Outreach 接続

概要 overview

Outreach は、世界で最も B2B のバイヤーとセラーのインタラクションデータを扱う Sales Execution Platform で、販売データをインテリジェンスに変換するための独自の AI テクノロジーへの大量の投資を行っています。Outreach は、組織がセールスエンゲージメントを自動化、収益インテリジェンスに基づいて行動し、効率、予測可能性、成長を向上させるのに役立ちます。

この Adobe Experience Platform 宛先 は、 リソース更新 API のアウトリーチ: Outreach.

Outreach は、認証付与を使用する OAuth 2 を、 Outreach Update Resource API. に対する認証手順 Outreach インスタンスは、以下、内 宛先に対する認証 」セクションに入力します。

ユースケース use-cases

マーケターは、Adobe Experience Platformプロファイルの属性に基づいて、見込み客にパーソナライズされたエクスペリエンスを提供できます。 オフラインデータからオーディエンスを構築し、そのオーディエンスをに送信できます。 Outreach:Adobe Experience Platformでオーディエンスとプロファイルが更新されるとすぐに、見込み客のフィードに表示されます。

前提条件 prerequisites

Experience Platform の前提条件 prerequisites-in-experience-platform

Outreach 宛先へのデータをアクティブ化する前に、スキーマデータセットおよびセグメントを Experience Platform で作成する必要があります。

詳しくは、Adobeのドキュメントを参照してください。 オーディエンスメンバーシップ詳細スキーマフィールドグループ オーディエンスのステータスに関するガイダンスが必要な場合は、を参照してください。

アウトリーチの前提条件 prerequisites-destination

Platform から Outreach アカウントにデータを書き出すには、Outreach で次の前提条件に注意してください。

Outreach アカウントが必要です prerequisites-account

次に移動: Outreach サインイン アカウントを登録および作成するページ(まだ存在しない場合)。 また、 Outreach サポート ページ を参照してください。

Outreach CRM 宛先に対して認証を行う前に、以下の項目をメモしておきます。

資格情報
説明
メール
お使いの Outreach アカウントの電子メール
パスワード
お使いの Outreach アカウントパスワード

カスタムフィールドラベルの設定 prerequisites-custom-fields

Outreach は、次のカスタムフィールドをサポートします: 見込み客. 参照: Outreach にカスタムフィールドを追加する方法 を参照してください。 識別しやすくするために、デフォルトを維持する代わりに、ラベルを対応するオーディエンス名に手動で更新することをお勧めします。 次に例を示します。

Outreach カスタムフィールドを表示する見込み客の設定ページです。
設定ページにカスタムフィールドを示す Outreach UI のスクリーンショット。

Outreach カスタムフィールドを表示する見込み客の設定ページ: 使いやすい オーディエンス名に一致するラベル。 これらのラベルに対して、見込み客ページでオーディエンスのステータスを表示できます。
設定ページ上に、カスタムフィールドと関連ラベルを示す Outreach UI のスクリーンショット。

NOTE
ラベル名は識別しやすいようにするためにのみ使用します。 これらは、見込み客を更新する際には使用されません。

ガードレール

The Outreach API には、ユーザーあたり 1 時間に 10,000 件のリクエストのレート制限があります。 この制限に達すると、 429 応答に次のメッセージが表示されます。 You have exceeded your permitted rate limit of 10,000; please try again at 2017-01-01T00:00:00..

このメッセージが表示された場合は、レートしきい値に従ってオーディエンスの書き出しスケジュールを更新する必要があります。

詳しくは、 Outreach ドキュメント を参照してください。

サポートされる ID supported-identities

Outreach では、以下の表で説明する ID の更新をサポートしています。ID についての詳細情報。

ターゲット ID
説明
注意点
OutreachId
  • Outreach 識別子。 これは、見込み客のプロファイルに対応する数値です。
  • ID は、 Outreach 更新中の見込み客の URL。
  • 詳しくは、Outreach ドキュメントを参照してください。
必須

