オーディエンス構成 UI ガイド

NOTE
このガイドでは、オーディエンス構成を使用してオーディエンスを作成する方法を説明します。セグメントビルダーを使用してセグメント定義を通じてオーディエンスを作成する方法については、セグメントビルダー UI ガイドを参照してください。

オーディエンス構成には、様々なアクションの表現に使用されるブロックでオーディエンスを作成および編集するためのワークスペースが用意されています。

オーディエンス構成 UI.

タイトルや説明など、構成の詳細を変更するには、 スライダー ボタンを選択します。

構成のプロパティ ​ポップオーバーが表示されます。タイトルや説明など、構成の詳細をここに挿入できます。

構成のプロパティポップオーバーが表示されます。

NOTE
次の場合: ではない コンポジションにタイトルを付けると、「コンポジション」というタイトルに続き、デフォルトで作成日と時刻が表示されます。 さらに、各組成 独自の一意の名前を持ちます。

構成の詳細を更新した後、「保存」を選択して、これらの更新を確定します。オーディエンス構成キャンバスが再び表示されます。

オーディエンス構成キャンバスは、4 種類のブロック(オーディエンス除外ランク分割)で構成されています。

オーディエンス audience-block

オーディエンス ​ブロックタイプを使用すると、より大きな新しいオーディエンスを構成するサブオーディエンスを追加できます。 デフォルトでは、オーディエンス ​ブロックは構成キャンバスの上部に含まれています。

オーディエンス ​ブロックを選択すると、右側のパネルには、オーディエンスにラベルを付けたり、ブロックにオーディエンスを追加したり、オーディエンスブロックのカスタムルールを作成したりするためのコントロールが表示されます。

NOTE
オーディエンスを追加する​ かまたは ​カスタムルールを作成できます。これらの 2 つの機能を一緒に使用することは​ できません

オーディエンスブロックの詳細が表示されている様子。

オーディエンスの追加 add-audience

オーディエンスブロックにオーディエンスを追加するには。「オーディエンスを追加」を選択します。

「オーディエンスを追加」ボタンがハイライト表示されています。

IMPORTANT
注意: のみ デフォルトの結合ポリシーを使用して定義されたオーディエンスが表示されます。
さらに、のみ 公開日 セグメントビルダーを使用して作成したオーディエンスを使用できます。 オーディエンスコンポジションを使用して作成されたオーディエンスと、外部で生成されたオーディエンスは次のとおりです ではない 使用可能。

オーディエンスのリストが表示されます。含めるオーディエンス、「追加」の順に選択して、オーディエンスブロックに追加します。

オーディエンスのリストが表示されます。このダイアログから、追加するオーディエンスを選択できます。

オーディエンス ​ブロックが選択されると、選択したオーディエンスが右側のパネル内に表示されます。ここから、結合オーディエンスの結合タイプを変更できます。

オーディエンスで使用可能な結合タイプがハイライト表示されます。

結合タイプ
説明
結合
複数のオーディエンスが 1 つのオーディエンスに結合されます。 これは OR 演算と同じです。
Intersection
オーディエンスが結合され、すべて ​のオーディエンスで共有されているオーディエンスのみが追加されます。これは AND 演算と同じです。
重複を除外
オーディエンスが結合され、すべてではなく、いずれか ​のオーディエンスで共有されているオーディエンスのみが追加されます。これは XOR 演算と同じです。

ルールの作成 build-rule

オーディエンスブロックにカスタムルールを追加するには、「ルールを作成」を選択します。

「ルールを作成」ボタンがハイライト表示されています。

セグメントビルダーが表示されます。セグメントビルダーを使用して、オーディエンスが従うべきカスタムルールを作成できます。セグメントビルダーの使用について詳しくは、セグメントビルダーガイドを参照してください。

セグメントビルダー UI が表示されます。

カスタムルールを追加した後、「保存」を選択して、ルールをオーディエンスに追加します。

除外 exclude-block

除外 ​ブロックタイプを使用すると、指定したサブオーディエンスまたは属性を、より大きな新しいオーディエンスから除外できます。

除外 ​ブロックを追加するには、「+」アイコン、「除外」の順に選択します。

「除外」オプションが選択されている様子。

除外 ​ブロックが追加されます。このブロックを選択すると、除外に関する詳細が右側のパネルに表示されます。これには、ブロックのラベルと除外のタイプが含まれます。オーディエンス別、または属性別に除外できます。

