UI でのスキーマの作成と編集

このガイドでは、Adobe Experience Platform UI で組織の Experience Data Model(XDM) スキーマを作成、編集、管理する方法の概要を説明します。

IMPORTANT
XDM スキーマは非常にカスタマイズ可能なので、スキーマの作成に必要な手順は、スキーマが取得するデータの種類に応じて異なる場合があります。 その結果、このドキュメントでは、UI のスキーマで実行できる基本的なインタラクションのみを扱い、クラス、スキーマフィールドグループ、データタイプ、フィールドのカスタマイズなどの関連手順を除外します。
スキーマ作成プロセスの完全なツアーについては、 スキーマ作成チュートリアル 完全なサンプルスキーマを作成し、の多くの機能に慣れるには、以下を実行します。 Schema Editor.

前提条件 prerequisites

このガイドでは、XDM システムに関する十分な知識が必要です。 詳しくは、 XDM の概要 Experience Platformエコシステム内での XDM の役割、および スキーマ構成の基本 スキーマの構築方法の概要を示します。

新しいスキーマの作成 create

NOTE
この節では、UI で新しいスキーマを手動で作成する方法について説明します。 CSV データを Platform に取り込む場合は、 AI で生成されたレコメンデーションによって作成された XDM スキーマにそのデータをマッピングします。 (現在はベータ版)。手動でスキーマを作成する必要はありません。

Adobe Analytics の スキーマ ワークスペース、選択 スキーマを作成 をクリックします。

スキーマワークスペース スキーマを作成 ハイライト表示されました。

The スキーマを作成 ワークフローが表示されます。 次のいずれかを選択して、スキーマの基本クラスを選択できます。 個々のプロファイル, エクスペリエンスイベント ​または その他 ​に続いて 次へ をクリックして選択を確定します。 詳しくは、 XDM 個人プロファイル および XDM ExperienceEvent これらのクラスの詳細については、ドキュメントを参照してください。

The スキーマを作成 3 つのクラスオプションを使用するワークフローと 次へ ハイライト表示されました。

クラスを選択すると、 名前とレビュー セクションが表示されます。 この節では、スキーマを識別する名前と説明を指定します。​キャンバスには、選択したクラスとスキーマ構造を確認できるように、スキーマの基本構造(クラスで提供)が表示されます。

人に優しいを入力 スキーマの表示名 」と入力します。 次に、スキーマを識別するのに役立つ適切な説明を入力します。 スキーマの構造を確認し、設定に満足したら、「 」を選択します。 完了 をクリックしてスキーマを作成します。

The 名前とレビュー のセクション スキーマを作成 ワークフローと スキーマの表示名, 説明、および 完了 ハイライト表示されました。

The スキーマ 参照 」タブが表示されます。 これで、最近作成したスキーマがスキーマライブラリに表示され、で編集できるようになります。 Schema Editor.

スキーマワークスペースの「参照」タブに、最近作成したスキーマが表示されます。

既存のスキーマの編集 edit

NOTE
スキーマを保存し、データ取り込みで使用した後は、追加的な変更のみを加えることができます。 詳しくは、 スキーマ進化のルール を参照してください。

既存のスキーマを編集するには、 参照 」タブをクリックし、編集するスキーマの名前を選択します。 検索バーを使用して、使用可能なオプションのリストを絞り込むこともできます。

スキーマが強調表示されたスキーマワークスペース。

TIP
ワークスペースの検索およびフィルタリング機能を使用すると、スキーマを見つけやすくなります。 次のガイドを参照してください: XDM リソースの調査 を参照してください。

スキーマを選択すると、 Schema Editor が表示され、スキーマの構造がキャンバスに表示されます。 次の操作を実行できます。 フィールドグループを追加 スキーマ ( または 個々のフィールドを追加 これらのグループから ) フィールドの表示名を編集または 既存のカスタムフィールドグループの編集 スキーマが適用する場合。

