前提条件と設定 inapp-configuration

設定の手順 inapp-steps

Journey Optimizer を使用してジャーニーとキャンペーンでアプリ内メッセージを送信するには、次の設定手順を実行する必要があります。

  1. ジャーニーでアプリ内メッセージのみを使用する予定がある場合でも、開始する前に、Journey Optimizer キャンペーンに対する正しい権限を持っていることを確認してください。キャンペーン権限は引き続き必要です。詳細情報
    Adobe Experience Platform データ収集の アプリサーフェス ​メニューにアクセスするには、特定の権限を付与する必要があります。詳しくは、このビデオを参照してください。
  2. Adobe Experience Platform データ収集データストリームで Adobe Journey Optimizer を有効にし、Adobe Experience Platform のデフォルトの結合ポリシーを確認します。詳細は、配信の前提条件で詳しく説明しています。
  3. Adobe Experience Platform データ収集でのアプリサーフェスの作成と設定について詳しくは、この節を参照してください。
  4. コンテンツ実験を使用している場合は、この節に記載されている要件に従ってください。

完了したら、最初のアプリ内メッセージを作成、設定および送信できます。 これを実現する方法については、この節を参照してください。

配信の前提条件 delivery-prerequisites

アプリ内メッセージが正常に配信されるようにするには、次の設定を定義する必要があります。

  • Adobe Experience Platform データ収集で、Adobe Experience Platform サービスの下にある「Adobe Journey Optimizer」オプションを有効にするなど、データストリームが定義されていることを確認します。

    これにより、Journey Optimizer インバウンドイベントが Adobe Experience Platform Edge で正しく処理されます。詳細情報

  • Adobe Experience Platform, make sure you have the default merge policy with the Active-On-Edge Merge Policy option enabled. To do this, select a policy under the Customer > Profiles > Merge Policies Experience Platform menu. Learn more

    この結合ポリシーは、Journey Optimizer インバウンドチャネルで使用すると、エッジでインバウンドキャンペーンを正しくアクティブ化して公開できます。詳細情報

    note note
    NOTE
    カスタムの​ データセット設定 ​マージポリシーを使用する場合は、指定したマージポリシー内に​ ジャーニーインバウンド ​データセットを必ず追加してください。

チャネル設定の前提条件 channel-prerequisites

  1. 次に、アプリサーフェス ​メニューにアクセスして、「アプリサーフェスを作成」をクリックします。

  2. アプリサーフェス ​に名前を追加します。

  3. Apple iOS ドロップダウンから、Apple iOS 用のモバイルアプリケーションを設定します。

詳細情報
  1. iOS バンドル ID ​を入力します。バンドル ID について詳しくは、Apple ドキュメントを参照してください。

  2. (オプション)プッシュ通知の送信元となる「サンドボックス」を選択します。特定のサンドボックスを選択するには、必要なアクセス権限が必要であることに注意してください。

    サンドボックス管理について詳しくは、こちらのページを参照してください。

  3. プッシュ資格情報」オプションを有効にして、必要に応じて .p8 auth キーファイルをドラッグ&ドロップします。

    また、「プッシュ資格情報を手動で入力」オプションを有効にして、APNS 認証キーを直接コピー&ペーストできます。

  4. キー ID および チーム ID を入力します。

  1. Android ​ドロップダウンから、Android 用のモバイルアプリケーションを設定します。
詳細情報
  1. Android パッケージ名 ​を入力します。パッケージ名 ​について詳しくは、Android ドキュメントを参照してください。

  2. (オプション)プッシュ通知の送信元となる「サンドボックス」を選択します。特定のサンドボックスを選択するには、必要なアクセス権限が必要であることに注意してください。

    サンドボックス管理について詳しくは、こちらのページを参照してください。

  3. プッシュ資格情報」オプションを有効にして、必要に応じて.json 秘密鍵ファイルをドラッグ&ドロップします。

    また、「プッシュ資格情報を手動で入力」オプションを有効して、FCM 秘密鍵を直接コピー&ペーストすることもできます。

  4. アプリサーフェス ​の設定が完了したら、「保存」をクリックします。

    アプリ内メッセージを含む新しいキャンペーンを作成する際に、アプリサーフェス ​を使用できるようになりました。 詳細情報

  5. アプリサーフェスを作成したら、モバイルプロパティを作成する必要があります。

    詳しい手順は、このページを参照してください。

  6. 新しく作成したプロパティの拡張機能メニューから、次の拡張機能をインストールします。

    • Adobe Experience Platform Edge Network
    • Adobe Journey Optimizer
    • AEP Assurance
    • 同意
    • ID
    • Mobile Core
    • プロファイル

    詳しい手順は、このページを参照してください。

アプリ内チャネルが設定されました。 ユーザーへのアプリ内メッセージの送信を開始できます。

コンテンツ実験の前提条件 experiment-prerequisites

アプリ内チャネルのコンテンツ実験を有効にするには、レポート設定に、アプリ内実装データストリームで使用するデータセットも含まれていることを確認する必要があります。

つまり、実験レポートを設定する際に、web データストリームに存在しないデータセットを追加すると、web データはコンテンツ実験レポートに表示されません。

コンテンツ実験のレポート用にデータセットを追加する方法については、この節を参照してください。

note note
NOTE
データセットは、Journey Optimizer レポートシステムによって読み取り専用で使用され、データ収集やデータの取り込みには影響しません。

次の事前定義されたフィールドグループ for your dataset schema: AEP Web SDK ExperienceEvent and Consumer Experience Event (as defined in this page)を使用してい​ ない ​場合は、次のフィールドグループを追加する必要があります:Experience Event - Proposition InteractionsApplication DetailsCommerce DetailsWeb Details。これらは、Journey Optimizer のコンテンツ実験レポートで、各プロファイル参加している実験と処理を追跡するために必要です。

note note
NOTE
これらのフィールドグループを追加しても、通常のデータ収集には影響しません。実験が実行されているページに対してのみ追加され、他のすべての追跡は変更されません。

チュートリアルビデオ video

以下のビデオでは、アプリサーフェスメニューにアクセスするための​ アプリ設定を管理 ​権限を割り当てる方法を示します。

embed

https://video.tv.adobe.com/v/3421607

関連トピック:

recommendation-more-help
b22c9c5d-9208-48f4-b874-1cefb8df4d76