使用可能な 2 つの除外タイプがハイライト表示された「除外」ブロック。

オーディエンス別に除外 exclude-audience

オーディエンス別に除外する場合は、「オーディエンスを追加」をクリックすることで、除外するオーディエンスを選択できます。

「オーディエンスを追加」ボタンが選択されています。ここから、除外するオーディエンスを選択できます。

IMPORTANT
のみ 公開日 セグメントビルダーを使用して作成したオーディエンスを使用できます。 オーディエンスコンポジションを使用して作成されたオーディエンスと、外部で生成されたオーディエンスは次のとおりです ではない 使用可能。

オーディエンスのリストが表示されます。「追加」を選択し、除外するオーディエンスを除外ブロックに追加します。

オーディエンスのリストが表示されます。このダイアログから、追加するオーディエンスを選択できます。

属性別に除外 exclude-attribute

属性別に除外する場合は、「除外ルール」セクションにある フィルター アイコンを選択することで、除外する属性を選択できます。

属性セクションがハイライト表示され、除外する属性を選ぶために選択すべき場所が示されている様子。

プロファイル属性のリストが表示されます。除外する属性タイプを選択し、続けて「選択」をクリックして、「除外」ブロックに追加します。

属性のリストが表示されます。

IMPORTANT
属性別に除外する場合は、以下のみを指定できます 1 除外する値。 コンマやセミコロンなどの任意の種類の区切り記号を使用すると、その正確な値のみが除外されます。 例えば、値をに設定します red, blue は次の用語を除外する結果となります red, blue 属性から取得しますが、は取得しません ではない その結果、どちらかの用語が除外される red または blue.

エンリッチメント enrich-block

IMPORTANT
この時点で、エンリッチメント属性は、ダウンストリームの Adobe Journey Optimizer シナリオで​ のみ ​使用できます。

強化 ​ブロックタイプを使用すると、データセットからの追加属性でオーディエンスを強化できます。これらの属性は、パーソナライゼーションのユースケースで使用できます。

強化 ​ブロックを追加するには、「+」アイコン、「強化」の順に選択します。

「強化」オプションが選択されます。

強化 ​ブロックが追加されます。このブロックを選択すると、エンリッチメントに関する詳細が右側のパネルに表示されます。これには、ブロックのラベルとエンリッチメントデータセットが含まれます。

オーディエンスの強化に使用するデータセットを選択するには、 フィルター アイコンを選択します。

フィルターボタンがハイライト表示されます。これを選択すると、データセットを選択ポップオーバーが表示されます。

データセットを選択 ​ポップオーバーが表示されます。エンリッチメント用に追加するデータセットを選択し、「選択」を選択して、エンリッチメント用のデータセットを追加します。

選択したデータセットが選択されます。

IMPORTANT
選択したデータセットは、必ず ​次の条件を満たす必要があります。
  • データセットは、必ず ​レコードタイプである必要があります。
    • データセットをイベントタイプ、システム生成またはプロファイル用にマークすることは​ できません
  • データセットは、必ず 1 GB 以下にする必要があります。

エンリッチメント条件 ​セクションが右側のパネルに表示されます。このセクションでは、ソース結合キー ​およびエンリッチメントデータセットを作成するオーディエンスとリンクする​ エンリッチメントデータセット結合キー ​を選択できます。

エンリッチメント条件領域がハイライト表示されます。

ソース結合キー」を選択して、 フィルター アイコンを選択します。

ソース結合キーのフィルターアイコンがハイライト表示されます。

プロファイル属性を選択 ​ポップオーバーが表示されます。ソース結合キーとして使用するプロファイル属性を選択し、その後に「選択」を選択してその属性をソース結合キーとして選択します。

ソース結合キーとして使用する属性がハイライト表示されます。

エンリッチメントデータセット結合キー」を選択し、 フィルター アイコンを選択します。

エンリッチメントデータセット結合キーのフィルターアイコンがハイライト表示されます。

エンリッチメント属性 ​ポップオーバーが表示されます。エンリッチメントデータセット結合キーとして使用する属性を選択し、その後に「選択」を使用して、その属性をエンリッチメントデータセット結合キーとして選択します。

エンリッチメントデータセット結合キーとして使用する属性がハイライト表示されます。

これで、2 つの結合キーが追加され、エンリッチメント属性 ​セクションが表示されます。これで、オーディエンスを強化する属性を追加できます。これらの属性を追加するには、「属性を追加」を選択します。