その他のアクション more

スキーマエディター内で、スキーマの JSON 構造をコピーしたり、スキーマがリアルタイム顧客プロファイルに対して有効になっていない場合や関連するデータセットがある場合に、スキーマを削除したりするクイックアクションを実行できます。 選択 その他 をクイックアクション付きのドロップダウンを表示するには、ビューの上部に表示します。

「 JSON 構造をコピー」機能を使用すると、スキーマとデータパイプラインの構築中に、サンプルペイロードがどのように表示されるかを確認できます。 特に、ID マップなど、スキーマに複雑なオブジェクトマップ構造がある場合に役立ちます。

「その他」ボタンが強調表示されたスキーマエディターと、ドロップダウンオプションが表示されます。

表示名の切り替え display-name-toggle

スキーマエディターでは、利便性を考慮して、元のフィールド名と、人間が読み取り可能な表示名を切り替えることができます。 この柔軟性により、フィールドの検出性が向上し、スキーマを編集できます。切り替えは、スキーマエディタービューの右上にあります。

NOTE
フィールド名から表示名への変更は、純粋に美容なもので、下流のリソースは変更されません。

を使用したスキーマエディター フィールドの表示名を表示 ハイライト表示されました。

標準フィールドグループの表示名はシステムで生成されますが、カスタマイズは可能です ( 名前を表示 」セクションに入力します。 表示名は、マッピングやデータセットプレビューを含む複数の UI ビューに反映されます。 デフォルト設定はオフで、フィールド名が元の値で表示されます。

スキーマにフィールドグループを追加する add-field-groups

NOTE
この節では、既存のフィールドグループをスキーマに追加する方法について説明します。 新しいカスタムフィールドグループを作成する場合は、 フィールドグループの作成と編集 代わりに、

以下に示すように、 Schema Editorに値を入力する場合は、フィールドグループを使用してスキーマにフィールドを追加できます。 開始するには、「 追加 次の フィールドグループ をクリックします。

を含むスキーマエディター 追加 から フィールドグループ セクションがハイライト表示されました。

ダイアログが開き、スキーマ用に選択できるフィールドグループのリストが表示されます。 フィールドグループは 1 つのクラスとのみ互換性があるので、スキーマの選択されたクラスに関連付けられているフィールドグループのみが表示されます。 デフォルトでは、リストに表示されるフィールドグループは、組織内での使用頻度に基づいて並べ替えられます。

The フィールドグループを追加 強調表示されたダイアログ 人気度 列がハイライト表示されました。

追加するフィールドの一般的なアクティビティまたはビジネス領域がわかっている場合は、左側のレールから業種別のカテゴリを 1 つ以上選択して、表示されるフィールドグループのリストをフィルタリングします。

The フィールドグループを追加 強調表示されたダイアログ 業界 フィルターおよび 業界 列がハイライト表示されました。

NOTE
XDM での業界固有のデータモデリングのベストプラクティスについて詳しくは、 業界のデータモデル.

また、検索バーを使用して、目的のフィールドグループを見つけることもできます。 クエリと名前が一致するフィールドグループがリストの上部に表示されます。 の下 標準フィールド、目的のデータ属性を記述するフィールドを含むフィールドグループが表示されます。

The フィールドグループを追加 ~との対話 標準フィールド 検索機能がハイライト表示されています。

スキーマに追加するフィールドグループの名前の横にあるチェックボックスを選択します。 リストから複数のフィールドグループを選択できます。選択した各フィールドグループが右側のパネルに表示されます。

The フィールドグループを追加 ダイアログのチェックボックス選択機能がハイライト表示されています。

TIP
リストに表示されたフィールドグループに対して、情報アイコン ( ) をクリックすると、フィールドグループが取り込むデータの種類に関する簡単な説明が表示されます。 また、プレビューアイコン ( ) を使用して、スキーマに追加する前にフィールドグループが提供するフィールドの構造を表示できます。

