントはありません。詳しくは、カスタムプロパティの追加を参照してください。
  • 拡張コネクタの接続設定を削除すると、イベント購読やその他の保存された設定に大きな影響を与え、古い URL を指すようになります。
  • Forms アドオンパッケージをインストールしても​ルーターの切り替え機能​がインストールされないので、WFEC AMS 環境切り替え機能でエラーが発生します。
  • EWC 設定でイベント購読を有効にすると、Workfront 拡張コネクタを初めて設定する際に、API 呼び出しが HTTP 400 エラーで繰り返し発生します。
  • Workfront でリンクされたフォルダーアセットのコメントを削除すると、AEM でリンクされたフォルダーのパスが見つかりません。
  • AEM での大きなファイルアセットのサポートが不十分な場合、4 バイトサイズの問題が発生します。
  • リンクされたフォルダー内の重要なフロー、ドキュメントの更新およびメモの更新に対するリクエスト時間の処理はありません。
メモ

AEM 6.4 の延長サポートは終了しました。詳しくは、アドビのテクニカルサポート期間を参照してください。サポートされているバージョンについては、こちらを参照してください。

重要

アドビでは、Workfront for Experience Manager 拡張コネクタの最新バージョン 1.9.16 にアップグレードすることをお勧めします。

既知の問題

  • AEM 6.4 でプロジェクトにリンクしたフォルダーを設定する際に、Experience Manager は「サブフォルダー」フィールドと「ポートフォリオのプロジェクトにリンクしたフォルダーを作成」フィールドの値を保存しません。「サブフォルダー」フィールドの値が​未定義​に更新されます。設定を保存すると、「ポートフォリオのプロジェクトにリンクされたフォルダーを作成」フィールドの値が、デフォルトのポートフォリオ​へと自動的に更新されます。
  • 従来の Workfront エクスペリエンスを使用する場合、詳細​ドロップダウンリストで選択できる「送信先」オプションでは、Experience Manager 内のターゲット宛先を選択できません。ドキュメントアクション​ドロップダウンリストを使用することで、「送信先」オプションが正常に機能します。新しい Workfront エクスペリエンスの​詳細​ドロップダウンリストと​ドキュメントアクション​ドロップダウンリストでは、「送信先」オプションは正常に機能します。

コミュニティ

Experience Manager リリース情報

Experience Manager のリリースノートはすべて次のページに記載されています。

Experience Manager の新しいチュートリアルとコース

Experience Manager 用に新しく公開されたビデオ、チュートリアルまたはコース。

公開日 アプリケーション 名前 タイプ 説明
2024年2月 AEM Sites ジャーナル処理と AEM イベント ビデオ ジャーナルから AEM イベントの初期セットを取得し、各イベントの詳細を調べる方法について説明します。
2024年2月 AEM Sites Adobe I/O Runtime アクションを使用した AEM イベント処理 ビデオ Adobe I/O Runtime アクションを使用して受け取った AEM イベントを処理する方法について説明します。
2024年2月 AEM Sites Adobe I/O Runtime アクションと AEM イベント ビデオ Adobe I/O Runtime アクションを使用して AEM イベントを受け取り、ペイロード、ヘッダー、メタデータなどのイベントの詳細を確認する方法について説明します。
2024年2月 AEM Assets 一括読み込みの使用 ビデオ AEM as a Cloud Service の一括読み込みツールを使用して、安全かつ効率的な方法でクラウドストレージからアセットを一括で読み込む方法を説明します。
2024年2月 AEM Assets 類似検索画像 ビデオ AEM Assets で類似画像を検索することで、ニーズに最適な画像を容易に検索できる方法を説明します。
2024年2月 AEM Assets ビューを切り替え ビデオ AEM Assets as a Cloud Service のビューを効率的に切り替えて、シームレスなアセット管理を実現する方法を説明します。
2024年2月 AEM Forms 共有ポイントリストデータを使用したアダプティブフォームへの事前入力 ビデオ 共有ポイントリストに基づくフォームデータモデルを使用して、アダプティブフォームに事前入力する方法を説明します。
2024年2月 AEM CS AEM イベンティング 複数のビデオ AEM のイベンティングについて、概要、使用する理由、タイミング、いくつかの例を説明します。
2024年2月 AEM Forms AEM Forms で Output サービスや Forms サービスを使用した開発 ビデオ AEM Forms での Output および Forms Service API を使用した開発について説明します。
2024年2月 AEM Assets ブロックタグ ビデオ 文化的に機密性が高い、無関係な、物議を醸すスマートタグを適用しないようにブロックタグを使用して、AEM でアセット管理を強化する方法を説明します。
2024年2月 AEM ヘッドレス プロパティを一括更新する拡張機能の例 ビデオ コンテンツフラグメントのプロパティを一括更新する AEM コンテンツフラグメントコンソール拡張機能の例です。
2024年2月 AEM ヘッドレス OpenAI を使用した AEM 画像アセットの生成 ビデオ OpenAI または DALL.E 2 で画像を生成して AEM DAM にアップロードし、コンテンツ速度を向上させる方法を説明します。

