[統合]{class="badge positive"}

データをMarketo Engageから取り込む

2 つのワークフローを使用して、ソースコネクタを使用して、Marketo EngageからReal-time Customer Data Platform、B2B Edition およびAdobe Experience Platformに簡単にデータを取り込む方法を説明します。

テンプレートワークフロー

テンプレートワークフローを使用してMarketo用のソースコネクタを設定する方法について説明します。 このワークフローは、Marketoデータの取り込みに必要なアセットをテンプレートに基づいて自動生成します。 事前の時間を節約でき、必要に応じてアセットをカスタマイズできます。

標準ワークフロー

標準ワークフローを使用してMarketo用のソースコネクタを設定する方法を説明します。 標準ワークフローでは、スキーマと ID 名前空間を事前に作成する必要があります。

詳しくは、次のドキュメントを参照してください。

recommendation-more-help
9051d869-e959-46c8-8c52-f0759cee3763