LiveRamp - Onboarding 接続 liveramp-onboarding

LiveRamp - Onboarding 接続を使用して、Adobe Real-time Customer Data Platform から LiveRamp Connect にオーディエンスをオンボーディングします。

ユースケース use-cases

LiveRamp - Onboarding 宛先を使用する方法とタイミングを理解しやすくするために、Adobe Experience Platform のお客様がこの宛先を使用して解決できるユースケースのサンプルを以下に示します。

マーケターは、Ramp ID 識別子を使用してモバイル、オープン web、ソーシャルおよび CTV プラットフォームのユーザーをターゲットにできるように、Adobe Experience Platform からオーディエンスを送信して LiveRamp Connect に ID をオンボーディングしたいと考えています。

前提条件 prerequisites

LiveRamp - Onboarding 接続では、LiveRamp の SFTP ストレージを使用してファイルを書き出します。

Experience Platform から LiveRamp - Onboarding にデータを送信するには、まず LiveRamp 資格情報が必要です。資格情報がまだない場合は、LiveRamp の担当者に連絡して資格情報を取得してください。

サポートされている ID supported-identities

LiveRamp - Onboarding では、公式の LiveRamp ドキュメントに記載されている、PII ベースの識別子、既知の識別子、カスタム ID などの ID のアクティブ化をサポートしています。

アクティブ化ワークフローのマッピングステップでは、ターゲットマッピングをカスタム属性として定義する必要があります。

サポートされるオーディエンス supported-audiences

この節では、この宛先に書き出すことができるオーディエンスのタイプについて説明します。

オーディエンスの起源
サポートあり
説明
Segmentation Service
Experience Platform セグメント化サービス.
カスタムアップロード
CSV ファイルから Experience Platform に読み込まれたオーディエンス。

書き出しのタイプと頻度 export-type-frequency

宛先の書き出しのタイプと頻度について詳しくは、以下の表を参照してください。

項目
タイプ
メモ
書き出しタイプ
オーディエンスの書き出し
LiveRamp - Onboarding 宛先で使用される識別子(氏名、電話番号など)を使用して、オーディエンスのすべてのメンバーを書き出します。
書き出し頻度
日別バッチ
オーディエンス評価に基づいて Experience Platform でプロファイルを更新すると、プロファイル(ID)は 1 日 1 回ダウンストリームの宛先プラットフォームで更新されます。詳しくは、バッチ(ファイルベース)宛先を参照してください。

宛先への接続 connect

IMPORTANT
宛先に接続するには、 宛先の表示 および 宛先の管理 アクセス制御権限. 詳しくは、アクセス制御の概要または製品管理者に問い合わせて、必要な権限を取得してください。

この宛先に接続するには、宛先設定のチュートリアルの手順に従ってください。宛先の設定ワークフローで、以下の 2 つのセクションにリストされているフィールドに入力します。

宛先に対する認証 authenticate

宛先に対して認証するには、必須フィールドに入力し、「宛先に接続」を選択します。

パスワードを使用した SFTP 認証

パスワードによる SFTP を使用して宛先に対する認証を行う方法を示すサンプルスクリーンショット

  • ポート:に使用するポート LiveRamp - Onboarding ストレージの場所。 地理的な場所に対応するポートを使用します。以下に例を示します。

    • 該当なし:ポートを使用 22
    • AU:ポートを使用 2222
  • ユーザー名:LiveRamp - Onboarding ストレージの場所のユーザー名。

  • パスワード:LiveRamp - Onboarding ストレージの場所のパスワード。

  • PGP/GPG 暗号化キー:必要に応じて、RSA 形式の公開鍵を添付して、書き出したファイルに暗号化を追加できます。正しい形式の暗号化キーの例については、以下の画像を参照してください。
    UI での正しい形式の PGP キーの例を示す画像

  • サブキー ID:暗号化キーを指定する場合は、暗号化​ サブキー ID も指定する必要があります。サブキー ID の取得方法については、LiveRamp 暗号化ドキュメントを参照してください。

