HubSpot 接続

HubSpot は、マーケティング、セールス、コンテンツ管理、カスタマーサービスを結び付けるために必要なすべてのソフトウェア、統合、リソースを備えた CRM プラットフォームです。 データ、チーム、顧客を 1 つの CRM プラットフォームに接続できます。

この Adobe Experience Platform 宛先HubSpot 連絡先 API内の連絡先を更新する HubSpot アクティブ化後に既存のExperience Platformオーディエンスから。

HubSpot インスタンスを認証する手順は、さらに下の宛先に対する認証の節にあります。

ユースケース use-cases

HubSpot 宛先を使用する方法とタイミングを理解しやすくするために、Adobe Experience Platform のお客様がこの宛先を使用して解決できるユースケースのサンプルを以下に示します。

HubSpot 連絡先には、ビジネスとやり取りする個人に関する情報が保存されます。 チームが以下に存在する連絡先を使用 HubSpot Experience Platformオーディエンスを作成します。 これらのオーディエンスをに送信した後 HubSpotに設定すると、情報が更新され、各連絡先にはプロパティが割り当てられます。プロパティの値は、連絡先が属するオーディエンスを示すオーディエンス名になります。

前提条件 prerequisites

Experience Platformで設定する必要がある前提条件については、以下の節を参照してください HubSpot を使用する前に収集しておく必要がある情報について HubSpot の宛先。

Experience Platform の前提条件 prerequisites-in-experience-platform

へのデータのアクティブ化の前に HubSpot の宛先。には必要です スキーマ, a データセット、および オーディエンス 作成場所 Experience Platform.

については、Experience Platformドキュメントを参照してください。 オーディエンスメンバーシップの詳細スキーマフィールドグループ オーディエンスのステータスのガイダンスが必要な場合。

の前提条件 HubSpot 宛先 prerequisites-destination

Platform からにデータを書き出すには、次の前提条件に注意してください HubSpot アカウント :

以下が必要です HubSpot アカウント prerequisites-account

Platform からユーザーの Hubspot 必須アカウント HubSpot アカウント。 まだない場合は、 HubSpot アカウントの設定 ページに移動し、ガイダンスに従ってアカウントを登録し作成します。

を収集 HubSpot プライベートアプリアクセストークン gather-credentials

必要なのは HubSpot Access token を許可する HubSpot を介して API 呼び出しを行う宛先 HubSpot 内のプライベートアプリ HubSpot アカウント。 この Access token 次の役割を果たす Bearer token 実行する場合 宛先の認証.

プライベートアプリがない場合は、ドキュメントに従って、次の操作を行います でのプライベートアプリの作成 HubSpot.

IMPORTANT
プライベートアプリには、次の範囲を割り当てる必要があります。
crm.objects.contacts.write, crm.objects.contacts.read
crm.schemas.contacts.write, crm.schemas.contacts.read
資格情報
説明
Bearer token
この Access token の HubSpot プライベートアプリ。
を入手するには HubSpot Access token に従う HubSpot のドキュメント化 アプリのアクセストークンを使用して API 呼び出しを行います。.
pat-na1-11223344-abcde-12345-9876-1234a1b23456

ガードレール guardrails

HubSpot プライベートアプリは次の対象となります レート制限. プライベートアプリで実行できる呼び出しの数は、 HubSpot アカウントのサブスクリプションと、API アドオンを購入したかどうか。 また、も参照してください。 その他の制限.

