購入の合計に対して計算済みの属性を作成する

計算済み属性を使用して、複数の販売チャネルをまたいでユーザーの購入金額を合計する方法を説明します。 1 人の顧客が Web サイト、モバイルアプリ、実店舗で買い物をする場合があります。 計算済み属性機能を使用すると、これらのチャネルをまたいで顧客による購入金額を合計し、この合計を使用してオーディエンスや他のパーソナライゼーションを定義できます。 詳しくは、 計算済み属性 UI ガイド.

recommendation-more-help
9051d869-e959-46c8-8c52-f0759cee3763