キャッシュの管理

WARNING
すべてのMagento CLI コマンドは、 ファイルシステム所有者.

キャッシュタイプ

Adobe Commerceのキャッシュ管理システムを使用すると、サイトのパフォーマンスを向上させることができます。 ここでは、Commerce アプリケーションサーバーへのアクセス権を持つシステム管理者または開発者がコマンドラインからキャッシュを管理する方法について説明します。

NOTE
コマースサイト管理者は、キャッシュ管理システムツールを使用して、管理者からキャッシュを管理できます。 参照: キャッシュ管理 が含まれる 管理システムガイド.

キャッシュステータスの表示

Commerce アプリケーションサーバーのコマンドラインから、 cache:status Commerce CLI コマンド。

   bin/magento cache:status

次に例を示します。

Current status:
                        config: 1
                        layout: 1
                    block_html: 1
                   collections: 1
                    reflection: 1
                        db_ddl: 1
               compiled_config: 1
             webhooks_response: 1
                           eav: 1
         customer_notification: 1
 graphql_query_resolver_result: 1
            config_integration: 1
        config_integration_api: 1
                  admin_ui_sdk: 1
                     full_page: 1
                   target_rule: 1
             config_webservice: 1
                     translate: 1
TIP
Adobe Commerceでサポートされるデフォルトのキャッシュタイプについて詳しくは、以下を参照してください キャッシュ が含まれる 管理システムガイド.

キャッシュタイプを有効または無効にする

このコマンドを使用すると、すべてのキャッシュ タイプまたは指定したキャッシュ タイプのみを有効または無効にできます。 キャッシュタイプを無効にすると、キャッシュをフラッシュしなくても変更の結果が確認できるので、開発時に便利です。ただし、キャッシュタイプを無効にすると、パフォーマンスに悪影響が出ます。

INFO
バージョン 2.2 以降では、Commerceを実稼働モードで実行している場合に、コマンドラインを使用してのみキャッシュタイプを有効または無効にできます。 Commerceを開発者モードで実行している場合は、コマンドラインまたは手動でキャッシュタイプを有効または無効にできます。 その前に、手動で以下を行う必要があります <magento_root>/app/etc/env.php によって書き込み可能 ファイルシステム所有者.

クリーンアップは(以下とも呼ばれます フラッシュ または 更新)、コマンドラインまたは管理者を使用してタイプをキャッシュします。

コマンドオプション:

bin/magento cache:enable [type] ... [type]
bin/magento cache:disable [type] ... [type]

省略する場合 [type] すべてのキャッシュの種類を同時に有効または無効にします。 この type オプションは、キャッシュタイプのスペース区切りのリストです。

キャッシュのタイプとそのステータスを表示するには:

bin/magento cache:status

例えば、フルページキャッシュと DDL キャッシュを無効にするには、次の手順を実行します。

bin/magento cache:disable db_ddl full_page

結果の例:

   Changed cache status:
       db_ddl: 1 -> 0
    full_page: 1 -> 0
INFO
キャッシュ・タイプを有効にすると、そのキャッシュ・タイプは自動的にクリアされます。
INFO
バージョン 2.3.4 以降、Commerceは、取得時にすべてのシステム EAV 属性をキャッシュします。 この方法で EAV 属性をキャッシュすると、DB に対する挿入/選択リクエストの量が減少するため、パフォーマンスが向上します。 ただし、キャッシュネットワークのサイズも大きくなります。 開発者は、 bin/magento config:set dev/caching/cache_user_defined_attributes 1 コマンド。 この操作は、での管理者からも実行できます 開発者モード 設定による ストア > 設定 設定 > 詳細 > 開発者 > キャッシュ設定 > ユーザー定義属性をキャッシュする 対象: はい.

キャッシュタイプのクリーンアップとフラッシュ

NOTE
複数ページのキャッシュを同時かつ自動的に無効化できる なし これらのエンティティを編集しています。 例えば、カタログ内のいずれかの製品がどのカテゴリに割り当てられているか、または related product rule が変更されました。

古い項目をキャッシュからパージするには、次の操作を実行します クリーン または フラッシュ キャッシュの種類:

  • キャッシュタイプをクリーンアップすると、有効なCommerce キャッシュタイプからのみ、すべての項目が削除されます。 つまり、このオプションは、Commerceが使用するキャッシュのみをクリーンアップするので、他のプロセスやアプリケーションには影響しません。

    無効なキャッシュタイプは消去されません。

    note tip
    TIP
    Adobe Commerceのバージョンのアップグレード、モジュールからAdobe Commerceへのアップグレード、Adobe Commerceまたは任意のMagento Open Source用の B2B のインストールの後は、必ずキャッシュをクリーンアップしてください。
  • キャッシュタイプをフラッシュすると、キャッシュストレージがパージされ、同じストレージを使用している他のプロセスアプリケーションに影響を与える可能性があります。

キャッシュのクリーニングを既に試しても、まだ特定できない問題が発生している場合は、キャッシュタイプをフラッシュします。

コマンドの使用法:

   bin/magento cache:clean [type] ... [type]
   bin/magento cache:flush [type] ... [type]

ここで、 [type] は、キャッシュタイプのスペース区切りのリストです。 省略 [type] すべてのキャッシュ タイプを同時にクリーンアップまたはフラッシュします。 例えば、すべてのキャッシュタイプをフラッシュするには、と入力します。

   bin/magento cache:flush

結果の例:

   Flushed cache types:
   config
   layout
   block_html
   collections
   reflection
   db_ddl
   compiled_config
   eav
   customer_notification
   config_integration
   config_integration_api
   full_page
   graphql_query_resolver_results
   config_webservice
   translate
TIP
また、管理画面でキャッシュタイプのクリーンアップやフラッシュを行うこともできます。 に移動 システム > ツール > キャッシュ管理. キャッシュストレージをフラッシュ 次と同じ bin/magento cache:flush. Magentoキャッシュのフラッシュ 次と同じ bin/magento cache:clean.
recommendation-more-help
386822bd-e32c-40a8-81c2-ed90ad1e198c