SAP Commerce 接続

SAP Commerce(旧称: ) Hybrisは、B2B および B2C 企業向けのクラウドベースの e コマースプラットフォームソリューションで、SAP Customer Experience ポートフォリオの一部として利用できます。 SAP サブスクリプションの請求 は、ポートフォリオの下の製品で、標準化された統合による販売と支払いの経験をシンプル化し、完全なサブスクリプションライフサイクル管理を可能にします。

この Adobe Experience Platform 宛先SAP Subscription Billing 顧客管理 API、内で顧客の詳細を更新する SAP Commerce アクティブ化後に既存のExperience Platformオーディエンスから

SAP Commerce インスタンスを認証する手順は、さらに下の宛先に対する認証の節にあります。

ユースケース use-cases

SAP Commerce 宛先を使用する方法とタイミングを理解しやすくするために、Adobe Experience Platform のお客様がこの宛先を使用して解決できるユースケースのサンプルを以下に示します。

SAP Commerce のお客様は、ビジネスとやり取りする個人または組織エンティティに関する情報を保存します。 チームは、 SAP Commerce を使用して、Experience Platformオーディエンスを構築します。 これらのオーディエンスをに送信した後 SAP Commerceの場合、顧客の情報が更新され、各顧客にプロパティが割り当てられ、その値が、顧客が属するオーディエンスを示すオーディエンス名として割り当てられます。

前提条件 prerequisites

Experience Platformおよびで設定する必要がある前提条件については、以下の節を参照してください。 SAP Commerce また、を使用する前に収集する必要がある情報についても説明します。 SAP Commerce 宛先。

Experience Platform の前提条件 prerequisites-in-experience-platform

に対してデータをアクティブ化する前に SAP Commerce 宛先の スキーマ, a データセット、および audiences 次で作成: Experience Platform.

詳しくは、Experience Platformドキュメントを参照してください。 オーディエンスメンバーシップ詳細スキーマフィールドグループ オーディエンスのステータスに関するガイダンスが必要な場合は、を参照してください。

の前提条件 SAP Commerce 宛先 prerequisites-destination

Platform からにデータを書き出すための次の前提条件に注意してください。 SAP Commerce アカウント:

次が必要です: SAP Subscription Billing アカウント prerequisites-account

Platform からにデータを書き出すには、以下を実行します。 SAP Commerce アカウントを使用するには、 SAP Subscription Billing アカウント。 有効な請求アカウントがない場合は、 SAP アカウントマネージャー。 詳しくは、 SAP プラットフォーム設定 ドキュメントを参照してください。

サービスキーの生成 prerequisites-service-key

  • The SAP Commerce サービスキーを使用すると、 SAP Subscription Billing Experience Platformを介した API 詳しくは、 SAP Commerce クライアント ID とクライアント秘密鍵を持つサービスキーを作成する をクリックして、サービスキーを作成します。 SAP Commerce には、以下が必要です。

    • クライアント ID
    • クライアントシークレット
    • URL。 URL のパターンは次のとおりです。 https://subscriptionbilling.authentication.eu10.hana.ondemand.com. この値は後での値の取得に使用されます。 Region および Endpoint.
「 」を選択して、サービスキーの例を表示します。
code language-json
{
    "url": "https://eu10.revenue.cloud.sap/api",
    "uaa": {
        "clientid": "XXX",
        "clientsecret": "XXX",
        "url": "https://subscriptionbilling.authentication.eu10.hana.ondemand.com",
        "identityzone": "subscriptionbilling",
        "identityzoneid": "XXX",
        "tenantid": "XXX",
        "tenantmode": "dedicated",
        "sburl": "https://internal-xsuaa.authentication.eu10.hana.ondemand.com",
        "apiurl": "https://api.authentication.eu10.hana.ondemand.com",
        "verificationkey": "XXX",
        "xsappname": "XXX",
        "subaccountid": "XXX",
        "uaadomain": "authentication.eu10.hana.ondemand.com",
        "zoneid": "XXX",
        "credential-type": "binding-secret"
    },
    "vendor": "SAP"
}

でのカスタム参照の作成 SAP Subscription Billing prerequisites-custom-reference

でExperience Platformオーディエンスのステータスを更新するには、以下を実行します。 SAP Subscription Billingの場合、Platform で選択した各オーディエンスのカスタム参照フィールドが必要です。

カスタム参照を作成するには、 SAP Subscription Billing アカウントに移動し、 [マスターデータと設定] > [カスタム参照] ページに貼り付けます。 次に、「 作成 をクリックして、Platform で選択した各オーディエンスに新しい参照を追加します。 これらの参照フィールド名は、後続の オーディエンスのエクスポートと例のスケジュール設定 手順

