Adobe Experience Cloud リリースノート - 2022年6月

バナー

Experience Maker として成功するための道のりは、Experience League から始まります。膨大なハウツードキュメントのライブラリ、セルフガイドのチュートリアル、ハウツービデオ、あらゆるレベルや役割に対応したコース、仲間とのオンラインコミュニティ、必要な時には専門家によるサポートを利用できます。

メモ

このページの更新に関するメール通知を毎月受け取るには、Adobe Priority 製品アップデートを購読してください。Experience League の最新情報を把握できるよう、頻繁にチェックしてください。

最終更新日:2022年6月28日(PT)

サポートが必要な場合Experience League にアクセスして、製品および技術ドキュメント、アドビがキュレートしたコース、ビデオチュートリアル、クイックアンサー、コミュニティインサイト、インストラクター主導のトレーニングをご覧ください。

アイコン Experience League イベント

Experience League イベントでは、アドビの製品エキスパートから学び、やり取りし、回答を得ることができます。

更新日:2022年6月28日

イベント タイプ 説明
ディープデータインテリジェンスを活用してパーソナライゼーションを強化 顧客成功ウェビナー Adobeエキスパートにご協力いただき、Adobe Analyticsの高度な機能により、深いデータ分析を加速し、タイムリーなインサイトを集約して、チャネル、瞬間、購入段階をまたいでパーソナライズされた顧客体験を強化します。
日付: 7 月 6 日@ 3 p.m. AEST - 詳細と登録
Adobe Target — 成功のためのスキルアップ Adobe Experience Makers ブランドエクスペリエンスを汎用から天才に変える AI の力をテスト、パーソナライズ、認識するためのAdobe Targetの中心概念と機能を理解します。
日付: 6 月 30 日、7 月 1 日~ 詳細と登録

詳しくは、 イベント Experience Leagueをオンにして更新を保持します。

アイコン Adobe System Status

Adobe System Status は、Adobe製品とサービスの停止、中断、メンテナンスイベントに関する詳細情報、ステータス更新、電子メール通知を提供します。status.adobe.com でご確認ください。

最新のリリース情報については、Adobe System Status のリリースノートを参照してください。

アイコン Experience Cloud - 主要なインターフェイスコンポーネントと管理

Experience Cloud の主要な UI コンポーネントには、ホームページで使用できる機能と、永続的な製品ヘッダーが含まれます。これらの機能には、ユーザープロファイル設定、環境設定、検索などが含まれます。また、ユーザーと製品の管理、顧客属性、Experience Cloud Audiences に関するヘルプも参照できます。

リリース予定日:2022年7月11日(PT)

機能 説明
統合ホーム - クイックアクセスウィジェット より速く移動:​ホームエクスペリエンスをさらにパーソナライズし、よく使用するアプリケーションを指定できるようになりました。新しいピン留め機能を使用して、クイックアクセスの前面と中央に表示するアプリケーションを選択します。
スマートピン留めで最新情報を入手:​新しいアプリケーションを見つけやすくなりました。新しく割り当てられたアプリケーションには​新規​バッジとクイックアクセスへの自動ピン留めが表示されます。

Experience Cloud Central UI Components と管理に関するその他のヘルプリソース

アイコン Adobe Experience Platform

Experience Platform と Mobile SDK の最新リリース情報および新規ドキュメント:

リリース予定日:2022年6月22日(PT)

新しい Experience Platform のチュートリアルとコース

Experience Platform 用に公開された新しいビデオチュートリアル、記事およびコース。

公開日 名前 タイプ 説明 アプリケーション
2022年6月 管理者向けの Real-time CDP の概要 コース Real-time Customer Data Platform を使い始めるために必要な管理者タスクの概要を説明します。ユーザー管理の概要と、他のパートナーやシステムとの接続の設定方法について説明します。 Real-time CDP
2022年6月 セグメントアクティベーションの成功の監視 ビデオ 宛先へのセグメントのフローを監視する 2 つの主な方法について説明します。セグメントプロファイルをアクティベーションパートナーに送信する場合は、このデータ転送の成功に関する情報を確認する必要があります。特に、問題を修正できるようにするために重要です。 Real-time CDP

Adobe Mobile SDK

Adobe Experience Platform Mobile SDK のリリースノートと変更ログを参照してください。

アイコン Adobe Analytics

次期リリース: 2022年6月15日(PT)

最終更新日:2022年6月8日(PT)

