テキストメッセージの作成

最終更新日: 2024-02-21
  • トピック:
  • SMS
    このトピックの詳細を表示
  • 作成対象:
  • Beginner
    User

Adobe Journey Optimizerでテキスト (SMS) をデザインし、送信できます。 まず、ジャーニーまたはキャンペーンに SMS アクションを追加し、次に、以下に説明するように、テキストメッセージのコンテンツを定義する必要があります。また、Adobe Journey Optimizer には、送信前にテキストメッセージをテストする機能も用意されているので、レンダリング、パーソナライゼーション属性、その他すべての設定を確認できます。

メモ

業界標準と規制に従って、すべての SMS マーケティングメッセージには、受信者が簡単に登録解除できる方法を含める必要があります。SMS 受信者は、オプトインおよびオプトアウトのキーワードで返信ですることでこれを実行できます。オプトアウトの管理方法について学ぶ

テキストメッセージの追加

以下のタブを参照して、キャンペーンまたはジャーニーにテキストメッセージを追加する方法を学びます。

  1. ジャーニーを開いて、パレットの「アクション」セクションから SMS アクティビティをドラッグ&ドロップします。

  2. メッセージに関する基本情報(ラベル、説明、カテゴリ)を入力したあと、使用するメッセージサーフェスを選択します。

    ジャーニーの設定方法について詳しくは、このページを参照してください。

    サーフェス​フィールドはデフォルトで、ユーザーがチャネルで最後に使用したサーフェスで事前入力されます。

これで、以下に説明するように、「コンテンツを編集」ボタンから SMS メッセージのコンテンツのデザインを開始できます。

  1. スケジュール済みキャンペーンまたは API トリガーキャンペーンを新規作成し、アクションとして「SMS」を選択して、使用する​アプリサーフェス​を選択します。SMS の設定について詳しくは、このページを参照してください。

  2. 作成」をクリックします。

  3. プロパティ」セクションで、キャンペーンの「タイトル」と「説明」を編集します。

  4. オーディエンスを選択」ボタンをクリックして、使用可能な Adobe Experience Platform オーディエンスのリストからターゲットオーディエンスを定義します。詳細情報

  5. ID 名前空間」フィールドで、選択したオーディエンスから個人を識別するために使用する名前空間を選択します。詳細情報

  6. 実験を作成」をクリックしてコンテンツ実験の設定を開始し、パフォーマンスを測定してターゲットオーディエンスに最適なオプションを特定するための処理を作成します。詳細情報

  7. アクションのトラッキング」セクションで、SMS メッセージ内のリンクのクリックを追跡するかどうかを指定します。

  8. キャンペーンは、特定の日付に実行するか、繰り返し頻度で実行するように設計されています。キャンペーンの​スケジュール​を設定する方法については、この節を参照してください。

  9. アクショントリガー​メニューから、SMS メッセージの「頻度」を選択します。

    • 1 回
    • 毎日
    • 毎週

これで、以下に説明するように、「コンテンツを編集」ボタンからテキストメッセージのコンテンツのデザインを開始できます。

SMS コンテンツの定義

SMS コンテンツを設定するには、次の手順に従います。

  1. ジャーニーまたはキャンペーンの設定画面で、「コンテンツを編集」ボタンをクリックして、テキストメッセージのコンテンツを設定します。

  2. メッセージ」フィールドをクリックして、式エディターを開きます。

  3. 式エディターを使用して、コンテンツの定義、パーソナライゼーションと動的コンテンツの追加を行います。プロファイル名や市区町村など、任意の属性を使用できます。また、条件ルールを定義することもできます。式エディターのパーソナライゼーション動的コンテンツについて詳しくは、次のページを参照してください。

  4. コンテンツを定義したら、追跡する URL をメッセージに追加できます。これを行うには、ヘルパー関数​メニューにアクセスし、「ヘルパー」を選択します。

    URL 短縮機能を使用するには、最初にサブドメインを設定する必要があります。このサブドメインはその後、サーフェスにリンクされます。詳細情報

    注意

    SMS サブドメインにアクセスして編集するには、実稼動サンドボックスにおける SMS サブドメインの管理​権限が必要です。権限について詳しくは、この節を参照してください。

  5. ヘルパー関数​メニュー内で、「URL 関数」をクリックし、「URL を追加」を選択します。

  6. originalUrl フィールドに、短縮する URL をペーストし、「保存」をクリックします。

  7. 保存」をクリックして、プレビューでメッセージを確認します。メッセージのコンテンツをテストして確認するには、この節を参照してください。

メッセージのテストおよび送信

コンテンツをシミュレート」ボタンを使用して、テキストメッセージコンテンツ、短縮 URL、パーソナライズされたコンテンツをプレビューできます。

テストを実行してコンテンツを検証したら、テキストメッセージをオーディエンスに送信できます。これらの手順について詳しくは、このページを参照してください。

送信したら、キャンペーンまたはジャーニーレポート内で SMS の影響を測定できます。レポートについて詳しくは、この節を参照してください。

関連トピック

このページ