(API) Salesforce Marketing Cloud 接続

概要 overview

(API) Salesforce Marketing Cloud ( 旧称: ExactTarget) は、訪問者や顧客がエクスペリエンスをパーソナライズするためのジャーニーを構築し、カスタマイズできるデジタルマーケティングスイートです。

IMPORTANT
この接続と他の接続の違いに注意してください Salesforce Marketing Cloud 接続 「電子メールマーケティングカタログ」セクション内に存在する 他の SalesforceMarketing Cloud接続では、指定した格納場所にファイルを書き出すことができますが、これは API ベースのストリーミング接続です。

比較対象 Salesforce Marketing Cloud Account Engagement それはより向いている B2B マーケティング、 (API) Salesforce Marketing Cloud 目的地は次に最適です: B2C トランザクションの意思決定サイクルが短い使用例です。 特に外部のデータセットから連絡先を優先順位付けしてセグメント化することで、マーケティングキャンペーンを調整し改善するために、ターゲットオーディエンスの行動を表す大きなデータセットを統合できます Salesforce. 注意:Experience Platformには、 Salesforce Marketing Cloud Account Engagement.

この Adobe Experience Platform 宛先 は Salesforce Marketing Cloud 連絡先を更新 API(次の操作を実行できます) 連絡先の追加と連絡先データの更新 新しい内でアクティブ化した後のビジネスニーズに合わせて Salesforce Marketing Cloud セグメント。

Salesforce Marketing Cloud は、OAuth 2 とクライアント資格情報を使用し、 Salesforce Marketing Cloud API. Salesforce Marketing Cloud インスタンスを認証する手順は、さらに下の宛先に対する認証の節にあります。

ユースケース use-cases

(API) Salesforce Marketing Cloud 宛先を使用する方法とタイミングを理解しやすくするために、Adobe Experience Platform のお客様がこの宛先を使用して解決できるユースケースのサンプルを以下に示します。

マーケティングキャンペーン用の連絡先へのメールの送信 use-case-send-emails

レンタルホームプラットフォームの販売部門は、ターゲットとなる顧客オーディエンスにマーケティングメールを放送したいと考えています。 プラットフォームのマーケティングチームは、新しい連絡先を追加したり、既存の連絡先を更新したりできます (およびその電子メールアドレス) Adobe Experience Platformを通じて、独自のオフラインデータからオーディエンスを構築し、これらのオーディエンスをに送信する Salesforce Marketing Cloud:マーケティングキャンペーンの電子メールの送信に使用できます。

前提条件 prerequisites

Experience Platformの前提条件 prerequisites-in-experience-platform

(API) Salesforce Marketing Cloud 宛先へのデータをアクティブ化する前に、スキーマデータセットおよびセグメントを Experience Platform で作成する必要があります。

の前提条件 (API) Salesforce Marketing Cloud prerequisites-destination

Platform からにデータを書き出すための次の前提条件に注意してください。 Salesforce Marketing Cloud アカウント:

Salesforce Marketing Cloud アカウントが必要です prerequisites-account

A Salesforce Marketing Cloud のサブスクリプションを持つアカウント Marketing Cloud Engagement 続行するには、製品が必須です。

次の場所に移動: Salesforce サポート もし Salesforce Marketing Cloud アカウントまたはアカウントが見つかりません Marketing Cloud Engagement 製品の購読。

内に属性を作成する Salesforce Marketing Cloud prerequisites-attribute

オーディエンスを (API) Salesforce Marketing Cloud 宛先の場合、 マッピング ID フィールドをアクティブ化したオーディエンスごとに、 オーディエンススケジュール 手順

Salesforce では、この値がExperience Platformからのオーディエンスを正しく読み取り、解釈し、内でオーディエンスのステータスを更新するために必要です。 Salesforce Marketing Cloud. 詳しくは、Experience Platformドキュメントを参照してください。 オーディエンスメンバーシップ詳細スキーマフィールドグループ オーディエンスのステータスに関するガイダンスが必要な場合は、を参照してください。

