設定を読み込み

WARNING
すべてのMagento CLI コマンドは、 ファイルシステム所有者.

コマース 2.2 を使用して実稼動システムを設定する場合 パイプラインデプロイメントモデルを選択し、 インポート 次の設定から config.php および env.php をデータベースに追加します。
これらの設定には、設定パスと値、Web サイト、ストア、ストア表示、テーマが含まれます。

Web サイト、ストア、ストアの表示、テーマを読み込んだ後、製品属性を作成し、実稼動システム上の Web サイト、ストア、ストアの表示に適用できます。

INFO
The bin/magento app:config:import コマンドは、環境変数に格納された設定を処理しません。

インポートコマンド

実稼動システムで、次のコマンドを実行して設定ファイル (config.php および env.php) をデータベースに追加します。

bin/magento app:config:import [-n, --no-interaction]

オプションの [-n, --no-interaction] フラグを設定して、何の操作もおこなわずにデータを読み込みます。

次を入力すると、 bin/magento app:config:import オプションのフラグがない場合は、変更を確定する必要があります。

例えば、設定ファイルに新しい Web サイトと新しいストアが 1 つ含まれている場合、次のメッセージが表示されます。

These Websites will be created: New Website
These Groups will be created: New Store
Do you want to continue [yes/no]?

インポートを続行するには、 yes.

デプロイメント設定ファイルにインポートするデータが含まれている場合は、次のようなメッセージが表示されます。

Start import:
Some information about importing

デプロイメント設定ファイルにインポートするデータが含まれていない場合は、次のようなメッセージが表示されます。

Start import:
Nothing to import

インポートする内容

次の節では、インポートするデータの詳細について説明します。

システム設定

Commerce は、 system 配列を config.php または env.php ファイルを読み込む代わりに、ファイルを読み込むことをお勧めします。これは、いくつかの前処理アクションと後処理アクションが必要になるからです。

例えば、設定パスの値 web/secure/base_url は、バックエンドモデルで検証する必要があります。

バックエンドモデル

バックエンドモデルは、システム設定の変更を処理するメカニズムです。
バックエンドモジュールは、 <module_name>/adminhtml/system.xml.

すべてのバックエンドモデルは、 Magento\Framework\App\Config\Value クラス。

バックエンドモデルを読み込む際には、設定値は保存しません。

Web サイト、ストア、およびストアグループの設定

次のタイプの設定を読み込みます。
( これらの設定は、 scopes 配列 config.php.)

  • websites: Web サイト関連の設定
  • groups:関連する設定を格納します
  • stores:ストアビュー関連の設定

前述の設定は、次のモードで読み込むことができます。

  • create: config.php 新しいエンティティ (websites, groups, stores) が実稼動環境に存在しない
  • update: config.php エンティティ (websites, groups, stores) と呼ばれ、実稼動環境とは異なる
  • delete: config.php は、 not エンティティ (websites, groups, stores) が実稼動環境に存在する
INFO
ストアに関連付けられたルートカテゴリはインポートされません。 コマース管理を使用して、ルートカテゴリをストアに関連付ける必要があります。

テーマの設定

テーマの設定には、コマースシステムに登録されているすべてのテーマが含まれます。データは、 theme データベーステーブル。 ( テーマの設定は themes 配列 config.php.)

テーマデータの構造

配列のキーは完全なテーマパスです。 area + theme path

例: frontend/Magento/luma.
frontend 領域および Magento/luma はテーマのパスです。

配列の値は、テーマに関するデータ(コード、タイトル、パス、親 ID)です

完全な例:

'frontend/Magento/luma' =>
   array (
      'parent_id' => 'Magento/blank',
      'theme_path' => 'Magento/luma',
      'theme_title' => 'Magento Luma',
      'is_featured' => '0',
      'area' => 'frontend',
      'type' => '0',
      'code' => 'Magento/luma',
),
INFO
  • テーマの登録. テーマデータが config.php しかし、テーマのソースコードはファイルシステムに存在しないので、そのテーマは無視されます(つまり、登録されていません)。
  • テーマの削除. テーマがに存在しない場合 config.php ただし、ソースコードはファイルシステム上に存在し、テーマは削除されません。
recommendation-more-help
386822bd-e32c-40a8-81c2-ed90ad1e198c