アダプティブフォームを作成 creating-an-adaptive-form-core-components

バージョン
記事リンク
AEM 6.5
ここをクリックしてください
AEM as a Cloud Service
この記事

アダプティブフォームを使用すると、魅力的でレスポンシブ、かつ動的でアダプティブなフォームを作成できます。AEM Forms は、アダプティブフォームを素早く作成するための、ビジネスユーザーにとってわかりやすいウィザードを提供します。このウィザードはクイックタブナビゲーションを備えており、アダプティブフォームを作成するための事前設定済みのテンプレート、スタイル設定、フィールド、送信オプションを簡単に選択することができます。

開始する前に、使用可能な Forms コンポーネントのタイプについて学習します。

  • アダプティブフォームコアコンポーネント:標準化されたデータキャプチャコンポーネントです。これらのコンポーネントは、デジタル登録エクスペリエンスのカスタマイズ機能を提供し、開発時間を短縮し、メンテナンスコストを削減します。開発者は、これらのコンポーネントを簡単にカスタマイズし、スタイルを設定できます。アドビでは、これらの最新かつ拡張性の高いコンポーネントを活用してアダプティブフォームを開発することをお勧めします。

  • アダプティブフォーム基盤コンポーネント:従来の(古い)データキャプチャコンポーネントです。引き続きこれらを使用して、既存の基盤コンポーネントベースのアダプティブフォームを編集できます。 新しいフォームを作成する場合は、アダプティブフォームコアコンポーネントを使用してアダプティブフォームを作成することをお勧めします。

アダプティブフォームの作成ウィザード

前提条件

アダプティブフォームを作成するには、以下が必要です。

  • お使いの環境でのアダプティブフォームコアコンポーネントの有効化:アダプティブフォームコアコンポーネントは、プログラムを作成した時点でお使いの環境で有効になります。アーキタイプ 39 以前の Forms as a Cloud Service 環境をご利用の場合は、ご利用の環境でアダプティブフォームコアコンポーネントを有効にします。ご利用の環境でコアコンポーネントを有効にすると、アダプティブフォーム(コアコンポーネント) ​のテンプレートとキャンバステーマが環境に追加されます。AEM SDK バージョンが 2023.02.0 より前の場合は、2023.02.0 リリースより前にアダプティブフォームのコアコンポーネントがプレリリースの一部であったので、お使いの環境で prerelease フラグが有効になっていることを確認してください

  • アダプティブフォームテンプレート:テンプレートは基本構造を提供し、アダプティブフォームのアピアランス(レイアウトとスタイル)を定義します。これには、特定のプロパティやコンテンツ構造を有するフォーマット済みのコンポーネントが含まれます。また、テーマと送信アクションを定義するオプションも提供されます。 テーマは、ルックアンドフィールと送信アクションを定義し、アダプティブフォームの送信時に実行するアクションを定義します。 例えば、収集したデータをデータソースに送信する場合などです。 クラウドサービスでは、空白という名前の OOTB テンプレートが提供されます。

    • blank テンプレートは、すべての新しい AEM Forms as a Cloud Service プログラムに含まれています。
    • パッケージマネージャーを使用して参照パッケージをインストールし、AEM Forms as a Cloud Service プログラムに blank テンプレートを追加できます。
    • 最初からアダプティブフォームテンプレート(コアコンポーネント)を作成することもできます。
    • また、サンプルテンプレートを環境にデプロイできます。これらは、フォームの作成を迅速に開始するのに役立ちます。
  • アダプティブフォームのテーマ:テーマには、コンポーネントとパネル向けのスタイル設定の詳細が含まれます。 スタイルには、背景カラー、ステートカラー、透明度、配置、サイズなどのプロパティが含まれます。テーマを適用すると、指定したスタイルが対応するコンポーネントに反映されます。Canvas テンプレートは、すべての新しい AEM Forms as a Cloud Service プログラムに含まれています。また、サンプルテーマを環境にデプロイできます。これらは、フォームのスタイル設定を開始できるようサポートし、ビジネス要件に応じてテーマを作成またはカスタマイズするための基本構造を提供します。

  • 権限:forms-users グループにユーザーを追加します。forms-users グループのメンバーには、アダプティブフォームを作成する権限があります。フォーム専用のユーザーグループの詳細なリストについて詳しくは、グループと権限を参照してください。

