ソースコネクタの概要

Adobe Experience Platform を使用すると、外部ソースからデータを取り込みながら、Platform サービスを使用して受信データの構造化、ラベル付けおよび拡張を行うことができます。アドビのアプリケーション、クラウドベースのストレージ、データベースなど、様々なソースからデータを取り込むことができます。

Flow Service を使用すると、様々な異なるソースから顧客データを収集し、Platform で一元化できます。このサービスにはユーザーインターフェイスおよび RESTful API が用意されており、様々なデータプロバイダーへのソース接続を簡単に設定できます。これらのソース接続を使用すると、サードパーティ製システムの認証、取得の実行時間の設定、データ取得スループットの管理を行うことができます。

Experience Platform を使用すると、異なるソースから収集したデータを一元管理し、得たインサイトを利用して、より多くの作業を行うことができます。

ソースのタイプ

Experience Platform のソースは、次のカテゴリに分類されます。

アドビアプリケーション

Adobe Experience Platform を使用すると、Adobe Analytics や Adobe Audience Manager など、他のアドビアプリケーションからデータを取り込むことができます。詳しくは、次の関連ドキュメントを参照してください。

広告

Adobe Experience Platform には、サードパーティの広告システムからデータを取り込む機能が用意されています。特定のソースコネクタについて詳しくは、次の関連ドキュメントを参照してください。

Analytics

Experience Platformは、サードパーティの分析プラットフォームからデータを取り込む機能を提供しています。 詳しくは、次の関連ドキュメントを参照してください。

クラウドストレージ

クラウドストレージソースを使用すると、ダウンロード、フォーマット、アップロードを行う必要なく、独自のデータを Platform に取り込むことができます。取り込んだデータは、XDM JSON、XDM Parquet 形式または区切り形式で書式設定できます。 プロセスのすべての手順は、ユーザーインターフェイスを使用した Sources ワークフローに統合されています。詳しくは、次の関連ドキュメントを参照してください。

Experience Platform は、サードパーティの同意および環境設定管理プラットフォームからデータを取り込む機能を備えています。詳しくは、次の関連ドキュメントを参照してください。

顧客関係管理(CRM)

CRM システムは顧客との関係を築くのに役立つデータを提供し、顧客との忠誠度を高め、顧客保持率を高めます。Adobe Experience Platform には、Microsoft Dynamics 365 および Salesforce から CRM データを取り込む機能が用意されています。詳しくは、次の関連ドキュメントを参照してください。

カスタマーサクセス

Experience Platform は、サードパーティの顧客成功アプリケーションからデータを取得する機能を備えています。詳しくは、次の関連ドキュメントを参照してください。

データベース

Experience Platform は、サードパーティのデータベースからデータを取得する機能を備えています。特定のソースコネクタについて詳しくは、次の関連ドキュメントを参照してください。

e コマース

Adobe Experience Platform には、サードパーティの e コマースシステムからデータを取り込む機能が用意されています。特定のソースコネクタについて詳しくは、次の関連ドキュメントを参照してください。

ローカルシステム

Adobe Experience Platform には、ローカルシステムからデータを取り込む機能が用意されています。 特定のソースコネクタについて詳しくは、次の関連ドキュメントを参照してください。

マーケティングの自動処理

Experience Platform は、サードパーティのマーケティング自動化システムからデータを取得する機能を備えています。特定のソースコネクタについて詳しくは、次の関連ドキュメントを参照してください。

支払い

Adobe Experience Platform には、サードパーティの支払いシステムからデータを取り込む機能が用意されています。特定のソースコネクタについて詳しくは、次の関連ドキュメントを参照してください。

ストリーミング

Adobe Experience Platform には、ストリーミングソースからデータを取り込む機能が用意されています。特定のソースコネクタについて詳しくは、次の関連ドキュメントを参照してください。

プロトコル

Adobe Experience Platform には、サードパーティのプロトコルシステムからデータを取り込む機能が用意されています。特定のソースコネクタについて詳しくは、次の関連ドキュメントを参照してください。

データ取得におけるソースのアクセス制御

データ取得元に対する権限は、Adobe Admin Console で管理できます。権限には、特定の製品プロファイルの「権限」タブからアクセスできます。権限を編集​パネルから、データ取得​メニューのエントリを使用して、ソースに関連する権限にアクセスできます。「ソースの表示」権限は、「カタログ」タブの使用可能なソースと「参照」タブの認証済みのソースへの読み取り専用アクセス権を付与する一方、「ソースの管理」権限は、ソースの作成、編集および無効化に対するフルアクセス権を付与します。

次の表に、これらの権限の様々な組み合わせに基づく UI の動作の概要を示します。

権限レベル 説明
ソースの表示​オン 「Catalog」タブ、「Browse」タブ、「Accounts」タブ、「Dataflow」タブの各ソースタイプのソースに読み取り専用アクセス権を付与します。
ソースの管理​オン ソースの表示」に含まれる機能に加えて、「カタログ」の「ソースの接続」オプションおよび「参照」の「データを選択」オプションへのアクセス権を付与します。また、「ソースの管理」では、データフロー​の有効/無効を切り替えたり、スケジュールを編集したりできます。
ソースの表示」オフおよび「ソースの管理」オフ ソースへのすべてのアクセスを取り消します。

Admin Console から付与される使用可能な権限(これら 4 つのソースを含む)について詳しくは、「アクセス制御の概要」を参照してください。

利用条件

「ベータ版」としてラベル付けされたソースを使用することにより、お客様は、ベータ版が​「現状のまま」でいかなる保証もなく​提供されていることを承諾します。

アドビは、ベータ版を維持、訂正、更新、変更、修正、またはその他の方法でサポートする義務を負いません。このようなベータ版および付属の資料またはそのいずれかが、正しく機能しパフォーマンスを提供することに関して、お客様は注意を払い、いかなる形でも依存しないことをお勧めします。ベータ版はアドビの機密情報と見なされます。

お客様がアドビに提供するあらゆる「フィードバック」(ベータ版の使用中に発生した問題や欠陥、提案、改善、推奨事項を含むがこれに限定されないベータ版に関する情報)は、このようなフィードバックに含まれる、およびフィードバックに対するすべての権利、所有権、利益を含め、アドビに帰属します。

公開フィードバックを送信するかサポートチケットを作成して、お客様の提案を共有したりバグを報告したりして、機能強化にご協力ください。

このページ