新しい Experience Manager でのナレッジベースのサポート

Experience Manager の新しい記事と既存記事の更新です。

公開日 名前 タイプ 説明
2024年1月 Dynamic Media 上のスマートイメージングによる画像のサイズ超過 新しい記事 Dynamic Media でスマートイメージングを使用すると、画像サイズが予想より大きくなる場合の解決策について説明します。
2024年1月 Admin Console でのユーザーグループの変更が AEM に反映されない 新しい記事 Admin Console でユーザーグループを変更した場合、その変更が Adobe Experience Manager (AEM) にすぐに表示されない問題の解決策について説明します。
2024年1月 エクスペリエンスフラグメントを移動できない 新しい記事 Adobe Experience Manager 6.5 内のコンテンツフラグメントを移動しようとすると、UI がスピンし、移動操作が完全に処理されない問題の解決策について説明します。
2024年1月 カスタムコンソールのエラー org.apache.sling.api.request.TooManyCallsException 新しい記事 カスタムコンソールの org.apache.sling.api.request.TooManyCallsException エラーを解決する方法について説明します。
2024年1月 レプリケーションキューが AEMaaCS でブロックされる 新しい記事 Adobe Experience Manager as a Cloud Service (AEMaaCS) のレプリケーションキューがブロックされる問題の解決策について説明します。
2024年1月 ターゲットモードが Sites に表示されない 新しい記事 ターゲットモードが Sites に表示されない AEMaaCS の問題の解決策について説明します。
2024年1月 削除したコンテンツパスを AEM as a Cloud Service で復元する方法 新しい記事 特定のコンテンツパスを Adobe Experience Manager as a Cloud Service で復元する様々な方法を見つける必要がある場合の、問題の解決策について説明します。

Experience Manager に関するその他のヘルプリソース

アイコン Adobe Commerce

Experience League で Adobe Commerce のリリースノート、新しいチュートリアルおよびナレッジベース記事にアクセスできます。

 詳細

Adobe Commerce の新しいチュートリアル

Experience League に関する Adobe Commerce の新しいチュートリアル。

公開日 名前 タイプ 説明
2024年2月 ギフトカード製品の作成 ビデオ REST API と Commerce Admin を使用してギフトカード製品を作成する方法を説明します。
2024年2月 Adobe Commerce と Adobe Journey Optimizer の統合 ビデオ Adobe Commerce と Adobe Journey Optimizer の統合方法を説明します。
2024年2月 コマンドラインを使用した管理設定の表示と設定 ビデオ コマンドラインを使用して管理設定を表示および設定する方法を説明します。
2024年2月 Adobe Commerce サービスコネクタの設定 ビデオ Commerce SaaS 製品で使用するための Adobe Commerce サービスコネクタの設定方法と、一般的な問題の解決方法について説明します。
2024年2月 Adobe Commerce の決済サービスの設定 ビデオ Adobe Commerce 決済サービスの設定方法を説明します。

新しい Commerce のナレッジベースへのサポート

Adobe Commerce の新しい記事と既存記事の更新です。

公開日 名前 タイプ 説明
2024年1月 Quality Patches Tool (QPT) 新しい記事 QPT 1.1.40、QPT 1.1.42 および QPT 1.1.43 で使用可能なパッチの適用方法に関する新しい記事が公開され、それぞれの節で参照できるようになりました。
2024年1月 SendGrid Adobe Commerce Cloud の制限事項 新しい記事 この記事では、クラウドインフラストラクチャで Adobe Commerce の SendGrid の制限を回避する方法をいくつか示します。
2024年1月 app/etc/env.php で検索エンジンを変更できない 新しい記事 この記事では、app/etc/env.php ファイルから検索エンジンの設定を削除しようとしても、再デプロイ後、設定が以前の設定に戻るか、デフォルトで OpenSearch に変更される問題の解決策を説明します。
2024年1月 パッチが見つからないデプロイメントエラー 新しい記事 この記事では、インスタンスをアップグレードする際に、デプロイメントが失敗して次のエラー(次のパッチが見つかりませんでした:MDVA-XXXXX, ACSD-XXXXX)が、デプロイメントログに表示される問題の解決策を説明します。現在の Magento バージョンでこれらのパッチが使用可能かどうかを「status」コマンドで確認してください。