Platform からに対してアクティブ化する各オーディエンスに対して、 Salesforceの場合は、タイプの属性が必要です Text リンク先 Email Demographics 内のデータ拡張 Salesforce Marketing Cloud. 以下を使用します。 Salesforce Marketing Cloud Contact Builder をクリックして属性を作成します。 詳しくは、 Salesforce Marketing Cloud ~に関する文書 属性を作成 (属性の作成に関するガイダンスが必要な場合)。

属性フィールド名は、 (API) Salesforce Marketing Cloud ターゲットフィールド ( マッピング 手順 ビジネス要件に応じて、フィールド文字を定義できます(最大 4,000 文字)。 詳しくは、 Salesforce Marketing Cloud データ拡張機能のデータタイプ 属性タイプに関する追加情報については、ドキュメントのページを参照してください。

のデータデザイナー画面の例 Salesforce Marketing Cloudを使用して属性を追加する場合、次のようになります。
SalesforceMarketing CloudUI データデザイナ。

のビュー Salesforce Marketing Cloud Email Data 属性グループと、 Email Demographics データ拡張は次のように表示されます。
SalesforceMarketing CloudUI の電子メールデータ属性グループ。

The (API) Salesforce Marketing Cloud 宛先は、 Salesforce Marketing Cloud Search Attribute-Set Definitions REST API :内で定義されたデータ拡張機能とそのリンクされた属性を動的に取得するには Salesforce Marketing Cloud.

これらは、 ターゲットフィールド 選択ウィンドウ(設定時) マッピング ワークフローで 宛先に対するオーディエンスのアクティブ化.

IMPORTANT
Within Salesforce Marketing Cloudを使用する場合は、で属性を作成する必要があります フィールド名 で指定された値と完全に一致する マッピング ID 」と入力します。 例えば、以下のスクリーンショットには、という名前の属性が表示されます。 salesforce_mc_segment_1. この宛先に対してオーディエンスをアクティブ化する場合は、 salesforce_mc_segment_1 as マッピング ID オーディエンスオーディエンスをExperience Platformからこの属性に入力する場合。

での属性作成の例 Salesforce Marketing Cloudを使用する場合、は以下のようになります。
属性を示す SalesforceMarketing CloudUI のスクリーンショット。

TIP
  • 属性を作成する際に、フィールド名に空白文字を含めないでください。 代わりに、アンダースコアを使用します。 (_) 文字を区切り文字として使用します。
  • Platform オーディエンスに使用する属性と、内の他の属性を区別するには Salesforce Marketing Cloudの場合は、Adobeセグメントに使用される属性に、認識可能なプレフィックスまたはサフィックスを含めることができます。 例えば、の代わりに test_segment,使用 Adobe_test_segment または test_segment_Adobe.
  • 他の属性が既にで作成されている場合は、 Salesforce Marketing Cloudを使用すると、Platform セグメントと同じ名前を使用して、 Salesforce Marketing Cloud.

内でのユーザーの役割および権限の割り当て Salesforce Marketing Cloud prerequisites-roles-permissions

As Salesforce Marketing Cloud では、ユースケースに応じてカスタムロールをサポートします。内で属性を更新するには、関連するロールがユーザーに割り当てられる必要があります。 Salesforce Marketing Cloud. ユーザーに割り当てられた役割の例を次に示します。
割り当てられた役割を表示する、選択したユーザーの SalesforceMarketing CloudUI。

役割に応じて Salesforce Marketing Cloud ユーザーが割り当てられている場合は、 Salesforce Marketing Cloud 更新しようとしているフィールドにリンクされたデータ拡張。

この宛先では data extensionを使用する場合は、許可する必要があります。 例: Email data extension 次に示すように、を許可する必要があります。

許可された権限を持つ電子メールデータ拡張を表示する SalesforceMarketing CloudUI。

アクセスレベルを制限する場合は、詳細な権限を使用して個々のアクセスを上書きすることもできます。
詳細な権限を持つ電子メールデータ拡張を表示する SalesforceMarketing CloudUI。

詳しくは、 Marketing Cloud Roles および Marketing Cloud Roles and Permissions 詳細なガイダンスに関するページを参照してください。