カスタムの作成方法の例 参照タイプ 範囲 SAP Subscription Billing は次のように表示されます。
SAP Subscription Billing でカスタム参照を作成する場所を示す画像。

追加のガイダンスについては、 SAP Subscription Billing カスタム参照 ドキュメント。

必要な資格情報の収集 gather-credentials

接続するには SAP Commerce をExperience Platformするには、次の接続プロパティの値を指定する必要があります。

資格情報
説明
クライアント ID
の値 clientId サービスキーから。
クライアントシークレット
の値 clientSecret サービスキーから。
エンドポイント
の値 url サービスキーから、次のようになります。 https://subscriptionbilling.authentication.eu10.hana.ondemand.com.
領域
データセンターの場所。 地域が url との値は、 eu10 または us10. 例えば、 url 次に該当 https://eu10.revenue.cloud.sap/api 必要な項目 eu10.

ガードレール guardrails

への API リクエスト SAP Cloud Management service 次の条件を満たす レート制限. レート制限を超えると、 HTTP 429 Too Many Requests 応答ステータスコード。

サポートされる ID supported-identities

SAP Commerce では、以下の表で説明する ID の更新をサポートしています。ID についての詳細情報。

ターゲット ID
説明
注意点
customerNumberSAP
お客様に既に存在する個人または企業の顧客の顧客 ID SAP Commerce アカウント。
必須

サポートされるオーディエンス supported-audiences

この節では、この宛先に書き出しできるすべてのオーディエンスについて説明します。

この宛先では、Experience Platform のセグメント化サービスで生成したすべてのオーディエンスのアクティブ化をサポートします。

また、この宛先では、以下の表で説明するオーディエンスのアクティブ化もサポートされます。

オーディエンスタイプ
説明
Segmentation Service
カスタムアップロード

書き出しのタイプと頻度 export-type-frequency

宛先の書き出しのタイプと頻度について詳しくは、以下の表を参照してください。

項目
タイプ
メモ
書き出しタイプ
プロファイルベース
  • オーディエンスのすべてのメンバーを、目的のスキーマフィールドと共に書き出します (例:電子メールアドレス、電話番号、姓)(フィールドマッピングに従います)。
  • Platform で選択した各オーディエンスに対して、 SAP Commerce 追加の属性が、Platform からのオーディエンスステータスに応じて更新されます。
書き出し頻度
ストリーミング
  • ストリーミングの宛先は常に、API ベースの接続です。オーディエンスの評価に基づいてExperience Platformでプロファイルが更新されると、コネクタは更新を宛先プラットフォームに送信します。 詳しくは、ストリーミングの宛先を参照してください。

宛先への接続 connect

IMPORTANT
宛先に接続するには、宛先の管理 アクセス制御権限が必要です。詳しくは、アクセス制御の概要または製品管理者に問い合わせて、必要な権限を取得してください。

この宛先に接続するには、宛先設定のチュートリアルの手順に従ってください。宛先の設定ワークフローで、以下の 2 つのセクションにリストされているフィールドに入力します。

Within 宛先 > カタログ、を検索します。 SAP Commerce. または、 e コマース カテゴリ。

宛先に対する認証 authenticate

以下の必須のフィールドに入力します。詳しくは、 サービスキーの生成 」の節を参照してください。

フィールド
説明
クライアント ID
の値 clientId サービスキーから。
クライアント秘密鍵
の値 clientSecret サービスキーから。
エンドポイント
の値 url サービスキーから、次のようになります。 https://subscriptionbilling.authentication.eu10.hana.ondemand.com.
地域
データセンターの場所。 地域が url との値は、 eu10 または us10. 例えば、 url 次に該当 https://eu10.revenue.cloud.sap/api 必要な項目 eu10.

宛先を認証するには、「 宛先に接続」を選択します。
宛先への認証方法を示す Platform UI からの画像。

指定した詳細が有効な場合、UI で​ 接続済み ​ステータスに緑色のチェックマークが付きます。その後、次の手順に進むことができます。

宛先の詳細を入力 destination-details

宛先の詳細を設定するには、以下の必須フィールドとオプションフィールドに入力します。UI のフィールドの横にアスタリスクが表示される場合は、そのフィールドが必須であることを示します。
認証後に入力する宛先の詳細を示す Platform UI からの画像。

  • 名前:今後この宛先を認識するための名前。
  • 説明:今後この宛先を識別するのに役立つ説明。
  • 顧客のタイプ:次のいずれかを選択します。 個人 または 企業 オーディエンス内のエンティティに応じて異なります。 The SAP Subscription Billing スキーマ 必須フィールドを、 customerType 属性。 選択範囲が 企業 ​を選択し、次のような必須マッピングを firstName および lastName 個々の顧客に対して必須は無視され、 company は必須になり、逆も同様になります。

