Experience Cloud 設定自動化を使用してアダプティブフォームの Adobe Analytics を有効にする integrate-adobe-analytics-to-aem-forms-with-experience-cloud-setup-automation

バージョン
記事リンク
AEM as a Cloud Service
この記事
AEM 6.5
ここをクリックしてください

Experience Cloud設定自動処理は、Adobe Analyticsをアダプティブ Formsに接続するのに役立ちます。これにより、フォームでのユーザーインタラクションの高速分析と、訪問者のインタラクションやエンゲージメントに関するインサイトの提供が可能になります。 Experience Cloud 設定自動化は、完了時間やドロップオフポイントなどの指標の評価を含むフォームのパフォーマンスの監視にも役立ちます。この分析は、ログインステータスに基づいてユーザーの行動(匿名ユーザーなど)を区別し、一般的なトレンドとパターンを特定しながら、ユーザーエクスペリエンスを向上させるためにフォームを最適化するのに役立ちます。

Adobe Analytics とアダプティブフォームを統合するメリット advantages-of-integrating-adobe-analytics-with-aem-forms

  • エンドユーザーの行動に関するインサイト:Adobe Analytics は、エンドユーザーの行動に関するインサイトを取得するのに役立ち、ユーザーのアクション、ドロップオフ、完了率を明らかにして、個人がフォームをどのように操作するかを詳しく理解できるようにします。
  • 技術者以外のビジネスユーザーがインサイトを取得できるようにする:Adobe Analytics は、使いやすいインターフェイスを通じて、技術者以外のユーザーでもフォームの使用状況データにアクセスして解釈できるようにし、登録エクスペリエンスを向上させるためのデータ主導型の意思決定を促進します。
  • 使用状況に基づいてデータキャプチャエクスペリエンスを最適化:組織はデータキャプチャの問題点を容易に特定し、フォームの操作性を向上させて送信の成功率を高める、ターゲットを絞った改善につなげることができます。

アダプティブフォームの使用状況指標の範囲 scope-of-adaptive-forms-usage-metrics

Adobe Analyticsは、フォームの使用状況に関する貴重なインサイトを提供するように設計された、アダプティブ Formsのパフォーマンス指標の包括的な配列を提供し、高速分析を提供します。 これらの指標を以下に示します。

  • フォームのレンディション数、フォームの送信数、検証エラー数およびユニーク訪問者数:フォームの使用状況と効果を評価できます。

  • 訪問者インサイト:訪問頻度と送信頻度、ユニーク訪問者数が含まれます。フォームのオーディエンスの包括的なビューを提供します。

  • デバイスタイプ:ユーザーがフォームにアクセスする際に使用するデバイスについて通知するデータです。

  • 地理的分類:フォームユーザーの地域分布を表示します。

  • トラフィックソース ​と​ 人気の高いフォーム:上位の参照ドメインと最も訪問回数の多いフォームで構成される指標は、トラフィックの発生元と一番人気のフォームを理解するのに役立ちます。

  • 上位フォームでのユーザーアクティビティ:フィールド訪問、フォームのレンディション、検証エラー、放棄されたフォームおよびフォームの送信に関するインサイトを提供し、ユーザーの行動を分析できるようにします。

  • フォームでの滞在時間のタイムライン:フォームに対するユーザーエンゲージメントをタイムラインベースで表示できます。

  • 訪問者の支援が必要な領域:ヘルプビュー、検証エラーのインスタンス、フィールド訪問の頻度などの指標により、ユーザーがフォームに入力する際に支援が必要な場所がハイライト表示されます。

分析レポート

各指標について詳しくは、AEM Forms 分析レポートの表示と理解を参照してください。

前提条件 prerequisites

Experience Cloud 設定自動化には、Adobe Analytics ライセンス、トラッキングスクリプトを管理するための​ データ収集(旧 Adobe Launch) ​および効率的なデータ集計とインサイト生成のための Experience Manager Forms ライセンス ​が必要です。

Adobe AnalyticsExperience Manager Forms のアクティブなライセンスを使用し、データ収集(旧 Adobe Launch) ​と統合している場合は、Developer Console 内で使用可能であることを確認する必要があります。