サポートされる ID supported-identities

HubSpot では、以下の表で説明する ID の更新をサポートしています。ID についての詳細情報。

ターゲット ID
説明
注意点
email
test@test.com
連絡先のメールアドレス。
必須

サポートされるオーディエンス supported-audiences

この節では、この宛先に書き出しできるすべてのオーディエンスについて説明します。

この宛先では、Experience Platform のセグメント化サービスで生成したすべてのオーディエンスのアクティブ化をサポートします。

この宛先では、以下の表で説明するオーディエンスのアクティブ化もサポートされています。

オーディエンスタイプ
説明
カスタムアップロード
CSV ファイルから Experience Platform に読み込まれたオーディエンス。

書き出しのタイプと頻度 export-type-frequency

宛先の書き出しのタイプと頻度について詳しくは、以下の表を参照してください。

項目
タイプ
メモ
書き出しタイプ
プロファイルベース
  • オーディエンスのすべてのメンバーを、目的のスキーマフィールドと共に書き出します (例:メールアドレス、電話番号、姓) ​フィールドマッピングに従って調整します。
  • さらに、新しいプロパティがに作成されます。 HubSpot オーディエンス名とその値を、選択した各オーディエンスに対して Platform の対応するオーディエンスステータスと共に使用します。
書き出し頻度
ストリーミング
  • ストリーミングの宛先は常に、API ベースの接続です。オーディエンス評価に基づいて Experience Platform 内でプロファイルが更新されるとすぐに、コネクタは更新を宛先プラットフォームに送信します。詳しくは、ストリーミングの宛先を参照してください。

宛先への接続 connect

IMPORTANT
宛先に接続するには、 宛先の表示 および 宛先の管理 アクセス制御権限. 詳しくは、アクセス制御の概要または製品管理者に問い合わせて、必要な権限を取得してください。

この宛先に接続するには、宛先設定のチュートリアルの手順に従ってください。宛先の設定ワークフローで、以下の 2 つのセクションにリストされているフィールドに入力します。

宛先カタログ ​内で HubSpot を検索します。または、CRM カテゴリの下に配置することもできます。

宛先に対する認証 authenticate

以下の必須のフィールドに入力します。を参照してください。 を収集 HubSpot プライベートアプリアクセストークン ガイダンスのセクション。

  • ベアラートークン:のアクセストークン HubSpot プライベートアプリ。

宛先を認証するには、「 宛先に接続」を選択します。
認証方法を示す Platform UI のスクリーンショット。

指定した詳細が有効な場合、UI で​ 接続済み ​ステータスに緑色のチェックマークが付きます。その後、次の手順に進むことができます。

宛先の詳細を入力 destination-details

宛先の詳細を設定するには、以下の必須フィールドとオプションフィールドに入力します。UI のフィールドの横にアスタリスクが表示される場合は、そのフィールドが必須であることを示します。
宛先の詳細を示す Platform UI のスクリーンショット。

  • 名前:今後この宛先を認識するための名前。
  • 説明:今後この宛先を識別するのに役立つ説明。

アラートの有効化 enable-alerts

アラートを有効にすると、宛先へのデータフローのステータスに関する通知を受け取ることができます。リストからアラートを選択して、データフローのステータスに関する通知を受け取るよう登録します。アラートについて詳しくは、UI を使用した宛先アラートの購読についてのガイドを参照してください。

宛先接続の詳細の入力を終えたら「次へ」を選択します。

この宛先に対してオーディエンスをアクティブ化 activate

IMPORTANT
データをアクティブ化するには、 宛先の表示, 宛先のアクティブ化, プロファイルの表示、および セグメントの表示 アクセス制御権限. アクセス制御の概要を参照するか、製品管理者に問い合わせて必要な権限を取得してください。

この宛先にオーディエンスをアクティベートする手順は、ストリーミングオーディエンスの書き出し宛先へのプロファイルとオーディエンスのアクティベートを参照してください。

属性と ID のマッピング map

Adobe Experience Platformからにオーディエンスデータを正しく送信するには、以下を行います HubSpot 宛先については、フィールドマッピングの手順を実行する必要があります。 マッピングは、Platform アカウント内の Experience Data Model (XDM)スキーマフィールドと、ターゲット宛先から対応する同等のスキーマフィールドとの間にリンクを作成して構成されます。

