Adobe Experience Platform リリースノート

リリース日:2023年9月28日(PT)

Adobe Experience Platform の新機能:

Experience Platformの既存の機能に対するアップデート:

計算属性 computed-attributes

計算済み属性を使用すると、直感的な UI を使用してイベントデータをプロファイル属性に簡単に要約し、動作ベースのセグメント化、パーソナライゼーションおよびアクティブ化を強化できます。 この機能を使用すると、計算済み属性をセルフサービス方式で作成および管理し、セグメント化、Real-Time CDPの宛先、Adobe Journey Optimizerで使用できます。 さらに、計算済み属性は、セグメント化とジャーニーワークフローを簡素化し、関連性の高いエクスペリエンスをシームレスに提供できるようにします。 計算属性の詳細については、を参照してください。 計算属性の概要.

アラート alerts

Experience Platform では、様々な Platform アクティビティに関するイベントベースのアラートを登録できます。Platform ユーザーインターフェイスの「アラート」タブを使用して、様々なアラートルールを購読し、UI 内または電子メール通知を通じてアラートメッセージを受け取るように選択できます。

新機能または更新された機能

機能
説明
「アラートの履歴」タブ
アラート 履歴 タブには、遅延、開始、成功、失敗を含むすべてのイベントが含まれるようになりました。 を読み取る アラート UI ドキュメント 「履歴」タブについて詳しくは、こちらを参照してください。

アラートの詳細については、を参照してください。 Observability Insights の概要.

ダッシュボード dashboards

Adobe Experience Platform では、複数の dashboards を提供しており、毎日のスナップショットでキャプチャされた、組織のデータに関する重要な情報を表示できます。

機能
説明
ライセンス使用状況ダッシュボードの改善
組織のライセンス使用状況に関するレポートおよび主要指標のビジュアライゼーションを改善して、ライセンス契約の管理を維持します。 これらの改善点により、購入したすべてのExperience Platform製品のライセンス使用状況指標に対して高い精度が提供されます。

ライセンス使用状況ダッシュボードについて詳しくは、 ライセンス使用状況ダッシュボードの概要.

データ収集 data-collection

Adobe Experience Platform では、クライアントサイドのカスタマーエクスペリエンスデータを収集し、Adobe Experience Platform Edge Network に送信できます。そこでデータを補強して変換し、アドビまたはアドビ以外の宛先に配信できます。

新機能または更新された機能

タイプ
機能
説明
データストリーム
デバイス検索のサポート
データストリームを設定する際に、収集するデバイス参照情報のレベルを選択できるようになりました。 デバイス参照情報には、ページとのやり取りに使用するデバイス、ハードウェア、オペレーティングシステム、ブラウザーに関するデータが含まれています。
デバイス参照情報は、ユーザーエージェントおよびクライアントヒントと共に収集できません。 デバイス情報の収集を選択すると、ユーザーエージェントとクライアントヒントの収集が無効になります。逆も同様です。 すべてのデバイス参照情報は、に保存されます。 xdm:device フィールドグループ。 詳しくは、のドキュメントを参照してください。 データストリームの設定.
拡張機能
TikTok web イベント API 拡張機能
この TikTok Web イベント API 拡張機能を使用すると、Adobe Experience Platform Edge Networkで取得したデータを活用したり、に送信したりできます TikTok を使用するサーバーサイドイベントの形式 TikTok Web イベント API。

データ収集について詳しくは、を参照してください。 データ収集の概要.