Forms as a Cloud Service 環境で上記の機能が使用可能であることを確認するには、Developer Console にアクセスし、プロジェクトに移動して、プログラム ID - 環境 ID でプロジェクトを検索します。例えば、URL が https://author-p45913-e175111-cmstg.adobeaemcloud.com/index.html の環境の場合、プログラム ID - 環境 ID は p45913-e175111 です。Experience Cloud 設定自動化、Adobe Analytics および Experience Platform Launch API がリストされていることを確認します。これらのリストが表示される場合は、Adobe Analyticsを有効にして、アダプティブFormsの高速分析用に使用できます。

Forms Analytics 統合の前提条件

Adobe Analytics の設定 configure-adobe-analytics

以下の手順を実行して、Adobe Analyticsを有効にし、アダプティブFormsの高速分析用に設定します。

基盤コンポーネントのアダプティブフォームを使用して Adobe Analytics を有効にする integrate-adobe-analytics-with-aem-forms-for-foundation-component

  1. クラウドサービス用の設定コンテナを作成します。

    1. ツール/一般/設定ブラウザー ​に移動します。
    2. 設定コンテナを選択または作成し、クラウド設定 ​のフォルダーを有効にします。
    3. 保存して閉じる」を選択して設定内容を保存し、ダイアログを閉じます。
  2. AEM インスタンスで、[Forms][フォームとドキュメント] ​に移動します。

  3. フォームプロパティ ​を選択し、設定コンテナ ​で、手順 1 の​ 設定コンテナ ​で作成または選択した設定コンテナを選択します。

  4. 左側のパネルでタスクパネルを選択し、「Analytics を設定」、「Adobe Analytics をアクティベート」の順にクリックします。

  5. レポートスイートに使用する名前を入力し、「次へ」、「保存」の順にクリックします。

  6. プロジェクトを保存すると、Adobe Analytics とアダプティブフォームが統合されるまで、設定がしばらく実行されます。また、統合ステータス ​を確認することもできます。

    note note
    NOTE
    設定に 15 分以上かかる場合は、フォームの分析を有効にするように再試行してください。
  7. AEM インスタンスで、Forms[フォームとドキュメント] ​に移動し、フォーム ​を選択すると、以下の画像に示すように、Adobe Analytics がフォームに統合されていることがわかります。

  8. これで、アダプティブフォームの Adobe Analytics レポートを表示できるようになります。

統合された AEM Analytics

コアコンポーネント用のアダプティブフォームを使用して Adobe Analytics を有効にする integrate-adobe-analytics-with-aem-forms-for-core-components

  1. AEM インスタンスで、Formsフォームとドキュメント ​に移動し、フォーム ​を選択します。

  2. 左側のタスクパネルを選択し、「Analytics を設定」をクリックして、「Adobe Analytics をアクティベート」をクリックします。

  3. レポートスイートに使用する名前を入力し、「次へ」、「保存」の順にクリックします。

  4. プロジェクトを保存すると、Adobe Analytics とアダプティブフォームが統合されるまで、設定がしばらく実行されます。また、統合ステータス ​を確認することもできます。

    note note
    NOTE
    設定に 15 分以上かかる場合は、フォームの分析を有効にするように再試行してください。
  5. AEM インスタンスで、Formsフォームとドキュメント ​に移動し、フォーム ​を選択すると、Adobe Analytics がフォームに統合されていることがわかります。

  6. これで、アダプティブフォームの Adobe Analytics レポートを表示できるようになります。

アダプティブフォームの Adobe Analytics レポートの表示 view-adobe-analytics-report

  1. AEM インスタンスで、Formsフォームとドキュメント ​に移動します。

  2. フォームを選択すると、左側に示すように、Adobe Analytics が Adobe Analytics 用にアクティベートされたフォームに統合されていることがわかります。

    レポートの表示 {width="100%"}

  3. Adobe Analytics」をクリックしてレポートを表示し、パフォーマンスデータを分析します。

手動による方法を使用してアダプティブフォームを Adobe Analytics に接続するには、AEM Forms と Adobe Analytics の統合を参照してください。

Sites でアダプティブフォームに対して Analytics を有効にする Connect-Analytics-to-Adaptive-Forms-in-Sites

AEM Sitesでアダプティブフォームの高速分析機能を設定すると、Sites ページでフォームに対するユーザーの操作やフォーム送信を追跡できます。 分析をSites フォームにシームレスに統合することで、ユーザーの行動、コンバージョン率、フォームの改善すべき領域に関する貴重なインサイトを取得できます。

