Zendesk 接続

Zendesk は、カスタマーサービスソリューションおよびセールスツールです。

この Adobe Experience Platform 宛先 は、 Zendesk 連絡先 API、宛先 id の作成と更新 内の連絡先としてオーディエンス内に Zendesk.

Zendesk は、bearer トークンを認証メカニズムとして使用し、 Zendesk 連絡先 API Zendesk インスタンスを認証する手順は、さらに下の宛先に対する認証の節にあります。

ユースケース use-cases

マルチチャネル B2C プラットフォームのカスタマーサービス部門は、顧客に対してシームレスにパーソナライズされたエクスペリエンスを提供したいと考えています。 部門は、独自のオフラインデータからオーディエンスを構築して、新しいユーザープロファイルを作成したり、異なるインタラクション(購入、返品など)から既存のプロファイル情報を更新したりできます。 およびAdobe Experience Platformからにこれらのオーディエンスを送信 Zendesk. に更新された情報がある Zendesk カスタマーサービスエージェントが顧客の最新の情報をすぐに利用できるようにし、迅速な対応と解決を可能にします。

前提条件 prerequisites

Experience Platform の前提条件 prerequisites-in-experience-platform

Zendesk 宛先へのデータをアクティブ化する前に、スキーマデータセットおよびセグメントを Experience Platform で作成する必要があります。

詳しくは、Experience Platformドキュメントを参照してください。 オーディエンスメンバーシップ詳細スキーマフィールドグループ オーディエンスのステータスに関するガイダンスが必要な場合は、を参照してください。

Zendesk 前提条件 prerequisites-destination

Platform からにデータを書き出すには、以下を実行します。 Zendesk アカウントに Zendesk アカウント。

Zendesk 資格情報の収集 gather-credentials

を認証する前に、以下の項目をメモしておきます。 Zendesk 宛先:

資格情報
説明
Bearer token
が Zendesk アカウント。
ドキュメントに従って、 を生成する Zendesk アクセストークン もし持っていなければ
a0b1c2d3e4...v20w21x22y23z

ガードレール guardrails

The 価格とレート制限 ページの詳細 Zendesk アカウントに関連付けられた API 制限。 データとペイロードがこれらの制約内にあることを確認する必要があります。

サポートされる ID supported-identities

Zendesk では、以下の表で説明する ID の更新をサポートしています。ID についての詳細情報。

ターゲット ID
説明
必須
email
test@test.com
連絡先の電子メールアドレス。

書き出しのタイプと頻度 export-type-frequency

宛先の書き出しのタイプと頻度について詳しくは、以下の表を参照してください。

項目
タイプ
メモ
書き出しタイプ
プロファイルベース
  • セグメントのすべてのメンバーを、フィールドマッピングに従って、必要なスキーマフィールドと共に書き出します​ (例:メールアドレス、電話番号、姓)
  • 各セグメントのステータス ( Zendesk は、 マッピング ID 期間中に指定された値 オーディエンススケジュール 手順
書き出し頻度
ストリーミング
  • ストリーミングの宛先は常に、API ベースの接続です。オーディエンス評価に基づいて Experience Platform 内でプロファイルが更新されるとすぐに、コネクタは更新を宛先プラットフォームに送信します。詳しくは、ストリーミングの宛先を参照してください。

宛先への接続 connect

IMPORTANT
宛先に接続するには、 宛先の表示 および 宛先の管理 アクセス制御権限. 詳しくは、アクセス制御の概要または製品管理者に問い合わせて、必要な権限を取得してください。

この宛先に接続するには、宛先設定のチュートリアルの手順に従ってください。宛先の設定ワークフローで、以下の 2 つのセクションにリストされているフィールドに入力します。

宛先カタログ ​内で Zendesk を検索します。または、CRM カテゴリの下に配置することもできます。

宛先に対する認証 authenticate

以下の必須のフィールドに入力します。詳しくは、 収集 Zendesk 資格情報 」の節を参照してください。

  • Bearer トークン: Zendesk アカウント。

宛先を認証するには、「 宛先に接続」を選択します。
認証方法を示す Platform UI のスクリーンショット。

指定した詳細が有効な場合、UI で​ 接続済み ​ステータスに緑色のチェックマークが付きます。その後、次の手順に進むことができます。

宛先の詳細を入力 destination-details

宛先の詳細を設定するには、以下の必須フィールドとオプションフィールドに入力します。UI のフィールドの横にアスタリスクが表示される場合は、そのフィールドが必須であることを示します。
宛先の詳細を示す Platform UI のスクリーンショット。

  • 名前:今後この宛先を認識するための名前。
  • 説明:今後この宛先を識別するのに役立つ説明。

アラートの有効化 enable-alerts

アラートを有効にすると、宛先へのデータフローのステータスに関する通知を受け取ることができます。リストからアラートを選択して、データフローのステータスに関する通知を受け取るよう登録します。アラートについて詳しくは、UI を使用した宛先アラートの購読についてのガイドを参照してください。

宛先接続の詳細の入力を終えたら「次へ」を選択します。

この宛先に対してオーディエンスをアクティブ化 activate

IMPORTANT
  • データをアクティブ化するには、 宛先の表示, 宛先のアクティブ化, プロファイルの表示、および セグメントを表示 アクセス制御権限. アクセス制御の概要を参照するか、製品管理者に問い合わせて必要な権限を取得してください。
  • 書き出す idID グラフを表示 アクセス制御権限.
    ワークフローでハイライト表示された ID 名前空間を選択して、宛先に対するオーディエンスをアクティブ化します。 {width="100" modal="regular"}