データガバナンス data-governance

Adobe Experience Platform データガバナンスは、顧客データを管理し、データの使用に適用される規制、制限、ポリシーへの準拠を確保するために使用される一連の戦略とテクノロジーです。これは Experience Platform 内の様々なレベルで重要な役割を果たします。例えば、カタログ化、データ系列、データ使用のラベル付け、データアクセスポリシー、マーケティングアクションのデータに関するアクセス制御などです。

新機能

機能
説明
サードパーティデータ用の新しいパートナーエコシステムラベル
サードパーティのエンリッチメントと見込み客向けの新しいデータ使用ラベルを利用できます。 を参照してください。 パートナーエコシステムラベルに関するドキュメント を参照してください。

データガバナンスについて詳しくは、データガバナンスの概要を参照してください。

データハイジーン hygiene

Experience Platform は、消費者レコードとデータセットをプログラムで削除することで、保存されたデータを管理できる、一連のデータ衛生機能を提供します。次のいずれかを使用します データライフサイクル ui のワークスペース、または Data Hygiene API への呼び出しを使用して、データストアを効果的に管理できます。 これらの機能を使用して、情報が期待どおりに使用され、必要な場合は不適切なデータの修正が更新され、組織のポリシーで必要と判断された場合は削除されるようにします。

新機能

機能
説明
[ベータ版]{class="badge informative"} レコード削除(限定リリース)
Adobe Experience Platformの高度なデータライフサイクル管理機能:データセットの有効期限とレコード削除の自動化により、お客様のコミットメントと使用許諾契約を満たすために、すべてのデータストアにわたるデータライフサイクルを管理します。
データセットの自動有効期限を使用すると、データセット全体を削除し、削除するデータセットの日時を設定できます。
レコード削除を使用すると、プライマリ ID をターゲット設定することで、個々の消費者プロファイルを削除できます。 UI または CSV/JSON ファイルのアップロードを使用して、プライマリ ID を個別に指定できます。 を参照してください。 レコード削除ドキュメント 詳細情報
データセット有効期限
データセットの自動有効期限を使用すると、データを最小限に抑え、使用許諾契約を常に制御できます。 データセット全体を削除し、削除するデータセットの日時を設定することで、データ量を削減します。 を参照してください。 データセット有効期限に関するドキュメント を参照してください。

Platform のデータハイジーン機能について詳しくは、データハイジーンの概要を参照してください。

宛先 destinations

Destinations は、Adobe Experience Platform からのデータの円滑なアクティベーションを可能にする、事前定義済みの出力先プラットフォームとの統合です。宛先を使用して、クロスチャネルマーケティングキャンペーン、メールキャンペーン、ターゲット広告、その他多くの使用事例に関する既知および不明なデータをアクティブ化できます。

新規宛先または更新された宛先

宛先
新規/アップデート
説明
LiveRamp - Distribution
新規
以前にオンボードしたオーディエンスのアクティブ化 LiveRamp モバイル、web、ディスプレイ、コネクテッドの各 TV メディアでプレミアム パブリッシャーに提供します。
オーディエンスをにオンボーディングした後 LiveRamp ~を通じた説明 LiveRamp - オンボーディング 接続、新しいを使用 LiveRamp - Distribution ダウンストリームの宛先に対してオーディエンスをアクティブ化するための接続。
HubSpot
新規
HubSpot は、マーケティング、セールス、コンテンツ管理、カスタマーサービスを結び付けるために必要なすべてのソフトウェア、統合、リソースを備えた CRM プラットフォームです。 データ、チーム、顧客を 1 つの CRM プラットフォームに接続できます。
Microsoft Dynamics 365
更新済み
をサポートするようになりました Dynamics 365 のデフォルトソリューション内で作成されなかったカスタムフィールドのカスタムフィールド接頭辞 Dynamics 365. 新しい入力フィールド カスタマイズ接頭辞、が追加されました 宛先の詳細の入力 ステップ。
Experience Cloud Audiences
更新済み
Experience Cloudオーディエンスの宛先が一般公開されました。 この宛先を使用して、Real-Time CDPからAudience ManagerやAdobe Analyticsにオーディエンスをアクティブ化します。 オーディエンスをAdobe Analyticsに送信するには、Audience Managerライセンスが必要です。

