Adobe Analytics で使用されている用語

この用語集は、Adobe Analytics で使用される様々な用語のコンテキストを理解するのに役立ちます。

  • Activity Map:​サイト内でクリック数の最も多いリンクを示すブラウザープラグイン。『分析ユーザガイド』の「Activity Map」を参照してください。
  • Admin Console:​次を参照してください。
    • 従来の管理ツール。Adobe Analytics のレポートスイート設定を管理します。以前のバージョンの Adobe Analytics では、ユーザー権限もここで管理されていました。『管理ユーザガイド』の「管理ツール」を参照してください。
    • Adobe Admin Console。製品へのアクセス権がプロビジョニングされ、ユーザー権限が管理されます。『管理ユーザガイド』の「Admin Console」を参照してください。
  • 配分: 1 回の訪問でコンバージョン変数に複数の値が設定された場合、その変数の配分設定によって保持される値が決まります。『管理ユーザガイド』の「コンバージョン変数」を参照してください。
  • Analysis Workspace:​堅牢なカスタム分析プロジェクトを構築し、インサイトを民主化するブラウザーソリューション。Reports and Analytics よりも柔軟にレポートを作成できます。
  • 異常値:​統計的モデリングを使用して検出され、データ内の予期しないトレンドを自動的に見つけます。モデルによって指標を分析し、値の下限、上限、予想される範囲を決定します。『分析ユーザガイド』の「異常値検出」を参照してください。
  • AppMeasurement:​データの収集とアドビへの送信に使用するコードライブラリ。『実装ユーザガイド』の「ホームページ」を参照してください。
  • ASI スロット:​現在は使用されていません。以前のバージョンの Adobe Analytics では、ASI スロットにセグメント化されたデータを表示するための一時的なレポートスイートコンテナが用意されていました。現在のバージョンの Adobe Analytics では、セグメントを任意のレポートに即座に適用できます。
  • 分類:​ディメンションを別のディメンションのコンテキスト内に表示できます。『分析ユーザガイド』の「分類ディメンション」を参照してください。
  • バウンス:​単一のヒットで構成される訪問。『コンポーネントユーザガイド』の「バウンス」を参照してください。「単一アクセス」も参照してください。
  • 計算指標:​レポートで使用する既存の指標、統計関数および数式を組み合わせることができます。『コンポーネントユーザガイド』の「計算指標」を参照してください。
  • キャンペーン:​次を参照してください。
    • キャンペーン変数。トラッキングコードディメンションを入力します。『実装ユーザガイド』の「キャンペーン」を参照してください。
    • トラッキングコードディメンションのデフォルトの分類。すべてのレポートスイートに対して自動的に作成されます。
    • Adobe Campaign は、Adobe Experience Cloud を構成するソリューションの 1 つです。詳しくは、Adobe.com を参照してください。
  • チャネル:​次を参照してください。
    • チャネル変数。サイトセクションディメンションを入力します。『実装ユーザガイド』の「ページ変数」を参照してください。
    • マーケティングチャネルは、ユーザーがどのようにしてサイトに到達するかを理解するのに役立つコンポーネントです。『コンポーネントユーザガイド』の「マーケティングチャネル」を参照してください。
  • 分類:Adobe Analytics の機能の 1 つで、ディメンション項目のグループ化を可能にします。『コンポーネントユーザガイド』の「分類」を参照してください。
  • クリックマップ:​現在は使用されていません。サイト内でクリック数の最も多いリンクを示す従来のブラウザープラグイン。このツールは廃止され、Activity Map に変更されました。
  • クリックストリームデータフィード:「データフィード」を参照してください。
  • コホート:​一定期間に共通の特性を共有する人々のグループ。『分析ユーザガイド』の「コホート分析とは」を参照してください。
  • 収集サーバー:「データ収集サーバー」を参照してください。
  • コンテキストデータ変数:​処理ルールでのみ使用される一時変数。コンテキストデータ変数をコンバージョン変数またはトラフィック変数にコピーするように処理ルールを設定していない場合、コンテキストデータ変数は恒久的に失われます。『実装ユーザガイド』の「コンテキストデータ変数」を参照してください。
  • コンバージョン変数: eVar とも呼ばれています。カスタム値を格納し、変数値が期限切れになるまで保持します。『コンポーネントユーザガイド』の eVar ディメンションを参照してください。
  • 相関性:​現在はこの用語は使用されておらず、ディメンション分類に置き換えられています。以前のバージョンの Adobe Analytics では、相関性によってトラフィック変数を分類する機能が付与されていました。『分析ユーザガイド』の「分類ディメンション」を参照してください。