「属性を追加」ボタンがハイライト表示されます。

エンリッチメント属性 ​ポップオーバーが表示されます。データセットから属性を選択してオーディエンスを強化し、その後に「選択」を選択してオーディエンスに属性を追加します。

追加するエンリッチメント属性がハイライト表示されます。

ランク rank-block

ランク ​ブロックタイプを使用すると、指定した属性に基づいてプロファイルのランク付けと並べ替えを行い、これらのランク付けされたプロファイルを構成に含めることができます。

ランク ​ブロックを追加するには、「+」アイコン、「ランク」の順に選択します。

「ランク」オプションが選択されています。

ブロックを選択すると、右側のパネルにランキングの詳細が表示されます。ここには、ブロックのラベル、ランク付けの基準にする属性、ランク付けの順序、ランク付けするプロファイル数を制限する切替スイッチなどが含まれています。

ランクブロックがハイライト表示され、ランクブロックの詳細も表示されています。

オーディエンスのランク付けの基準にする属性を選択するには、 フィルター アイコンを選択します。

フィルターアイコンがハイライト表示され、プロファイル属性選択画面にアクセスするために選択すべき項目が示されている様子。

プロファイル属性のリストが表示されます。このポップオーバーで、オーディエンスのランク付けの基準にする属性タイプを選択できます。 「選択」を選択して、ランクブロックに追加します。選択した属性は、数字​ のみ ​であることに注意してください。

属性のリストが表示されています。

属性を選択したら、ランク付けの順序を選択できます。 昇順(最小から最大)または降順(最大から最小)のいずれかです。

さらに、を有効にすることで、返されるプロファイルの数を制限できます。 プロファイル制限を追加 切り替えます。 この切替スイッチが有効になっている場合は、内で返されるプロファイルの最大数を設定できます 含まれるプロファイル フィールド。

「プロファイル制限を追加」切替スイッチがハイライト表示されています。ここから、返されるプロファイルの数を制限できます。

分割 split-block

分割 ​ブロックタイプを使用すると、新しいオーディエンスを様々なサブオーディエンスに分割できます。オーディエンスは、割合に基づいて分割したり、属性別に分割したりできます。

分割 ​ブロックを追加するには、「+」アイコン、「分割」の順に選択します。

「分割」オプションが選択されている様子。

オーディエンスを分割する場合は、割合で分割するか、属性で分割します。

割合で分割 split-percentage

割合で分割する場合、オーディエンスは、指定されたパスの数と割合に基づいてランダムに分割されます。

例えば、3 つのパスを作成し、それぞれのパスでプロファイルの割合を変えることができます。

保存されたオーディエンスの数と割合の詳細が表示されている様子。

属性で分割 split-attribute

属性別に分割する場合、オーディエンスは指定された属性に基づいて分割されます分割の基準にする属性を選択するには、分割 ​ブロック、 フィルター アイコンの順に選択します。

フィルターボタンが選択され、属性別にフィルターする方法が示されています。

プロファイル属性のリストが表示されます。属性タイプ、「選択」の順に選択して、分割ブロックに追加します。

属性のリストが表示されている様子。

属性を選択したら、「」フィールド内に値を追加することで、どのプロファイルがどのサブオーディエンスに属するか選択できます。

属性の分割の基準にする値が追加されている様子。

また、「その他のプロファイル」切替スイッチを有効にして、選択されていないすべてのプロファイルで構成されるサブオーディエンスを作成できます。

「その他のプロファイル」切替スイッチがハイライト表示されている様子。

オーディエンスのパブリッシュ

オーディエンスを作成したら、「 公開」を選択してオーディエンスを保存および公開できます。

「公開」ボタンがハイライト表示されて、オーディエンスの保存および公開方法が示される様子。

オーディエンスの作成でエラーが発生した場合は、アラートが表示され、問題の解決方法を知らせます。

「公開」ボタンがハイライト表示されて、オーディエンスの保存および公開方法が示される様子。

次の手順

オーディエンス構成には、様々なブロックタイプからオーディエンスを作成できる豊富なワークフローが用意されています。セグメント化サービス UI の他の部分について詳しくは、セグメント化サービスユーザーガイドを参照してください。

recommendation-more-help
770bc05d-534a-48a7-9f07-017ec1e14871