書き出しのタイプと頻度 export-type-frequency

宛先の書き出しのタイプと頻度について詳しくは、以下の表を参照してください。

項目
タイプ
メモ
書き出しタイプ
プロファイルベース
  • セグメントのすべてのメンバーを、フィールドマッピングに従って、必要なスキーマフィールドと共に書き出します​ (例:メールアドレス、電話番号、姓)
  • 各セグメントのステータス ( Outreach は、 マッピング ID 期間中に指定された値 オーディエンススケジュール 手順
書き出し頻度
ストリーミング
  • ストリーミングの宛先は常に、API ベースの接続です。オーディエンス評価に基づいて Experience Platform 内でプロファイルが更新されるとすぐに、コネクタは更新を宛先プラットフォームに送信します。詳しくは、ストリーミングの宛先を参照してください。

宛先への接続 connect

IMPORTANT
宛先に接続するには、宛先の管理 アクセス制御権限が必要です。詳しくは、アクセス制御の概要または製品管理者に問い合わせて、必要な権限を取得してください。

この宛先に接続するには、宛先設定のチュートリアルの手順に従ってください。宛先の設定ワークフローで、以下の 2 つのセクションにリストされているフィールドに入力します。

宛先カタログ ​内で Outreach を検索します。または、CRM カテゴリの下に表示されます。

宛先に対する認証 authenticate

宛先を認証するには、「 」を選択します。 宛先に接続.

Outreach に対する認証方法を示す Platform UI のスクリーンショット。

次の項目が表示されます。 Outreach ログインページ。 電子メールを入力します。

Outreach に対して認証する電子メールを入力するフィールドを示す Outreach UI のスクリーンショット。

次に、パスワードを入力します。

Outreach に対する認証を行うためのパスワード入力手順を示す Outreach UI のスクリーンショット。

  • ユーザー名: Outreach アカウントの電子メール。
  • パスワード: Outreach アカウントのパスワード。

指定した詳細が有効な場合、UI で​ 接続済み ​ステータスに緑色のチェックマークが付きます。その後、次の手順に進むことができます。

宛先の詳細を入力 destination-details

宛先の詳細を設定するには、以下の必須フィールドとオプションフィールドに入力します。UI のフィールドの横にアスタリスクが表示される場合は、そのフィールドが必須であることを示します。
Outreach の宛先の詳細を入力する方法を示す Platform UI のスクリーンショット。

  • 名前:今後この宛先を認識するための名前。
  • 説明:今後この宛先を識別するのに役立つ説明。

アラートの有効化 enable-alerts

アラートを有効にすると、宛先へのデータフローのステータスに関する通知を受け取ることができます。リストからアラートを選択して、データフローのステータスに関する通知を受け取るよう登録します。アラートについて詳しくは、UI を使用した宛先アラートの購読についてのガイドを参照してください。

宛先接続の詳細の入力を終えたら「次へ」を選択します。

この宛先に対してオーディエンスをアクティブ化 activate

IMPORTANT
  • データをアクティブ化するには、 宛先の表示, 宛先のアクティブ化, プロファイルの表示、および セグメントを表示 アクセス制御権限. アクセス制御の概要を参照するか、製品管理者に問い合わせて必要な権限を取得してください。
  • 書き出す idID グラフを表示 アクセス制御権限.
    ワークフローでハイライト表示された ID 名前空間を選択して、宛先に対するオーディエンスをアクティブ化します。 {width="100" modal="regular"}

この宛先にオーディエンスをアクティベートする手順は、ストリーミングオーディエンスの書き出し宛先へのプロファイルとオーディエンスのアクティベートを参照してください。

マッピングの考慮事項と例 mapping-considerations-example

Adobe Experience Platform から Outreach 宛先にオーディエンスデータを正しく送信するには、フィールドマッピングの手順を実行する必要があります。マッピングは、Platform アカウント内の Experience Data Model(XDM)スキーマフィールドと、ターゲット宛先から対応する同等のスキーマフィールドとの間にリンクを作成して構成されます。 XDM フィールドを Outreach 宛先フィールドに正しくマッピングするには、次の手順に従います。

  1. Adobe Analytics の マッピング ステップ、クリック 新しいマッピングを追加. 画面に新しいマッピング行が表示されます。
    新しいマッピングを追加する方法を示す Platform UI のスクリーンショット

  2. Adobe Analytics の ソースフィールドを選択 ウィンドウで、 ID 名前空間を選択 」カテゴリに追加し、目的のマッピングを追加します。
    ソースマッピングを示した Platform UI のスクリーンショット

  3. ターゲットフィールドを選択ウィンドウで、ソースフィールドにマッピングするターゲットフィールドのタイプを選択します。

    • ID 名前空間を選択:このオプションを選択して、ソースフィールドをリストから ID 名前空間にマッピングします。

      OutreachId を使用した Target マッピングを示した Platform UI のスクリーンショット。

    • XDM プロファイルスキーマと Outreach インスタンスの間の次のマッピングを追加:
      |XDM プロファイルスキーマ|Outreach インスタンス| 必須|
      |—|—|—|
      |Oid|OutreachId| はい |