  • 現在のデータ:​一部のレポートで、処理が完了していない最近収集したデータを含めることができるオプション。『分析ユーザガイド』の「現在のデータ」を参照してください。
  • カスタムリンク:​ページビュー以外のデータを含むヒットのタイプ。『実装ユーザガイド』の「s.tl() 関数」を参照してください。「ヒット」も参照してください。
  • 顧客属性:​属性データをアップロードできる Experience Cloud の機能。『コアサービスユーザガイド』の「顧客属性」を参照してください。
  • カスタマーサポート委任者:​アドビカスタマーケアと直接連絡を取る権限を持つ指定ユーザー。Experience Cloud ナレッジベースの「カスタマーサポート委任者」を参照してください。
  • データ収集サーバー:​データを受信して処理するためのアドビ所有のサーバー。イメージリクエストはアドビのデータ収集サーバーに送信され、レポートで使用できます。
  • データコネクタ:​サードパーティによる Adobe Analytics へのデータのアップロードを自動化するための包括的な開発ソリューション。サードパーティのユーザーは、データコネクタを使用して Adobe Analytics でデータをエンリッチ化できます。多くのデータコネクタは、データソースで使用されるものと同じワークフローを使用します。インポートユーザーガイドの Data Connectors を参照してください。
  • データフィード:​すべてのヒットを行として、変数を別々の列としてリスト化する生データのエクスポート。Adobe Analytics のデータをサードパーティのデータベースに書き出すための最も一般的な方法です。『エクスポートユーザガイド』の「データフィード」を参照してください。
  • データソース:​ユーザーがファイルから Adobe Analytics にデータをアップロードできるようにします。通常、ファイルは FTP サイトから取得されます。『インポートユーザガイド』の「データソース」を参照してください。
  • Data Warehouse: Adobe Analytics の機能の 1 つで、大きなサイズのレポートをリクエストできます。『エクスポートユーザガイド』の「Data Warehouse」を参照してください。
  • Data Workbench:​旧称 Insight。複数チャネルに渡るオンラインとオフラインの両方の顧客インタラクションから、データの収集、処理、分析、視覚化を行うよう設計されています。
  • ディメンション:​テキストなどの変数値を含むコンポーネントタイプ。ページ名、トラッキングコード、参照ドメインなどがあります。通常、指標と組み合わせて表示されます。
  • イベントのシリアル化:​重複イベントの収集を防ぐための措置を実装するプロセス。『実装ユーザガイド』の「イベントのシリアル化」を参照してください。
  • eVar:「コンバージョン変数」を参照してください。
  • イベント:「成功イベント」を参照してください。
  • ExcelClient:​現在はこの用語は使用されていません。Report Builder の旧名称です。
  • 有効期限:​コンバージョン変数のコンテキストで、値がバックエンドで保持される期間。永続性により、イベントをイベントのヒット前に変数値に関連付けることができます。『管理ユーザガイド』の「コンバージョン変数」を参照してください。
  • フロー: Analysis Workspace のビジュアライゼーションの 1 つで、サイト上におけるユーザーの経路を示します。分析ユーザーガイドの「フロービジュアライゼーション」を参照してください。
  • Genesis:​現在はこの用語は使用されていません。Data Connectors の旧名称です。
  • グローバルレポートスイート:​複数のサイトからヒットを収集するレポートスイートに指定された非公式の用語です。
  • H コード: AppMeasurement の旧名称です。以前のバージョンの Adobe Analytics では、コードバージョンは H.27.5、H.26 などの「H バージョン」で定義されていました。
  • ヒット:​アドビのデータ収集サーバーに送信される単一のイメージリクエスト。ページビューとカスタムリンクはどちらもヒットと呼ばれます。
  • イメージリクエスト:​アドビのデータ収集サーバーとの通信に使用される、1 x 1 ピクセルの透明なイメージ。Web サイトは、データを含む長いクエリー文字列を伴うこのイメージを要求します。アドビは透明なイメージを返し、受け取ったクエリー文字列を解析します。
  • Insight:​次を参照してください。
    • Data Workbench の旧名称です。
    • Custom Insight。カスタムトラフィック変数の旧名称です。
  • KPI:​主要業績評価指標の略称です。自社サイトのパフォーマンスを把握するのに役立ちます。企業は、事業をあらゆる角度から測定するために様々な KPI を設定しています。『実装ユーザガイド』の「ソリューションデザインドキュメントの作成」を参照してください。
  • 遅延:​データが収集されてからレポートで使用できるまでの待ち時間。レポートスイートの一般的な遅延は 30 ~ 90 分です。技術注記ユーザーガイドの「遅延」を参照してください。
