クイックスタート

Adobe Journey Optimizer では、既存メッセージコンテンツの読み込み、新しいコンテンツの設計、顧客プロファイルデータを使用したメッセージのパーソナライズ、メッセージをトリガーするイベントの作成、セグメントの定義、オーディエンスの絞り込み、複数チャネルメッセージの送信、メッセージやカスタマージャーニーの影響を測定するためのレポートツールおよびモニタリングツール一式の利用が可能です。

組織に基づいて、複数のタイプのユーザーを定義し、ユーザーの権限に応じて特定の機能に対するアクセス権をユーザーに付与できます。

Journey Optimizer を使い始めたばかりでも、具体的な質問を抱えた経験豊富なユーザーでも、会社のインスタンスの管理者でも、目標をより早く達成するには、自分に合ったパスを選んでください。

ステップバイステップ方式のガイダンスを使用して Adobe Journey Optimizer の機能を習得し確認するには、プロファイルを選択します。

管理者
管理者の場合

環境を準備し、アクセス権を付与し、設定を指定します


データエンジニア
データエンジニアの場合

プロファイルをインポートし、オーディエンスを作成し、スキーマとデータセットを作成します


マーケター
マーケターの場合

メッセージを設計し、オファーとアセットの追加し、カスタマージャーニーを構築します


このページ