Adobe Experience Platform を使用すると、あらゆるシステムから顧客データを一元化および標準化して、データサイエンスと機械学習を適用し、パーソナライズされた豊富なエクスペリエンスのデザインおよび配信を大幅に強化できます。

ガイド

概要

  • Adobe Experience Platform 概要
    Experience Platform を使用して、パーソナライズされたエクスペリエンスをリアルタイムで顧客に提供する方法を説明します。
  • トラブルシューティングガイド
    よくある質問への回答、および Experience Platform の一般的なエラーのトラブルシューティングに関するガイドを見つけます。

管理

  • アクセス制御
    Adobe Admin Console の製品プロファイルを活用して、ユーザーを、権限やサンドボックスとリンクさせます。
  • サンドボックス
    開発、テスト、およびアプリケーションのデプロイメント用に、Platform インスタンスを仮想環境へとパーティション化します。

データモデリング

  • スキーマ
    エクスペリエンスデータモデル(XDM)クラスとスキーマフィールドグループを使用して、エクスペリエンスデータを標準化します。

データ収集

  • データ収集の概要
    Adobe Experience Platform エッジネットワークのクライアントサイドのデータ収集を有効にします。
  • Experience Platform Launch
    Adobe Experience Platform Launch のドキュメントとチュートリアルにアクセスできます。
  • Experience Platform Web SDK
    Experience Platform Web SDK のドキュメントとチュートリアルにアクセスできます。
  • Experience Platform Mobile SDK
    Experience Platform Mobile SDK と Places サービスのドキュメントとチュートリアルにアクセスできます。
  • Experience Platform Debugger
    Web ページで、Experience Platform の実装に関する問題を調べます。

データの取得と管理

  • カタログサービス
    データレイク内でデータ系列、メタデータ、ファイル記述、ディレクトリ、データセットを調べます。
  • ダッシュボード
    カスタマイズ可能なダッシュボードで Experience Platform データを視覚化します。
  • データアクセス
    取り込まれたデータセットを Platform 内で検出し、それらのデータにアクセスします。
  • データ取得
    バッチまたはストリーミング取り込みを使用して、データを Platform に取り込みます。
  • データ準備
    Adobe Experience Platform に取り込むデータを準備します。
  • データフロー
    データフローは、Platform 間でデータを移動するデータジョブを表します。
  • 監視
    統計指標とイベント通知を使用して、Platform アクティビティを監視します。
  • ソース
    様々なソースや構造、ラベルからデータを取り込み、取り込んだデータを拡張します。

顧客データ

  • ID サービス
    デバイスやシステムをまたいで顧客 ID を結び付け、パーソナライズされたデジタルエクスペリエンスを提供します。
  • リアルタイム顧客プロファイル
    顧客データを結合し、複数のチャネルをまたいで顧客インタラクションの全体像を作り出します。
  • セグメント化サービス
    リアルタイムの顧客プロファイルデータからセグメントを構築し、オーディエンスを生成します。
  • データ収集
    Adobe Experience Platform エッジネットワークのクライアントサイドのデータ収集を有効にします。

プライバシー

  • データガバナンス
    ラベル、マーケティングアクション、ポリシーを使用して、データ使用に関する制限を実施します。
  • Privacy Service
    GDPR や CCPA などの法的プライバシー規制に準拠するための、顧客データリクエストを管理します。

データサイエンスとクエリ

  • Data Science Workspace
    機械学習を利用して、Adobe Sensei とJupyterLab Notebooks でモデルとレシピを開発、トレーニング、評価します。
  • インテリジェントサービス
    インテリジェントな AI サービスを利用して、スコアの生成、インサイトの発見、マーケティングイベントデータからのセグメントの作成をおこないます。
  • クエリサービス
    標準 SQL を使用して、Platform データレイクのデータを照会します。

アクティベーション

  • 宛先
    チャネル間のマーケティングキャンペーン、電子メールキャンペーン、ターゲット広告など、様々な用途に使用する既知または不明なデータをアクティブ化します。

チュートリアル

Experience Platform の基本アーキテクチャ(ビデオ)

このビデオでは、概要図を使用し、Experience Platform の主な要素について説明します。

ID データのラベル、取り込み、検証(ビデオ)

このビデオでは、データフィールドに ID としてラベルを付け、ID データを取り込んで、データがプライベートグラフに送信されたことを確認する方法を説明します。

XDM システムおよびエクスペリエンスデータモデルについて(ビデオ)

顧客体験を記述する標準的なデータモデルである、エクスペリエンスデータモデルについて説明します。

Experience Platform API の認証とアクセス

このドキュメントには、Adobe Experience Platform API へのアクセス権の取得方法を示したチュートリアルへのリンクが含まれています。

スキーマエディターを使用したスキーマの作成

このチュートリアルでは、Experience Platform 内でスキーマエディターを使用してスキーマを作成する手順を説明します。

ソースを含むデータの取り込み

このビデオでは、Adobe Experience PlatformUIのソース(ソースコネクタ)の概要を説明します。 ソースは容易に構成可能な統合であり、Adobe、ファーストパーティ、サードパーティのアプリケーションからAdobe Experience Platformのリアルタイム顧客プロファイルとData Lakeにデータをシームレスで拡張性の高い方法で取り込むことができます。

データアーキテクトおよびエンジニア向けスタートガイド

Platform の実装を開始するための実践チュートリアルです。サンプルデータとアセットが用意されています。

包括的なテクニカルチュートリアル

サードパーティ製システムへの接続を含め、Platform の多くの側面に関する実践チュートリアルです。

デジタルエクスペリエンスのブループリント

デジタルエクスペリエンスブループリントは、戦略に取り組み、確立されたビジネス上の問題を解決するための反復可能な実装です。価値実現までの時間を短縮し、成功への近道となります。

すべてのチュートリアルを見る

Experience Platform の多くの要素について学びます。

このページ