    • カスタム属性を選択:このオプションを選択して、「属性名」フィールドに定義するカスタム属性にマッピングするソースフィールドを選択します。参照: Outreach 見込み客向けドキュメント を参照してください。

      LastName を使用した Target マッピングを示した Platform UI のスクリーンショット。

    • 例えば、更新する値に応じて、XDM プロファイルスキーマと Outreach インスタンス: |XDM プロファイルスキーマ|Outreach インスタンス| |—|—| |person.name.firstName|firstName| |person.name.lastName|lastName|

    • これらのマッピングの使用例を次に示します。

      ターゲットマッピングを示した Platform UI のスクリーンショットの例。

オーディエンスのエクスポートと例のスケジュール設定 schedule-segment-export-example

  • 実行時に、 オーディエンスの書き出しをスケジュール 手順 Platform オーディエンスを、 Outreach.

  • これをおこなうには、各セグメントを選択し、 カスタムフィールド N ラベル ~から離れる Outreach (内) マッピング ID フィールドに入力します。

    note important
    IMPORTANT
    • 数値 (N) 内で使用される マッピング ID は、の数値でサフィックスが付いたカスタム属性キーに一致する必要があります Outreach. 例: カスタムフィールド N ラベル.
    • 指定する必要があるのは数値のみで、カスタムフィールドのラベル全体は指定できません。
    • Outreach では、最大 150 個のカスタムラベルフィールドをサポートしています。
    • 参照: Outreach 見込み客向けドキュメント 」を参照してください。
    • 以下に例を示します。

      table 0-row-2 1-row-2
      Outreach フィールド プラットフォームマッピング ID
      カスタムフィールド 4 ラベル 4

      スケジュールオーディエンスの書き出し中のマッピング ID の例を示した Platform UI のスクリーンショット。

データの書き出しを検証する exported-data

宛先が正しく設定されていることを検証するには、次の手順に従います。

  1. 宛先参照 を選択して、宛先のリストに移動します。
    宛先の参照を示す Platform UI のスクリーンショット。

  2. 宛先を選択し、ステータスが「 有効」であることを確認します。
    選択した宛先の宛先データフロー実行を示す Platform UI のスクリーンショット。

  3. 次に切り替え: Activation data 」タブをクリックし、オーディエンス名を選択します。
    宛先のアクティベーションデータを示した Platform UI のスクリーンショット。

  4. オーディエンスの概要を監視し、プロファイルの数がセグメント内で作成された数に対応していることを確認します。
    セグメントの概要を示す Platform UI のスクリーンショット。

  5. にログインします。 Outreach web サイトに移動し、 Apps > Contacts ページを開き、オーディエンスからのプロファイルが追加されたかどうかを確認します。 各オーディエンスのステータスは、 Outreach は、 マッピング ID 期間中に指定された値 オーディエンススケジュール 手順

Outreach UI のスクリーンショットに、Outreach の見込み客ページと、更新されたオーディエンスのステータスが表示されています。

データの使用とガバナンス data-usage-governance

Adobe Experience Platform のすべての宛先は、データを処理する際のデータ使用ポリシーに準拠しています。Adobe Experience Platform がどのようにデータガバナンスを実施するかについて詳しくは、データガバナンスの概要を参照してください。

エラーとトラブルシューティング errors-and-troubleshooting

データフローの実行をチェックする際に、次のエラーメッセージが表示される場合があります。 Bad request reported while pushing events to the destination. Please contact the administrator and try again.

無効なリクエストエラーを示す Platform UI のスクリーンショット。

このエラーを修正するには、 マッピング ID Platform で指定した Outreach オーディエンスが有効で、次に存在する Outreach.

その他のリソース additional-resources

The Outreach ドキュメント には、の詳細があります エラー応答 問題のデバッグに使用できます。

recommendation-more-help
7f4d1967-bf93-4dba-9789-bb6b505339d6