Salesforce Marketing Cloud 資格情報の収集 gather-credentials

を認証する前に、以下の項目をメモしておきます。 (API) Salesforce Marketing Cloud 宛先。

資格情報
説明
サブドメイン
詳しくは、 Salesforce Marketing Cloud domain prefix この値を Salesforce Marketing Cloud インターフェイス。
次の場合、 Salesforce Marketing Cloud ドメインは
mcq4jrssqdlyc4lph19nnqgzzs84.login.exacttarget.com,
次を提供する必要があります: mcq4jrssqdlyc4lph19nnqgzzs84 を値として使用します。
クライアント ID
詳しくは、 Salesforce Marketing Cloud ドキュメント この値を Salesforce Marketing Cloud インターフェイス。
r23kxxxxxxxxx0z05xxxxxxx
クライアント秘密鍵
詳しくは、 Salesforce Marketing Cloud ドキュメント この値を Salesforce Marketing Cloud インターフェイス。
ipxxxxxxxxT4xxxxxxxx

ガードレール guardrails

  • Salesforce が特定の レート制限.

    • 詳しくは、 Salesforce Marketing Cloud ドキュメント を使用して、実行中に発生する可能性のある制限事項に対処し、エラーを減らします。
    • 詳しくは、 Salesforce Marketing Cloud エンゲージメントの価格 ページへ Full Edition 比較グラフのダウンロード プランで課せられた制限の詳細を示す pdf 形式
    • The API の概要 ページの詳細に関する追加の制限。
    • 参照 ここ を参照してください。
  • の数 オブジェクトごとに許可されるカスタムフィールド Salesforce エディションに応じて異なります。

    • 詳しくは、 Salesforce ドキュメント を参照してください。

    • が定義された制限に達した場合 オブジェクトごとに許可されるカスタムフィールド 範囲 Salesforce Marketing Cloud 次が必要です:

      • で新しい属性を追加する前に、古い属性を削除します。 Salesforce Marketing Cloud.
      • Platform の宛先で、これらの古い属性名を用いて、 マッピング ID 期間中 オーディエンススケジュール 手順

サポートされている ID supported-identities

(API) Salesforce Marketing Cloud では、以下の表で説明する id のアクティブ化をサポートしています。 ID についての詳細情報。

ターゲット ID
説明
注意点
contactKey
Salesforce Marketing Cloud 連絡先キー。 詳しくは、 Salesforce Marketing Cloud ドキュメント 追加のガイダンスが必要な場合は、を参照してください。
必須

サポートされるオーディエンス supported-audiences

この節では、この宛先に書き出すことができるオーディエンスのタイプについて説明します。

オーディエンスの起源
サポートあり
説明
Segmentation Service
Experience Platform セグメント化サービス.
カスタムアップロード
X
CSV ファイルから Experience Platform に読み込まれたオーディエンス。

書き出しのタイプと頻度 export-type-frequency

宛先の書き出しのタイプと頻度について詳しくは、以下の表を参照してください。

項目
タイプ
メモ
書き出しタイプ
プロファイルベース
  • セグメントのすべてのメンバーを、フィールドマッピングに従って、必要なスキーマフィールドと共に書き出します​ (例:メールアドレス、電話番号、姓)
  • 各セグメントのステータス ( Salesforce Marketing Cloud は、 マッピング ID 期間中に指定された値 オーディエンススケジュール 手順
書き出し頻度
ストリーミング
ストリーミングの宛先は常に、API ベースの接続です。オーディエンス評価に基づいて Experience Platform 内でプロファイルが更新されるとすぐに、コネクタは更新を宛先プラットフォームに送信します。詳しくは、ストリーミングの宛先を参照してください。

宛先への接続 connect

IMPORTANT
宛先に接続するには、宛先の管理 アクセス制御権限が必要です。詳しくは、アクセス制御の概要または製品管理者に問い合わせて、必要な権限を取得してください。

この宛先に接続するには、宛先設定のチュートリアルの手順に従ってください。宛先の設定ワークフローで、以下の 2 つのセクションにリストされているフィールドに入力します。

Within 宛先 > カタログ、を検索します。 (API) Salesforce Marketing Cloud. または、 電子メールマーケティング カテゴリ。

宛先に対する認証 authenticate

宛先を認証するには、以下の必須フィールドに入力し、を選択します。 宛先に接続. 詳しくは、 収集 Salesforce Marketing Cloud 資格情報 」の節を参照してください。