AppMeasurement

リリースバージョン:2.22.4

新しい Analytics のチュートリアルとコース

Adobe Analytics 用に公開された新しいビデオチュートリアル、記事およびコース。

公開日 名前 タイプ 説明
2022年6月 Adobe Analytics のデータの書き出しと民主化 コース デジタルデータの民主化を支援する Adobe Analytics の機能について説明します。データの民主化とは、ボトルネックを解消し、組織内の主要な担当者がデータを快適に操作できるようにして、データに基づいた意思決定を可能にするプロセスです。

アイコン Customer Journey Analytics

最終更新日:2022年5月19日(PT)

新しい Customer Journey Analytics チュートリアルとコース

CJA 用に公開された新しいビデオ、チュートリアル、またはコース。

公開日 名前 タイプ 説明
2022年6月 データビューでのバインディングディメンション ビデオ 連結ディメンションについて説明します。この機能を使用すると、あるディメンションを取得し、別のディメンションに接続して、より詳細に永続性を割り当てることができます。
2022年6月 Customer Journey Analytics のランディングページ ビデオ Customer Journey Analytics のランディングページには、プロジェクトとモバイルスコアカードのデフォルトビューや、より効果的に作業を開始するのに役立つ学習セクションが用意されています。
2022年6月 Adobe Analytics データの取り込み、マッピング、変換 ビデオ Analytics データのデータ準備機能の使用方法を説明します(データ操作機能を含む)。例えば、Analytics 変数を新しいカスタムフィールドにマッピングして、変換や計算を実行できます。
2022年6月 サブ文字列コンポーネントの設定 ビデオ 文字列操作メソッドを使用して、Customer Journey Analytics レポート内のディメンション値の目的の部分を取得する方法を説明します。適用後、データ変換は遡及的かつ即座に行われます。
2022年6月 モバイルスコアカードの作成 ビデオ エグゼクティブユーザー向けのダッシュボードの設定方法と表示方法について説明します。
2022年6月 接続の作成とエクスペリエンスの編集 ビデオ 定期的なデータの保持期間を有効にする方法、イベントのタイムスタンプに基づいてデータのバックフィルを有効にしてリクエストする方法、およびデータセット別に既存のデータを読み込む方法を説明します。

アイコン Streaming Media Analytics

最終更新日:2022年3月23日(PT)

アイコン Audience Manager

Audience Manager の修正点と改善点:

改善点 説明
他の会社に属するターゲットデータソースのバリデーター Audience Manager は、バッチデータのオンボーディングプロセスの改善をリリースしました。他のパートナーが所有するターゲットデータソースに、誤ってファイルやデータをオンボーディングしてしまうのを防ぐために、Audience Manager では、他のパートナーが所有するパートナー ID(PID)とデータソース(DPID)の間にマッピング要件を追加しました。

セルフヘルプリソースについては、Experience League の Audience Manager ドキュメントとチュートリアルを参照してください。

アイコン Adobe Experience Manager

Experience Manager の新機能、修正点および更新です。安定性、セキュリティ、パフォーマンスを高めるために、オンプレミス環境のお客様には最新のパッチをデプロイすることをお勧めします。

Adobe Experience Manager リリースのアップデートとロードマップページにアクセスして、リリース情報に関する最新情報を入手することをお勧めします。

Experience Manager 製品のアップデート

  • Adobe Experience Manager as a Cloud Service

    2022.5.0(2022年5月)リリースで追加された機能の概要については、2022年5月リリースの概要ビデオをご覧ください。

  • Experience Manager Sites as a Cloud Service

    プレリリースチャネルの新機能

    • 様々な GraphQL 機能。
    • コンテンツフラグメントのヘッドレス使用に最適化された新しいコンソール
  • Experience Manager Assets as a Cloud Service

    新機能

    • Dynamic Media スマートイメージングで AVIF ファイル形式がサポートされるようになりました - Google Core Web Vital(Largest Contentful Paint:コンテンツが表示されるまでの速度)をさらに改善しました。AVIF は WebP に比べてサイズをさらに 20%削減します。合計として、AVIF は JPEG に比べて平均で最大 41%のサイズ削減を実現しています(一部の画像では 76%まで)。
    • Experience Manager Assets Brand Portal は、Experience Manager に公開されたすべての Brand Portal アセットを削除する自動ジョブを 12 時間ごとに実行するようになりました。その結果、投稿フォルダー内のアセットを手動で削除して、フォルダーサイズをしきい値の制限以下に保つ必要がなくなりました。Experience Manager Assets Brand Portal の新機能を参照してください。

