Adobe Experience Cloud リリースノート - 2023年1月

バナー

Experience Maker として成功するための道のりは、Experience League から始まります。膨大なハウツードキュメントのライブラリ、セルフガイドのチュートリアル、ハウツービデオ、あらゆるレベルや役割に対応したコース、仲間とのオンラインコミュニティ、必要な時には専門家によるサポートを利用できます。

重要

このページの更新に関するメール通知を毎月受け取るには、アドビ優先製品アップデートを購読してください。Experience League の最新情報を把握できるよう、頻繁にチェックしてください。

このページでは、Experience Cloud 製品リリースノートページと、Experience League に関する最新のチュートリアル、コース、イベントにアクセスできます。

最終更新日:2023年1月18日(PT)

サポートが必要な場合Experience League にアクセスして、製品および技術ドキュメント、アドビがキュレートしたコース、ビデオチュートリアル、クイックアンサー、コミュニティインサイト、インストラクター主導のトレーニングをご覧ください。

アイコン Experience League イベント

Experience League イベントでは、アドビの製品エキスパートから学び、やり取りし、回答を得ることができます。

今後のイベント:

イベントスケジュールについて詳しくは、Experience League のイベントを参照してください。

アイコン Adobe System Status

Adobe System Status は、アドビ製品とサービスの停止、中断、メンテナンスイベントに関する詳細情報、ステータス更新、電子メール通知を提供します。status.adobe.com/ja でご確認ください。

最新のリリース情報については、Adobe System Status のリリースノートを参照してください。

アイコン Experience Cloud - 主要なインターフェイスコンポーネントと管理

1月の更新はありません。

Experience Cloud の主要な UI コンポーネントには、ホームページで使用できる機能と、永続的な製品ヘッダーが含まれます。これらの機能には、ユーザープロファイル設定、環境設定、検索などが含まれます。また、ユーザーと製品の管理、顧客属性、Experience Cloud Audiences に関するヘルプも参照できます。

アイコン Adobe Experience Platform

Experience Platform と Mobile SDK の最新リリース情報および新規ドキュメント:

予定リリース:2023年1月25日(PT)

Adobe Mobile SDK

更新:2022年10月19日(PT)- Adobe Experience Platform Mobile SDK のリリースノートと変更ログを参照してください。

アイコン Adobe Analytics

リリース日:2023年1月11 日(PT)

AppMeasurement

リリースバージョン:2.23.0

新しい Analytics のチュートリアルとコース

Adobe Analytics 用に公開された新しいビデオチュートリアル、記事およびコース。

公開日 名前 タイプ 説明
2023年1月 カスタマージャーニーにおけるデジタルタッチポイントへの価値の関連付け コース サイト訪問者を把握する上で重要な側面について説明します。訪問者をサイトに導いた要因、サイトでのコンバージョンのクレジットを様々なチャネルに割り当てる方法、サイトの他の項目がコンバージョンをどのように促進するかについて説明します。
2023年1月 ビジュアライゼーションを使用したデータストーリーの提供 更新されたコース ビジュアライゼーションを使用してまさに必要なデータを取得する方法について説明します。また、ビジュアライゼーションを標準的な分析に実際に役立つものにするためのヒントやユースケースについても説明します。
2023年1月 カスタムのセグメント化および日付を使用したデータのフィルタリング 更新されたコース セグメントを適用する方法、カスタムセグメントを作成する方法、日付範囲を使用してデータをフィルタリングする方法について説明します。
2023年1月 フィルター(タグ)の使用 更新されたビデオ Analysis Workspace でフィルター(タグと呼ばれます)を使用する方法を説明します。これらは、プロジェクトを効率的に作成するのを支援する、時間節約テクニックです。
2023年1月 Analysis Workspace でのアドホックセグメントの適用 更新されたビデオ シンプルなセグメントをすばやく作成して特定の質問に回答した後、保存済みセグメントのリストがいっぱいにならないように、そのセグメントを破棄する方法を説明します。
2023年1月 ショートカットキーの使用 更新されたビデオ Analysis Workspace でキーボードショートカットを使用する方法を説明します。これらは、プロジェクトの様々なタスクを実行するのを支援する、時間節約テクニックです。
2023年1月 パネルとビジュアライゼーションのコピーと挿入 更新されたビデオ Analysis Workspace のパネルおよびビジュアライゼーションをコピーしたり挿入したりする方法を説明します。これらは、現在のプロジェクトを調整したり、新しいプロジェクトをいち早く開始したりするための時間節約テクニックです。