アラートの有効化 enable-alerts

アラートを有効にすると、宛先へのデータフローのステータスに関する通知を受け取ることができます。リストからアラートを選択して、データフローのステータスに関する通知を受け取るよう登録します。アラートについて詳しくは、UI を使用した宛先アラートの購読についてのガイドを参照してください。

宛先接続の詳細の入力を終えたら「次へ」を選択します。

この宛先に対してオーディエンスをアクティブ化 activate

IMPORTANT
  • データをアクティブ化するには、 宛先の表示, 宛先のアクティブ化, プロファイルの表示、および セグメントを表示 アクセス制御権限. アクセス制御の概要を参照するか、製品管理者に問い合わせて必要な権限を取得してください。
  • 書き出す idID グラフを表示 アクセス制御権限.
    ワークフローでハイライト表示された ID 名前空間を選択して、宛先に対するオーディエンスをアクティブ化します。 {width="100" modal="regular"}

この宛先にオーディエンスをアクティベートする手順は、ストリーミングオーディエンスの書き出し宛先へのプロファイルとオーディエンスのアクティベートを参照してください。

属性と ID のマッピング map

Adobe Experience Platformからにオーディエンスデータを正しく送信するには、以下を実行します。 SAP Commerce の宛先の場合は、フィールドマッピングの手順を実行する必要があります。 マッピングは、Platform アカウント内の Experience Data Model(XDM)スキーマフィールドと、ターゲット宛先から対応する同等のスキーマフィールドとの間にリンクを作成して構成されます。 XDM フィールドを SAP Commerce 宛先フィールドには、次の手順に従います。

マッピング customerNumberSAP id

The customerNumberSAP id は、この宛先での必須マッピングです。 次の手順に従って、マッピングします。

  1. マッピング ​手順で、「新しいマッピングを追加」を選択します。これで、新しいマッピング行が画面に表示されます。
    新しいマッピングを追加ボタンがハイライト表示された Platform UI のスクリーンショット。
  2. Adobe Analytics の ソースフィールドを選択 ウィンドウで、 ID 名前空間を選択 を選択し、 customerNumberSAP.
    ID としてマッピングするソース属性として電子メールを選択した Platform UI のスクリーンショット。
  3. Adobe Analytics の ターゲットフィールドを選択 ウィンドウで、 ID 名前空間を選択 をクリックし、 customerNumber ID。
    ID としてマッピングするターゲット属性としてメールを選択した Platform UI のスクリーンショット。
ソースフィールド
ターゲットフィールド
必須
IdentityMap: customerNumberSAP
Identity: customerNumber

ID マッピングの例を次に示します。
customerNumber ID マッピングの例を示す、Platform UI からの画像。

マッピング属性

XDM プロファイルスキーマと SAP Subscription Billing アカウントで、以下の手順を繰り返します。

  1. マッピング ​手順で、「新しいマッピングを追加」を選択します。これで、新しいマッピング行が画面に表示されます。
    新しいマッピングを追加ボタンがハイライト表示された Platform UI のスクリーンショット。
  2. Adobe Analytics の ソースフィールドを選択 ウィンドウで、 属性を選択 カテゴリを選択し、XDM 属性を選択します。
    ソース属性として姓を選択した Platform UI のスクリーンショット。
  3. Adobe Analytics の ターゲットフィールドを選択 ウィンドウ:選択 カスタム属性を選択 カテゴリを選択し、 SAP Subscription Billing 顧客のリストの属性 スキーマ 属性。
    lastName が target 属性として定義されている Platform UI のスクリーンショット。
IMPORTANT
ターゲットフィールド名では大文字と小文字が区別され、 SAP Subscription Billing 属性名 唯一の例外は country 使用すべき場所 countryCode 代わりに、 SAP Subscription Billing は、アルファ —2(ISO 3166) 国コードをサポートしています。 値は大文字と小文字を区別し、0 ~ 3 文字の範囲で指定する必要があります。したがって、次のように定義されているとおりに指定する必要があります。そうしないと、エラーが発生します。 The country code {} does not exist または size must be between 0 and 3.