  • ローンチ:​現在はこの用語は使用されていません。アドビの現在の実装ソリューションである Adobe Experience Platform のタグの旧名称を短縮したもの。Adobe Experience Platform ユーザーガイドのタグの概要を参照してください。
  • リスト prop:​同じヒットで複数の値に対応するように標準的なトラフィック変数を変換する設定。この設定が有効な場合、任意のカスタムトラフィック変数をリスト prop に変換できます。実装ユーザーガイドの「prop」を参照してください。
  • リスト var:​コンバージョン変数とは異なる別の変数。リスト var は、同じヒットで複数の値に対応し、コンバージョン変数と同様に 1 回の訪問で変数値が保持されます。1 つの組織で使用できるリスト var は 3 つまでです。実装ユーザーガイドの「リスト」を参照してください。
  • ログイン会社:​企業が使用するレポートスイートの集まりです。企業によっては複数のログイン会社名を持ち、社内の異なる部署に適用します。
  • マーケティングチャネル: Adobe Analytics の機能の 1 つで、訪問者がサイトに到達した方法ごとにヒットを分類します。ヒットの分類に使用されるロジックは、マーケティングチャネルの処理ルールを使用してカスタマイズできます。コンポーネントユーザーガイドの「マーケティングチャネルの概要」を参照してください。
  • 指標:​定量データを含むコンポーネントタイプです。指標の値には、一般的にページビュー数、訪問回数、売上高などの数値が含まれます。通常、ディメンションと組み合わせて表示されます。
  • Mobile Services: Adobe Experience Cloud 全体のモバイルアプリケーションのモバイルマーケティング機能が統合されます。これにより、アプリケーションに対するユーザーエンゲージメントを把握し、向上につなげることができます。Mobile Services の概要 を参照してください。
  • 複数のスイートタグ付け:​同じヒットを複数のレポートスイートに送信する方法です。仮想レポートスイートの導入に伴い、この機能はほぼ不要になりました。複数のスイートタグ付けは、主にグローバルレポートスイートの調整に役立ちます。
  • 正規化:​すべての指標を取得し、それらを均等な比率に固定するビジュアライゼーションを編成する方法で、トレンドの比較が容易になります。
  • 回数:ディメンション項目が設定または持続されたヒット数を示す指標のタイプ。『コンポーネントユーザガイド』の発生件数指標を参照してください。
  • Omniture:​現在はこの用語は使用されていません。2009 年にアドビによって買収される前に Adobe Analytics を所有していた組織。
  • パス:「フロー」を参照してください。
  • ページビュー:​ページビュー数を示すヒットのタイプ。『コンポーネントユーザガイド』のページビュー指標を参照してください。「ヒット」も参照してください。
  • 永続性:​コンバージョン変数の抽象概念で、変数値および個々のヒットで発生するイベントの関連付けを可能にします。「有効期限」も参照してください。
  • プライマリサーバーコール:​イメージリクエストまたはヒットの別名。主に複数のスイートタグ付けおよび請求のコンテキストで使用されます。同じヒットが複数のレポートスイートに送信される場合、最初のレポートスイートはプライマリサーバーコール、それ以外はセカンダリサーバーコールとなります。このルールは、ページビューやリンクトラッキングを含むすべてのヒットタイプに適用されます。「セカンダリサーバーコール」も参照してください。
  • 処理ルール:​次を参照してください。
    • 処理ルールとは、Admin Console の特定のルールを使用してデータ収集を変更する方法です。『管理ユーザガイド』の「処理ルール」を参照してください。
    • マーケティングチャネルの処理ルール。ヒットが属するマーケティングチャネルを決定する一連のルールです。管理ユーザーガイドの「マーケティングチャネルの処理ルール」を参照してください。
  • Prop:「トラフィック変数」を参照してください。
  • ランクレポート:​通常、指標を含むディメンションに従うレポート形式を指します。このタイプのレポートでは、サイトで最も多く閲覧されたページなどの上位の項目を確認できます。「トレンドレポート」も参照してください。
  • リアルタイム:​待ち時間がほとんどない状態で、収集されるとすぐに設定済みの変数を表示します。管理ユーザーガイドの「リアルタイムレポート」を参照してください。
  • Report Builder: Adobe Analytics データからカスタマイズされたリクエストを作成できる Microsoft Excel アドインです。
  • レポートスイート:​データの送信先となる包括的なコンテナ。Adobe Analytics のすべてのレポートは、1 つのレポートスイートを参照します。
  • Reports & Analytics:​旧称 SiteCatalyst。レポートおよび分析のためのブラウザーソリューション。Analytics パッケージのスターターツールです。
  • 周期的日付範囲:​時間が経過すると変化する相対的な日付範囲。例えば、過去 7 日間のデータを示すレポートは、周期的日付範囲と見なすことができます。「静的日付範囲」も参照してください。