    プレリリースチャネルの新機能

    • Experience Manager Assets は Adobe Sensei AI 機能を使用し、画像内の色を区別して、取り込み時にタグとして自動的に違いを適用できるようになりました。これらのタグにより、画像の色合いに基づいて、検索エクスペリエンスを強化することが可能になります。画像にタグ付けされる色の数を 1 ~ 40 の範囲で設定し、後でそれらの色に基づいて画像を検索できます。
  • Experience Manager Forms as a Cloud Service

    プレリリースチャネルの新機能

    • アダプティブ Forms と Microsoft® Power Automate の統合 - 送信時に Microsoft® Power Automate Cloud Flow を実行するようにアダプティブフォームを設定できるようになりました。設定済みのアダプティブフォームは、キャプチャされたデータ、添付ファイルおよびレコードのドキュメントを Power Automate Cloud Flow に送信して処理します。Microsoft® Power Automate の機能を活用しながら、カスタムのデータキャプチャエクスペリエンスを構築し、取り込んだデータに関するビジネスロジックを構築し、顧客ワークフローを自動化できます。
    • アダプティブフォームを作成するためのウィザード - ビジネスユーザーにとってわかりやすいウィザードを使用して、アダプティブフォームをすばやくオーサリングできます。このウィザードでは、事前設定済みのテンプレート、スタイル設定、フィールド、送信オプションを簡単に選択して、アダプティブフォームを作成するためのクイックタブナビゲーションを提供します。
  • Adobe Experience Manager as a Cloud Service の基盤

    新機能

    • レプリケーションエージェントの管理画面の「分布」タブにある「ツリーを追加」オプション(以前は非推奨と発表されていました)は、2022年6月20日(PT)以降に削除されます。代わりに、コンテンツのツリー階層を持つパッケージは、「公開を管理」またはコンテンツツリーの公開ワークフローを使用してレプリケートされます。
    • 10 MB(プロパティを持つノード、バイナリを除く)を超えるコンテンツパッケージの配布でのレプリケーションエージェント管理画面またはレプリケーション API の使用は非推奨となり、2022年9月12日(PT)以降に適用されます。代わりに、これらの大規模なコンテンツパッケージのレプリケートに公開を管理またはコンテンツツリーの公開ワークフローを使用する必要があります。2022年7月に、レプリケーションエージェントの管理画面に「分布」タブに警告メッセージが表示されます。このメッセージは、これらの大きなコンテンツパッケージをレプリケートしようとした場合や、レプリケーション API を使用してこれらの大きなコンテンツパッケージをレプリケートするたびに、Experience Manager エラーログに表示されます。9 月には、警告はエラーに置き換えられます。アドビでは、プロセスを適宜調整することをお勧めします。

    プレリリースチャネルの新機能

    • Experience Manageras a Cloud Service は統合シェルと統合され、ユーザーエクスペリエンスが向上し、他のすべての Experience Cloud アプリケーションと統合されました。詳しくは、統合シェルでの Experience Manager as a Cloud Service を参照してください。
  • Adobe Experience Manager as a Cloud Service の基盤セキュリティ

    • TLS 1.0 および TLS 1.1 の廃止 - 2022年6月30日(PT)以降、Experience Manageras a Cloud Service では、より安全なネットワーク通信とユーザーシステムとのデータ交換が必要となります。Experience Manager は、TLS(Transport Layer Security)1.2 プロトコルのみを使用します。TLS 1.0 および 1.1 は非推奨となります。

      TLS 1.0 または TLS 1.1 の使用を継続すると、Experience Manager as a Cloud Service へのアクセス権が失われる可能性があります。

コミュニティ

新しい Adobe Experience Manager コースとチュートリアル

以下は、過去 1 か月間に公開された新しいビデオ、チュートリアル、コースです。

公開日 名前 タイプ 説明 アプリケーション
2022年6月 Forms ポータルコンポーネント ビデオ Forms Cloud Serviceで AEM Forms ポータルコンポーネントを有効にする方法を説明します。 AEM Forms CS
2022年6月 AEM と CIF フレームワークを統合し、リッチで没入感のある e コマースエクスペリエンスを構築します ビデオ アドビの CIF フレームワークを使用して、一貫性があり、豊富なコンテンツを備えた、没入感のあるコマースエクスペリエンスを構築する方法を理解します。 AEM および CIF フレームワーク
2022年6月 SAML 2.0 認証 ビデオ 任意の SAML 2.0 互換 IDP に対して(AEM 作成者ではなく)エンドユーザーを設定し、認証する方法について説明します。 AEM CS
2022年6月 コンテキスト対応クラウド設定 ビデオ Cloud Service 上の AEM Forms でコンテキスト対応クラウド設定を定義する方法について説明します。 AEM Forms

