UI での宛先のデータフローの監視

宛先を使用すると、Adobe Experience Platformから数え切れないほどの外部パートナーに対して、データをアクティブ化できます。 Platform では、データフローに透明性を提供することで、宛先へのデータフローの追跡プロセスを容易にします。

監視ダッシュボードは、データがアクティブ化される宛先を含む、データフローのジャーニーを視覚的に表します。 このチュートリアルでは、Experience Platformワークスペースで直接データフローを監視する方法、または監視ダッシュボードを使用して、宛先ユーザーインターフェイスを使用して、宛先のデータフローを監視する方法について説明します。

はじめに

このガイドでは、Adobe Experience Platform の次のコンポーネントに関する十分な知識が必要です。

  • データフロー:データフローは、Platform 間でデータを移動するデータジョブを表します。データフローは異なるサービスをまたいで設定され、ソースコネクタからターゲットデータセット、Identity および Profile、Destinations へとデータを移動できます。
    • データフローの実行:データフローの実行は、選択したデータフローの頻度設定に基づく、定期的にスケジュールされたジョブです。
  • 宛先:宛先は、クロスチャネルマーケティングキャンペーン、電子メールキャンペーン、ターゲット広告、その他多くの使用例に対して、Platform からデータをシームレスにアクティブ化できる、一般的に使用されるアプリケーションとの事前定義済みの統合です。
  • サンドボックス:Experience Platform には、単一の Platform インスタンスを別々の仮想環境に分割して、デジタルエクスペリエンスアプリケーションの開発と発展に役立つ仮想サンドボックスが用意されています。

宛先ワークスペースでのデータフローの監視

宛先 Platform UI 内のワークスペースで、 参照 「 」タブをクリックし、表示する宛先の名前を選択します。

宛先ビューを選択

既存のデータフローのリストが表示されます。 このページには、表示可能なデータフローのリストがあります。これには、宛先、ユーザー名、データフロー数、ステータスに関する情報が含まれます。

ステータスについて詳しくは、次の表を参照してください。

ステータス 説明
有効 この Enabled 「 」ステータスは、データフローがアクティブで、指定されたスケジュールに従ってデータをエクスポートしていることを示します。
無効 この Disabled status は、データフローが非アクティブで、データをエクスポートしていないことを示します。
処理中 この Processing 「 」ステータスは、データフローがまだアクティブでないことを示します。 このステータスは、多くの場合、新しいデータフローの作成直後に発生します。
エラー この Error ステータスは、データフローのアクティベーションプロセスが中断されたことを示します。

ストリーミング宛先のデータフロー実行

ストリーミング先の場合、 データフローの実行 「 」タブには、データフローの実行時に指標データが 1 時間ごとに更新されます。 ラベル付けされた最も重要な統計は、ID 用です。

ID は、プロファイルの様々なファセットを表します。 例えば、プロファイルに電話番号と電子メールアドレスの両方が含まれている場合、そのプロファイルには 2 つの ID が含まれます。

個々の実行とその特定の指標のリストが表示され、次の ID の合計が表示されます。

  • アクティブ化された ID:選択した宛先に対して正常にアクティブ化されたプロファイル ID の合計数です。 この指標には、書き出されたセグメントで作成、更新、削除された ID が含まれます。
  • 除外された ID:属性が見つからず、同意違反に基づいてアクティベーション用にスキップされたプロファイル ID の合計数です。
  • 失敗した ID:エラーが原因で宛先に対してアクティブ化されなかったプロファイル ID の合計数です。

