コードコンパイラー

WARNING
すべてのMagentoCLI コマンドは、 ファイル・システムのオーナーによって実行される必要があります。

コードのコンパイルには、以下が含まれます(特定の順序ではありません)。

  • アプリケーションコードの生成(ファクトリ、プロキシ)
  • エリア設定の集計(エリアごとの依存関係のインジェクション設定の最適化)
  • インターセプターの生成(インターセプターのコード生成を最適化)
  • 傍受キャッシュの生成
  • リポジトリーコード生成(API 用に生成されたコード)
  • サービスデータ属性の生成(データオブジェクト用に生成された拡張クラス)

コード コンパイル クラスは、\Magento\Setup\Module\Di\App\Task\Operation 名前空間にあります。

シングルテナントコンパイラーを実行するには:

bin/magento setup:di:compile
Generated code and dependency injection configuration successfully.

Commerce アプリケーションのインストール前にコードをコンパイルするには:

場合によっては、Commerce アプリケーションをインストールする前にコードをコンパイルする必要があります。

  1. モジュールを有効にします。

    code language-bash
    bin/magento module:enable --all [-c|--clear-static-content]
    

    静的コンテンツをクリアするには、[-c|--clear-static-content] オプションを使用します。 これは、以前にモジュールを有効または無効にしていて、以前にモジュールに対して生成された静的コンテンツをクリアする必要がある場合に必要です。

    モジュールの有効化を参照してください。

  2. コードをコンパイルします。

    code language-bash
    bin/magento setup:di:compile
    
    code language-terminal
    Generated code and dependency injection configuration successfully.
    

データベースを使用せずにコードをコンパイルするには、Magentoをインストールせずに静的ビューファイルをデプロイするを参照してください。

recommendation-more-help
386822bd-e32c-40a8-81c2-ed90ad1e198c