アイコン Customer Journey Analytics

次回リリース:2023年1月11日(PT)

新しい Customer Journey Analytics チュートリアルとコース

CJA 用に公開された新しいビデオ、チュートリアル、またはコース。

公開日 名前 タイプ 説明
2023年1月 Report Builder を使用した Customer Journey Analytics ワークブックのスケジュール設定 ビデオ Customer Journey Analytics 用に Report Builder でワークブックのスケジュールを設定する方法について説明します。ワークブックのスケジュールを設定すると、Report Builder ワークブックを最新のデータで更新し、事前に定義された定期的なスケジュールに従って関係者に送信するプロセスを自動化できます。
2023年1月 日付フィールドのサポートの活用 ビデオ Customer Journey Analytics 内で日付および日時フィールドを使用できます。日付または日時フィールドの表示方法を選択し、包含/除外機能で日付固有の論理演算子を使用して、表示内容をフィルタリングします。
2023年1月 初回のセッションとリピートセッション ビデオ ユーザーの初回セッションとリピートセッションを区別する方法について説明します。これは、レポートに適用される 13 か月のルックバックによって実現されます。
2023年1月 実験パネルの使用 ビデオ 実験パネルは、実験データに基づいてビジュアライゼーションを自動的に作成するものです。その設定および使用方法について説明します。

アイコン Streaming Media Analytics

最新リリース:2022年9月22日(PT)

アイコン Audience Manager

更新はありません

セルフヘルプリソースについては、Experience League の Audience Manager ドキュメントとチュートリアルを参照してください。

アイコン Adobe Experience Manager

Experience Manager の新機能、修正点および更新です。安定性、セキュリティ、パフォーマンスを高めるために、オンプレミス環境のお客様には最新のパッチをデプロイすることをお勧めします。

AEM のロードマップとリリースビデオ

アドビでは、次のリソースにアクセスして最新のリリース情報を常に確認することをお勧めします。

最新リリースの概要ビデオ

2022.10.0(2022年10月)リリースで追加された機能の概要については、2022年10月リリースの概要ビデオをご覧ください。

Experience Manager Sites as a Cloud Service

新機能

  • エクスペリエンスフラグメントの「パーソナライゼーション」タブでは、エクスペリエンスフラグメントエディターにセグメント化指定機能を提供し、ネストしたエクスペリエンスフラグメントを柔軟に作成できるので、複数のセグメントに対してヘッダーとフッターのバリエーションを作成できます。 この機能がローンチされるまでは、AEM で提供されるパーソナライゼーションはサイトページにのみ使用でき、エクスペリエンスフラグメントには使用できません
  • コンテンツフラグメントコンソールで、翻訳されたコンテンツフラグメントを効率的に管理できるようになりました。ワンクリックアクセスで、すべての言語コピーも表示できるようになりました。また、ユーザーは、対象となるロケールでテーブルビューをフィルタリングすることもできます。
  • テンプレートの画像サイズ設定を最適化することで、訪問者のページ読み込み時間をさらに短縮します。画像コンポーネントについて詳しくは、コア WCM コンポーネントを参照してください。