(API) Salesforce Marketing Cloud 宛先
Salesforce Marketing Cloud
サブドメイン
お使いの Salesforce Marketing Cloud ドメインプレフィックス。
例えば、ドメインが
mcq4jrssqdlyc4lph19nnqgzzs84.login.exacttarget.com,
次を提供する必要があります: mcq4jrssqdlyc4lph19nnqgzzs84 を値として使用します。
クライアント ID
お使いの Salesforce Marketing Cloud Client ID.
クライアントの秘密鍵
お使いの Salesforce Marketing Cloud Client Secret.

SalesforceMarketing Cloudへの認証方法を示す Platform UI のスクリーンショット。

指定した詳細が有効な場合、UI に 接続済み ステータスに緑色のチェックマークが付いている場合は、次の手順に進むことができます。

宛先の詳細を入力 destination-details

宛先の詳細を設定するには、以下の必須フィールドとオプションフィールドに入力します。UI のフィールドの横にアスタリスクが表示される場合は、そのフィールドが必須であることを示します。
宛先の詳細を示す Platform UI のスクリーンショット。

  • 名前:今後この宛先を認識するための名前。
  • 説明:今後この宛先を識別するのに役立つ説明。

アラートの有効化 enable-alerts

アラートを有効にすると、宛先へのデータフローのステータスに関する通知を受け取ることができます。リストからアラートを選択して、データフローのステータスに関する通知を受け取るよう登録します。アラートについて詳しくは、UI を使用した宛先アラートの購読についてのガイドを参照してください。

宛先接続の詳細の入力を終えたら「次へ」を選択します。

この宛先に対してオーディエンスをアクティブ化 activate

IMPORTANT
  • データをアクティブ化するには、 宛先の表示, 宛先のアクティブ化, プロファイルの表示、および セグメントを表示 アクセス制御権限. アクセス制御の概要を参照するか、製品管理者に問い合わせて必要な権限を取得してください。
  • 書き出す idID グラフを表示 アクセス制御権限.
    ワークフローでハイライト表示された ID 名前空間を選択して、宛先に対するオーディエンスをアクティブ化します。 {width="100" modal="regular"}

この宛先にオーディエンスをアクティベートする手順は、ストリーミングオーディエンスの書き出し宛先へのプロファイルとオーディエンスのアクティベートを参照してください。

マッピングの考慮事項と例 mapping-considerations-example

Adobe Experience Platform から (API) Salesforce Marketing Cloud 宛先にオーディエンスデータを正しく送信するには、フィールドマッピングの手順を実行する必要があります。マッピングは、Platform アカウント内の Experience Data Model(XDM) スキーマフィールドと、ターゲット宛先から対応する同等のスキーマフィールドとの間にリンクを作成することで構成されます。

XDM フィールドを (API) Salesforce Marketing Cloud 宛先フィールドには、次の手順に従います。

IMPORTANT
  • 属性名は Salesforce Marketing Cloud アカウント、両方の contactKey および personalEmail.address は必須です。

  • との統合 Salesforce Marketing Cloud API には、Salesforce から取得できる属性Experience Platformのページネーション制限があります。 これは、 マッピング 手順の場合、ターゲットフィールドスキーマには、Salesforce アカウントから最大 2,000 個の属性を表示できます。

  1. マッピング ​手順で、「新しいマッピングを追加」を選択します。画面に新しいマッピング行が表示されます。
    「新しいマッピングを追加」の Platform UI のスクリーンショットの例。

  2. Adobe Analytics の ソースフィールドを選択 ウィンドウで、 属性を選択 カテゴリを選択して XDM 属性を選択するか、 ID 名前空間を選択 ID を選択します。

  3. Adobe Analytics の ターゲットフィールドを選択 ウィンドウで、 ID 名前空間を選択 ID を選択するか、 属性を選択 カテゴリを選択し、必要に応じて表示されたデータ拡張機能から属性を選択します。 The (API) Salesforce Marketing Cloud 宛先は、 Salesforce Marketing Cloud Search Attribute-Set Definitions REST API :内で定義されたデータ拡張機能とそのリンクされた属性を動的に取得するには Salesforce Marketing Cloud. これらは、 ターゲットフィールド 設定時のポップアップ マッピング (内) オーディエンスワークフローを有効化.

