ストリーミング宛先に対するオーディエンスのアクティブ化

IMPORTANT
  • オーディエンスをアクティブ化し、 マッピングステップ ワークフローで、次が必要です 宛先の表示, 宛先のアクティブ化, プロファイルの表示、および セグメントの表示 アクセス制御権限.
  • を実行せずにオーディエンスをアクティブ化するには マッピングステップ ワークフローで、次が必要です 宛先の表示, マッピングを使用しないセグメントのアクティブ化, プロファイルの表示、および セグメントの表示 アクセス制御権限.
  • エクスポートする id、が必要です ID グラフの表示 アクセス制御権限.
    宛先に対してオーディエンスをアクティブ化するために、ワークフローで強調表示されている ID 名前空間を選択します。 {width="100" modal="regular"}
詳しくは、アクセス制御の概要または製品管理者に問い合わせて、必要な権限を取得してください。

概要 overview

この記事では、Adobe Experience Platform ストリーミング宛先でオーディエンスをアクティブ化するために必要なワークフローについて説明します。

前提条件 prerequisites

宛先に対してオーディエンスをアクティブ化するには、が正常に機能している必要があります 宛先に接続しました. まだ接続していない場合は、宛先カタログに移動し、サポートされている宛先を参照し、使用する宛先を設定します。

宛先の選択 select-destination

  1. 接続/宛先 ​に移動し、「カタログ」タブを選択します。

    様々なストリーミング宛先を表示する「宛先カタログ」タブ

  2. を選択 オーディエンスをアクティベート 次の画像に示すように、オーディエンスをアクティベートする宛先に対応するカードで。

    宛先カタログでハイライト表示されているコントロールをアクティブ化。

  3. オーディエンスをアクティベートするために使用する宛先接続を選択してから、を選択します .

    宛先を選択手順でハイライト表示された宛先接続。

  4. 次のセクションに移動: オーディエンスを選択.

オーディエンスを選択 select-audiences

宛先に対してアクティブ化するオーディエンスを選択するには、オーディエンス名の左側にあるチェックボックスを使用したあと、「」を選択します。 .

接触チャネルに応じて、複数のタイプのオーディエンスから選択できます。

  • セグメント化サービス:Segmentation Service によってExperience Platform内で生成されたオーディエンス。 を参照してください。 セグメント化ドキュメント を参照してください。
  • カスタムアップロード:Experience Platform以外で生成され、CSV ファイルとして Platform にアップロードされたオーディエンス。 外部オーディエンスについて詳しくは、のドキュメントを参照してください。 オーディエンスのインポート.
  • その他のAdobeソリューションから生成される、次のようなオーディエンスのタイプ Audience Manager.

オーディエンスを選択手順でハイライト表示された複数のオーディエンス。

属性と ID のマッピング mapping

IMPORTANT
この手順は、一部のオーディエンスストリーミング宛先にのみ適用されます。 宛先にがありません マッピング 手順、次へスキップ オーディエンスのスケジュール.
ストリーミング宛先に対してオーディエンスをアクティブ化する場合、もマッピングする必要があります 少なくとも 1 つのターゲット id 名前空間 ターゲットプロファイル属性に加えて。 そうでない場合、オーディエンスは宛先プラットフォームに対してアクティブ化されません。
必須の ID 名前空間マッピングを示すマッピングステップの画像。 {modal="regular"}

一部のオーディエンスストリーミング宛先では、宛先内のターゲット ID としてマッピングするために、ソース属性または ID 名前空間を選択する必要があります。

  1. が含まれる マッピング ページ、選択 新しいマッピングを追加.

    ハイライト表示された新しいマッピングコントロールを追加。

  2. ソースフィールド ​エントリの右側の矢印を選択します。

    強調表示されているソースフィールドコントロールを選択します。

  3. が含まれる ソースフィールドを選択 ページ、を使用 属性を選択 または ID 名前空間を選択 使用可能なソースフィールドの 2 つのカテゴリを切り替えるオプション。 利用可能なの XDM プロファイル属性と ID 名前空間を選択し、宛先にマッピングするものを選択します を選択.

    使用可能なソースフィールドをいくつか表示しているソースフィールドページを選択します。

  4. の右側にあるボタンを選択します ターゲットフィールド エントリ。

    ハイライト表示されたターゲットフィールドを選択。

  5. が含まれる ターゲットフィールドを選択 ページで、ソースフィールドにマッピングするターゲット id 名前空間を選択して、を選択します を選択.