Experience Manager Assets as a Cloud Service

新機能

プレリリースチャネルで利用できる新機能

  • Experience Manager Assets では、画像スマートタグ用に改善された人工知能フレームワークを使用するようになりました。このコンテンツインテリジェンスの結果、取り込み時にすべての画像アセットに使用できるスマートタグの関連度と精度が向上します。 さらに、方向情報が cq:tags に追加されるので、方向フィルターを使用して、より良い検索結果が得られます。
  • Experience Manager Assets では、Azure Blob Storage データ ソースに接続して一括読み込みツールを使用してアセットを取り込む際に、認証用にアクセスキーに加えて SAS トークンもサポートするようになりました。

Experience Manager Forms as a Cloud Service

新機能

  • アダプティブフォームウィザード:アダプティブフォームをすばやく作成できる、ビジネスユーザーにとって使いやすいウィザードが Experience Manager Forms に用意されています。 このウィザードでは、事前設定済みのテンプレート、スタイル設定、フィールド、送信オプションを簡単に選択して、アダプティブフォームを作成するためのクイックタブナビゲーションを提供します。このリリースでは、ウィザードが次のように改善されました。
    • フィールドの選択または選択解除: ウィザードでは、JSON およびフォームデータモデルスキーマに基づくアダプティブフォームを作成できます。 スキーマ内のフィールドのサブセットを選択して、アダプティブフォームに含めることができるようになりました。 選択したフィールドは、対応するアダプティブフォームのデータキャプチャコンポーネントに変換され、目的のアダプティブフォームを素早く作成できます。
    • 静的テンプレートの使用:従来の静的テンプレートに現在コストをかけているお客様は、このウィザードで静的テンプレートを使用してアダプティブフォームを作成することにより、クラウド導入のジャーニーを継続することができます。 これにより、古い静的テンプレートを最新の編集可能なテンプレートに移行する時間が追加されます。
  • サーバーサイド処理中にレコードのドキュメント(DoR)から非表示のフィールドを削除:データ取得エクスペリエンスで表示されたフィールドのみを含むエンドユーザーのレコードのドキュメント PDF を生成できます。 フォームの送信時に、サーバーは送信されたデータに基づいてエンドユーザーに対して非表示にされたフィールドを検証し、一貫性を保つためにレコードのドキュメントから除外します。

プレリリースチャネルで利用できる新機能

  • アダプティブフォームテンプレートエディター - テンプレートエディターでは、組織のアダプティブフォームの基本構造と表示方法を事前に定義できます。このリリースでは、テンプレートエディターが次のように改善されました。
    • テンプレートエディターのフォームデータモデル - テンプレートエディターで、フォームデータモデルスキーマをアダプティブフォームテンプレートに関連付けることができます。これにより、アダプティブフォームの作成に要する時間を短縮できます。このオプションはアダプティブフォームエディターにも追加されており、既存のフォームのフォームデータモデルを選択または変更できるようになっています。
    • テンプレートエディターでのレコードのドキュメント - テンプレートを使用して作成したすべてのフォームに対して、レコードのドキュメントの生成を標準化できるようになりました。この機能は、組織の要件のコンプライアンスと標準化を強化するのに役立ちます。
  • AEM Sites ページからのアダプティブフォームウィザードの起動 - AEM Sites ページでは、アダプティブフォームのサポートが拡張されました。AEM Sites ページを表示したまま、新しいアダプティブフォームを作成したり、既存のアダプティブフォームを埋め込んだりできるようになりました。
  • レコードのドキュメント内のチェックボックスとラジオボタンの表示位置の変更:レコードのドキュメント内のチェックボックスとラジオボタンの希望する位置(水平、垂直、アダプティブフォームと同じ)を設定できるようになりました。このオプションは、レコードのドキュメント内のチェックボックスオプションとラジオボタンオプションの位置を決定します。