SSH キー認証を使用した SFTP

SSH キーを使用して宛先に対する認証を行う方法を示すサンプルスクリーンショット

  • ポート:に使用するポート LiveRamp - Onboarding ストレージの場所。 地理的な場所に対応するポートを使用します。以下に例を示します。

    • EU:ポートを使用 4222
  • ユーザー名:LiveRamp - Onboarding ストレージの場所のユーザー名。

  • SSH キー:LiveRamp - Onboarding ストレージの場所へのログインに使用する SSH 秘密鍵。この秘密鍵は、Base64 でエンコードされた文字列の形式にする必要があり、パスワードで保護しないでください。

    • SSH キーを LiveRamp - Onboarding サーバーに接続するには、LiveRamp のテクニカルサポートポータルを通じてチケットを送信し、公開鍵を入力する必要があります。詳しくは、LiveRamp ドキュメントを参照してください。
  • PGP/GPG 暗号化キー:必要に応じて、RSA 形式の公開鍵を添付して、書き出したファイルに暗号化を追加できます。正しい形式の暗号化キーの例については、以下の画像を参照してください。
    UI での正しい形式の PGP キーの例を示す画像

  • サブキー ID:暗号化キーを指定する場合は、暗号化​ サブキー ID も指定する必要があります。サブキー ID の取得方法については、LiveRamp 暗号化ドキュメントを参照してください。

宛先の詳細の入力 destination-details

宛先の詳細を設定するには、以下の必須フィールドとオプションフィールドに入力します。UI のフィールドの横のアスタリスクは、そのフィールドが必須であることを示します。

宛先の詳細を入力する方法を示す Platform UI のスクリーンショット

  • 名前:今後この宛先を認識するための名前。
  • 説明:今後この宛先を識別するのに役立つ説明。
  • 地域:LiveRamp SFTP ストレージのインスタンスの地域。
  • フォルダーパス:書き出したファイルをホストする LiveRamp uploads サブフォルダーへのパス。uploads プレフィックスがフォルダーパスに自動的に追加されます。LiveRamp では、他の既存のフィードとは別にファイルを保存し、すべての自動処理がスムーズに実行されるように、Adobe Real-Time CDP からの配信専用のサブフォルダーを作成することをお勧めします。
    • 例えば、ファイルを uploads/my_export_folder に書き出す場合は、「フォルダーパス」フィールドに my_export_folder と入力します。
  • 圧縮形式:書き出したファイルに Experience Platform で使用する圧縮タイプを選択します。使用可能なオプションは、GZIP または​ なし ​です。

アラートの有効化 enable-alerts

アラートを有効にすると、宛先へのデータフローのステータスに関する通知を受け取ることができます。リストからアラートを選択して、データフローのステータスに関する通知を受け取るよう登録します。アラートについて詳しくは、UI を使用した宛先アラートの購読に関するガイドを参照してください。

宛先接続の詳細の入力を終えたら「次へ」を選択します。

この宛先に対してオーディエンスをアクティブ化 activate

IMPORTANT
データをアクティブ化するには、 宛先の表示, 宛先のアクティブ化, プロファイルの表示、および セグメントを表示 アクセス制御権限. アクセス制御の概要を参照するか、製品管理者に問い合わせて必要な権限を取得してください。

この宛先に対してオーディエンスをアクティブ化する手順については、バッチプロファイル書き出し宛先に対するオーディエンスデータのアクティブ化を参照してください。

スケジュール設定 scheduling

スケジュール設定ステップでは、以下に示す設定で各オーディエンスの書き出しスケジュールを作成します。

  • ファイル書き出しオプション:完全ファイルを書き出し。増分ファイル書き出しは現在、LiveRamp 宛先ではサポートされていません。
  • 頻度:毎日
  • 日付:希望する書き出し開始時刻および終了時刻を選択します。

オーディエンスのスケジュール設定ステップを示す Platform UI のスクリーンショット。

書き出すファイルの名前は現在、ユーザーが設定することはできません。LiveRamp - Onboarding 宛先に書き出すすべてのファイルは、次のテンプレートに基づいて自動的に名前が付けられます。

