アクティビティ

でのアクティビティ Adobe Target では、特定のオーディエンス対してコンテンツをパーソナライズし、ページのデザインをテストできます。

例えば、夏用の婦人靴の情報をハイライトするランディングページと夏用の一般衣料をハイライトする別のランディングページの 2 つをテストするアクティビティを作成できます。アクティビティによって、これらの各ランディングページをいつ表示するかを制御する条件や、成功度の高いページを判断する指標を定義できます。アクティビティは、特定の条件が満たされたときに開始および終了するよう設定できます。例えば、具体的な日付の範囲による期間の設定や、アクティビティが承認されたときに開始し非アクティブになったときに終了する設定ができます。

アクティビティを作成する際は、入念な計画が必要です。アクティビティの開始時刻と期間を指定します。 その後、オファーの一覧を作成し、それぞれにターゲットとなるオーディエンスを割り当てます。

アクティビティリスト section_DE8E2DB30D534962A931EF8BB48240F5

この Activities リストは、を開いたときのデフォルトのビューです Target. このページからアクティビティを作成し、既存のアクティビティを管理できます。

を表示することもできます Activities 「」をクリックしてリストを表示する Activities 上部のタブ Target UI。

アクティビティリスト

この Activities リストでは、すべてのアクティビティの概要が表示され、様々なアクションを実行できます。

要素
説明
左側のナビゲーションパネル
保存済みまたはライブアクティビティと失敗または ドラフトアクティビティ.

Show filters アイコン

フィルターアイコンを表示

「」をクリックしてフィルターにアクセスする Show Filters アイコンがリスト上部付近に表示されます。

詳しくは、を参照してください アクティビティリストへのフィルターの適用 下。

検索ボックス
アクティビティをすばやく見つけたり、 Activity リスト。 次から検索できます Name, URL、または ID.
Create Activity

アクティビティを作成します。 様々なアクティビティタイプの作成について詳しくは、以下を参照してください。

各タイプの詳細については、を参照してください アクティビティタイプ 下。

Create mobile preview link

その他のアクションメニュー

使用方法 モバイルプレビューリンク モバイルアプリアクティビティのエンドツーエンドの QA を容易に実行する。

「」をクリックします その他のオプション アイコン(垂直省略記号)をクリックし、 モバイルプレビューリンクを作成 ​次に、モバイルでテストするアクティビティを選択します。

テーブルをカスタマイズ

「テーブルをカスタマイズ」アイコン

に表示する列の変更 Activity 「」をクリックしてリストを表示する Customize Table アイコンをクリックし、目的の列を選択または選択解除します。

変更内容はアカウントに適用され、からログアウトした後もアクティブです Target.

一括操作チェックボックス

すべてのアクティビティまたは選択したアクティビティで一括操作を実行します。

使用可能なアクションのリストについては(権限とアクティビティのステータスに応じて)を参照してください。 クイックアクションの実行 下。

Type

アクティビティタイプ。 この Type 列を使用すると、タイプ別に各アクティビティをすばやく識別できます。

  • AB-M:手動 A/B Test
  • AB-AA: Auto-Allocate
  • AB-AT: Auto-Target
  • アプリ: Automated Personalization
  • XT: Experience Targeting
  • MVT: Multivariate Test
  • レコード : Recommendations

各タイプの詳細については、を参照してください アクティビティタイプ 下。

Name

アクティビティの名前。 アクティビティ名をクリックすると、そのアクティビティが表示されます Overview ページ。

「」をクリックします Quick Info 各アクティビティ名の横にあるアイコンをクリックすると、そのアクティビティの詳細がポップアップカードに表示されます。

「」をクリックします More actions 各アクティビティ名の横にあるアイコン(水平省略記号)をクリックすると、アクティビティに対してクイックアクションを実行できるメニューが開きます。 使用できるアクションは次のとおりです(権限とアクティビティのステータスによって異なります)。 Edit, Activate, Deactivate, Copy, Delete、および Archive. 各アクションの詳細については、を参照してください クイックアクションの実行 下。