Experience Manager as a Cloud Service の基盤

新機能

  • Experience Manager as a Cloud Service(オーサーサービス)は統合シェルと統合されて、ユーザーエクスペリエンスが向上し他のすべての Experience Cloud アプリケーションと統一されました。詳しくは、統合シェルでの AEM as a Cloud Service を参照してください。
  • リリースノートで前述したように、レプリケーションエージェントの管理者画面またはレプリケーション API を使用して 10 MB を超えるコンテンツパッケージ(プロパティを持つノード、バイナリを含まない)を配布することは非推奨(廃止予定)になっています。この制限は、近日中に適用されます。これらの大きなコンテンツパッケージをレプリケートするための推奨アプローチについては、公開の管理またはコンテンツツリーを公開ワークフローを参照してください。
  • Dispatcher 設定では、一般的なマーケティングキャンペーンクエリパラメーターをリストしたファイルを参照するようになりました。お客様は、自分に関係のあるパラメーターのコメントを選択的に解除できるので、キャッシュが改善されます。詳しくは、マーケティングキャンペーンパラメーターを参照してください。

Cloud Manager

新機能

  • Experience Manager メンテナンス更新の通知が Cloud Manager ユーザーインターフェイスに表示されるようになりました。この変更は、2022.12.0 リリース後の数週間で段階的にロールアウトされます。
  • CTT(コンテンツ移行ツール)による取り込みが進行中の場合、開発者コンソールでも Cloud Manager でも環境ステータスが​取り込み中​と表示されるようになりました。
  • Cloud Manager パイプラインの可用性と信頼性が向上しました。

Workfront for Experience Manager 拡張コネクタ

Workfront for Experience Manager 拡張コネクタの最新バージョン 1.9.6 のリリース日は、2022年12月9日(PT)でした。詳しくは、リリースノートを参照してください。

Workfront for Experience Manager 拡張コネクタの最新バージョンには、次の機能強化とバグ修正が含まれています。

機能強化

  • Workfront 拡張コネクタが、アセットとフォルダーでの全文検索の実行をサポートするようになりました。

バグの修正

  • ドキュメントのバージョンのメタデータが、Workfront と Experience Manager の間で適切に同期されません。
  • グローバル設定で定義されていないスキーマをフォルダーが使用している場合、Experience Manager にリンクされているフォルダーを Workfront で作成する際に問題が発生します。
  • 読み込み時間が予想よりも長いので任意のフィールドをクリックすると、メタデータスキーマエディターフォームが応答しなくなります。この問題を解決するために、カスタムフォームに特定の OSGi 設定が追加されました。メタデータスキーマエディターに追加したカスタムフォームの名前は、ログで確認できます。
重要

アドビでは、Workfront for Experience Manager 拡張コネクタの最新バージョン 1.9.6 にアップグレードすることをお勧めします。

コミュニティ

  • 今後の Experience Manager GEM ウェビナー:オンプレミス環境および AMS(Adobe Managed Services)環境向けの Experience Manager ベストプラクティスアナライザー

  • Adobe Experience Manager コミュニティへようこそ。自己紹介

新しい Adobe Experience Manager コースとチュートリアル

以下は、過去 1 か月間に公開された新しいビデオ、チュートリアル、コースです。

公開日 名前 タイプ 説明 アプリケーション
2023年1月 AEM コンテンツフラグメントコンソールの拡張機能 ビデオ(チュートリアルランディングページ) AEM as a Cloud Service コンテンツフラグメントコンソールの拡張機能を作成してデプロイする方法について説明します。 AEM CS
2023年1月 アセンブラーを使用して xdp ドキュメントをステッチするサンプルコード 記事 AEM Forms アセンブラーサービスを使用して XDP ドキュメントをステッチします。 AEM Forms
2023年1月 カスタム名前空間 ビデオ カスタム名前空間を定義し、AEM as a Cloud Service にデプロイする方法について説明します。 AEM CS
2023年1月 ウェルカムキット 記事 送信されたフォームデータに基づいて様々なアセットをダウンロードするためのリンクを含んだ AEM ページを作成する方法について説明します。 AEM Forms
2023年1月 永続的な GraphQL クエリ ビデオ Adobe Experience Manager as a Cloud Service で GraphQL クエリを永続化してパフォーマンスを最適化する方法について説明します。 AEM CS
2023年1月 プロパティを一括更新する拡張機能の例 ビデオ コンテンツフラグメントのプロパティを一括更新する AEM コンテンツフラグメントコンソール拡張機能の例です。 AEM CS
2023年1月 レスポンシブブレークポイント ビデオ AEM レスポンシブページエディターの新しいレスポンシブブレークポイントを設定する方法について説明します。 AEM Sites