    • これらの手順を繰り返して、XDM プロファイルスキーマとの間に次のマッピングを追加します。 (API) Salesforce Marketing Cloud:

      table 0-row-3 1-row-3 2-row-3 3-row-3
      ソースフィールド ターゲットフィールド 必須
      IdentityMap: contactKey Identity: salesforceContactKey Mandatory
      xdm: personalEmail.address Attribute: Email Address から Salesforce Marketing Cloud Email Addresses データ拡張。 Mandatory、新規連絡先を追加する場合。
      xdm: person.name.firstName Attribute: First Name 望み通りに Salesforce Marketing Cloud データ拡張。 -
    • これらのマッピングの使用例を次に示します。

      ターゲットマッピングを示した Platform UI のスクリーンショットの例。

宛先接続のマッピングの指定が完了したら、「 」を選択します。 次へ.

オーディエンスのエクスポートと例のスケジュール設定 schedule-segment-export-example

実行時に、 オーディエンスの書き出しをスケジュール 手順に従い、Platform オーディエンスを手動で 属性 in Salesforce Marketing Cloud.

これをおこなうには、各セグメントを選択し、次の場所から属性の名前を入力します。 Salesforce Marketing Cloud (内) (API) Salesforce Marketing Cloud マッピング ID フィールドに入力します。 詳しくは、 内に属性を作成 Salesforce Marketing Cloud の属性の作成に関するガイダンスとベストプラクティスの節 Salesforce Marketing Cloud.

例えば、 Salesforce Marketing Cloud 属性が salesforce_mc_segment_1を使用する場合は、この値を (API) Salesforce Marketing Cloud マッピング ID オーディエンスオーディエンスをExperience Platformからこの属性に入力する場合。

の属性の例 Salesforce Marketing Cloud は次のように表示されます。
属性を示す SalesforceMarketing CloudUI のスクリーンショット。

の場所を示す例 (API) Salesforce Marketing Cloud マッピング ID は次のように表示されます。
スケジュールオーディエンスの書き出しを示した、Platform UI のスクリーンショットの例。

例えば、 (API) Salesforce Marketing Cloud マッピング ID は、内で指定された値と完全に一致する必要があります Salesforce Marketing Cloud フィールド名.

アクティブ化された Platform セグメントごとに、このセクションを繰り返します。

上記の画像に基づく典型的な例は、次のようになります。
| (API) Salesforce Marketing Cloud セグメント名 | Salesforce Marketing Cloud フィールド名 | (API) Salesforce Marketing Cloud マッピング ID | | — | — | — | | salesforce mc audience 1 | salesforce_mc_segment_1 | salesforce_mc_segment_1 | | salesforce mc audience 2 | salesforce_mc_segment_2 | salesforce_mc_segment_2 |

データの書き出しを検証する exported-data

宛先が正しく設定されていることを検証するには、次の手順に従います。

  1. 宛先参照 を選択して、宛先のリストに移動します。
    宛先の参照を示す Platform UI のスクリーンショット。

  2. 宛先を選択し、ステータスが「 有効」であることを確認します。
    宛先のデータフロー実行を示した Platform UI のスクリーンショット。

  3. 次に切り替え: Activation data 」タブをクリックし、オーディエンス名を選択します。
    宛先のアクティベーションデータを示した Platform UI のスクリーンショットの例。

  4. オーディエンスの概要を監視し、プロファイルの数がセグメント内で作成された数に対応していることを確認します。
    セグメントを示す Platform UI のスクリーンショットの例。

  5. にログインします。 Salesforce Marketing Cloud web サイト。 次に、 Audience Builder > Contact Builder > All contacts > Email ページを開き、オーディエンスからのプロファイルが追加されたかどうかを確認します。
    SalesforceMarketing CloudUI のスクリーンショットに、セグメントで使用されているプロファイルを含む連絡先ページが表示されています。