  • RSID:​レポートスイート ID の略称です。レポートスイートには名前とレポートスイート ID の両方が指定されます。
  • s.t():​ページビューのイメージリクエストを送信する AppMeasurement ライブラリ内の関数の名前。一部の AppMeasurement ライブラリでは、代わりに s.track() が使用されます。実装ユーザーガイドの「t」を参照してください。
  • s.tl():​リンクトラッキングのイメージリクエストを送信する AppMeasurement ライブラリ内の関数の名前。一部の AppMeasurement ライブラリでは、代わりに s.trackLink() が使用されます。実装ユーザーガイドの「tl」を参照してください。
  • s_code.js:​以前のバージョンの Adobe Analytics で使用されていた JavaScript ファイルの名前。現在使用されている JavaScript ファイルの名前は AppMeasurement.js です。
  • Satellite:​現在はこの用語は使用されていません。Dynamic Tag Management の旧名称です。
  • セカンダリサーバーコール:​イメージリクエストまたはヒットの別名。主に複数のスイートタグ付けおよび請求のコンテキストで使用されます。同じヒットが複数のレポートスイートに送信される場合、リストに表示される最初のレポートスイート以降のすべてのレポートスイートはセカンダリサーバーコールとなります。「プライマリサーバーコール」も参照してください。
  • セグメント:​データの特定のサブセットにフォーカスできます。『コンポーネントユーザガイド』の「セグメント化」を参照してください。
  • セグメントコンテナ:​セグメントの一部で、取り込むデータ量を決定します。コンテナは、ページビュー、訪問または訪問者に基づいて設定できます。『コンポーネントユーザガイド』の「セグメント化」を参照してください。
  • シリアル化:「イベントのシリアル化」を参照してください。
  • サーバーコール:​イメージリクエストまたはヒットの別名。主に請求のコンテキストで使用されます。
  • 単一アクセス:​ディメンションに一意の値が 1 つのみ取り込まれた場合の訪問。一意の値が 1 つのみであれば、訪問に複数のヒットを含めることができます。『コンポーネントユーザガイド』の単一アクセス指標を参照してください。「バウンス」も参照してください。
  • SiteCatalyst:​現在はこの用語は使用されていません。Adobe Analytics の旧名称です。
  • ソリューションデザインドキュメント:​ソリューションデザインリファレンス、または SDR とも呼ばれます。組織が管理する内部ドキュメントで、カスタム変数の使用方法と、カスタム変数の入力に使用されるロジックの詳細が記載されています。『実装ユーザガイド』の「ソリューションデザインドキュメントの作成」を参照してください。
  • 下位関係:​現在はこの用語は使用されておらず、ディメンション分類に置き換えられています。以前のバージョンの Adobe Analytics では、下位関係によってコンバージョン変数を分類する機能が付与されていました。『分析ユーザガイド』の「分類ディメンション」を参照してください。
  • 成功イベント:​追跡されたユーザーアクション。組織は、追跡するイベントと、追跡に使用する成功イベント変数を決定します。コンポーネントユーザーガイドの「カスタムイベント」を参照してください。
  • サポート対象ユーザー:「カスタマーサポート委任者」を参照してください。
  • トラフィック変数: prop とも呼ばれています。単一のヒットに対するカスタム値が格納されます。以前のバージョンの Adobe Analytics では、prop に固有の値が割り当てられていましたが、アップデートによってカスタムトラフィック変数がほとんど不要になりました。多くの場合、カスタムコンバージョン変数(eVar)の使用をお勧めします。『コンポーネントユーザガイド』の Prop ディメンションを参照してください。
  • トレンドレポート:​通常、指標を含む複数の日付範囲を表示するレポート形式を指します。このタイプのレポートでは、指標の経時的なパフォーマンスを確認できます。「ランクレポート」も参照してください。
  • ユニーク訪問者:サイトを訪問した個人の数を表します。1 人のユニーク訪問者が複数回訪問する可能性があります。『コンポーネントユーザガイド』のユニーク訪問者指標を参照してください。
  • 仮想レポートスイート:​標準レポートスイートを参照し、データを細分化できるデータの仮想コンテナです。データは仮想レポートスイートに送信されません。データは標準レポートスイートに送信され、仮想レポートスイートは収集されたデータに基づいて構築されます。コンポーネントユーザーガイドの「仮想レポートスイート」を参照してください。
  • 訪問:​サイトで発生したユニークセッション数を表します。『コンポーネントユーザガイド』の訪問指標を参照してください。
  • VISTA ルール:​アドビがお客様の要求に応じて、サーバーサイドでデータのコピー、解析またはフィルタリングをおこなうために作成したカスタムロジックです。VISTA ルールには通常、追加料金が発生します。「処理ルール」も参照してください。
  • Web ビーコン:「イメージリクエスト」を参照してください。

このページ