テーブルのヘッダーをクリックすると、名前の昇順または降順でアルファベット順にリストを並べ替えることができます。

Status

アクティビティのステータスは、次のいずれかになります。

  • ライブ:アクティビティは現在実行中です。
  • ドラフト:アクティビティの設定が開始されましたが、アクティビティはにあります ドラフトモード およびはまだ実行する準備ができていません。
  • スケジュール済み:アクティビティは、指定された開始日時になるとアクティブ化されます。
  • 非アクティブ:アクティビティは一時停止しているか、非アクティブになっています。
  • 同期中:アクティビティが保存され、に同期されています Target 配信ネットワーク。
  • 終了:指定されたアクティビティの終了日時に達し、アクティビティが提供されなくなった。
  • アーカイブ済み: アクティビティはアーカイブされています。アーカイブ済みアクティビティをアクティブ化して、再度使用することができます。

注意:の外部でアクティビティをアクティブ化するなど、特定のアクションを実行する場合 Target UI で API メソッドを使用する場合、更新がに反映されるまで最大 10 分かかる場合があります Target UI。

Last Updated

アクティビティが最後に更新された日時。

テーブルのヘッダーをクリックして、日付順で昇順または降順にリストを並べ替えます。

Priority

アクティビティの優先度。

優先度は、同じロケーションの同じオーディエンスに複数のアクティビティが割り当てられた場合に使用されます。ロケーションに 2 つ以上のアクティビティが割り当てられている場合、優先度の最も高いものが表示されます。

状況によって 設定, Target の UI とオプション Priority 変化する。 従来の「低」、「中」、「高」の各設定も使用できますが、0 から 999 の値を入力して詳細な優先度を設定することもできます。

Property

アクティビティのプロパティを表示します。

エンタープライズユーザー権限はです Target Premium 機能

Estimated Lift in Revenue

100%のオーディエンスが勝者エクスペリエンスを閲覧した場合に予測される売上高の増加を表示します。

以下の数式を使用して計算します。

(<winning experience> - <control experience>)*<total number of visitors>

この数字は、短縮形の表記で小数点の前が 1 桁だけの場合、最大で小数第 1 位に丸められます。例:$1.6M、$60K、$900、$8.5K、$205K

勝者となる十分なデータがない、またはコストの見積もりがないアクティビティの場合、このコラムには「—」と表示されます。

詳しくは、「売上高情報の予測」を参照してください。

Source
アクティビティが作成された場所を示します。 Adobe Target, ADOBE TARGET API, Adobe Experience Platform, Adobe Experience Manager、または Mobile Services のAdobe.
Location

アクティビティの URL は、アクティビティが表示される場所を示します。この列を使用すると、アクティビティをすばやく識別して、特定のページで既にアクティビティが実行されているかどうかを判断できます。

1 つのアクティビティを複数の URL で実行する場合、リンクには、使用される URL の数が表示されます。 該当するアクティビティのすべての URL のリストを表示するには、このリンクをクリックします。

URL に基づいて検索できます。 検索ボックスの横にあるドロップダウンリストを使用して、以下の項目を選択します。 URL.

作成者
アクティビティを作成したユーザーの名前。
Decisioning Method
各アクティビティで使用される判定方法: サーバー側 または クライアントサイド.

アクティビティのタイプ types

Target には、複数のアクティビティタイプが含まれます。 次の表は、各アクティビティタイプの概要と学習に役立つリンクを示しています。目的に合わせて最適なアクティビティタイプを選択できるように、Adobe Target Activities ガイドも作成しました。

アクティビティタイプ
説明
A/B テスト
A/B テストでは、複数のバージョンの web サイトコンテンツを比較し、事前に指定したテスト期間中に、どのバージョンがコンバージョンを最も多く増やすことができるのかを確認できます。
自動配分
Auto-AllocateA/B テストの一種で、複数のエクスペリエンスの中から勝者を特定し、より多くのトラフィックをその勝者に自動的に再割り当てしてコンバージョンを増やし、その間もテストによる学習と実行を継続します。

自動ターゲット

Target Premium

A/B テストの一種である自動ターゲットは、高度な機械学習を使用して、マーケターが定義した複数の高パフォーマンスのエクスペリエンスを特定し、個々の顧客のプロファイルと類似プロファイルを持つ以前の訪問者の行動に基づいて各訪問者に最適なエクスペリエンスを提供して、コンテンツをパーソナライズしコンバージョンを促進します。
多変量分析テスト
Multivariate Testing (MVT)はページ上の要素内のオファーの組み合わせを比較し、特定のオーディエンスに対して最も効果が高い組み合わせと、アクティビティの成功に最も効果が高い要素を特定します。
エクスペリエンスのターゲット設定
Experience Targeting (XT)は、マーケターが定義した一連のルールや条件を基にして、特定のオーディエンスにコンテンツを配信します。