フィールドグループを選択したら、「 」を選択します。 フィールドグループを追加 をクリックして、スキーマに追加します。

The フィールドグループを追加 フィールドグループを選択したダイアログ フィールドグループを追加 ハイライト表示されました。

The Schema Editor フィールドグループが指定したフィールドがキャンバスに表示された状態で再表示されます。

The Schema Editor とサンプルのスキーマが表示されます。

NOTE
スキーマエディター内で、標準 (Adobe生成 ) のクラスとフィールドグループに南京錠アイコン ( 南京錠アイコン。 。南京錠アイコンは、クラス名またはフィールドグループ名の横の左側のレールと、システム生成リソースの一部であるスキーマダイアグラムのフィールドの横に表示されます。
南京錠アイコンがハイライトされたスキーマエディター

スキーマにフィールドグループを追加した後、オプションで 既存のフィールドを削除 または 新しいカスタムフィールドを追加 必要に応じて、これらのグループに追加します。

フィールドグループから追加されたフィールドを削除 remove-fields

スキーマにフィールドグループを追加した後、不要なフィールドを削除できます。

NOTE
フィールドグループからフィールドを削除しても、作業中のスキーマにのみ影響し、フィールドグループ自体には影響しません。 1 つのスキーマ内のフィールドを削除した場合、同じフィールドグループを使用する他のすべてのスキーマでも、これらのフィールドを引き続き使用できます。

次の例では、標準フィールドグループ 人口統計の詳細 がスキーマに追加されました。 次のような単一のフィールドを削除するには taxIdをクリックし、キャンバスのフィールドを選択して、「 」を選択します。 削除 をクリックします。

The Schema Editor 次を使用 削除 ハイライト表示されました。 この操作により、1 つのフィールドが削除されます。

削除するフィールドが複数ある場合は、フィールドグループ全体を管理できます。 キャンバスでグループに属するフィールドを選択し、「 」を選択します。 関連するフィールドの管理 をクリックします。

The Schema Editor 次を使用 関連するフィールドの管理 ハイライト表示されました。

該当するフィールドグループの構造を示すダイアログが表示されます。 ここから、提供されたチェックボックスを使用して、必要なフィールドを選択または選択解除できます。 満足したら、「 」を選択します。 確認.

The 関連するフィールドの管理 選択したフィールドと 確認 ハイライト表示されました。

キャンバスが再び表示され、選択したフィールドのみがスキーマ構造に存在します。

追加されたフィールド

フィールドグループにカスタムフィールドを追加する add-fields

スキーマにフィールドグループを追加した後、そのグループの追加フィールドを定義できます。 ただし、あるスキーマ内のフィールドグループに追加されたフィールドは、同じフィールドグループを使用する他のすべてのスキーマにも表示されます。

また、標準フィールドグループにカスタムフィールドを追加すると、そのフィールドグループはカスタムフィールドグループに変換され、元の標準フィールドグループは使用できなくなります。

標準フィールドグループにカスタムフィールドを追加する場合は、 以下の節 を参照してください。 カスタムフィールドグループにフィールドを追加する場合は、 カスタムフィールドグループの編集 」を参照してください。

既存のフィールドグループを変更しない場合は、 新しいカスタムフィールドグループを作成する を使用して、追加のフィールドを定義します。

スキーマへの個々のフィールドの追加 add-individual-fields

スキーマエディターを使用すると、特定の使用例に対してフィールドグループ全体が追加されるのを避けたい場合に、個々のフィールドを直接スキーマに追加できます。 以下が可能です。 標準フィールドグループから個々のフィールドを追加する または 独自のカスタムフィールドの追加 代わりに、