Adobe Experience Manager リリース情報

Experience Manager のリリースノートはすべて以下のページに記載されています。

Experience Manager に関するその他のヘルプリソース

アイコン Adobe Experience Manager Guides

Experience Manager Guides(以前の XML Documentation for Experience Manager)は、AEM にデプロイされたアプリケーションです。Adobe Experience Manager でのネイティブ DITA サポートを可能にし、AEM が DITA ベースのコンテンツの作成と配信を処理できる、強力なエンタープライズグレードのコンポーネントコンテンツ管理ソリューション(CCMS)です。

詳しくは、🔗 Experience Manager Guidesを参照してください。

その他のリソース

アイコン Adobe Commerce

Adobe Commerce リリースノートについては、以下のリンクを参照してください。

新しい Adobe Commerce のチュートリアルとドキュメント

公開日 名前 タイプ 説明
2022年6月 MBI 使用の手引き ビデオ 事前設定済みのダッシュボードとカスタマイズオプションを詳細に調べ、コマース製品チームから直接 MBI のコア機能について説明します。
2022年6月 MBI でのデータセットの管理 ビデオ Adobe Commerce 製品チームから直接、MBI Data Warehouse マネージャーの強力な機能の一部を学びます。基本的なレポートの作成を超えて、データをさらに活用する方法を学びます。
2022年6月 MBI Data Warehouse の最適化 ビデオ テーブルと列の同期設定の管理、テーブルのスキーマへのドリルダウン、レポートで使用する計算列の作成方法を説明します。
2022年6月 MBI を使用して休日に備えれる ビデオ 季節分析の一般的な使用例と、主要な MBI 機能を使用して対処するための方法について説明します。
2022年6月 MBI - エキスパートに質問 ビデオ この 2 部構成のウェビナーでは、お客様の Business Intelligence に関する意見を学びます。Business Intelligence、一般的なテーブル式を使用した SQL 最適化などを通じて、ビジネス変革を学びます。

アイコン Adobe Target

最終更新日:2022年6月7日(PT)

新しい Adobe Target コースとチュートリアル

公開日 名前 タイプ 説明
2022年6月 linktext コース Web サイトに Adobe Target を実装する方法を学びます。要件やユーザー権限などの管理トピックから始め、実装方法、考慮事項、ベストプラクティスについて説明します。

アイコン Adobe Campaign

Adobe Campaign は、オンラインおよびオフラインのマーケティングチャネルにわたって 1 対 1 のメッセージを届けるために直感的で自動化された方法を提供します。顧客の習慣や好みによって特定されたエクスペリエンスを利用して、顧客が欲しいものを予測できるようになりました。

最新の Campaign 製品リリース

新しい Campaign のチュートリアルとコース

新しく公開された Adobe Campaign ビデオ、チュートリアル、コース。

公開日 名前 タイプ 説明 アプリケーション
2022年6月 配信テンプレートの設定 ビデオ アドホック配信用のテンプレートを設定する方法について説明します。 Campaign v8
2022年6月 繰り返し配信と連続メール配信の作成 ビデオ このビデオでは、繰り返し配信とスケジューラーアクティビティを設定する方法を説明します。 Campaign v8
2022年6月 エンリッチメントアクティビティの設定 ビデオ 配信ログ情報に基づいてエンリッチメントアクティビティを設定する方法を説明します。 Campaign v8
2022年6月 SMS の概要 ビデオ SMS とは何か、SMS サービスプロバイダーの役割、Adobe Campaign がサービスプロバイダーに接続する方法について説明します。サービスプロバイダーに渡される情報と使用可能なテクニカルノートを把握します。 Campaign v8、Campaign Standard、Campaign Classic v7
2022年6月 標準の SMPP プロバイダーの SMS アカウントを設定する ビデオ Adobe Campaign で SMPP アカウントを設定する方法、SMS 配信結果を分析する方法、SR 処理を SMPP プロバイダーの仕様に合わせてカスタマイズする方法について説明します。 Campaign v8、Campaign Classic v7
2022年6月 SMS コネクタを SMPP プロバイダーに適応させる ビデオ SMS コネクタを SMPP プロバイダーに適応させる方法を説明します。SMS 設定を微調整して、接続制限の処理、最大スループット、送信ウィンドウ、TLS を使用した暗号化の設定を行います。 Campaign v8、Campaign Classic v7、Campaign Standard