Adobe Experience Manager リリース情報

Experience Manager のリリースノートはすべて以下のページに記載されています。

Experience Manager に関するその他のヘルプリソース

アイコン Adobe Experience Manager Guides

Experience Manager Guides は、AEM にデプロイされたアプリケーションです。Adobe Experience Manager でのネイティブ DITA サポートを可能にし、AEM が DITA ベースのコンテンツの作成と配信を処理できる、強力なエンタープライズグレードのコンポーネントコンテンツ管理ソリューション(CCMS)です。

詳しくは、Experience Manager Guidesを参照してください。

その他のリソース

アイコン Adobe Commerce

Adobe Commerce で利用できる新機能とコンテンツ。

メモ

Adobe Search&Promote は 2022年9月1日(PT)​に提供終了となりました。製品およびコマース検索の場合、Live Searchがアドビの検索アプリケーションです。詳しくは、提供終了のお知らせを参照してください。

Adobe Commerce の新しいチュートリアルとドキュメント

公開日 名前 タイプ 説明
2023年1月 設定リファレンスガイド 新しいドキュメント 設定タブ、ページおよびセクション別に整理されたすべての Commerce Admin ストア設定の説明情報を確認します。
2023年1月 Adobe Commerce の GraphQL の基本を学ぶ ビデオ Adobe Commerce と Magento Open Source で GraphQL を使用する方法をご確認ください。クエリ、ミューテーション、スキーマの使用について説明します。
2023年1月 レコメンデーションの Live Search ビデオ Product Recommendations の Live Search をストアに追加し、非常に魅力的で関連性が高くパーソナライズされたショッピングエクスペリエンスを生み出す方法について説明します。

アイコン Adobe Target

アイコン Adobe Campaign

Adobe Campaign は、オンラインおよびオフラインのマーケティングチャネルにわたって 1 対 1 のメッセージを届けるために直感的で自動化された方法を提供します。顧客の習慣や好みによって特定されたエクスペリエンスを利用して、顧客が欲しいものを予測できるようになりました。

最新の Campaign 製品リリース

最新の機能、改善点、修正点について詳しくは、Campaign v7Campaign v8 および Campaign Standard リリースノートを参照してください。

Campaign ヘルプリソース

アイコン Adobe Journey Optimizer

Journey Optimizer では、スケジュールされたオムニチャネルキャンペーンや数百万人の顧客の 1 対 1 の瞬間を、単一のアプリケーションで管理できます。また、インテリジェントな意思決定とインサイトにより、ジャーニー全体を最適化します。

最新の Journey Optimizer 製品リリース

最新の機能、改善点および修正点について詳しくは、Journey Optimizer リリースノートを参照してください。

Journey Optimizer のその他のリソース

アイコン Adobe Journey Orchestration

Experience Platform を使用すると、各個人のニーズをリアルタイムでインテリジェントに予測することで、様々なエクスペリエンスチャネルにわたる大規模なカスタマージャーニーを調整できます。

最新の Journey Orchestration 製品リリース

最新の機能、改善点、修正点について詳しくは、Journey Orchestration リリースノートを参照してください。

Journey Orchestration のその他のリソース

アイコン Adobe Marketo Engage

Marketo Engage は、複雑な購入ジャーニーのすべてのステージにわたるエンゲージメントを通じてカスタマーエクスペリエンスを変革しようとしている経営陣や B2B マーケター向けの完全なアプリケーションです。

