Adobe Experience Platform リリースノート

リリース日:2023年7月26日(PT)

Adobe Experience Platform の既存の機能に対するアップデート:

カタログサービス catalog-service

カタログサービスは、Adobe Experience Platform 内のデータの場所と系列のレコードのシステムです。Experience Platform に取得されるすべてのデータはファイルとディレクトリとしてデータレイクに保存されますが、カタログには、参照や監視のために、これらのファイルとディレクトリのメタデータと説明が保持されます。

機能
説明
データセットインベントリ管理
データセット UI に、データセットをより適切に管理するための一連のインラインアクションが用意されるようになりました。高度なデータセット管理により、フォルダーとタグを作成し、データセットに割り当ててフィルタリングを実行し、検出性を向上させることで、作業効率を向上させます。詳しくは、「インラインアクション」、「データセットの検索とフィルタリング」、「データセットをフォルダに移動」のドキュメントを参照してください。

Catalog Service について詳しくは、Catalog Service の概要を参照してください。

データ収集 data-collection

Adobe Experience Platform では、クライアントサイドのカスタマーエクスペリエンスデータを収集し、Adobe Experience Platform Edge Network に送信できます。そこでデータを補強して変換し、アドビまたはアドビ以外の宛先に配信できます。

新機能または更新された機能

タイプ
機能
説明
タグとイベント転送
データ収集監査ログ

アクションが実行された日時、およびタグとイベントの転送でそのアクションを実行したユーザーを確認できるようになりました。これにより、製品のトラブルシューティング、適切なガバナンス、内部監査活動が容易になります。この監査データは、コンテキスト内のスライドアウトメニューを介して表示されます。このデータには、クイックアクションやリソースステータスの更新も含まれます。このデータは、次の画面のタグとイベント転送 UI 全体で表示されます。

データストリーム
位置情報の参照

データストリームの位置情報とネットワークの検索を設定して、次のような情報を含めることができるようになりました。

  • 郵便番号
  • 都道府県
  • DMA
  • 市区町村
  • 緯度
  • 経度
  • 通信事業者
  • ドメイン
  • ISP

正確な位置情報を含む個人データを収集、処理および送信するには、適用される法律および規制の下で必要なすべての権限、同意、許可および承認を、責任を持って確実に取得しておく必要があります。
IP アドレスの難読化を選択しても、IP アドレスから導き出して、設定済み Adobe ソリューションに送信した位置情報のレベルには影響しません。位置情報の参照は、個別に制限するか無効にする必要があります。
詳しくは、データストリーム のドキュメントを参照してください。

データ収集について詳しくは、データ収集の概要を参照してください。

データ準備 data-prep

データ準備を使用すると、データエンジニアはエクスペリエンスデータモデル(XDM)との間でデータのマッピング、変換および検証を行うことができます。

新機能または更新された機能

機能
説明
新しいマッパー関数

Data Prep でオブジェクトをマッピングする際に、次の関数を使用できるようになりました。

  • map_get_values
  • map_has_keys
  • add_to_map

これらの関数について詳しくは、Data Prep 関数ガイドを参照してください。

データ準備について詳しくは、データ準備の概要を参照してください。

宛先 destinations

Destinations は、Adobe Experience Platform からのデータの円滑なアクティベーションを可能にする、事前定義済みの出力先プラットフォームとの統合です。宛先を使用して、クロスチャネルマーケティングキャンペーン、メールキャンペーン、ターゲット広告、その他多くの使用事例に関する既知および不明なデータをアクティブ化できます。