ストリーミング宛先のデータフロー実行の詳細

個々のデータフローの実行ごとに、次の詳細が表示されます。

  • データフローの実行開始:データフローの実行が開始された時刻。 ストリーミングデータフローの実行の場合、Experience Platformは、時間別指標の形式で、データフローの実行の開始に基づいて指標をキャプチャします。 データフローのストリーミング実行の場合、データフローの実行が午後 10 時 30 分に開始した場合、この指標は、UI での開始時刻を午後 10 時と表示します。
  • 処理時間:データフローの実行が処理されるまでに要した時間。
    • の場合 完了 が実行された場合、処理時間指標には常に 1 時間が表示されます。
    • まだ 処理中 状態、すべての指標をキャプチャするためのウィンドウは、1 時間以上開いたままになり、データフローの実行に対応するすべての指標が処理されます。 例えば、午前 9 時 30 分に開始したデータフローの実行は、すべての指標を取得して処理するために、1 時間 30 分間処理状態のままになる場合があります。 次に、処理ウィンドウが閉じ、データフロー実行のステータスが次のように更新されます。 完了​を指定した場合、表示される処理時間が 1 時間に変更されます。
  • 受信したプロファイル:データフローで受信したプロファイルの合計数。
  • アクティブ化された ID:データフローの実行の一環として選択した宛先に対して正常にアクティブ化されたプロファイル ID の合計数。 この指標には、書き出されたセグメントで作成、更新、削除された ID が含まれます。
  • 除外された ID:属性が見つからず、同意違反に基づいてアクティベーションから除外されたプロファイル ID の合計数です。
  • 失敗した ID エラーが原因で宛先に対してアクティブ化されなかったプロファイル ID の合計数です。
  • 有効化率:正常にアクティブ化されたか、スキップされた受信 ID の割合。 次の式は、この値の計算方法を示しています。
    有効化率の数式
  • ステータス:データフローの状態を表します。どちらか 完了 または 処理中. 完了 は、対応するデータフロー実行のすべての ID が 1 時間以内にエクスポートされたことを意味します。 処理中 は、データフローの実行がまだ完了していないことを示します。

特定のデータフロー実行の詳細を表示するには、リストから実行の開始時刻を選択します。

データフロー実行の詳細ページには、受信したプロファイルの数、アクティブ化された ID の数、失敗した ID の数、除外された ID の数など、追加の情報が含まれます。

ストリーミング宛先のデータフローの詳細

詳細ページには、失敗した ID と除外された ID のリストも表示されます。 失敗した ID と除外された ID の両方に関する情報(エラーコード、ID の数、説明を含む)が表示されます。 デフォルトでは、リストには失敗した ID が表示されます。 スキップされた ID を表示するには、「 除外された ID 切り替え

ストリーミング先のデータフローレコード

バッチ宛先のデータフロー実行

バッチ保存先の場合、 データフローの実行 「 」タブには、データフローの実行に関する指標データが表示されます。 個々の実行とその特定の指標のリストが表示され、次の ID の合計が表示されます。

  • アクティブ化された ID:選択した宛先に対して正常にアクティブ化されたプロファイル ID の合計数です。 この指標には、書き出されたセグメントで作成、更新、削除された ID が含まれます。
  • 除外された ID:見つからない属性や同意違反に基づいて、選択した宛先のアクティブ化から除外された個々のプロファイル ID の数。

バッチ保存先のデータフロー実行表示

個々のデータフローの実行ごとに、次の詳細が表示されます。

  • データフローの実行開始:データフローの実行が開始された時刻。
  • セグメント:各データフローの実行に関連付けられたセグメントの名前。
  • 処理時間:データフローの実行が処理されるまでに要した時間。
  • 受信したプロファイル:データフローで受信したプロファイルの合計数。 この値は 60 分ごとに更新されます。
  • アクティブ化された ID:データフローの実行の一環として選択した宛先に対して正常にアクティブ化されたプロファイル ID の合計数。 この指標には、書き出されたセグメントで作成、更新、削除された ID が含まれます。
  • 除外された ID:属性が見つからず、同意違反に基づいてアクティベーションから除外されたプロファイル ID の合計数です。
  • ステータス:データフローの状態を表します。 次の 3 つの状態のいずれかを指定できます。 成功, 失敗、および 処理中. 成功 は、データフローがアクティブで、指定されたスケジュールに従ってデータをエクスポートしていることを意味します。 失敗 は、エラーが原因でデータのアクティベーションが中断されたことを意味します。 処理中 は、データフローがまだアクティブではなく、通常、新しいデータフローの作成時に発生することを意味します。

