AEM Formsをデータベースに接続 aem-forms-data-integration

バージョン
記事リンク
AEM 6.5
ここをクリックしてください
AEM as a Cloud Service
この記事

データ統合

企業のインフラストラクチャは、データベース、web サービス、REST サービス、OData サービス、CRM ソリューションなど、各種のバックエンドシステムやデータソースから構成されています。これらを統合することにより、データをエンタープライズアプリケーションに渡して日常業務を実行する、情報システムを構築することができます。一方、各アプリケーションは、データを取得してシステムに返します。これにより、データソースが更新されます。

アダプティブフォームをデータベースに接続する場合、フォームのレンダリング時に顧客データを取得するには、データソースとの統合が必要です。 アダプティブフォーム内のユーザー入力に基づいてデータソースからデータが取得されるユースケースがあります。また、アダプティブフォームをデータベースに送信する際に、送信されたアダプティブフォームのデータを書き戻して、各データソースを更新することができます。

モジュール形式の分散システムには独自のメリットもありますが、複数のデータソースを統合してデータの関連付けを作成することが課題になります。エンタープライズインフラストラクチャを効率的に運用するには、ビジネスデータを交換できるように、データを統合して複数の異なるデータソースをアプリケーションに関連付けることが重要になります。

データ統合機能の概要 data-integration-overview

aem-forms-data-integration

AEM Forms のデータ統合機能により、各種のデータソースを設定して AEM Forms に接続できます。データ統合機能には、接続されたデータソース全体で、ビジネスエンティティとサービスの統一されたデータ表現スキーマを作成するための直感的なユーザーインターフェイスが用意されています。この統合表現は、フォームデータモデル(FDM)と呼ばれ、JSON スキーマの拡張機能です。 フォームデータモデル(FDM)のエンティティは、データモデルオブジェクトと呼ばれます。 フォームデータモデル(FDM)を使用すると、次のことが可能です。

  • 接続されたデータソースから、データモデルオブジェクト、プロパティ、サービスにアクセスする。
  • カスタムデータモデルのオブジェクトクトとプロパティを作成する
  • データソース内とデータソース全体にわたり、データモデルオブジェクト間の関連付けを作成する。
  • データモデルオブジェクトサービスを呼び出し、データソースに対してクエリやデータの書き込みを行う。

フォームデータモデル(FDM)を作成したら、それを使用して以下を実行できます。

  • フォームデータモデル(FDM)に基づくアダプティブFormsの作成
  • 設定済みのデータソースからのアダプティブFormsの事前入力
  • アダプティブフォームのルールを使用した、データソースのサービスや操作の呼び出し
  • 送信されたアダプティブフォームデータのデータソースへの書き込み

データ統合の概要 get-started-with-data-integration

アダプティブフォームをデータベースに送信するためのデータ統合を実装する最初の手順は、アダプティブFormsで使用する情報を保存するデータソースを識別して設定することです。 次に、1 つ以上のデータソースから、データモデルオブジェクト、プロパティ、サービスを使用するフォームデータモデル(FDM)を作成します。 アダプティブフォームフィールドが各データソースプロパティにバインドされているフォームデータモデル(FDM)に基づいて、アダプティブFormsを作成できます。

AEM Forms また、により、データソースから独立したフォームデータモデル(FDM)を作成し、後で、フォームデータモデル(FDM)内のデータモデルオブジェクトとプロパティをデータソースに関連付ける(またはバインドする)ことができます。 フォームデータモデル(FDM)での作業中に、データソースへの依存関係が発生するのを防ぎます。

以下のトピックを参照してデータ統合の概要を理解してから、データ統合を実行してください。

NOTE
Experience Manager Forms はリレーショナルデータベースをサポートしていません。
recommendation-more-help
fbcff2a9-b6fe-4574-b04a-21e75df764ab