IMPORTANT
スキーマエディターでは機能的に個々のフィールドを直接スキーマに追加できますが、XDM スキーマ内のすべてのフィールドは、そのクラスまたはそのクラスと互換性のあるフィールドグループによって提供される必要があるという事実は変わりません。 以下の節で説明するように、個々のフィールドは、スキーマに追加される際に、キーステップとしてクラスまたはフィールドグループに関連付けられます。

標準フィールドを追加 add-standard-fields

事前に対応するフィールドグループを把握しておく必要なく、標準フィールドグループのフィールドを直接スキーマに追加できます。 標準フィールドをスキーマに追加するには、プラス (+) アイコンをクリックします。 An 名称未設定フィールド プレースホルダーがスキーマ構造に表示され、右側のレールが更新されて、フィールドを設定するコントロールが表示されます。

フィールドプレースホルダー

の下 フィールド名 ​をクリックし、追加するフィールドの名前を入力します。 クエリに一致する標準フィールドが自動的に検索され、以下にリストされます。 推奨される標準フィールド(所属するフィールドグループを含む)

推奨される標準フィールド

一部の標準フィールドは同じ名前を共有しますが、構造は、その標準フィールドの元のフィールドグループによって異なる場合があります。 標準フィールドがフィールドグループ構造内の親オブジェクト内にネストされている場合、子フィールドが追加されると、親フィールドもスキーマに含まれます。

プレビューアイコン ( プレビューアイコン ) をクリックし、標準フィールドの横に表示されます。 標準フィールドをスキーマに追加するには、プラスアイコン ( プラスアイコン ) をクリックします。

標準フィールドを追加

キャンバスが更新され、フィールドグループ構造内でネストされている親フィールドを含む、スキーマに追加された標準フィールドが表示されます。 フィールドグループの名前も、以下に表示されます。 フィールドグループ をクリックします。 同じフィールドグループからさらにフィールドを追加する場合は、 関連するフィールドの管理 をクリックします。

追加された標準フィールド

カスタムフィールドを追加 add-custom-fields

標準フィールドのワークフローと同様に、独自のカスタムフィールドを直接スキーマに追加することもできます。

スキーマのルートレベルにフィールドを追加するには、プラス (+) アイコンをクリックします。 An 名称未設定フィールド プレースホルダーがスキーマ構造に表示され、右側のレールが更新されて、フィールドを設定するコントロールが表示されます。

ルートカスタムフィールド

追加するフィールドの名前を入力すると、一致する標準フィールドの検索が自動的に開始されます。 代わりに新しいカスタムフィールドを作成するには、 (新しいフィールド).

新しいフィールド

フィールドに表示名とデータ型を指定した後、次の手順では、フィールドを親 XDM リソースに割り当てます。 スキーマでカスタムクラスを使用する場合は、 割り当てられたクラスにフィールドを追加 または フィールドグループ 代わりに、 ただし、スキーマで標準クラスを使用する場合、カスタムフィールドをフィールドグループに割り当てることのみ可能です。

フィールドをカスタムフィールドグループに割り当てる add-to-field-group

NOTE
この節では、フィールドをカスタムフィールドグループに割り当てる方法についてのみ説明します。 標準フィールドグループを新しいカスタムフィールドで拡張する場合は、 標準フィールドグループへのカスタムフィールドの追加.

の下 割り当て先 ​を選択します。 フィールドグループ. スキーマで標準のクラスを使用する場合、これは唯一の使用可能なオプションで、デフォルトで選択されます。

次に、新しいフィールドを関連付けるフィールドグループを選択する必要があります。 指定したテキスト入力でフィールドグループの名前を入力します。 入力に一致する既存のカスタムフィールドグループがある場合は、それらはドロップダウンリストに表示されます。 または、一意の名前を入力して新しいフィールドグループを作成することもできます。

フィールドグループを選択

WARNING
既存のカスタムフィールドグループを選択した場合、そのフィールドグループを使用する他のスキーマも、変更を保存した後で、新しく追加されたフィールドを継承します。 このため、このタイプの伝播を行う場合は、既存のフィールド・グループを選択する必要があります。 それ以外の場合は、代わりに新しいカスタムフィールドグループを作成する必要があります。

リストからフィールドグループを選択した後、「 」を選択します。 適用.

