Vanish を使用したキャッシュの消去

このトピックでは、Adobe CommerceとMagento Open Sourceの Web キャッシュアクセラレーターとして Vanrish を使用する際の基本について説明します。

ワニスのパージ

基準 Vanish 文書、「A」 パージ キャッシュからオブジェクトを選択し、そのバリアントと共に破棄すると、何が起こるかを示します。 ワニスのパージは、キャッシュのクリーンコマンド ( または、 フラッシュMagentoキャッシュ (管理者)。

実際、Commerce キャッシュをクリーンアップ、フラッシュ、または更新すると、Vanish も削除されます。

Commerce と連携するように Vanrish をインストールして設定した後、次の操作を行うと、Varnish がパージされる場合があります。

  • Web サイトの保守。

    例えば、次の場所の管理者でおこなった操作の例です。

    • ストア > 設定 > 設定 /一般 > 一般
    • ストア > 設定 > 設定 /一般 > 通貨の設定
    • ストア > 設定 > 設定 /一般 > 電子メールアドレスを保存

    Commerce がそのような変更を検出すると、キャッシュを更新するよう通知するメッセージが表示されます。

  • 店舗の保守(例えば、カテゴリ、価格、製品、プロモーションの価格ルールの追加や編集)。

    ワニスは、次のタスクを実行すると自動的にパージされます。

  • ソースコードの保守。

    キャッシュを更新し、定期的に generated/code および generated/metadata ディレクトリ。 キャッシュの更新について詳しくは、次の節を参照してください。

Vanish をパージするように Commerce を設定

Commerce は、Vanish ホストを magento setup:config:set コマンドを使用します。

オプションのパラメーターを使用できます --http-cache-hosts Vanish ホストとリッスンポートのコンマ区切りリストを指定するためのパラメータ。 Vanish ホストを 1 つでも複数でも構成します。 (ホストをスペース文字で区切らないでください)。

パラメーターの形式は次のようにする必要があります。 <hostname or ip>:<listen port>を指定します。ここで、 <listen port> (ポート 80 の場合)

以下に例を挙げます。

bin/magento setup:config:set --http-cache-hosts=192.0.2.100,192.0.2.155:6081

その後、コマースキャッシュを更新すると、Vanish ホストをパージできます ( クリーニング キャッシュ ) を管理者またはコマンドラインで使用します。

管理者を使用してキャッシュを更新するには、 SYSTEM /ツール/ キャッシュ管理 ​を選択し、次に フラッシュMagentoキャッシュ をクリックします。 (個々のキャッシュタイプを更新することもできます)。

コマンドラインを使用してキャッシュを更新するには、通常、 magento cache:clean <type> コマンドを ファイルシステム所有者.

recommendation-more-help
386822bd-e32c-40a8-81c2-ed90ad1e198c