XDM フィールドをに正しくマッピングするには HubSpot 宛先フィールドは、次の手順に従います。

マッピング: Email id

この Email id は、この宛先に必須のマッピングです。 マッピングするには、次の手順に従います。

  1. マッピング ​手順で、「新しいマッピングを追加」を選択します。これで、新しいマッピング行が画面に表示されます。
    「新しいマッピングを追加」ボタンがハイライト表示された Platform UI スクリーンショット。
  2. が含まれる ソースフィールドを選択 ウィンドウで、 ID 名前空間を選択 ID を選択します。
    ID としてマッピングするソース属性としてメールを選択する Platform UI スクリーンショット。
  3. が含まれる ターゲットフィールドを選択 ウィンドウで、 属性を選択 を選択して、 email.
    ID としてマッピングするターゲット属性としてメールを選択する Platform UI スクリーンショット。
ソースフィールド
ターゲットフィールド
必須
IdentityMap: Email
Identity: email

ID マッピングの例を以下に示します。
メール ID マッピングを使用した Platform UI のスクリーンショットの例。

マッピング optional 属性

XDM プロファイルスキーマとのその他の更新対象の属性を追加するには、次の手順に従います HubSpot アカウント次の手順を繰り返します。

  1. マッピング ​手順で、「新しいマッピングを追加」を選択します。これで、新しいマッピング行が画面に表示されます。
    「新しいマッピングを追加」ボタンがハイライト表示された Platform UI スクリーンショット。
  2. が含まれる ソースフィールドを選択 ウィンドウで、 属性を選択 カテゴリを選択し、XDM 属性を選択します。
    ソース属性として名を選択する Platform UI のスクリーンショット。
  3. が含まれる ターゲットフィールドを選択 ウィンドウ、を選択 属性を選択 カテゴリとを、から自動的に入力される属性のリストから選択します HubSpot アカウント。 宛先は、 HubSpot プロパティ この情報を取得するための API。 両方 HubSpot デフォルトのプロパティ およびのカスタムプロパティが取得され、ターゲットフィールドとして選択されます。
    ターゲット属性として名を選択する Platform UI のスクリーンショット。

XDM プロファイルスキーマとの間で使用できるマッピング Hubspot 次に示します。

ソースフィールド
ターゲットフィールド
xdm: person.name.firstName
Attribute: firstname
xdm: person.name.lastName
Attribute: lastname
xdm: workAddress.street1
Attribute: address
xdm: workAddress.city
Attribute: city
xdm: workAddress.country
Attribute: country

これらの属性マッピングの使用例を次に示します。
属性マッピングを含む Platform UI のスクリーンショットの例。

宛先接続のマッピングの指定を終えたら、次を選択します .

データの書き出しを検証する exported-data

宛先が正しく設定されていることを検証するには、次の手順に従います。

  1. にログインします HubSpot web サイトで、に移動します。 連絡先 オーディエンスのステータスを確認するページ。 このリストは、オーディエンス名で作成されたカスタムプロパティの列を表示し、その値がオーディエンスステータスになるように設定できます。
    オーディエンス名とセルのオーディエンスのステータスを示す列ヘッダーを含んだ連絡先ページを示す HubSpot UI のスクリーンショット

  2. または、個人にドリルダウンすることもできます 人物 オーディエンス名とオーディエンスのステータスを表示するページに移動し、プロパティに移動します。
    オーディエンス名とオーディエンスのステータスを表示するカスタムプロパティを含む連絡先ページを示す HubSpot UI のスクリーンショット。

データの使用とガバナンス data-usage-governance

Adobe Experience Platform のすべての宛先は、データを処理する際のデータ使用ポリシーに準拠しています。Adobe Experience Platform がどのようにデータガバナンスを実施するかについて詳しくは、データガバナンスの概要を参照してください。

その他のリソース additional-resources

その他の役に立つ情報 HubSpot ドキュメントは以下のとおりです。

変更ログ

この節では、この宛先コネクタに対する機能の概要と重要なドキュメントの更新について説明します。

変更ログを表示
table 0-row-3 1-row-3 layout-auto
リリース月 更新タイプ 説明
2023年9月 初回リリース 宛先の初回リリースとドキュメントの公開。
recommendation-more-help
7f4d1967-bf93-4dba-9789-bb6b505339d6