フィールドを適用

新しいフィールドがキャンバスに追加され、ユーザーの下に名前空間が付けられます テナント ID 標準 XDM フィールドとの競合を避けるために使用します。 新しいフィールドを関連付けたフィールドグループも、の下に表示されます。 フィールドグループ をクリックします。

テナント ID

NOTE
選択したカスタムフィールドグループで提供されている残りのフィールドは、デフォルトでスキーマから削除されます。 これらのフィールドの一部をスキーマに追加する場合は、グループに属するフィールドを選択し、「 」を選択します。 関連するフィールドの管理 をクリックします。

フィールドをカスタムクラスに割り当てる add-to-class

の下 割り当て先 ​を選択します。 クラス. 以下の入力フィールドは、現在のスキーマのカスタムクラスの名前に置き換えられ、新しいフィールドがこのクラスに割り当てられることを示します。

The クラス オプションが選択されている場合、新しいフィールドの割り当てに使用されます。

必要に応じてフィールドの設定を続行し、「 」を選択します。 適用 終了したとき。

適用 新しいフィールド用に選択されています。

新しいフィールドがキャンバスに追加され、ユーザーの下に名前空間が付けられます テナント ID 標準 XDM フィールドとの競合を避けるために使用します。 左側のレールでクラス名を選択すると、新しいフィールドがクラスの構造の一部として表示されます。

カスタムクラスの構造に適用される、キャンバスに表示される新しいフィールド。

標準フィールドグループの構造にカスタムフィールドを追加する custom-fields-for-standard-groups

作業中のスキーマに、標準フィールドグループによって提供されるオブジェクトタイプのフィールドがある場合、独自のカスタムフィールドをその標準オブジェクトに追加できます。

WARNING
あるスキーマ内のフィールドグループに追加されたフィールドは、同じフィールドグループを使用する他のすべてのスキーマにも表示されます。 また、標準フィールドグループにカスタムフィールドを追加すると、そのフィールドグループはカスタムフィールドグループに変換され、元の標準フィールドグループは使用できなくなります。
この機能をベータ版に参加した場合は、以前にカスタマイズした標準フィールドグループを示すダイアログが表示されます。 次を選択したら、 確認 ​を指定した場合、一覧に表示されるリソースはカスタムフィールドグループに変換されます。
標準フィールドグループを変換するための確認ダイアログ

開始するには、プラス (+) アイコンをクリックし、標準フィールドグループで提供されるオブジェクトのルートの横に表示されます。

標準オブジェクトにフィールドを追加

標準フィールドグループを変換するかどうかを確認する警告メッセージが表示されます。 選択 引き続きフィールドグループを作成します をクリックして続行します。

フィールドグループのコンバージョンを確認

キャンバスが再び表示され、新しいフィールド用の名称未設定のプレースホルダーが表示されます。 標準フィールドグループの名前には、拡張)」という名前に変更され、元のバージョンから変更されたことを示します。 ここから、右側のレールのコントロールを使用して、フィールドのプロパティを定義します。

標準オブジェクトに追加されたフィールド

変更を適用すると、新しいフィールドが標準オブジェクト内のテナント ID 名前空間の下に表示されます。 このネストされた名前空間は、同じフィールドグループを使用する他のスキーマでの変更が壊れるのを防ぐために、フィールドグループ内のフィールド名の競合を防ぎます。

標準オブジェクトに追加されたフィールド

リアルタイム顧客プロファイルのスキーマを有効にする profile

リアルタイム顧客プロファイル 異なるソースのデータを結合して、各顧客の完全なビューを構築します。 スキーマによって取得されたデータをこのプロセスに参加させる場合は、で使用するスキーマを有効にする必要があります。 Profile.

