Experience Platform APIの認証とアクセス

Adobe Experience PlatformAPIを呼び出すには、まずExperience Platform開発者アカウントにアクセスする必要があります。

開発者アカウントへのアクセス方法の詳細を説明した手順については、Experience PlatformAPI認証チュートリアルを参照してください。

Experience PlatformAPIを作成してPostmanに書き出す

🔗 Postmanisは、開発者がAdobe Experience PlatformAPIを素早く簡単に操作できるツールです。

Adobeデベロッパーコンソールの​Export Details for Postman​機能を使用すると、Experience PlatformAPIにアクセスして操作するのに必要なすべてのアカウントの詳細を1つのPostman環境ファイルで簡単にエクスポートでき、AdobeデベロッパーコンソールからPostmanに値をコピー&ペーストする必要があります。

ポストマンでのアクセストークンの生成

AdobeIdentity ManagementサービスAPIを使用して、実稼働以外で使用するAdobe Experience PlatformAPIにアクセスするアクセストークンを取得します

警告

Adobe I/Oアクセストークン生成ポストマンコレクションに記載されているように、表記される生成方法は非実稼働での使用に適しています。 ローカル署名では、サードパーティのホストからJavaScriptライブラリが読み込まれ、リモート署名では、所有および操作されるWebサービスがAdobeに秘密鍵を送信します。 Adobeはこの秘密鍵を保存しませんが、プロダクションキーを他のユーザーと共有することは避けてください。

Postmanを使用したAdobe I/OAPIの操作

Adobe提供のAdobe I/OAPI Postmanコレクションを使用して、Adobe I/OAPIとの対話操作を探索します。これは、Experience Platform環境変数および生成されたアクセストークン上に構築されます。

Adobe提供のPostmanコレクションは、すべてのAdobe I/OAPIに存在するとは限りませんが、提供されたExperience PlatformAPI Postmanコレクションは、これらの使用例に対して独自のPostmanコレクションを定義する方法のガイドとして使用できます。

その他のリソース

このページ