前提条件 Prerequisites-to-connect-forms-analytics-to-sites

AEM Sites のアダプティブフォームに接続して分析を有効にするには、AEM Sites にアクティブな Adobe Analytics があることを確認する必要があります。

Sites でアダプティブフォームを接続して Analytics を有効にする Connect-analytics-to-adaptive-forms

アダプティブフォームをAEM Sites ページに接続して Analytics でファストトラック分析を有効にするには、次を含めます customfooterlibs AEM アーキタイプ/Git リポジトリとデプロイメントパイプラインを使用して、AEM Sites ページに移動するクライアントライブラリ。

  1. AEM Forms アーキタイプまたは複製された Git リポジトリプロジェクトをテキストエディターで開きます。例えば Visual Studio Code などです。

  2. アダプティブフォームが存在する Sites のページに移動します。例えば、このデモプロジェクトでは ui.apps/src/main/content/jcr_root/apps/corecomponents/components/page/.content.xml に移動します。

  3. sling:resourceSuperType の値をコピーします。例えば、値は core/wcm/components/page/v3/page です。

    Sling リソース {width="100%"}

  4. core/wcm/components/page/v3/page と同じ場所 ui.apps/src/main/content/jcr_root/apps に類似した構造を作成します。

    オーバーレイ構造 {width="100%"}

  5. customfooterlibs.html ファイルを追加します。

    code language-none
    // customheaderlibs.html
    <sly data-sly-use.page="com.adobe.cq.wcm.core.components.models.Page">
    <sly data-sly-test="${page.data && page.dataLayerClientlibIncluded}" data-sly-call="${clientlib.js @ categories='core.forms.components.commons.v1.datalayer', async=true}"></sly>
    </sly>
    

    customfooterlibs.html は JavaScript で使用します。

  6. パイプラインを実行して変更をデプロイします。

Sites でフォームに対する Form Analytics ルールを有効にする bind-forms-analytics-rules-to-forms-in-sites

  1. Adobe Experience Platform データ収集 ​にアクセスします。

  2. 左側にある「タグ」をクリックします。

  3. 以下の画像に示すように、プログラム ID を使用してプロジェクトを検索します。例えば、URL https://author-p45921-e175111-cmstg.adobeaemcloud.com/index.html の環境の場合、プログラム ID は 45921 です。

    データ収集内のフォームの検索 {width="100%"}

  4. 以下に示すように、フォームルール ​と​ データ要素 ​の設定を追加します。

フォームルールの追加 form-rules

  1. フォームを選択し、右上にある​ 新しいプロパティ ​を追加するか、フォームをクリックします。

  2. プロパティページで、「ルール」をクリックし、フォームのイベントを選択します。以下の画像の例では、フォームイベント ​です。

    データ収集内のフォームの検索 {width="100%"}

  3. フォームのすべてのイベントを選択し、右上のパネルにある​ コピー ​を実行します。

  4. コピーしたら、プロジェクト ID で Sites ページを検索し、フォームルールをペーストする​ ルールをコピー ​ポップアップが表示されます。

    フォームルールのコピー {width="100%"}

  5. コピー」をクリックして、フォームルールを Sites ページにペーストします。

データ要素の追加 data-elements

  1. フォームを選択し、右上にある​ 新しいプロパティ ​を追加するか、フォームをクリックします。

  2. プロパティページで、「データ要素」をクリックし、フォームのイベントを選択します。

  3. フォームのすべてのイベントを選択し、右上のパネルにある​ コピー ​を実行します。

  4. コピーしたら、プロジェクト ID で Sites ページを検索し、フォームルールをペーストする​ ルールをコピー ​ポップアップが表示されます。

  5. コピー」をクリックして、フォームルールを Sites ページにペーストします。

    フォームのデータ要素 {width="100%"}

上記の手順でフォームと Sites のルールをバインドしたら、次の手順を実行して、Sites ページのアダプティブフォームで Analytics を有効にします。

  1. 左側にある「公開フロー」をクリックします。
  2. ライブラリを追加」をクリックし、使用する名前を入力します。
  3. 右側にある​ 環境 ​ドロップダウンで、「開発」を選択します。
  4. Add All Changed Resources」をクリックします。
  5. 保存して開発用にビルド」をクリックします。

開発に公開

関連トピック see-also

recommendation-more-help
fbcff2a9-b6fe-4574-b04a-21e75df764ab