コア Marketo Engage の更新

最新の製品ドキュメントについて詳しくは、Marketo 製品ドキュメントホームを参照してください。

アイコン Adobe Workfront

Adobe Workfront は、アイデアの共有、コンテンツの作成、複雑なプロセスの管理、および最高の作業を行うための統合作業管理アプリケーションです。

新しい Adobe Workfront コースとチュートリアル

Experience League の新しい Workfront コースと チュートリアルのコレクション。

メモ:Workfrontすべての チュートリアルと製品ドキュメントの Experience League に関する翻訳は、近日中に提供されます。

公開日 名前 タイプ 説明
2023年1月 ISBLANK 式と CONTAINS 式の使用 更新された記事 Adobe Workfront の計算フィールドで ISBLANK 式と CONTAINS 式を使用および作成する方法について説明します。
2023年1月 日付および時刻式と数式について ビデオ Adobe Workfront でカスタムデータを作成する際に使用できる日付および時刻式と数式について説明します。
2023年1月 計算フィールドの式 ビデオ Workfront でカスタム計算フィールドを使用するときに知っておくと便利な概念を一覧します。
2023年1月 ビューの基本的なテキストモードについて ビデオ テキストモードとキャメルケースの概要および Workfront のビューで使用できる基本的なプラグアンドプレイテキストモードについて説明します。
2023年1月 LEFT/RIGHT 式の作成 更新されたビデオ Adobe Workfront の計算フィールドで LEFT/RIGHT 式を使用する方法について説明します。
2023年1月 DATEDIFF 式と WEEKDAYDIFF 式の作成 更新されたビデオ Adobe Workfront で DATEDIFF 式と WEEKDAYDIFF 式が計算する内容について説明します。
2023年1月 データ式の構造について ビデオ Adobe Workfront で式を作成する際に使用する標準要素について説明します。
2023年1月 計算フィールドでの CONCAT 式の使用 ビデオ Adobe Workfront の計算フィールドで CONCAT 式を使用する方法について説明します。
2022年12月 ADDDAYS 式、ADDWEEKDAY 式、ADDMONTHS 式、ADDYEARS 式の作成 更新されたビデオ Adobe Workfront の計算フィールドで ADD 式を使用および作成する方法について説明します。

すべての製品の最新情報の総まとめについては、Workfront 製品リリースページを参照してください。

アイコン Adobe広告

リリースノート:Adobe Advertising

Advertising DSP の新機能

最終更新日:2022年11月23日(PT)

機能 説明
契約 在庫/契約ビューには、「契約の健全性」列が含まれるようになりました。これは、各プライベート契約の健全性ステータス (「成功」、「警告」、「重要」、または「利用不可」)を示します。ステータスをクリックすると、契約が期待どおりに行われていない理由や支出が予想どおりに進んでいない理由、潜在的な問題のトラブルシューティング手順など、詳細を確認できます。

最終更新日:2022年1月18日(PT)