Automated Personalization

Target Premium

Automated Personalization (AP)は、オファーやメッセージを組み合わせ、高度な機械学習を使用して、個々の顧客プロファイルに基づいて各訪問者に様々なバリエーションをマッチさせ、コンテンツをパーソナライズしてコンバージョンを促進します。

Recommendations

Target Premium

レコメンデーションは、サイト上の訪問者のアクティビティに応じて、web サイトの訪問者に製品を提案する方法を決定します。

例えば、リュックサックを購入した顧客に対して、ハイキングシューズやトレッキング用のステッキの購入を提案できます。特定の商品を購入した顧客が購入している他の商品を特定できるアルゴリズムを使用して、多くの場合同時に購入されている商品を示すレコメンデーションを作成できます。または、「これを閲覧したユーザー」アルゴリズムを使用して、訪問者が視聴しているビデオに類似したビデオをレコメンデーションすることで、メディアサイトにより多くの時間を費やすよう促すことができます。

メモ:内にレコメンデーションを含めることもできます A/B Test, Auto-Allocate, Auto-Target、および Experience Targeting (XT) アクティビティ。 詳しくは、オファーとしての Recommendations を参照してください。この機能を使用するには、Target Premium ライセンスが必要です。

アクティビティリストへのフィルターの適用 filters

「」をクリックしてフィルターにアクセスする Show Filters アイコンがリスト上部付近に表示されます。

フィルターオプション

メニューでは、次の属性でアクティビティをフィルタリングできます。 |属性|詳細| | — | — | |Type|フィルター条件: アクティビティタイプ.| |Status|アクティビティの状態でフィルターします。| |Reporting Source|レポートソースでフィルタリングします。

  • Analytics:を使用するアクティビティの表示 Analytics for Target レポートソースとしての(A4T)。
  • Target:を使用するアクティビティの表示 Target をレポートソースとして使用します。
  • Customer Journey Analytics:を使用するアクティビティの表示 Adobe Customer Analytics をレポートソースとして使用します。

| |Experience Composer|アクティビティの作成中に Experience Composer が使用されたフィルター:

  • ビジュアル:を使用して作成されたアクティビティを表示 Visual Experience Composer (VEC)。
  • フォームベース:を使用して作成されたアクティビティを表示 Form-Based Experience Composer.

| |Metrics Type|次の条件でフィルター 成功指標 は、アクティビティの作成時に選択されました。

  • コンバージョン
  • 売上高
  • エンゲージメント

| |Decisioning Method|各アクティビティで使用される判定方法でフィルタリングします

  • サーバー側:サーバー側判定を使用するアクティビティを表示します。
  • クライアントサイド:クライアントサイド決定を使用するアクティビティを表示します。

| |Activity Source|各アクティビティの作成に使用されるアクティビティソースでフィルタリングします。

| |Property|フィルター基準: プロパティ アクティビティが作成された。|

クイックアクションの実行 quick-actions

「」をクリックします More actions 各アクティビティ名の横にあるアイコン(水平省略記号)をクリックすると、アクティビティに対してクイックアクションを実行できるメニューが開きます。

クイックアクションオプション

使用できるアクションは次のとおりです(権限とアクティビティのステータスによって異なります)。

アクション
説明
Edit

アクティビティを変更します。どのアクティビティも編集できます。

アクティビティを編集する様々な方法について詳しくは、を参照してください。 アクティビティを編集またはドラフトとして保存.

Deactivate

ライブまたは日時指定のアクティビティを停止します。非アクティブ化されたアクティビティは、再アクティブ化またはアーカイブできます。

アクティビティを非アクティブ化またはアーカイブした後に再度アクティブ化した場合、非アクティブ化またはアーカイブ以前からアクティビティに含まれていた訪問者は、再アクティブ化の後も引き続きアクティビティに含まれます。非アクティブ化またはアーカイブと再アクティブ化までの間に記録されるコンバージョン指標は、アクティビティによるものとはされません。

Activate
非アクティブなアクティビティまたはアクティブ化する準備が整ったアクティビティを開始します。
Archive

アクティビティをアーカイブに送信します。デフォルトでは、アーカイブされたアクティビティはに表示されなくなります Activities リスト。 アクティビティリストのフィルターを変更して、アーカイブ済みアクティビティが含まれるようにして、表示されるようにします。アーカイブ済みアクティビティをアクティブ化して、再度使用することができます。