新規宛先または更新された宛先

宛先
新規/アップデート
説明
LiveRamp - Onboarding
新規
Adobe Experience Platform から LiveRamp Connect に ID をオンボードすると、Ramp ID ID を使用することにより、モバイル、オープン web、ソーシャル、および CTV プラットフォーム上のユーザーをターゲットにできます。
Azure Data Lake Storage Gen2
新規
Azure Data Lake Storage Gen2 へのライブアウトバウンド接続を作成して、Adobe Experience Platform から独自のストレージの場所に定期的にデータファイルを書き出します。この新しい宛先は、拡張されたファイル書き出し機能を提供し、[ベータ版]{class="badge informative"}のデータセット書き出しをサポートします。
Data Landing Zone
新規
Data Landing Zone は Adobe Experience Platform によってプロビジョニングされた Azure Blob ストレージインターフェイスです。安全なクラウドベースのファイルストレージ機能にアクセスして、ファイルを Platform から書き出すことができます。この新しい宛先は、拡張されたファイル書き出し機能を提供し、[ベータ版]{class="badge informative"}のデータセット書き出しをサポートします。
Google Cloud Storage
新規
Google Cloud Storage へのライブアウトバウンド接続を作成して、Adobe Experience Platform から独自のバケットに定期的にデータファイルを書き出します。この新しい宛先は、拡張されたファイル書き出し機能を提供し、[ベータ版]{class="badge informative"}のデータセット書き出しをサポートします。
Amazon S3 更新
更新済み
この更新により、宛先は拡張されたファイル書き出し機能を提供し、[ベータ版]{class="badge informative"}のデータセット書き出しをサポートします。
Azure Blob 更新
更新済み
この更新により、宛先は拡張されたファイル書き出し機能を提供し、[ベータ版]{class="badge informative"}のデータセット書き出しをサポートします。
SFTP 更新
更新済み
この更新により、宛先は拡張されたファイル書き出し機能を提供し、[ベータ版]{class="badge informative"}のデータセット書き出しをサポートします。
Adobe Campaign Managed Services 接続
更新済み
Adobe Campaign Managed Services と Adobe Experience Platform との統合で、様々なタイプのオーディエンス同期がサポートされるようになりました。「同期タイプを選択」コントロールを使用して、オーディエンスを Adobe Campaign に書き出すか、オーディエンスとそのプロファイル属性に書き出すかを決定します。
強調表示された新しい「同期タイプを選択」セレクター。 {width="100" modal="regular"}

新機能または更新された機能

上記 6 つのクラウドストレージの宛先のアップデートと一般リリースでは、次の機能が提供されます。

修正および機能強化

  • マッピング手順で、使用可能なターゲット属性の一部が Salesforce から返されないという、(API)Salesforce Marketing Cloud 宛先の問題を修正しました。現在、表示できる Salesforce のターゲット属性の上限は 2000 個です。
  • Microsoft Dynamics 365 の宛先の問題を修正しました。宛先は、地域セレクター を介したデータの地域ルーティングをサポートするようになりました。これにより、Microsoft エコシステム内で会社がプロビジョニングしている地域に応じて、データの書き出しをルーティングできます。
    新しい地域セレクターがハイライト表示されています。 {width="100" modal="regular"}

宛先の一般的な情報については、宛先の概要を参照してください。

クエリサービス query-service

クエリサービスでは、標準 SQL を使用して Adobe Experience Platform データレイクでデータに対してクエリを実行できます。データレイクの任意のデータセットを結合したり、クエリ結果を新しいデータセットとして取得したりすることで、それらのデータセットをレポートやデータサイエンスワークスペースで使用したり、リアルタイム顧客プロファイルに取り込んだりできます。

更新された機能

機能
説明
クエリエディターの切り替え機能の強化
クエリエディターの切り替え機能が強化され、アクセシビリティと複数テーマのサポートが向上しました。エディターの設定が強化されたことにより、暗いテーマや明るいテーマを有効にすることができます。詳しくは、ドキュメントを参照してください。
計算された統計のエイリアス名
エイリアス名を指定することにより、SQL クエリで計算された統計の結果を記述的に参照できるようになりました。COMPUTE STATISTICS コマンドのこの更新とその他の更新について詳しくは、ドキュメントを参照してください。詳しくは、ドキュメントを参照してください。

クエリサービスについて詳しくは、クエリサービスの概要を参照してください。

セグメント化サービス segmentation

Segmentation Service を使用すると、Experience Platform に保存されている、個人(顧客、見込み客、ユーザー、組織など)に関連するデータをオーディエンスにセグメント化できます。オーディエンスは、セグメント定義または Real-Time Customer Profile データの他のソースを通じて作成できます。これらのオーディエンスは Platform で一元的に設定および管理されており、Adobe ソリューションから簡単にアクセスできます。

新機能または更新された機能

機能
説明
オーディエンスポータル
オーディエンスポータルは、Adobe Experience Platform のオーディエンスへのアクセス、作成、管理を行うための新しいブラウジングエクスペリエンスを提供します。オーディエンスポータルでは、プラットフォームで生成されたオーディエンスと外部で生成されたオーディエンスの表示、フィルタリング、フォルダー、タグを通じた作業効率の向上、プラットフォームで生成されたオーディエンスの作成、外部で生成されたオーディエンスの CSV ファイルを通じて読み込むことができます。オーディエンスポータルについて詳しくは、セグメント化サービス UI ガイドを参照してください。
オーディエンス構成
オーディエンス構成にはオーディエンスの作成と編集のための使いやすいワークスペースがあり、ブロックを使用して様々なアクションを表現することができます。オーディエンス構成について詳しくは、オーディエンス構成 UI ガイドを参照してください。