アダプティブフォームを作成 create-an-adaptive-form-core-components

  1. Experience Manager Forms オーサーインスタンスにログインします。Cloud インスタンスまたはローカル開発インスタンスの場合があります。

  2. Experience Manager のログインページに資格情報を入力します。ログイン後、左上隅の Adobe Experience ManagerFormsフォームとドキュメント ​を選択します。

  3. 作成アダプティブフォーム ​を選択します。ウィザードが開きます。ソースタブで、テンプレートを選択します。

    コアコンポーネントテンプレート

    テンプレートを選択すると、テンプレートで指定されたテーマと送信アクションが自動的に選択され、作成 ボタンが有効になります。「スタイル」または「送信」タブを使用して、別のテーマや送信アクションを選択することができます。 選択したテンプレートでテーマが指定されていない場合、作成ボタンは無効のままです。「スタイル」タブに進み、テーマを手動で選択することができます。

    note note
    NOTE
    ご利用の環境に​ アダプティブフォーム(コアコンポーネント) ​テンプレートがない場合は、ご利用の環境のアダプティブフォームコアコンポーネントを有効にします。ご利用の環境でコアコンポーネントを有効にすると、アダプティブフォーム(コアコンポーネント) ​テンプレートが環境に追加されます。
  4. スタイル」タブで、テーマを選択します。

    • 選択したテンプレートでテーマを指定すると、ウィザードでテーマが自動的に選択されます。 「スタイル」タブから別のテーマを選択することもできます。

    • 選択したテンプレートにテーマが指定されていない場合は、「スタイル」タブを使用してテーマを選択することができます。 この「作成」ボタンは、テーマが選択された後にのみ有効になります。

  5. (オプション)「データ」タブで、データモデルを選択します。

    • フォームデータモデル(FDM):A フォームデータモデル を使用すると、異なるデータソースのエンティティやサービスをアダプティブフォームに統合できます。 作成するアダプティブフォームで、複数のデータソースに対するデータの取得と書き込みが必要になる場合は、フォームデータモデル(FDM)を選択します。

    • JSON スキーマJSON スキーマ コアコンポーネントベースのアダプティブフォームは、生成または消費されるデータの構造を表す JSON スキーマを関連付ける機能により、自社のバックエンドシステムとシームレスに統合できます。この関連付けにより、作成者はスキーマの要素を使用して、アダプティブフォームにコンテンツを動的に追加できます。スキーマの要素には、オーサリングプロセスでコンテンツブラウザーの「データモデルオブジェクト」タブから容易にアクセスできます。すべてのフィールドは、作成されたアダプティブフォームに自動的に追加されます。

    デフォルトでは、関連付けられた JSON スキーマのすべてのフィールドが自動的に選択され、対応するアダプティブフォームコンポーネントに変換されるので、オーサリングプロセスを合理化できます。ウィザードでは、チェックボックスを使用してアダプティブフォームに含めるフィールドを選択できる、さらに便利な機能が用意されています。

  6. 送信」タブで、送信アクションを選択します。

    • テンプレートを選択すると、テンプレートで指定された送信アクションが自動選択されます。 「送信」タブから、別の送信アクションを選択することができます。 「送信」タブには、使用可能なすべての送信アクションが表示されます。