アクティビティをディアクティベートまたはアーカイブしてから、後で再アクティベートすると、ある訪問者が、アクティベートを解除またはアーカイブする前にそのアクティビティにあった場合、その訪問者は再アクティベート後も引き続きそのアクティビティの対象となります。 非アクティブ化またはアーカイブと再アクティブ化までの間に記録されるコンバージョン指標は、アクティビティによるものとはされません。

Copy

アクティビティをコピーします。どのアクティビティもコピーできます。アクティビティをコピーすると、同じ名前に「Copy」と付いた、新しいアクティビティが作成されます。例えば、「ブラウザーオファー」というテストは、「ブラウザーオファー Copy」という名前でコピーされます。

ビジュアルオファーは、アクティビティと共にコピーされます。元のアクティビティに影響を与えることなく、コピー内で安全にオファーを編集できます。唯一の例外は、コンテンツ/アセットフォルダー内に保存したオファーおよび画像です。

Delete

ドラフトまたはアクティビティを削除します。

メモ:削除したアクティビティは復元できません。 このアクティビティが二度と必要にならないことが確実でない限り、を使用します Archive アクション。 その後、必要に応じてアクティビティを再アクティブ化できます。

注意点

に関する次の詳細に注意してください Activity リスト :

  • アーカイブされたアクティビティと終了されたアクティビティがに表示されない Activities リスト。 これらのアクティビティを表示するには、を使用してフィルタリングします フィルターアイコン リストの上部。

  • アクティビティが最初にで作成された日時 Target Classic は非アクティブ化または削除されました。次から削除されました Target Standard/Premium. で最初に作成された削除されたアクティビティ Target Classic に送信されない Archive フォルダー: Target Standard/Premium. アーカイブ済みフォルダー機能は、Target Standard/Premium で作成されたアクティビティにのみ適用されます。

  • 以外のすべてのアクティビティタイプ Automated Personalization (AP)、 Auto-Allocate、および Auto-Target 次のいずれかを使用するように選択できます Target または Adobe Analytics をデータソースとして使用します。 AP, Auto-Allocate、および Auto-Target 常に use Target データ。

  • アクティビティは複数のチャネルで利用可能です。

    • Web およびモバイルサイト
    • インターネットに接続された画面およびデバイス(キオスクや ATM を含む)
    • メールや他の購買チャネルまたはパートナーサイト
    • モバイルアプリ
    • タグ付きコンテンツを配信できる他の場所すべて

制限事項 section_049D4684403A4E07B998067EB8E9BE56

各 Target アクティビティには、次のコンテンツの制限があります。

項目
制限
一意のセレクター数
300。異なるエクスペリエンスでセレクターが繰り返される場合は、1 回とカウントされます。 ただし、同じエクスペリエンスで繰り返される場合は、再度カウントされます。
各エクスペリエンスのオファー
350
指標のクリック追跡セレクター数
50
指標の mbox 数
50
オーディエンスと場所
オーディエンスと場所(mbox)の 50 の組み合わせは、50 以下にする必要があります。

これらの制限を超えると、アクティビティを保存できません。

アクティビティ内のこれらの項目の数を増やすと、アクティビティの同期に要する時間も長くなります Target.

V の追加の制限に対してisual Experience Composer VEC、を参照 Visual Experience Composer の制限事項.

に読み込まれる属性 Target 以外で更新されたアクティビティの Target section_802B0D174E6A44E1A96F404CA81AAE44

アクティビティがで作成された場合 Target は次の外部から更新されました Target (例えば、API を使用して)次のアクティビティ属性がに読み込まれます。 Target: thirdpartyId, startDate, endDate, status, priority、および marketingCloudMetadata(remoteModifiedBy).

このインポートジョブは、アクティビティページが開かれたときに、最大 10 分の遅延で実行されます。

トレーニングビデオ section_BE80D13A2E81460C885F902010E1AD87

次のビデオでは、この記事で説明した概念について詳しく説明しています。

アクティビティのタイプ(9:03)

このビデオでは、Target Standard/Premium で利用できるアクティビティのタイプについて説明しています。

  • Adobe Target に含まれるアクティビティタイプの説明
  • 目標達成に適したアクティビティタイプの選択
  • すべてのアクティビティタイプを対象とする、ガイド付き 3 ステップワークフローの説明
recommendation-more-help
3d9ad939-5908-4b30-aac1-a4ad253cd654