特定のデータフロー実行の詳細を表示するには、リストから実行の開始時刻を選択します。

メモ

データフローの実行は、宛先データフローのスケジュール頻度に基づいて生成されます。 各 結合ポリシー をセグメントに適用した状態。

データフローの詳細ページは、データフローリストに表示される詳細に加えて、データフローに関するより具体的な情報を表示します。

  • データのサイズ:エクスポートするデータフローのサイズ。
  • 合計ファイル数:データフローでエクスポートされたファイルの合計数。
  • 最終更新日:データフローの実行が最後に更新された時刻。

バッチ宛先のデータフロー実行の詳細

詳細ページには、失敗した ID と除外された ID のリストも表示されます。 エラーコードや説明を含む、失敗した ID と除外された ID の両方に関する情報が表示されます。 デフォルトでは、リストには失敗した ID が表示されます。 除外された ID を表示するには、 除外された ID 切り替え

バッチ保存先のデータフローレコード

「宛先の監視」ダッシュボード

メモ

次の手順で 監視 ダッシュボード、選択 監視 (監視アイコン) をクリックします。 1 回 監視 ページ、選択 宛先. この 監視 ダッシュボードには、宛先の実行ジョブに関する指標と情報が含まれています。

以下を使用: 宛先 ダッシュボードを使用して、アクティベーションフローの正常性を全体的に把握できます。 まず、すべてのバッチおよびストリーミング宛先の集計レベルでインサイトを取得し、データフロー、データフローの実行、アクティブ化されたセグメントの詳細ビューを掘り下げて、アクティブ化データを詳細に調べます。 画面 監視 ダッシュボードは、指標やエラーの説明を通じて実用的なインサイトを提供し、アクティベーションシナリオで発生する可能性のある問題のトラブルシューティングに役立ちます。

ダッシュボードの中央には、 Activation パネル:ストリーミング宛先に書き出されたデータのアクティベーション率、およびバッチ宛先への失敗したバッチデータフローで実行されるデータを表示する指標とグラフを含むパネル。

ストリーミングとバッチアクティベーションのグラフ

デフォルトでは、表示されるデータには、過去 24 時間のアクティベーション情報が含まれています。 選択 過去 24 時間 を使用して、表示されるレコードの時間枠を調整します。 次のオプションを使用できます。 過去 24 時間, 過去 7 日間、および 過去 30 日間. または、表示されるカレンダーポップアップウィンドウで日付を選択することもできます。 日付を選択したら、「 」を選択します。 適用 を使用して、表示される情報の時間枠を調整します。

メモ

次のスクリーンショットは、過去 24 時間ではなく、過去 30 日間のアクティベーション率とバッチデータフローの実行を示しています。 時間枠は、 過去 30 日間.

アクティブ化された宛先のルックバック日付範囲の変更

矢印アイコン (矢印アイコン) をクリックして、画面の上部にあるカードを展開または解除します。このカードには、宛先のタイプ(ストリーミングまたはバッチ)に基づいて、アクティベーションの詳細に関する一目でわかる情報が表示されます。

  • ストリーミングの有効化率:正常にアクティブ化されたかスキップされた、受け取った ID の割合を表します。 この割合の計算に使用される数式については、このページで詳しく説明します。 ストリーミング宛先のデータフロー実行 」セクションに入力します。
  • 失敗したデータフローの実行のバッチ:選択した時間間隔での失敗したデータフロー実行数を表します。