    • 選択したテンプレートで送信アクションが指定されていない場合は、「送信」タブを使用して送信アクションを選択することができます

  7. (オプション)「配信」タブで、アダプティブフォームの公開日または非公開日を指定することができます。

  8. 作成」を選択します。アダプティブフォームを保存するためのタイトル、名前および場所を指定するためのダイアログが表示されます。

    • タイトル:フォームの表示名を指定します。タイトルを指定すると、Experience Manager Forms ユーザーインターフェイス内のフォームを特定しやすくなります。
    • 名前: ​フォームの名前を指定します。指定された名前のノードがリポジトリーに作成されます。タイトルを入力し始めると、名前フィールドの値が自動的に生成されます。候補として入力された値は変更可能です。「ドキュメント名」フィールドには、英数字、ハイフン、アンダースコアのみを使用できます。無効な入力は、すべてハイフンに置き換えられます。
    • パス:アダプティブフォームを保存する場所を指定します。 アダプティブフォームは、/content/dam/formsanddocuments に直接保存することができます。または、/content/dam/formsanddocuments/adaptiveforms などのフォルダーを作成して、アダプティブフォームを保存することができます。フォルダーをパスで使用する前に、必ずフォルダーを作成してください。 「パス」フィールドでは、フォルダーは自動的には作成されません。
  9. 作成」を選択します。アダプティブフォームが作成され、アダプティブフォームエディターで開きます。エディターに、テンプレートで使用可能なコンテンツが表示されます。 アダプティブフォームのタイプに応じて、フォーム要素は関連付けられたに存在します JSON スキーマまたはフォームデータモデル(FDM)は、 データモデルオブジェクト タブ コンテンツブラウザー サイドバーで。 これらの要素もアドラッグ&ドロップしてダプティブフォームを作成できます。

これで、アダプティブフォームのコアコンポーネントをアダプティブフォームのコンテナにドラッグ&ドロップし、フォームをデザインおよび作成できます。また、https://aemcomponents.dev/ では、使用可能なコアコンポーネントの動作を確認できます。

アダプティブフォームの送信アクションを設定 configure-submit-action-for-form

送信アクションを使用すると、アダプティブフォーム経由で取り込んだデータの送信先を選択できます。送信アクションは、ユーザーがアダプティブフォームの「送信」ボタンをクリックするとトリガーされます。アダプティブフォームには、すぐに使用できる送信アクションがいくつか含まれています。デフォルトの送信アクションを拡張して、独自のカスタム送信アクションを作成することもできます。フォームの送信アクションを設定するには、次の手順を実行します。

  1. コンテンツブラウザーを開き、アダプティブフォームの​ ガイドコンテナ ​コンポーネントを選択します。

  2. ガイドコンテナプロパティ ガイドプロパティ アイコンをクリックします。アダプティブフォームコンテナダイアログボックスが開きます。

  3. 送信」タブをクリックします。

    レンチアイコンをクリックしてアダプティブフォームコンテナダイアログボックスを開き、送信アクションを設定します

  4. 必要に応じて、送信アクション ​を選択して設定します。送信アクションについて詳しくは、アダプティブフォームの送信アクションを参照してください。

ユーザーをページにリダイレクトするか、フォーム送信時にお礼のメッセージを表示

フォームの送信時に、ユーザーを別の web ページまたはメッセージにリダイレクトできます。ユーザーをリダイレクトするか、お礼のメッセージを設定するには、次の手順を実行します。

  1. コンテンツブラウザーを開き、アダプティブフォームの​ ガイドコンテナ ​コンポーネントを選択します。

  2. ガイドコンテナプロパティ ガイドプロパティ アイコンをクリックします。アダプティブフォームコンテナダイアログボックスが開きます。

  3. 送信」タブを開きます。

    レンチアイコンをクリックしてアダプティブフォームコンテナダイアログボックスを開き、リダイレクトページまたはお礼のメッセージを設定

    • リダイレクト URL を設定するには、「送信」オプションで、「URL にリダイレクト」オプションを選択し、AEM Sites ページを参照して選択するか、外部ページの URL を指定します。

    • カスタムメッセージまたはお礼のメッセージを設定するには、「送信」オプションで「メッセージを表示」オプションを選択し、メッセージコンテンツ ​ボックスにメッセージを入力します。これはリッチテキストボックスで、全画面表示オプションを使用して、使用可能なすべてのリッチテキスト項目を表示できます。

アダプティブフォームのスキーマまたはフォームデータモデル(FDM)の設定 configure-schema-or-data-model-for-form

フォームデータモデル(FDM)を使用すると、フォームをデータソースに接続し、ユーザーのアクションに基づいてデータを送受信できます。 また、フォームを JSON スキーマに接続して、送信されたデータを事前定義済みの形式で受信することもできます。要件に基づいて、フォームを JSON スキーマまたはフォームデータモデル(FDM)に接続します。

フォームの JSON スキーマまたはフォームデータモデル(FDM)の設定

フォームに JSON スキーマまたはフォームデータモデル(FDM)を設定するには:

