Azure ストレージの設定 configure-azure-storage

データ統合

Experience Manager Forms データ統合では、フォームを Azure ストレージサービスと統合するための Azure ストレージ設定を提供します。フォームデータモデル(FDM)を使用して、と連携するアダプティブFormsを作成できます Azure サーバーでビジネスワークフローを有効にします。 次に例を示します。

  • アダプティブフォームの送信時に、データを Azure に書き込む。
  • データをに書き込む Azure フォームデータモデル(FDM)で定義したカスタムエンティティを使用する(またはその逆の方法)。
  • Azure サーバーに対してデータに関するクエリを実行し、アダプティブフォームに事前入力する。
  • Azure サーバーからデータを読み取る。

Azure ストレージ設定の作成 create-azure-storage-configuration

これらの手順を実行する前に、Azure ストレージアカウントと、Azure ストレージアカウントへのアクセスを許可するためのアクセスキーがあることを確認してください。

  1. ツールクラウドサービスAzure ストレージ ​に移動します。
  2. 設定を作成するフォルダーを選択して、「作成」を選択します。
  3. タイトル」フィールドで設定のタイトルを指定します。
  4. Azure ストレージアカウント」フィールドで Azure ストレージアカウントの名前を指定します。
  5. Azure ストレージアカウントにアクセスするためのキーを「Azure アクセスキー」フィールドで指定し、「保存」を選択します。

フォームデータモデルの作成 create-azure-form-data-model

Azure ストレージ設定を作成したら、フォームデータモデルを作成できます。を含むフォルダーを指定します Azure での設定 データソース設定 フォームデータモデル(FDM)作成時のフィールド。 これにより、指定したフォルダーに存在する設定のリストから設定を選択できるようになります。

フォームデータモデルへの Azure サービスの追加 add-azure-services

フォームデータモデル(FDM)とデータモデルオブジェクトを作成したら、以下を追加できます Azure フォームデータモデル(FDM)へのサービス。

Azure サービスを追加するには:

  1. 編集モードで、左側のパネルにある「サービス」セクションからサービスを選択し、「選択項目を追加」を選択します。選択したサービスがに表示されます サービス フォームデータモデル(FDM)のタブ

    選択したサービスの追加

  2. サービス」タブで、サービスを選択して​ プロパティを編集 ​します。サービスに基づいて、サービスの入力または出力モデルオブジェクトを定義します。

  3. を選択 保存 フォームデータモデル(FDM)を保存します。

    使用可能な Azure サービスを次の表に示します。

    table 0-row-2 1-row-2 2-row-2 3-row-2 4-row-2 5-row-2 6-row-2 7-row-2 html-authored
    サービス名 説明
    Azure から BLOB を取得 ID または名前を使用して、Azure ストレージに BLOB として保存されているデータを取得します
    Azure から BLOB とバイナリ URL を取得 ID または名前を使用して、Azure ストレージに BLOB として保存されているデータとバイナリの URL を取得します
    Azure に BLOB を保存 BLOB ID を使用して Azure ストレージにデータを保存します
    Azure 内の BLOB を更新 BLOB ID を使用して Azure ストレージ内のデータを更新します
    Azure から BLOB ID のリストを取得 入力リクエストで定義された番号に基づいて、Azure から BLOB ID のリストを取得します
    Azure から BLOB の SAS URL を取得 入力リクエストの BLOB ID に基づいて、Azure から BLOB の SAS URL を取得します
    Azure から BLOB を削除 BLOB ID を使用して Azure ストレージからデータを削除します

データモデルオブジェクトプロパティを検索キーとして定義 define-data-model-object-as-metadata

データモデルオブジェクトプロパティを検索キーとして定義するには:

  1. モデル」タブで、データモデルオブジェクトプロパティを選択して「プロパティを編集」を選択します。
  2. 検索キー」切り替えオプションをオン状態に切り替えます。このオプションは、プライマリデータ型にのみ使用できます。
  3. を選択 完了 を選択してから、 保存 フォームデータモデル(FDM)を保存します。

データモデルオブジェクトのプロパティを検索キーとして定義した後、ハッシュ値は Azure インデックスタグに格納され、Base64 でエンコードされた値は Azure メタデータに格納されます。

NOTE
Azure では BLOB ごとに 10 個のタグしか許可されておらず、検索キーとしてマークされたプロパティ値はハッシュ後に Azure インデックスタグに格納されるため、Azure エンティティごとに許可される検索キーは 10 個のみです。
recommendation-more-help
fbcff2a9-b6fe-4574-b04a-21e75df764ab