ページの上部でカードを表示または解除

この Activation グラフはデフォルトで表示されます。このグラフを無効にして、以下の宛先のリストを展開できます。 を選択します。 指標とグラフ を切り替えて、グラフを無効にします。

この Activation パネルには、1 つ以上の既存のアカウントを含む宛先のリストが表示されます。 このリストには、受信したプロファイル、アクティブ化された ID、失敗した ID、除外された ID、アクティブ化率、失敗したデータフローの合計、これらの宛先の最終更新日に関する情報も含まれます。 すべての指標が、すべての宛先タイプで使用できるわけではありません。 次の表に、宛先のタイプ、ストリーミングまたはバッチごとに使用可能な指標の概要を示します。

指標 宛先のタイプ
受信したプロファイル ストリーミングとバッチ
アクティブ化された ID ストリーミングとバッチ
失敗した ID ストリーミング
除外された ID ストリーミングとバッチ
有効化率 ストリーミング
失敗したデータフローの合計 バッチ
最終更新日 ストリーミングとバッチ

アクティブ化されたすべての宛先をダッシュボード

また、宛先のリストをフィルタリングして、選択したカテゴリの宛先のみを表示することもできます。 を選択します。 宛先 ドロップダウンで、 宛先カテゴリ フィルタリング先の

ドロップダウンセレクターを使用した宛先のフィルタリング

さらに、検索バーに宛先を入力して、1 つの宛先に分離することもできます。 宛先のデータフローを表示する場合は、フィルターを選択できます フィルター その横に、アクティブなデータフローのリストを表示します。

検索バーを使用した宛先のフィルタリング

すべての宛先の既存のデータフローをすべて表示する場合は、「 」を選択します。 データフロー.

データフローのリストが表示され、最後のデータフロー実行で並べ替えられます。 特定のデータフローの追加の詳細は、監視する宛先を見つけ、フィルターを選択することで確認できます フィルター その横に表示され、その後、フィルターを選択します。 フィルター をデータフローの横に表示して、詳細情報を確認します。

監視ダッシュボードでハイライト表示されたすべてのデータフロー

さらに調査するデータフローを選択すると、データフローの詳細ページに、アクティブ化されたデータをデータフローの実行またはセグメント別に分類してデータフローで確認できる切り替えが含まれます。

データフロー実行ビュー

条件 データフローの実行 が選択されている場合は、選択したデータフローのデータフロー実行のリストと、各実行に関する詳細を確認できます。

情報

データフローをストリーミング宛先に対して使用する場合、データフローの実行は 1 時間ごとのウィンドウに分類されます。 時間ごとに、対応するデータフロー実行 ID が生成されます。

データフローをバッチ宛先に対して使用する場合、各セグメントには、スケジュールされたセグメントアクティベーション頻度に基づいて、対応するデータフローの実行が生成されます。 例えば、同じ宛先データフロー内の 5 つのセグメントに対して、毎日スケジュールされたアクティベーションを設定した場合、毎日 5 つの個別のデータフロー実行が生成されます。

フロー配管パネル

以下を使用: 失敗のみを表示 を切り替えて、データフローの失敗した実行のみを表示します。

データフローの実行 — エラーのみを表示切り替え

セグメントレベル表示

条件 セグメント が選択されている場合、選択した期間内に、選択したデータフローに対してアクティブ化されたセグメントのリストが表示されます。 この画面には、アクティブ化された ID、除外された ID、最後のデータフロー実行のステータスと時間に関するセグメントレベルの情報が含まれます。 除外およびアクティブ化された ID の指標を確認することで、セグメントが正常にアクティブ化されたかどうかを確認できます。

例えば、「Loyalty Members in California」というセグメントをAmazon S3 の宛先「Loyalty Members California Decembers」にアクティブ化するとします。 選択したセグメントに 100 個のプロファイルがあり、100 個中 80 個のプロファイルのみが Loyalty ID 属性を含み、書き出しマッピングルールを loyalty.id が必要です。 この場合、セグメントレベルでは、80 個の ID がアクティブ化され、20 個の ID が除外されます。

