はじめに

Adobe Experience Manager Forms as a Cloud Service は、複雑なデジタルフォームを作成、管理、公開、更新しながら、送信データをバックエンドプロセス、ビジネスルール、外部データストアに保存する、クラウドネイティブのサービスとしてのプラットフォーム(PaaS)ソリューションを提供します。このサービスは常に最新で、常に利用可能で、常に学習可能です。

このサービスを使用して、インタラクティブで魅力的なデジタルフォームを作成し、展開できます。例えば、顧客登録ジャーニーのデジタル化を検討している組織について考えてみます。既存の顧客データを持つ複数のデータソースがあります。フォームに事前入力したり、フォームの電子サインを追加したり、入力済みのフォームを PDF ファイルとしてアーカイブしたりすることを検討しています。さらに、組織には複数の印刷フォーム(PDF フォーム)があり、すべての印刷フォームをデジタルフォームに変換することも検討しています。

組織は、AEM Forms as a Cloud Service を使用して、デジタルフォームを作成したり、フォームを既存のデータソースに接続したり、フォームを Adobe Sign と統合して電子サインをフォームに追加したり、送信されたフォームを PDF ファイルとしてアーカイブするためにレコードのドキュメント(DoR)を生成したりできます。また、このサービスを使用して、既存の PDF フォームをデジタルフォームに変換することもできます。

組織は、AEM Forms as a Cloud Service を使用して、ローカルインフラストラクチャを必要とせずに、クラウド内のこれらすべての機能を取得できます。また、このサービスは常に最新の機能を備えているので、複雑なアップグレードサイクルから組織を解放します。このサービスについて詳しくは、以下を参照してください。

このページ