Google Display & Video 360 接続

IMPORTANT
Googleは、に対する変更をリリースしています Google広告 API, カスタマーマッチ、および ディスプレイおよびビデオ 360 API に基づいて定義されるコンプライアンスおよび同意関連の要件をサポートするため デジタル市場法 (DMA)の適用(EU ユーザー同意ポリシー)に設定します。 同意要件に対するこれらの変更の適用は 2024 年 3 月 6 日(PT)から開始されます。


EU のユーザー同意ポリシーに準拠し、欧州経済領域(EEA)のユーザーに対するオーディエンスリストの作成を続行するには、広告主およびパートナーは、オーディエンスデータをアップロードする際にエンドユーザーの同意を渡していることを確認する必要があります。 Google パートナーとして、Adobeは、欧州連合の DMA に基づくこれらの同意要件に準拠するために必要なツールを提供します。


Adobeのプライバシーとセキュリティシールドを購入し、 同意ポリシー 同意されていないプロファイルを除外するには、何もする必要はありません。


Adobeプライバシーおよびセキュリティシールドを購入していないお客様は、を使用する必要があります セグメント定義 内の機能 セグメントビルダー 中断することなく既存のReal-Time CDP Google宛先を引き続き使用するために、同意されていないプロファイルを除外します。

Display & Video 360(旧称:) DoubleClick Bid Managerは、ディスプレイ、ビデオ、モバイルの各インベントリソースをまたいでリターゲティングやオーディエンスターゲティングしたデジタルキャンペーンを実行するために使用されるツールです。

宛先の詳細 specifics

Google Display & Video 360 の宛先に固有な次の詳細に注意ください。

  • アクティブ化されたオーディエンスは、Google プラットフォームでプログラムを使用して作成されます。
  • へのオーディエンスバックフィルのアクティブ化 Google Display & Video 360 宛先は、オーディエンスが最初に宛先接続にマッピングされてから 24~48 時間後に発生するようにスケジュールされています。 この更新は、データの取り込みまで 24 時間待機するというGoogleのポリシーに対応するものであり、Real-Time CDPとの間の一致率を向上させることを目的としています Google Display & Video 360. これは、この宛先にのみ適用されるバックエンド設定で、UI でお客様が設定可能なスケジュールオプションとは無関係です。
IMPORTANT
Google ディスプレイ&ビデオ 360 で最初の宛先を作成しようとしており、を有効にしていない場合は、 ID 同期機能 過去のExperience CloudID サービス(Adobe Audience Managerなどを使用)で ID 同期を有効にするには、Adobeのコンサルティングまたはカスタマーケアにお問い合わせください。 以前に Audience Manager で Google 統合を設定していた場合、設定した ID 同期は Platform に引き継がれます。

サポートされている ID supported-identities

Google Display & Video 360 では、以下の表に示す ID に基づいたオーディエンスのアクティベーションがサポートされています。 ID についての詳細情報。

ID
説明
注意点
GAID
Google Advertising ID
IDFA
Apple ID for Advertisers
AAM UUID
Adobe Audience Manager Unique User ID、別名 Device ID。数値型で 38 桁のデバイス ID。Audience Manager はこの値を、操作するデバイスのそれぞれに関連付けます。
Google は AAM UUID を使用して、カリフォルニア州のユーザーをターゲット設定し、他のすべてのユーザーに対して Google Cookie ID を使用します。
Google Cookie ID
Google Cookie ID
Google は、この ID を使用してカリフォルニア州以外のユーザーをターゲットします。
RIDA
広告用 Roku ID。 この ID は、Roku デバイスを一意に識別します。
MAID
Microsoft Advertising ID。この ID は、Windows 10 を実行しているデバイスを一意に識別します。
Amazon Fire TV ID
この ID は、Amazon Fire TV を一意に識別します。

サポートされるオーディエンス supported-audiences

この節では、この宛先に書き出すことができるオーディエンスのタイプについて説明します。

オーディエンスオリジン
サポートあり
説明
Segmentation Service
Experience Platformを通じて生成されたオーディエンス セグメント化サービス.
カスタムアップロード
CSV ファイルから Experience Platform に読み込まれたオーディエンス。