%ORGANIZATION_NAME%_%DESTINATION%_%DESTINATION_INSTANCE_ID%_%DATETIME%

書き出すファイルの名前テンプレートを示す Platform UI のスクリーンショット。

例えば、Luma という名前の組織の場合、書き出すファイルの名前は次のようになります。

Luma_LiveRamp_52137231-4a99-442d-804c-39a09ddd005d_20230330_153857.csv

属性と ID のマッピング map

マッピング ​ステップでは、書き出すプロファイル属性および ID を選択できます。

IMPORTANT
この宛先では、アクティブ化フローごとに 1 つのソース ID 名前空間のアクティブ化をサポートしています。EmailPhone など、複数の ID 名前空間を書き出す必要がある場合は、ID ごとに個別のアクティブ化フローを作成する必要があります。

マッピング ​ステップでは、書き出された CSV ファイルの列ヘッダーの名前が​ ターゲットフィールド ​マッピングで定義されます。ターゲットフィールド ​のカスタム名を指定することで、書き出すファイルの CSV 列ヘッダーを任意のわかりやすい名前に変更できます。

IMPORTANT
LiveRamp への初回のファイル配信後にターゲットフィールドに変更が加えられた場合は、LiveRamp アカウントチームに通知するか、LiveRamp サポートにチケットを送信して、変更が自動処理プロセスに確実に反映されるようにしてください。
  1. マッピング ​手順で、「新しいマッピングを追加」を選択します。画面に新しいマッピング行が表示されます。

    マッピング画面を示す Experience Platform UI のスクリーンショット。

  2. ソースフィールドを選択 ​ウィンドウで、属性を選択 ​カテゴリを選択し、マッピングする XDM 属性を選択するか、ID 名前空間を選択 ​カテゴリを選択して、宛先にマッピングする ID を選択します。

    ソースマッピング画面を示す Experience Platform UI のスクリーンショット。

  3. ターゲットフィールドを選択 ​ウィンドウで、選択したソースフィールドのマッピング先となる属性名を入力します。ここで定義した属性名が、書き出された CSV ファイルに列ヘッダーとして反映されます。

    ターゲットマッピング画面を示す Experience Platform UI のスクリーンショット。

    また、ターゲットフィールド ​に直接入力して属性名を入力することもできます。

    ターゲットマッピング画面を示す Experience Platform UI のスクリーンショット。

必要なマッピングをすべて追加したら、「次へ」を選択してアクティブ化ワークフローを終了します。

書き出されたデータ/データ書き出しの検証 exported-data

データは、設定した LiveRamp - Onboarding ストレージの場所に CSV ファイルとして書き出されます。

書き出されたファイルの最大サイズは 1,000 万行です。 Experience Platformしたオーディエンスの行数が 1,000 万行を超える場合、配信ごとに複数のファイルが生成されます。 単一ファイルの制限を超えると考えられる場合は、 LiveRamp 担当者に問い合わせて、バッチ取得を設定するよう依頼します。

ファイルを LiveRamp - Onboarding 宛先に書き出す場合、Platform では結合ポリシー ID ごとに 1 つの CSV ファイルを生成します。

例えば、次のオーディエンスについて考えてみます。

  • オーディエンス A(結合ポリシー 1)
  • オーディエンス B(結合ポリシー 2)
  • オーディエンス C(結合ポリシー 1)
  • オーディエンス D(結合ポリシー 1)

Platform では、次の 2 つの CSV ファイルを LiveRamp - Onboarding に書き出します。

  • オーディエンス A、C および D を含んだ 1 つの CSV ファイル。
  • オーディエンス B を含んだ 1 つの CSV ファイル。

書き出される CSV ファイルには、次の例に示すように、選択した属性とそれに対応するオーディエンスステータスを持つプロファイルが別々の列に含まれ、属性名と audience_namespace:audience_ID ペアが列ヘッダーとして含まれます。

ATTRIBUTE_NAME, AUDIENCE_NAMESPACE_1_AUDIENCE_ID_1, AUDIENCE_NAMESPACE_2_AUDIENCE_ID_2,..., AUDIENCE_NAMESPACE_X_AUDIENCE_ID_X