IMPORTANT
のスキーマを有効にするには Profileに値を入力する場合は、プライマリ ID フィールドを定義する必要があります。 次のガイドを参照してください: ID フィールドの定義 を参照してください。

スキーマを有効にするには、まず左側のパネルでスキーマの名前を選択してから、 プロファイル 右側のパネルを切り替えます。

スキーマを有効にして保存すると、無効にできなくなることを警告するポップオーバーが表示されます。 選択 有効にする をクリックして続行します。

キャンバスが再び表示され、 プロファイル オン/オフを切り替えます。

IMPORTANT
スキーマはまだ保存されていないので、スキーマをリアルタイム顧客プロファイルに参加させることに変更した場合は、戻り値のポイントになりません。有効なスキーマを保存すると、無効にできなくなります。 を選択します。 プロファイル スキーマを無効にするには、再度切り替えます。

処理を終了するには、「 」を選択します。 保存 スキーマを保存します。

これで、スキーマがリアルタイム顧客プロファイルで使用できるようになります。 Platform がこのスキーマに基づいてデータをデータセットに取り込むと、そのデータは統合プロファイルデータに取り込まれます。

スキーマフィールドの表示名を編集 display-names

クラスを割り当て、フィールドグループをスキーマに追加したら、標準の XDM リソースで提供されているかカスタム XDM リソースで提供されているかに関係なく、スキーマのフィールドの表示名を編集できます。

NOTE
標準のクラスまたはフィールドグループに属するフィールドの表示名は、特定のスキーマのコンテキストでのみ編集できます。 つまり、あるスキーマで標準フィールドの表示名を変更しても、同じ関連付けられたクラスまたはフィールドグループを使用する他のスキーマには影響しません。
スキーマのフィールドの表示名を変更すると、その変更は、そのスキーマに基づく既存のデータセットに直ちに反映されます。

スキーマフィールドの表示名を編集するには、キャンバスでフィールドを選択します。 右側のレールで、の下に新しい名前を入力します。 表示名.

選択 適用 右側のレールで、キャンバスが更新されて、フィールドの新しい表示名が表示されます。 選択 保存 をクリックして、変更をスキーマに適用します。

スキーマのクラスの変更 change-class

スキーマが保存される前の初期作成プロセス中の任意の時点で、スキーマのクラスを変更できます。

WARNING
スキーマのクラスの再割り当ては、細心の注意を払って行う必要があります。 フィールドグループは特定のクラスにのみ適合するので、クラスを変更すると、キャンバスと追加したフィールドがリセットされます。

クラスを再割り当てするには、 割り当て をクリックします。

組織で定義されたクラス(所有者は「 」)を含む、使用可能なすべてのクラスのリストを表示するダイアログが表示されます顧客") と、Adobeで定義された標準クラス。

リストからクラスを選択し、ダイアログの右側に説明を表示します。 また、 クラス構造をプレビュー をクリックして、クラスに関連付けられているフィールドとメタデータを確認します。 選択 クラスを割り当て をクリックして続行します。

新しいクラスを割り当てるかどうかを確認する新しいダイアログが開きます。 選択 割り当て をクリックして確定します。

クラスの変更を確認した後、キャンバスがリセットされ、構成の進行状況がすべて失われます。

次の手順 next-steps

このドキュメントでは、Platform UI でのスキーマの作成と編集の基本について説明します。 次の項目を確認することを強くお勧めします。 スキーマ作成チュートリアル :UI で完全なスキーマを構築するための包括的なワークフロー。一意の使用例のカスタムフィールドグループとデータタイプの作成を含みます。

の機能の詳細については、 スキーマ ワークスペースについては、 スキーマ workspace の概要.

でスキーマを管理する方法については、以下を参照してください。 Schema Registry API( スキーマエンドポイントガイド.

recommendation-more-help
62e9ffd9-1c74-4cef-8f47-0d00af32fc07