アイコン Target

Adobe Target のプレリリースノート、現在のリリースノートおよび新しいチュートリアルにアクセスできます。

 詳細

アイコン Campaign

Adobe Campaign の最新のアップデート情報を取得できます。Experience League で新しいチュートリアル、コースおよびナレッジベースのサポート記事を参照してください。

 詳細

最新の Campaign 製品リリース

新しい Campaign のチュートリアルとコース

新しく公開された Adobe Campaign ビデオ、チュートリアル、コース。

公開日 バージョン 名前 タイプ 説明
2024年2月 バージョン Adobe Campaign v8 の概要 ビデオのアップデート Adobe Campaign がアドビのデジタルエクスペリエンスポートフォリオにどのように適合するかを理解し、主な機能について学びます。

新しい Campaign でのナレッジベースのサポート

Campaign の新しい記事と既存記事の更新です。

公開日 名前 タイプ 説明
2024年1月 BigQuery エラー:フィールド iMessageType の型が INTEGER からBOOLEAN に変更される 新しい記事 INT8 ビットのデータ型を Adobe Campaign Classic から GCP BigQuery データベースに挿入しようとしたときに BigQuery エラーが発生する場合の解決策について説明します。
2024年1月 キー HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Neolane \ NL_5 \ nlclient \ error が見つからない 新しい記事 Adobe Campaign Classic v7 でのログインの問題を解決するために、Admin Console を管理者として実行する方法について説明します。
2024年1月 配信ログのミラーページリンクが読み込まれない 新しい記事 配信ログのミラーページリンクが読み込まれない場合の解決策を説明します。
2024年1月 Google BigQuery スキーマのタイムゾーンが正しくない 新しい記事 Adobe Campaign Classic v8.5 において、スキーマレベルで datetimetz として定義された Google BigQuery テーブルの列からデータを読み取る際に、表示される日付と時間にオペレーターのタイムゾーン情報が含まれていない場合の問題の解決策について説明します。
2024年1月 mcSync デッドロックエラーが発生し、ワークフローが失敗する 新しい記事 Adobe Campaign Classic v7 において、mcSync ワークフローがデッドロックエラーで失敗した場合の解決策について説明します。
2024年1月 OOTB 関数 nms.eventHisto.GetMirrorUrl が URL を返さないか、正しくない URL を返す 新しい記事 JS アクティビティがあるワークフローで Out-of-the-box (OOTB) 関数 nms.eventHisto.GetMirrorUrl を呼び出すと、URL が返されないか、正しくない URL が返される問題の解決策について説明します。
2024年1月 SFTP フォルダー /usr/local/neolane/nl6 または /usr/local/neolane/nl6/var/ へのアクセス 新しい記事 Adobe Campaign Classic 内の SFTP フォルダー /usr/local/neolane/nl6 または /usr/local/neolane/nl6/var/ にアクセスする必要がある場合の対処法について説明します。
2024年1月 ACS でブランディング設定を編集できない 新しい記事 ACS でブランディング設定を編集できない場合の Campaign Standard 問題の解決策について説明します。

Campaign ヘルプリソース

アイコン Journey Optimizer

Journey Optimizer の最新のリリース情報について説明します。Experience League で最新のチュートリアルおよびナレッジベースのサポート記事を確認してください。

 詳細

最新の Journey Optimizer 製品リリース

最新の機能、改善点および修正点については、Journey Optimizer リリースノートを参照してください。

新しい Journey Optimizer チュートリアル

Adobe Journey Optimizer 向けに新しく公開されたビデオ、チュートリアル、コース。

公開日 名前 タイプ 説明
2024年2月 プレビュー、配達確認、公開 ビデオ Litmus を使用してインボックスをまたぐメールのレンダリングをテストする方法や、テストプロファイルに合わせてパーソナライズされたメールをプレビューし、配達確認を送信し、メールを公開する方法について説明します。
2024年2月 ジャーニーとジャーニーステータスの公開 ビデオ ジャーニーの様々な状態と公開の影響を理解します。
2024年2月 マーケター向けモバイル機能 ビデオ Adobe Journey Optimizer が提供するマーケター向けのモバイル機能について説明します。
2024年2月 ダブルオプトイン: Sinch および Infobip ビデオ SMS のダブルオプトインを設定する方法を説明します。
2024年2月 主な機能とユーザーインターフェイス ビデオ Journey Optimizer の主な機能とペルソナを理解します。ユーザーインターフェイスのナビゲーション方法を説明します。
2024年2月 ジャーニー構築の概要 ビデオ ジャーニーキャンバスでジャーニーを構築する基本を理解します。