重要

セグメントレベルの指標に関する現在の制限事項に注意してください。

  • セグメントレベルの表示は、現在、バッチ保存先でのみ使用できます。
  • セグメントレベルの指標は、現在、正常なデータフロー実行の場合にのみ記録されます。 失敗したデータフローの実行や除外されたレコードに対しては、記録されません。

データフローパネルのセグメント

セグメントレベルの表示では、指標は、選択した期間内の複数のデータフロー実行にわたって集計されます。 複数のデータフローの実行がある場合、セグメントレベルからドリルダウンして、選択したセグメントでフィルタリングされた、各データフローの実行の分類を確認できます。
フィルターボタンを使用 フィルター をクリックして、データフロー内の各セグメントのデータフロー実行ビューにドリルダウンします。

データフロー実行ページ

データフローの実行ページには、データフローの実行開始時間、処理時間、受信したプロファイル、アクティブ化された ID、除外された ID、失敗した ID、アクティブ化率、ステータスなど、データフローの実行に関する情報が表示されます。

次からデータフロー実行ページにドリルダウンする場合: セグメントレベル表示の場合は、次のオプションでデータフローの実行をフィルタリングできます。

  • 失敗した ID を使用したデータフローの実行:選択したセグメントに対して、このオプションは、アクティベーションに失敗したすべてのデータフローの実行をリストします。 特定のデータフローの実行が失敗した理由を調べるには、 データフロー実行の詳細ページ 」を追加します。
  • ID がスキップされたデータフロー実行:選択したセグメントに対して、このオプションは、一部の ID が完全にアクティブ化されておらず、一部のプロファイルがスキップされた、すべてのデータフロー実行をリストします。 特定のデータフロー実行内の ID がスキップされた理由を調べるには、 データフロー実行の詳細ページ 」を追加します。
  • アクティブ化された ID を使用したデータフローの実行:選択したセグメントに対して、このオプションは、正常にアクティブ化された ID を持つすべてのデータフロー実行をリストします。

セグメントのデータフロー実行のフィルタリング

特定のデータフロー実行の詳細を表示するには、フィルターを選択します フィルター をクリックし、データフローの実行の詳細ページを確認します。

監視ダッシュボードのデータフロー実行フィルター

データフロー実行の詳細ページ

データフローの実行の詳細ページには、データフローの実行リストに表示される詳細に加えて、データフローに関するより具体的な情報が表示されます。

  • データフロー実行 ID:データフローの ID。
  • IMS org ID:データフローが属する IMS 組織。
  • 最終更新日:データフローの実行が最後に更新された時刻。

詳細ページでは、データフロー実行エラーとセグメントを切り替える切り替えも可能です。 このオプションは、バッチ宛先でのデータフローの実行に対してのみ使用できます。

データフロー実行エラー表示には、失敗した ID と除外された ID のリストが表示されます。 失敗した ID と除外された ID の両方に関する情報(エラーコード、ID の数、説明を含む)が表示されます。 デフォルトでは、リストには失敗した ID が表示されます。 スキップされた ID を表示するには、「 除外された ID 切り替え

ID の除外の切り替え

条件 セグメント が選択されている場合、選択したデータフローの実行でアクティブ化されたセグメントのリストが表示されます。 この画面には、アクティブ化された ID、除外された ID、最後のデータフロー実行のステータスと時間に関するセグメントレベルの情報が含まれます。

データフロー実行 — セグメントビュー

次の手順

このガイドに従うことで、処理時間、アクティベーション率、ステータスなどの関連情報を含め、バッチ宛先とストリーミング宛先の両方でデータフローを監視する方法を理解できました。 Platform でのデータフローの詳細については、 データフローの概要. 宛先の詳細については、 宛先の概要.

このページ