書き出されたファイルに含まれているプロファイルは、次のオーディエンス選定ステータスのいずれかと一致する可能性があります。

  • Active:プロファイルは現在、オーディエンスに対して選定されています。
  • Expired:プロファイルはオーディエンスに対して選定されなくなりましたが、過去に選定されたことがあります。
  • ""(空の文字列):プロファイルはオーディエンスに対して選定されたことはありません。

例えば、書き出された CSV ファイルに、1 つの email 属性、Experience Platform セグメント化サービスから生成された 2 つのオーディエンスおよび読み込まれた 1 つの外部オーディエンスが含まれている場合は、次のようになります。

email,ups_aa2e3d98-974b-4f8b-9507-59f65b6442df,ups_45d4e762-6e57-4f2f-a3e0-2d1893bcdd7f,CustomerAudienceUpload_7729e537-4e42-418e-be3b-dce5e47aaa1e
abc117@testemailabc.com,active,,
abc111@testemailabc.com,,,active
abc102@testemailabc.com,,,active
abc116@testemailabc.com,active,,
abc107@testemailabc.com,active,expired,active
abc101@testemailabc.com,active,active,

上記の例では、ups_aa2e3d98-974b-4f8b-9507-59f65b6442df セクションと ups_45d4e762-6e57-4f2f-a3e0-2d1893bcdd7f セクションはセグメント化サービスから生成されたオーディエンスを記述しているのに対して、CustomerAudienceUpload_7729e537-4e42-418e-be3b-dce5e47aaa1eカスタムアップロードとして Platform に読み込まれたオーディエンスを記述しています。

Platform では結合ポリシー ID ごとに 1 つの CSV ファイルを生成するので、結合ポリシー ID ごとに個別のデータフロー実行も生成します。

つまり、データフロー実行ページの​ アクティブ化された ID 指標と​ 受信したプロファイル ​指標が、オーディエンスごとに表示されるのではなく、同じ結合ポリシーを使用するオーディエンスのグループごとに集計されます。

同じ結合ポリシーを使用するオーディエンスのグループに対してデータフロー実行が生成されるので、オーディエンス名はモニタリングダッシュボードに表示されません。

「アクティブ化された ID」指標を示す Experience Platform UI のスクリーンショット。

書き出されたデータの LiveRamp へのアップロード upload-to-liveramp

データが LiveRamp - Onboarding ストレージに正常に書き出されたら、LiveRamp プラットフォームにデータをアップロードする必要があります。

ファイルを LiveRamp - Onboarding ストレージから LiveRamp オーディエンスにアップロードする方法について詳しくは、最初のファイルをオーディエンスにアップロードする際の考慮事項のドキュメントを参照してください。

データの使用とガバナンス data-usage-governance

Adobe Experience Platform のすべての宛先は、データを処理する際のデータ使用ポリシーに準拠しています。Adobe Experience Platform がどのように データガバナンスを実施するかについて詳しくは、データガバナンスの概要を参照してください。

その他のリソース additional-resources

LiveRamp - Onboarding ストレージの設定方法について詳しくは、公式ドキュメントを参照してください。

変更ログ changelog

この節では、この宛先コネクタに対する機能の概要と重要なドキュメントの更新について説明します。

変更ログを表示
table 0-row-3 1-row-3 2-row-3 layout-auto
リリース月 更新タイプ 説明
2024年3月 機能とドキュメントの更新
  • ヨーロッパおよびオーストラリアへの配送のサポートを追加しました。 LiveRamp SFTP インスタンス。
  • 新しくサポートされる地域に固有の設定について説明するドキュメントを更新しました。
  • 最大ファイルサイズを 1,000 万行に増やしました(以前の 500 万行から)。
  • ファイルサイズの増加を反映するようにドキュメントを更新しました。
2023年7月 初回リリース 宛先の初回リリースとドキュメントを公開しました。
recommendation-more-help
7f4d1967-bf93-4dba-9789-bb6b505339d6