    ターゲットフィールドのマッピングに使用できるオプションを表示する「ターゲットフィールド」ページを選択します。

  6. さらにマッピングを追加するには、手順 1 ~ 5 を繰り返します。

変換を適用 apply-transformation

ハッシュ化されていないソース属性を、宛先によってハッシュ化されることが期待されているターゲット属性(例:email_lc_sha256phone_sha256)にマッピングしている場合、アクティベーション時に Adobe Experience Platform にソース属性を自動的にハッシュ化させるために、「変換を適用」オプションをオンにします。

ID マッピング手順でハイライト表示された変換コントロールを適用します。

オーディエンスの書き出しをスケジュール scheduling

デフォルトでは、 オーディエンススケジュール ページには、現在のアクティベーションフローで選択した、新しく選択したオーディエンスのみが表示されます。

宛先に対してアクティブ化されているすべてのオーディエンスを表示するには、フィルタリングオプションを使用して、 新しいオーディエンスのみを表示 フィルター。

すべてのオーディエンス

  1. オーディエンススケジュール ページで各オーディエンスを選択してから、 開始日 および 終了日 セレクター:宛先にデータを送信する時間間隔を設定します。

    ハイライト表示されたオーディエンススケジュールフィルター。

    • 一部の宛先では、 オーディエンスの接触チャネル 各オーディエンスについて、カレンダーセレクターの下にあるドロップダウンメニューを使用します。 宛先にこのセレクターが含まれていない場合、この手順はスキップします。

      マッピング ID のドロップダウンがハイライト表示されています。

    • 一部の宛先では、手動でマッピングする必要があります Platform ターゲット宛先の相手へのオーディエンス。 これを行うには、各オーディエンスを選択し、対応するオーディエンス ID をの宛先プラットフォームから入力します。 マッピング ID フィールド。 宛先にこのフィールドが含まれていない場合、この手順はスキップします。

      オーディエンスの接触チャネル ドロップダウンがハイライト表示されました。

    • 一部の宛先では、 アプリ ID アクティベート時 IDFA または GAID オーディエンス。 宛先にこのフィールドが含まれていない場合、この手順はスキップします。

      アプリ ID のドロップダウンがハイライト表示されています。

  2. を選択 に移動します レビュー ページ。

レビュー review

レビュー」ページには、選択内容の概要が表示されます。「キャンセル」を選択してフローを分割するか、「戻る」を選択して設定を変更する、または、「完了」を選択して確定し、宛先へのデータの送信を開始します。

レビュー手順の選択の概要。

同意ポリシーの評価 consent-policy-evaluation

組織が購入している場合 Adobe ヘルスケア シールド または Adobeプライバシーとセキュリティシールド ​を選択 適用可能な同意ポリシーの表示 どの同意ポリシーが適用され、その結果、いくつのプロファイルがアクティベーションに含まれるかを確認します。 詳細を読む 同意ポリシーの評価 を参照してください。

データ使用ポリシーのチェック data-usage-policy-checks

が含まれる レビュー また、Experience Platformはデータ使用ポリシーの違反がないかどうかを確認します。 ポリシーに違反した場合の例を次に示します。違反を解決するまで、Audience Activation ワークフローを完了することはできません。 ポリシー違反の解決方法については、以下を参照してください データ使用ポリシーの違反 データガバナンスに関するドキュメントの節を参照してください。

アクティベーションワークフローに表示されるデータポリシー違反の例。

オーディエンスのフィルタリング filter-audiences

また、この手順では、ページで使用可能なフィルターを使用して、このワークフローの一環としてスケジュールまたはマッピングが更新されたオーディエンスのみを表示できます。 また、表示するテーブル列を切り替えることもできます。

レビューステップで使用可能なオーディエンスフィルターを示す画面録画。

選択内容に満足し、ポリシー違反が検出されていない場合は、を選択します 終了 をクリックして選択内容を確認し、宛先へのデータの送信を開始します。

Audience Activation の検証 verify

を確認します 宛先の監視ドキュメント 宛先へのデータのフローを監視する方法について詳しくは、こちらを参照してください。

recommendation-more-help
7f4d1967-bf93-4dba-9789-bb6b505339d6