機能 説明
キャンペーン、バルクシート、アドバンス (ACM) (1 月 5 日リリース; Google Ads および Microsoft Advertising キャンペーン ) 広告ネットワークのエディターで広告をカスタマイズした場合、でレスポンシブ検索広告のテキストフィールドの属性として使用できるようになりました。 Advertising Search. 広告ヘッドライン、説明、および表示 URL の最初と 2 番目のパス内で、次の形式を使用して広告カスタマイズ機能を含めます。
  • Google Ads:{CUSTOMIZER.AdCustomizerName:DefaultText}
  • Microsoft Advertising:{CUSTOMIZER.Attribute name:default text}
広告タイトルの広告カスタマイザーの例:「大量の雨靴の在庫が {CUSTOMIZER.Discount:10%} 割引」
キャンペーン、バルクシート、レポート (Microsoft® Advertising アカウント、11月15日リリース)Microsoft® Audience Network でのキャンペーンのサポートはベータ版ではなくなりました。
  • オーディエンスキャンペーンのステータス(キャンペーンタイプオーディエンス(画像)またはオーディエンス(フィード))、広告グループ(広告グループタイプオーディエンス)および広告(クリエイティブタイプレスポンシブ広告)をキャンペーンビューおよびバルクシートを使用して、作成、編集および変更できます。
  • キャンペーンビューで、テーブル形式およびトレンドグラフ形式のパフォーマンスデータとともに、既存のオーディエンスキャンペーンを表示できます。また、広告レベルのパフォーマンスデータは、レポートや Adobe Analytics でも入手できます(Analytics 統合を利用する広告主向け)。
オーディエンスキャンペーンは、標準ポートフォリオにもハイブリッドポートフォリオにも含めることができます。
(Microsoft® Advertising アカウント、11月15日リリース)マルチメディア広告のサポートはベータ版ではなくなりました。検索キャンペーンで、キャンペーンビューおよびバルクシートを使用して、マルチメディア広告を作成および管理できます。広告にはクリエイティブタイプ「マルチメディア広告」があります。

マルチメディア広告のあるキャンペーンは、ターゲットインプレッション共有(ハイブリッドポートフォリオではまだサポートされていません)以外の支出戦略を使用する、標準ポートフォリオまたはハイブリッドポートフォリオに含めることができます。

キャンペーンビューで、パフォーマンスデータをデーブル形式およびトレンドグラフ形式で、既存のオーディエンスキャンペーンを表示できます。広告レベルのパフォーマンスデータは、レポートや Analytics でも入手できます(Analytics 統合を利用する広告主向け)。
オーディエンス、レポート (Microsoft® Advertising アカウント、11月29日リリース)動的リマーケティングオーディエンスのサポートはベータ版ではなくなりました。
  • 動的リマーケティングオーディエンスが同期され、キャンペーン/オーディエンスでオーディエンスタイプ「動的リマーケティング <VisitorType>」(「動的リマーケティングの過去の購入者」など)で使用可能になります。また、動的なリマーケティングオーディエンスを作成、更新、削除することもできます。
  • オーディエンスをキャンペーンレベルおよび広告グループレベルの広告ターゲットおよび除外として使用できます。 ターゲットには入札修飾子を含めることができます。メモ: 動的リマーケティングオーディエンスターゲットの入札修飾子は、「入札調整値を自動最適化」設定のポートフォリオでは最適化されません。
  • 動的リマーケティングオーディエンスのデータは、オーディエンスターゲットレポートで確認できます。
キャンペーンのインポート (11月15日リリース)Google Ads キャンペーンを Microsoft® Advertising にインポートするすべてのオプションはベータ版ではなくなりました。
  • Google Display Network キャンペーンを Microsoft® Audience Network の Microsoft® Advertising オーディエンスキャンペーンにインポートします。
  • Google Ads パフォーマンス最大キャンペーン(ローカル在庫広告を含む)を Microsoft® Advertising スマートショッピングキャンペーンにインポートします。
  • (既にベータ版ではなくなりました)Google Ads 検索キャンペーンとディスプレイキャンペーンを Microsoft® Advertising 検索キャンペーンとディスプレイキャンペーンにインポートします。
検索/ツール/キャンペーンをインポートからキャンペーンをインポートすると、インポートジョブのステータスの確認、エラーログの確認、インポートスケジュールの編集、一時停止、削除ができます。