新機能または更新された機能

機能
説明
Real-Time CDPでのデータの書き出し
この データセットの書き出し 機能が一般入手可能になりました。 参照: Experience Platformアプリに基づいて、書き出すことができるデータセット を購入し、 データセット書き出し用のガードレール.
(ベータ版)配列タイプのオブジェクトの書き出しのサポート
プリミティブ値(文字列、整数またはブール値)の配列をフラットスキーマファイルとしてクラウドストレージ宛先に書き出します。 詳しくは、の機能を参照してください。 詳細を見る.
Destination SDKの動的ドロップダウンセレクター
Destination SDKを通じて宛先を作成する場合、を使用できるようになりました 動的ドロップダウンセレクター ドロップダウンセレクターのフィールドに API から取得した値を入力します。

修正および機能強化

宛先の一般的な情報については、宛先の概要を参照してください。

エクスペリエンスデータモデル(XDM) xdm

XDM は、Adobe Experience Platform に取り込むデータの共通構造および定義(スキーマ)を提供するオープンソース仕様です。XDM 標準規格に準拠しているので、すべての顧客体験データを共通の表現に反映させて、迅速かつ統合的な方法でインサイトを提供できます。顧客アクションから有益なインサイトを得たり、セグメントを通じて顧客オーディエンスを定義したり、パーソナライズ機能のために顧客属性を使用したりできます。

新機能

機能
説明
スキーマエディターに追加されたクイックアクション
スキーマエディターのキャンバスに新しいクイックアクションが追加されました。 エディターから直接 JSON 構造をコピーしたり、スキーマを削除したりできるようになりました。
スキーマエディターのクイックアクション。 {width="100" modal="regular"}
カスタムまたは標準の作成者による XDM リソースのフィルタリング
使用可能なスキーマ、フィールドグループ、データタイプおよびクラスのリストが、作成方法に基づいて事前にフィルタリングされるようになりました。 これにより、カスタムビルドかAdobeで作成したかに基づいてリソースをフィルタリングできます。
スキーマ ワークスペースの標準フィルターとカスタムフィルター。 {width="100" modal="regular"}
を参照してください。 リソースドキュメントの作成と編集 を参照してください。

更新された機能

機能
説明
更新されたスキーマ作成ワークフロー
新しいスキーマ作成ワークフローが実装され、プロセスが合理化されました。
新しいスキーマ作成 UI {width="100" modal="regular"}
を参照してください。 スキーマ作成ドキュメント を参照してください。

新しい XDM コンポーネント

コンポーネントのタイプ
名前
説明
データタイプ
戻る
発行された RMA (返品承認)。
データタイプ
返品品目
返品品目の RMA 内の情報(返品承認)。

更新された XDM コンポーネント

コンポーネントのタイプ
名前
説明のアップデート
拡張機能
AJO エンティティフィールド
この マルチバリアントのフラグ がに追加されました AJO エンティティフィールド バリアントがマルチバリアントかどうかを識別します。
データタイプ
商品リスト項目
返品品目 返品承認情報を含めるように追加されました。
データタイプ
注文
情報を返す は、発行された RMA (Return Merchandise Authorization)を含めるように追加されました。

Platform の XDM について詳しくは、XDM システムの概要を参照してください。

ID サービス identity-service

Adobe Experience Platform ID サービスを利用すると、デバイスやシステム間で ID を橋渡しすることで、顧客とその行動を包括的に把握し、インパクトのある個人的なデジタルエクスペリエンスをリアルタイムで提供できます。

新機能または更新された機能

機能
説明
ID サービス UI の機能強化

Experience PlatformUI の改善されたカスタム名前空間の作成ツールを使用して、カスタム名前空間とそれに対応する ID タイプをより適切に管理します。 拡張 ID サービス UI には、次の機能が用意されています。

  • コンテキストエクスペリエンス:ID 名前空間と ID タイプの概要に関する視覚的な手がかり、明確さ、コンテキスト。
  • 精度:ID 名の重複をなくし、エラー処理を向上しました。
  • 検出性:製品内ダイアログ内からドキュメントにアクセスできます。

詳しくは、のガイドを参照してください。 カスタム名前空間の作成.