Journey Optimizer のその他のリソース

アイコン Journey Orchestration

Experience League で Journey Orchestration の最新のリリースノートにアクセスできます。

 詳細

最新の Journey Orchestration 製品リリース

最新の機能、改善点、修正点について詳しくは、Journey Orchestration リリースノートを参照してください。

Journey Orchestration のその他のリソース

アイコン Marketo Engage

Marketo Engage の最新のリリースノートとリリーススケジュールについて説明します。

 詳細

Core Marketo Engage の更新

新しい Marketo チュートリアルとコース

新しく公開された Adobe Marketo ビデオ、チュートリアル、コース。

公開日 名前 タイプ 説明
2024年2月 マーケティング属性の成熟度 ビデオ MOP チームがアトリビューションレポートを作成しない状態から、Fortune 100 の企業が Marketo Measure をどのように活用しているかに至るまで、専門家が説明します。

最新の製品ドキュメントについて詳しくは、Marketo 製品ドキュメントホームを参照してください。

アイコン Workfront

Adobe Workfront の最新のリリースノートについて説明します。Experience League で新しいチュートリアルを確認してください。

 詳細

Adobe Workfront の新しいコースとチュートリアル

Experience League で公開されている新しい Workfront チュートリアル。

公開日 名前 タイプ 説明
2024年2月 Workfront チュートリアルの新着情報 複数のビデオ 過去 1 か月間にリリースされた最新のチュートリアルを記載しています。

全製品の最新情報の総まとめについては、Workfront 製品リリースページを参照してください。

アイコン Adobe Mix Modeler

 詳細

最新の情報について詳しくは、次のページを参照してください。

アイコン Adobe Advertising

Adobe Advertising のリリースノートです。

 詳細

Advertising DSP の新機能

Advertising DSP の新機能を参照してください。

Advertising Search, Social, & Commerce の新機能を参照してください。

アイコン Adobe Pass

Adobe Pass は、放送局、ケーブルネットワークおよびサービスプロバイダーに適した、マルチスクリーン TV プラットフォームです。ユーザーの心をつかむパーソナライズ可能な視聴体験を作成し、収益化できます。

 詳細
メモ

Adobe Primetime​は_Adobe Pass_ になりました。近日中にリブランディング作業が完了するまで、ドキュメントに両方のブランド名が表示される可能性があります。

リリース固有の情報、システム要件、制限事項、修正された問題、既知の問題については、Adobe Pass リリースノートを参照してください。

アイコン Document Cloud

Document Cloud(Acrobat Services と Acrobat Sign を含む)向けに公開された新しいチュートリアルとコース。

 詳細

Document Cloud のチュートリアルについては、以下を参照してください。

アイコン Creative Cloud エンタープライズ版

Adobe Creative Cloud for enterprise のアプリケーション向けに新しく公開されたビデオ、チュートリアル、コース。

更新日:2024年2月

 詳細
公開日 アプリケーション 名前 タイプ 説明
2024年2月 Adobe Express Adobe Express のチュートリアル ビデオ Adobe Firefly を活用した生成 AI を使用して、素晴らしい作品の作成を始めましょう。Adobe Express を使用して、チラシ、TikToks、履歴書、Reels をデザインします。

最新のチュートリアルについては、Creative Cloud エンタープライズ版チュートリアルを参照してください。

アイコン Customer Data Management - Voices

Customer Data Management Voices は、顧客データ管理の技術およびマーケティングプラクティスのリーダーやスペシャリストのためのページです。このチュートリアルのコレクションには、同僚から話を聞き、インスピレーションを得て、MarTech の開発について学ぶためのリソースが一箇所に集められています。登録は不要です。クリックで視聴できます。

アイコン デジタルエクスペリエンスブループリント

デジタルエクスペリエンスブループリントは、戦略に取り組み、確立されたビジネス上の問題を解決するための反復可能な実装です。各ブループリントは、価値の高いビジネス上の問題、アーキテクチャ、実装手順、技術的な考慮事項、および関連ドキュメントへのリンクを説明する一連の成果物を提供します。

このページ