Campaign ヘルプリソース

アイコン Adobe Journey Optimizer

Journey Optimizer では、スケジュールされたオムニチャネルキャンペーンや数百万人の顧客の 1 対 1 の瞬間を、1 つのアプリケーションで管理できます。また、インテリジェントな意思決定とインサイトにより、ジャーニー全体を最適化します。

最新の Journey Optimizer 製品リリース

最新の機能、改善点および修正点について詳しくは、Journey Optimizer リリースノートを参照してください。

Journey Optimizer のその他のリソース

アイコン Adobe Journey Orchestration

Experience Platform を使用して、各個人のニーズをリアルタイムでインテリジェントに予測することで、エクスペリエンスチャネルをまたいでカスタマージャーニーを調整します。

最新の Journey Orchestration 製品リリース

最新の機能、改善点、修正点について詳しくは、Journey Orchestration リリースノートを参照してください。

Journey Orchestration のその他のリソース

アイコン Adobe Marketo Engage

Marketo Engage は、複雑な購入ジャーニーのすべてのステージにわたるエンゲージメントを通じてカスタマーエクスペリエンスを変革しようとしている経営陣や B2B マーケター向けの完全なアプリケーションです。

コア Marketo Engage の更新

最新のリリーススケジュール情報とリリースノートについては、Marketo Engage リリーススケジュールを参照してください。

アイコン Adobe Workfront

Adobe Workfront は、アイデアの共有、コンテンツの作成、複雑なプロセスの管理、および最高の作業を行うための統合作業管理アプリケーションです。

すべての製品の最新情報のまとめについては、Workfront リリース ページを参照してください。

アイコン Adobe Advertising Cloud

リリースノート:Adobe Advertising Cloud

Advertising Cloud DSP の新機能

最終更新日:2022年5月8日(PT)(5月31日リリース)

機能 説明
カスタムレポート (ベータ版機能)Advertising Cloud DSP は、顧客データプラットフォーム(CDP)内で作成された認証済みシグナルで構成される、ファーストパーティセグメントを取り込めるようになりました。

最終更新日:2022年6月8日(PT)(6月11日(PT)リリース)

機能 説明
インサイト インプレッション共有の損失分析を、ベータ版機能として再び使用できるようになりました。

アイコン Adobe Document Cloud

Adobe Document Cloud 向けに新しく公開されたチュートリアルとコース。

公開日 名前 タイプ 説明
2022年6月 委任者の役割の使用 ビデオ 委任者の役割を使用して、ドキュメントを仲介者に送信し、その中でドキュメントを署名用にルーティングする方法を説明します。
2022年6月 イベントおよびアラートの通知の設定 ビデオ Acrobat Sign で構成できる共有イベントとアラート設定について説明します。アラートは特定の期間内に発生しなかったアクション、イベントは発生したアクションです。
2022年6月 高度なアカウント共有 ビデオ 高度なアカウント共有を設定する方法を説明します。管理者とユーザーが自分の送信、変更、表示権限を委任できます。

Document Cloud ヘルプについては、以下を参照してください。

アイコン Adobe Creative Cloud エンタープライズ版

最新のチュートリアルについては、Creative Cloud エンタープライズ版チュートリアル を参照してください。

アイコン Customer Data Management - Voices

Customer Data Management Voices は、顧客データ管理の技術およびマーケティングプラクティスのリーダーやスペシャリストのためのページです。このチュートリアルのコレクションには、同僚から話を聞き、インスピレーションを得て、MarTech の開発について学ぶためのリソースが一箇所に集められています。登録は不要です。クリックで視聴できます。

アイコン デジタルエクスペリエンスブループリント

デジタルエクスペリエンスブループリントは、戦略に取り組み、確立されたビジネス上の問題を解決するための反復可能な実装です。各ブループリントは、価値の高いビジネス上の問題、アーキテクチャ、実装手順、技術的な考慮事項、および関連ドキュメントへのリンクを説明する一連の成果物を提供します。

トップ

このページ