書き出しのタイプと頻度 export-type-frequency

宛先の書き出しのタイプと頻度について詳しくは、以下の表を参照してください。

項目
タイプ
メモ
書き出しタイプ
オーディエンスの書き出し
オーディエンスのすべてのメンバーを Google の宛先に書き出します。
書き出し頻度
ストリーミング
ストリーミングの宛先は常に、API ベースの接続です。オーディエンス評価に基づいて Experience Platform 内でプロファイルが更新されるとすぐに、コネクタは更新を宛先プラットフォームに送信します。ストリーミングの宛先の詳細についてはこちらを参照してください。

前提条件 prerequisites

許可リストへの登録 allow-listing

NOTE
Platform で最初の Google Display & Video 360 の宛先を設定する前に、許可リストへの登録は必須です。が、以下に説明する許可リストへの登録プロセスを完了していることを確認します。 Google 宛先を作成する前に以下を行います。
このルールの例外は、Audience Manager 顧客の場合です。この Google の宛先への接続を Audience Manager で既に作成している場合は、許可リストへの登録プロセスを再度実行する必要はありません。次の手順に進んでください。

を作成する前に Google Display & Video 360 platform の宛先ユーザーは、Googleに連絡して、許可されたデータプロバイダーのリストに含めるAdobeと、アカウントを許可リストに追加する権限を依頼する必要があります。 Google に連絡し、次の情報を提供します。

  • アカウント ID:アドビの Google アカウント ID です。アカウント ID:87933855。
  • 顧客 ID:アドビの Google 顧客アカウント ID です。顧客 ID:89690775。
  • アカウントの種類Invite advertiser を使用して、Display & Video 360 アカウントにある特定のブランドにのみオーディエンスを共有するか、Invite partner を使用して Display & Video 360 アカウントのすべてのブランドにオーディエンスを共有します。

宛先への接続 connect

IMPORTANT
宛先に接続するには、 宛先の表示 および 宛先の管理 アクセス制御権限. アクセス制御の概要を参照するか、製品管理者に問い合わせて必要な権限を取得してください。

この宛先に接続するには、宛先設定のチュートリアルの手順に従ってください。

接続パラメーター parameters

この宛先を設定するとき、次の情報を指定する必要があります。

  • 名前:この宛先に希望する名前を入力します。

  • 説明:オプション。例えば、この宛先を使用しているキャンペーンを指定できます。

  • アカウントの種類:Google のアカウントに応じて、次のオプションを選択します。

    • Display & Video 360 アカウントにある特定のブランドにのみオーディエンスを共有するには、Invite Advertiser を使用します。
    • Display & Video 360 アカウントのすべてのブランドにオーディエンスを共有するには、Invite Partner を使用します。
  • アカウント IDInvite partner または Invite advertiser のアカウント ID に Google アカウントの ID を入力します。通常、これは 6 桁または 7 桁の ID です。

NOTE
の設定時 Google Display & Video 360 宛先、との連携 Google Account Manager またはAdobe担当者:お持ちのアカウントの種類を把握します。

アラートの有効化 enable-alerts

アラートを有効にすると、宛先へのデータフローのステータスに関する通知を受け取ることができます。リストからアラートを選択して、データフローのステータスに関する通知を受け取るよう登録します。アラートについて詳しくは、UI を使用した宛先アラートの購読についてのガイドを参照してください。

宛先接続の詳細の入力を終えたら「次へ」を選択します。

この宛先に対してオーディエンスをアクティブ化 activate

IMPORTANT
データをアクティブ化するには、 宛先の表示, 宛先のアクティブ化, プロファイルの表示、および セグメントの表示 アクセス制御権限. アクセス制御の概要を参照するか、製品管理者に問い合わせて必要な権限を取得してください。

この宛先にオーディエンスをアクティブ化する手順については、ストリーミングオーディエンス書き出し宛先に対するオーディエンスデータのアクティブ化を参照してください。

書き出したデータ

データがに正常に Google Display & Video 360 の宛先に書き出されたかどうかを確認するには、Google Display & Video 360 アカウントを確認します。 アクティベーションに成功すると、オーディエンスがお使いのアカウントに入力されます。

トラブルシューティング troubleshooting

400 Bad Request エラーメッセージ bad-request

この宛先を設定する際に、次のエラーが発生する場合があります。

{"message":"Google Error: AuthorizationError.USER_PERMISSION_DENIED","code":"400 BAD_REQUEST"}

このエラーは、カスタマーアカウントが準拠していない場合に発生します 前提条件. この問題を修正するには、Googleに連絡して、自分のアカウントが許可リストに登録されていることを確認してください。

recommendation-more-help
7f4d1967-bf93-4dba-9789-bb6b505339d6