  6. プロファイルが更新されているかどうかを確認するには、 電子メール ページを開き、オーディエンスからのプロファイルの属性値が更新されたかどうかを確認します。 成功した場合は、各オーディエンスのステータスが Salesforce Marketing Cloud は、 マッピング ID 指定された値 オーディエンススケジュール 手順
    SalesforceMarketing CloudUI のスクリーンショットに、選択した連絡先電子メールページと、オーディエンスのステータスが更新されました。

データの使用とガバナンス data-usage-governance

Adobe Experience Platform のすべての宛先は、データを処理する際のデータ使用ポリシーに準拠しています。Adobe Experience Platform がどのようにデータガバナンスを実施するかについて詳しくは、データガバナンスの概要を参照してください。

エラーとトラブルシューティング errors-and-troubleshooting

イベントを SalesforceMarketing Cloudにプッシュ中に不明なエラーが発生しました unknown-errors

  • データフローの実行をチェックする際に、次のエラーメッセージが表示される場合があります。 Unknown errors encountered while pushing events to the destination. Please contact the administrator and try again.
    エラーを示す Platform UI のスクリーンショット。

    • このエラーを修正するには、 マッピング ID アクティベーションワークフローで (API) Salesforce Marketing Cloud 宛先は、 Salesforce Marketing Cloud. 詳しくは、 内に属性を作成 Salesforce Marketing Cloud の節を参照してください。
  • セグメントをアクティブ化すると、次のエラーメッセージが表示される場合があります。 The client's IP address is unauthorized for this account. Allowlist the client's IP address...

その他のリソース additional-resources

  • Salesforce Marketing Cloud API
  • Salesforce Marketing Cloud ドキュメント 指定した情報で連絡先を更新する方法を説明します。

変更ログ changelog

この節では、この宛先コネクタに対する機能の概要と重要なドキュメントの更新について説明します。

変更ログを表示
table 0-row-3 1-row-3 2-row-3 3-row-3 4-row-3 5-row-3 6-row-3 layout-auto
リリース月 更新タイプ 説明
2023年10月 ドキュメントの更新
  • 更新: (API)SalesforceMarketing Cloudの前提条件 セクションおよび一般には、ドキュメント全体の属性グループに対する不要な参照が削除されました。
  • オーディエンスのステータスの属性は、内で作成する必要があることを示すドキュメントを更新しました。 Salesforce Marketing Cloud 内側 Email Demographics データ拡張のみ。
  • マッピングテーブルを更新しました ( マッピングに関する考慮事項と例 セクション、 Email Address 属性を Email Addresses データ拡張が必須とマークされているので、この要件は引き出し線で「重要」とマークされていましたが、テーブルから省略されていました。
2023年4月 ドキュメントの更新
  • の文と参照リンクを修正しました。 (API)SalesforceMarketing Cloudの前提条件 を呼び出す部分 Salesforce Marketing Cloud Engagement は、この宛先を使用するための必須の購読です。 以前は、ユーザーがMarketing Cloudのサブスクリプションを必要とするという誤った呼び出しがおこなわれていました。 アカウント エンゲージメントを続行します。
  • の下にの節を追加しました。 前提条件 対象: 役割と権限 割り当てられる Salesforce ユーザーを設定します。 (PLATIR-26299)
2023年2月 ドキュメントの更新 更新: (API)SalesforceMarketing Cloudの前提条件 を呼び出すリファレンスリンクを含める Salesforce Marketing Cloud Engagement は、この宛先を使用するための必須の購読です。
2023年2月 機能の更新 宛先の設定が正しくない場合に、Salesforce に不正な JSON が送信される問題を修正しました。 その結果、一部のユーザーで、アクティブ化に失敗した ID の数が多く表示されていました。 (PLATIR-26299)
2023年1月 ドキュメントの更新
  • 更新: の前提条件 Salesforce セクションで属性を作成する必要があることを呼び出すには、 Salesforce サイド。 この節では、その方法に関する詳細な手順と、 Salesforce. (PLATIR-25602)
  • アクティブ化された各オーディエンスのマッピング ID を オーディエンススケジュール 手順 (PLATIR-25602)
2022年10月 初回リリース 宛先の初回リリースとドキュメントの公開。
recommendation-more-help
7f4d1967-bf93-4dba-9789-bb6b505339d6