マップ mandatory 選択した顧客タイプの属性

必須の属性のマッピングは、 顧客のタイプ あなたが選んだ 必須の属性をマッピングするには、次のいずれかを選択します。

個人顧客
table 0-row-3 1-row-3 2-row-3
ソースフィールド ターゲットフィールド 必須
xdm: person.lastName Attribute: lastName
xdm: workAddress.countryCode Attribute: countryCode
企業顧客
table 0-row-3 1-row-3 2-row-3
ソースフィールド ターゲットフィールド 必須
xdm: b2b.companyName Attribute: company
xdm: workAddress.countryCode Attribute: countryCode

追加の属性のマッピング

その後、XDM プロファイルスキーマと SAP Subscription Billing スキーマ 顧客の属性を次に示します。

個人顧客
table 0-row-3 1-row-3 2-row-3 3-row-3
ソースフィールド ターゲットフィールド 必須
xdm: person.name.firstName Attribute: firstName ×
xdm: workAddress.street1 Attribute: street ×
xdm: workAddress.city Attribute: city ×

顧客が個人である、必須とオプションの両方の属性マッピングの例を次に示します。
顧客が個人である、必須とオプションの両方の属性マッピングの例を示す Platform UI からの画像。

企業顧客
table 0-row-3 1-row-3 2-row-3
ソースフィールド ターゲットフィールド 必須
xdm: workAddress.street1 Attribute: street ×
xdm: workAddress.city Attribute: city ×

顧客が会社である、必須とオプションの両方の属性マッピングの例を次に示します。
顧客が会社である、必須とオプションの属性マッピングの両方の例を示す Platform UI からの画像。

宛先接続のマッピングの指定が完了したら、「 」を選択します。 次へ.

オーディエンスのエクスポートと例のスケジュール設定 schedule-segment-export-example

実行時に、 オーディエンスの書き出しをスケジュール 手順に従い、Platform オーディエンスを手動で 属性 in SAP Subscription Billing.

以下に示すように、オーディエンスのエクスポートをスケジュール設定手順の例と SAP Commerce マッピング ID ハイライト表示されています。次に示します。
マッピング ID が入力された、スケジュールされたオーディエンスの書き出しを示す、プラットフォームからの画像。

これをおこなうには、各セグメントを選択し、次の場所からカスタム参照の名前を入力します。 SAP Subscription Billing (内) SAP Commerce マッピング ID 宛先コネクタフィールド。 カスタム参照の作成に関するガイダンスについては、 でのカスタム参照の作成 SAP Subscription Billing 」セクションに入力します。

IMPORTANT
カスタム参照ラベルを値として使用しないでください。
マッピングにカスタム参照ラベル値を使用しないことを示す画像。

例えば、選択したExperience Platformオーディエンスが sap_audience1 を更新し、そのステータスを SAP Subscription Billing カスタム参照 SAP_1を使用する場合は、この値を SAP_Commerce マッピング ID フィールドに入力します。

参照タイプ から SAP Subscription Billing は次のように表示されます。
SAP Subscription Billing でカスタム参照を作成する場所を示す画像。

オーディエンスを選択し、対応するオーディエンスを含む、オーディエンスのエクスポート手順の例 SAP Commerce マッピング ID ハイライト表示されています。次に示します。
マッピング ID が入力された、スケジュールされたオーディエンスの書き出しを示す、プラットフォームからの画像。

例えば、 マッピング ID フィールドは、 SAP Subscription Billing 参照タイプ の値を指定します。

アクティブ化された Platform オーディエンスごとに、この節を繰り返します。

2 つのオーディエンスを選択した上記の画像に基づいて、マッピングは次のようになります。 | SAP Commerce オーディエンス名 | SAP Subscription Billing 参照タイプ | SAP Commerce マッピング ID 値 | | — | — | — | | sap_audience1 | SAP_1 | SAP_1 | | SAP Audience2 | SAP_2 | SAP_2 |

データの書き出しを検証する exported-data

宛先が正しく設定されていることを検証するには、次の手順に従います。

にログインします。 SAP Subscription Billing アカウントに移動し、 連絡先 ページを開いて、オーディエンスのステータスを確認します。 このリストは、カスタム参照の列を表示し、対応するオーディエンスのステータスを表示するように設定できます。
顧客の概要ページを示す SAP Subscription Billing の画像。オーディエンス名とセルのオーディエンスのステータスを示す列ヘッダーが表示されます。

データの使用とガバナンス data-usage-governance

Adobe Experience Platform のすべての宛先は、データを処理する際のデータ使用ポリシーに準拠しています。Adobe Experience Platform がどのようにデータガバナンスを実施するかについて詳しくは、データガバナンスの概要を参照してください。

エラーとトラブルシューティング errors-and-troubleshooting

詳しくは、 SAP Subscription Billing エラータイプ 使用可能なエラータイプとその応答コードのリストに関するドキュメントページです。

その他のリソース additional-resources

以下に示すその他の役に立つ情報 SAP 以下のドキュメントです。

変更ログ

この節では、この宛先コネクタに対する機能の概要と重要なドキュメントの更新について説明します。

変更ログを表示
table 0-row-3 1-row-3 layout-auto
リリース月 更新タイプ 説明
2024年1月 初回リリース 宛先の初回リリースとドキュメントの公開。
recommendation-more-help
7f4d1967-bf93-4dba-9789-bb6b505339d6