Segmentation Service について詳しくは、セグメント化の概要を参照してください。

ソース sources

Experience Platform は、様々なデータプロバイダーのソース接続を簡単に設定できる RESTful API とインタラクティブ UI を備えています。これらのソース接続を使用すると、外部ストレージシステムおよび CRM サービスの認証と接続、取得実行時間の設定、データ取得スループットの管理を行うことができます。

新機能または更新された機能

機能
説明
[Beta]{class="badge informative"}SAP Commerce
SAP Commerce ソースを使用して、SAP Commerce アカウントからサブスクリプション請求データを Experience Platform に取り込むことができるようになりました。
Phoenix のサポート
Phoenix ソースを使用して、Phoenix データベースからデータを Experience Platform に取り込むことができるようになりました。
Salesforce および Salesforce Service Cloud に対する認証の更新
Experience Platform UI または Flow Service API で新しいアカウントを認証するときに、Salesforce および Salesforce Service Cloud ソースの API バージョンを指定できるようになりました。

ソースについて詳しくは、ソースの概要を参照してください。

エクスペリエンスデータモデル(XDM) xdm

XDM は、Adobe Experience Platform に取り込むデータの共通構造および定義(スキーマ)を提供するオープンソース仕様です。XDM 標準規格に準拠しているので、すべての顧客体験データを共通の表現に反映させて、迅速かつ統合的な方法でインサイトを提供できます。顧客アクションから有益なインサイトを得たり、セグメントを通じて顧客オーディエンスを定義したり、パーソナライズ機能のために顧客属性を使用したりできます。

新しい XDM コンポーネント

コンポーネントのタイプ
名前
説明
クラス
XDM 個人見込み客プロファイル
このクラスを使用して、データベンダーの上位顧客獲得の事例から得た見込み客プロファイルを取り込みます。
フィールドグループ
強化されたイベントセグメントの詳細
イベント収集時にプロファイルが対象となるオーディエンスのリスト。

更新された XDM コンポーネント

コンポーネントのタイプ
名前
説明のアップデート
フィールドグループ
Media Analytics インタラクションの詳細
meta:status は experimental から stable に更新されました。
フィールドグループ
メディアインタラクションの詳細
meta:statusstable から deprecated に更新されました。
データタイプ
セッションの詳細情報
meta:statusexperimental から stable に更新されました。
データタイプ
QoE データの詳細情報
meta:statusexperimental から stable に更新されました。
データタイプ
プレーヤーの状態データ情報
meta:statusexperimentalから stable に更新されました。
データタイプ
メディアイベント情報
meta:statusexperimental から stable に更新されました。
データタイプ
メディアの詳細情報
meta:statusexperimental から stable に更新されました。
データタイプ
エラーの詳細情報
meta:statusexperimental から stable に更新されました。
データタイプ
エラーの詳細情報
meta:statusstable から deprecated に更新されました。
データタイプ
カスタムメタデータの詳細情報
meta:statusexperimental から stable に更新されました。
データタイプ
チャプターの詳細情報
meta:statusexperimental から stable に更新されました。
データタイプ
広告ポッドの詳細情報
meta:statusexperimental から stable に更新されました。
データタイプ
広告の詳細情報
meta:statusexperimental から stable に更新されました。
拡張機能(カスタマージャーニー管理)
ドメイン
Domain フィールドが Adobe CJM ExperienceEvent - メッセージプロファイルの詳細に追加されて、受信者のメールアドレスのドメインが記録されるようになりました。
拡張機能(カスタマージャーニー管理)
チャネルのバリアント名
このフィールドが AJO エンティティフィールドに追加されて、チャネルのバリアント名を表示するようになりました。
拡張機能(Adobe Analytics)
コンテキスト値
Context valueAdobe Analytics ExperienceEvent Full Extension に追加されました。

Platform の XDM について詳しくは、XDM システムの概要を参照してください。

recommendation-more-help
76ad3ef1-9c0e-417b-8891-a4c7034d8bac