ID グラフの制限の変更

ID グラフの制限は、150 個の ID から 50 個の ID に変更されました。 新しい ID がフルグラフに取り込まれると、取り込みタイムスタンプと ID タイプに基づく最も古い ID が削除されます。 cookie の ID タイプは削除に対して優先順位付けされます。 実稼動サンドボックスに次の ID が含まれる場合は、Adobeアカウントチームに連絡して、ID タイプの変更をリクエストしてください。

  • ユーザー識別子(CRM ID など)が cookie/デバイス ID タイプとして設定されるカスタム名前空間。
  • cookie とデバイスの識別子がクロスデバイス id タイプとして設定されるカスタム名前空間。

これらのリクエストは、Adobeエンジニアリングによって手動で処理されます。 詳しくは、 id サービスデータ用のガードレール およびのガイド データ管理ライセンス使用権限のベストプラクティス.

ID サービスについて詳しくは、を参照してください。 ID サービスの概要.

クエリサービス query-service

クエリサービスを使用すると、標準 SQL を使用して Adobe Experience Platform Data Lake でデータに対してクエリを実行できます。任意のデータセットを Data Lake から結合し、クエリの結果を新しいデータセットとして取得することで、レポートや Data Science Workspace で使用したり、リアルタイム顧客プロファイルに取り込んだりできます。

更新された機能

機能
説明
ログフィルタリング用 UI の更新
クエリログのフィルタリングの強化により、監視、管理、トラブルシューティングのためのユーザー生成ログの可視性が向上しました。 様々な設定に基づいて、クエリログのリストをフィルタリングできます。
クエリログのフィルター設定。 {width="100" modal="regular"}
を参照してください。 クエリログのドキュメント を参照してください。
複数のクエリエディターの UI の更新
クエリエディターで複数の順次クエリを実行したり、複数のクエリを記述してすべてのクエリを順番に実行したりできるようになりました。 クエリの実行をより柔軟に行うには、選択したクエリをハイライト表示し、その特定のクエリを他のクエリとは別に実行するように選択します。 を参照してください。 クエリエディター UI ガイド を参照してください。

クエリサービスについて詳しくは、クエリサービスの概要を参照してください。

セグメント化サービス segmentation

Segmentation Service を使用すると、Experience Platform に保存されている、個人(顧客、見込み客、ユーザー、組織など)に関連するデータをオーディエンスにセグメント化できます。オーディエンスは、セグメント定義または Real-Time Customer Profile データの他のソースを通じて作成できます。これらのオーディエンスは Platform で一元的に設定および管理されており、Adobe ソリューションから簡単にアクセスできます。

新機能または更新された機能

機能
説明
カスタマイズ可能な列
サイズを変更できる列を使用して、オーディエンスポータルのレイアウトをカスタマイズできるようになりました。 この機能について詳しくは、を参照してください。 セグメント化 UI ガイド.
更新頻度の分類
組織のオーディエンスの更新頻度の分類を表示できるようになりました。 この機能について詳しくは、を参照してください。 セグメント化 UI ガイド.

セグメント化サービスの詳細については、「セグメント化サービスの概要」を参照してください。

ソース sources

Experience Platform は、様々なデータプロバイダーのソース接続を簡単に設定できる RESTful API とインタラクティブ UI を備えています。これらのソース接続を使用すると、外部ストレージシステムおよび CRM サービスの認証と接続、取得実行時間の設定、データ取得スループットの管理を行うことができます。

新機能または更新された機能

機能
説明
の新しいパラメーター offset セルフサービスソースのページネーション(Batch SDK)
以下を指定できるようになりました endConditionName および endConditionValue を使用する場合のソース用 offset ページネーション。 これらのパラメーターを使用すると、次の HTTP リクエストでページネーションループを終了させる条件を指定できます。 詳しくは、 セルフサービスソースのページネーションガイド(Batch SDK).

ソースについて詳しくは、を参照してください。 ソースの概要.

recommendation-more-help
76ad3ef1-9c0e-417b-8891-a4c7034d8bac