アイコン Adobe Document Cloud

Document Services や Acrobat Sign など、Adobe Document Cloud 向けに公開された新しいチュートリアルとコース。

公開日 名前 タイプ 説明 アプリケーション
2023年1月 Microsoft® Purview 情報の秘密度ラベルを使用した PDF の保護 ビデオ 直接 Acrobat で Microsoft® Purview 情報の秘密度ラベルを追加、編集、カスタマイズおよび削除して PDF を保護する方法について説明します。 Acrobat
2023年1月 Intesi Group からのデジタル ID の取得(認定済み) 更新されたビデオ Intesi Group から認定済みのデジタル署名証明書を取得する方法について説明します。登録が完了し、ID が確認されると、Intesi Group は、Acrobat Sign のクラウド署名の適用に使用されるデジタル ID を発行します。 Adobe Sign
2022年12月 デッドラインとリマインダーの設定 ビデオ ドキュメントに迅速に署名してもらうために、リマインダーとデッドラインを定期的にメールで送信する方法について説明します。 Acrobat Sign

Document Cloud ヘルプについては、以下を参照してください。

アイコン Adobe Creative Cloud エンタープライズ版

Adobe Creative Cloud for enterprise の新しく公開されたビデオ、チュートリアルまたはコース。

公開日 名前 タイプ 説明
2023年1月 プロフェッショナルなモーショングラフィックステンプレート PDF チュートリアル Adobe After Effects および Adobe Premiere Pro のエッセンシャルグラフィックスワークフローを使用して、編集者は MOGRT を読み込み、プロパティを設定できます。プロパティには、シーケンスの一貫した外観とデザインを維持しながら編集可能なテキスト、フォント、カラー、サイズ、速度またはレイアウトが含まれます。
2023年1月 共同作業:クリエイティビティの未来 PDF チュートリアル プロフェッショナルがデザインしキュレーションした 20,000 を超える Adobe Fonts フォントに無料でアクセスできます。当初 Typekit と呼ばれていた Adobe Fonts は、単一のライセンス契約を通じて利用できます。この契約では、デザイナーが個人プロジェクトや商用プロジェクトにクリエイティブ用途でフォントを無制限に使用できます。
2023年1月 3D デザインおよびレンダリング PDF チュートリアル コンテンツの読み込み、シーンの配置、マテリアルとテクスチャの適用、画像ベースおよび物理的な照明の調整、様々な解像度でのカメラの保存、写真のようにリアルな画像のレンダリングをすべて Adobe Substance 3D Stager で行えます。
2023年1月 Adobe Express:際立つコンテンツ PDF チュートリアル Adobe Express(旧称 Adobe Spark)を使用すると、美しいグラフィック、web ページ、ビデオストーリーを数分で作成できます。プロフェッショナルがデザインした何千ものテンプレートに基づいて、ソーシャル投稿およびストーリー、チラシ、ロゴ、小冊子、ポスターなどを作成できます。無料で始めて、常に際立つコンテンツを作成できます。

最新のチュートリアルについては、Creative Cloud エンタープライズ版チュートリアル を参照してください。

アイコン Customer Data Management - Voices

Customer Data Management Voices は、顧客データ管理の技術およびマーケティングプラクティスのリーダーやスペシャリストのためのページです。このチュートリアルのコレクションには、同僚から話を聞き、インスピレーションを得て、MarTech の開発について学ぶためのリソースが一箇所に集められています。登録は不要です。クリックで視聴できます。

アイコン デジタルエクスペリエンスブループリント

デジタルエクスペリエンスブループリントは、戦略に取り組み、確立されたビジネス上の問題を解決するための反復可能な実装です。各ブループリントは、価値の高いビジネス上の問題、アーキテクチャ、実装手順、技術的な考慮事項、および関連ドキュメントへのリンクを説明する一連の成果物を提供します。

新規デジタルエクスペリエンスブループリントのチュートリアル

公開日 名前 タイプ 説明
2023年1月 カスタマージャーニー - AEP + アプリおよび AJO アーキテクチャ 図の更新 スクリーンをまたぎ、ジャストインタイムで個別の顧客エクスペリエンスを提供します。

トップ

このページ