この宛先にオーディエンスをアクティベートする手順は、ストリーミングオーディエンスの書き出し宛先へのプロファイルとオーディエンスのアクティベートを参照してください。

マッピングの考慮事項と例 mapping-considerations-example

Adobe Experience Platform から Zendesk 宛先にオーディエンスデータを正しく送信するには、フィールドマッピングの手順を実行する必要があります。マッピングは、Platform アカウント内の Experience Data Model(XDM) スキーマフィールドと、ターゲット宛先から対応する同等のスキーマフィールドとの間にリンクを作成することで構成されます。

で指定された属性 ターゲットフィールド は、属性マッピングテーブルで説明されたとおりに名前を付ける必要があります。これらの属性は、リクエスト本文を形成します。

で指定された属性 ソースフィールド このような制限に従わないでください。 ただし、にプッシュした際にデータ形式が正しくない場合は、必要に応じてマッピングできます。 Zendesk これはエラーを引き起こします。

XDM フィールドを Zendesk 宛先フィールドに正しくマッピングするには、次の手順に従います。

  1. マッピング ​手順で、「新しいマッピングを追加」を選択します。画面に新しいマッピング行が表示されます。

  2. Adobe Analytics の ソースフィールドを選択 ウィンドウで、 属性を選択 カテゴリを選択して XDM 属性を選択するか、 ID 名前空間を選択 ID を選択します。

  3. Adobe Analytics の ターゲットフィールドを選択 ウィンドウで、 ID 名前空間を選択 カテゴリを選択してターゲット id を選択するか、 属性を選択 カテゴリを選択し、サポートされているスキーマ属性の 1 つを選択します。

    • これらの手順を繰り返して、次の必須マッピングを追加します。XDM プロファイルスキーマと Zendesk インスタンス: |ソースフィールド|ターゲットフィールド| 必須| |—|—|—| |xdm: person.name.lastName|xdm: last_name| はい | |IdentityMap: Email|Identity: email| はい | |xdm: person.name.firstName|xdm: first_name| |

    • これらのマッピングの使用例を次に示します。

      属性マッピングを使用した Platform UI のスクリーンショットの例。

IMPORTANT
The Attribute: last_name および Identity: email この宛先では、ターゲットマッピングは必須です。 これらのマッピングが見つからない場合、他のマッピングは無視され、には送信されません。 Zendesk.

宛先接続のマッピングの指定が完了したら、「 」を選択します。 次へ.

オーディエンスのエクスポートと例のスケジュール設定 schedule-segment-export-example

Adobe Analytics の オーディエンスの書き出しをスケジュール アクティベーションワークフローの手順では、Platform オーディエンスを、 Zendesk.

これを行うには、各セグメントを選択し、対応するカスタムフィールド属性を Zendesk の「マッピング ID」フィールドから入力します。

次に例を示します。
スケジュールオーディエンスの書き出しを示した、Platform UI のスクリーンショットの例。

データの書き出しを検証する exported-data

宛先が正しく設定されていることを検証するには、次の手順に従います。

  1. 選択 宛先 > 参照 をクリックし、宛先のリストに移動します。

  2. 次に、宛先を選択し、 アクティベーションデータ 」タブをクリックし、オーディエンス名を選択します。
    宛先のアクティベーションデータを示した Platform UI のスクリーンショットの例。

  3. オーディエンスの概要を監視し、プロファイルの数がセグメント内の数に対応していることを確認します。
    セグメントを示す Platform UI のスクリーンショットの例。

  4. にログインします。 Zendesk web サイトに移動し、 連絡先 ページを使用して、オーディエンスからのプロファイルが追加されたかどうかを確認します。 このリストは、オーディエンスで作成された追加のフィールドの列を表示するように設定できます​ マッピング ID ​およびオーディエンスのステータス。
    連絡先ページと、オーディエンス名で作成された追加のフィールドを示す Zendesk UI のスクリーンショット。

  5. 別の方法として、個人にドリルダウンすることもできます。 人物 ページを開き、 追加のフィールド オーディエンス名とオーディエンスのステータスを表示するセクション
    Zendesk UI のスクリーンショットに、ユーザーページと、オーディエンス名およびオーディエンスのステータスを示す追加のフィールドセクションが表示されています。

データの使用とガバナンス data-usage-governance

Adobe Experience Platform のすべての宛先は、データを処理する際のデータ使用ポリシーに準拠しています。Adobe Experience Platform がどのようにデータガバナンスを実施するかについて詳しくは、データガバナンスの概要を参照してください。

その他のリソース additional-resources

以下に示すその他の役に立つ情報 Zendesk 以下のドキュメントです。

変更ログ

この節では、この宛先コネクタに対する機能の概要と重要なドキュメントの更新について説明します。

変更ログを表示
table 0-row-3 1-row-3 2-row-3 layout-auto
リリース月 更新タイプ 説明
2023年4月 ドキュメントの更新
  • 更新: 使用例 の節を参照し、この宛先を使用した方がメリットが得られるタイミングの例をより明確に示します。
  • 更新: マッピング 」セクションで、正しい必須マッピングを反映させる必要があります。 The Attribute: last_name および Identity: email この宛先では、ターゲットマッピングは必須です。 これらのマッピングが見つからない場合、他のマッピングは無視され、には送信されません。 Zendesk.
  • 更新: マッピング 節に、必須とオプションの両方のマッピングの明確な例を示します。
2023年3月 初回リリース 宛先の初回リリースとドキュメントの公開。
recommendation-more-help
7f4d1967-bf93-4dba-9789-bb6b505339d6