  1. コンテンツブラウザーを開き、アダプティブフォームの​ ガイドコンテナ ​コンポーネントを選択します。

  2. ガイドコンテナプロパティ ガイドプロパティ アイコンをクリックします。アダプティブフォームコンテナダイアログボックスが開きます。

  3. データモデル」タブを開きます。

    レンチ アイコンをクリックして、アダプティブフォームコンテナ ダイアログボックスを開き、JSON スキーマまたはフォームデータモデル(FDM)を設定します

  4. 要件に基づいて、JSON スキーマまたはフォームデータモデル(FDM)を選択して設定します。

    • 選択した場合 フォームモデル オプションで、 フォームデータモデルを選択 事前設定済みのフォームデータモデル(FDM)を選択するためのオプション。
    • スキーマ」オプションを選択する場合は、「スキーマ」オプションを使用して、フォームの JSON スキーマを選択します。
  5. 完了」をクリックします。

事前入力サービスを設定 configure-prefill-service-for-form

事前入力サービスを使用すると、既存のデータを使用してアダプティブフォームのフィールドに自動入力できます。ユーザーがフォームを開くと、これらのフィールドの値は事前入力されています。以下の操作を実行できます。

フォームデータモデルの事前入力サービスを使用して、アダプティブフォームのフィールドに事前入力 fdm-prefill-service

フォームデータモデルの事前入力サービスでは、フォームデータモデル事前入力サービス、またはカスタムの事前入力サービスを使用して、アダプティブフォームのフィールドに事前入力できます。フォームデータモデルの事前入力サービスでは、設定済みのフォームデータモデルのサービスを取得を使用して、データを取得します。アダプティブフォームでフォームデータモデルの事前入力サービスを使用するには、次の手順を実行します。

  1. コンテンツブラウザーを開き、アダプティブフォームの​ ガイドコンテナ ​コンポーネントを選択します。
  2. ガイドコンテナプロパティ ガイドプロパティ アイコンをクリックします。アダプティブフォームコンテナダイアログボックスが開きます。
  3. アダプティブフォームコンテナプロパティ( アダプティブフォームコンテナプロパティ アイコン)をクリックします。データモデルを設定するためのアダプティブフォームコンテナダイアログボックスが開きます。
    レンチアイコンをクリックしてアダプティブフォームコンテナダイアログボックスを開き、リダイレクトページまたはお礼のメッセージを設定
  4. フォームデータモデル(FDM)を選択します。 「基本」タブを開きます。事前入力サービスで、「フォームデータモデルの事前入力サービス」を選択します。
  5. 完了」をクリックします。これで、アダプティブフォームがフォームデータモデルの事前入力を使用するように設定されました。ルールエディターを使用して、フォームのフィールドに事前入力するルールを作成できるようになりました。

アダプティブフォームのフォームモデルプロパティの編集 edit-form-model

  1. アダプティブフォームを選択し、 ページ情報 プロパティを開く ​をクリックします。フォームプロパティページが開きます。

  2. フォームモデル」タブをクリックし、フォームモデルを選択します。アダプティブフォームにフォームモデルがない場合は、JSON スキーマまたはフォームデータモデル(FDM)を自由に選択できます。 一方、アダプティブフォームが既にフォームモデルに基づいている場合は、同じタイプの別のフォームモデルに切り替えることもできます。例えば、フォームが JSON スキーマを使用している場合、別の JSON スキーマに簡単に切り替えることができます。同様に、フォームがフォームデータモデル(FDM)を使用している場合は、別のフォームデータモデル(FDM)に切り替えることができます。

  3. 保存」を選択して、プロパティを保存します。

AEM アダプティブフォームの名前を変更する方法 rename-an-AEM-Adaptive-Form

アダプティブフォームの名前を変更するには、次の手順を実行します。

  1. AEM Forms ユーザーインターフェイスでアダプティブフォームを選択します。
  2. 「」をクリック プロパティ 上部レールにあります。
  3. 内のフォームの名前を タイトル 次の画像に示すように、「」タブをクリックします。
  4. 保存して閉じる」をクリックします。

AEM アダプティブフォームの名前変更

関連トピック see-also

recommendation-more-help
fbcff2a9-b6fe-4574-b04a-21e75df764ab