データベースアクティビティを記録

次の例は、 Magento\Framework\DB\LoggerInterface。これには 2 つの実装があります。

TIP
Commerce CLI を使用して、次のことができます データベース ログを有効または無効にする.

のデフォルト設定を変更するには \Magento\Framework\DB\Logger\LoggerProxy、を編集 app/etc/di.xml.

まず、のデフォルト値を変更します。 loggerAlias および logCallStack 引数:

<type name="Magento\Framework\DB\Logger\LoggerProxy">
    <arguments>
        <argument name="loggerAlias" xsi:type="const">Magento\Framework\DB\Logger\LoggerProxy::LOGGER_ALIAS_FILE</argument>
        <argument name="logAllQueries" xsi:type="init_parameter">Magento\Framework\Config\ConfigOptionsListConstants::CONFIG_PATH_DB_LOGGER_LOG_EVERYTHING</argument>
        <argument name="logQueryTime" xsi:type="init_parameter">Magento\Framework\Config\ConfigOptionsListConstants::CONFIG_PATH_DB_LOGGER_QUERY_TIME_THRESHOLD</argument>
        <argument name="logCallStack" xsi:type="boolean">false</argument>
    </arguments>
</type>

その後、のファイルパスを指定します Magento\Framework\DB\Logger\File:

<type name="Magento\Framework\DB\Logger\File">
    <arguments>
        <argument name="debugFile" xsi:type="string">log/db.log</argument>
    </arguments>
</type>

最後に、以下を使用してコードをコンパイルします。

bin/magento setup:di:compile

次のようにキャッシュをクリーンアップします。

bin/magento cache:clean
recommendation-more-help
386822bd-e32c-40a8-81c2-ed90ad1e198c