リリースノート

このドキュメントでは、Adobe Experience Platform Web SDK のリリースノートを示します。
Web SDK タグ拡張機能の最新のリリースノートについては、Web SDK タグ拡張機能リリースノートを参照してください。

IMPORTANT
Google 発表しましたは、2024 年後半にサードパーティ cookie に対するChromeのサポートを廃止する計画です。 その結果、主要なブラウザーでサードパーティ cookie がサポートされなくなります。
この変更が実装されると、Adobeでは、Web SDK で現在サポートされている demdex Cookie のサポートを停止します。

バージョン 2.20.0 - 2024年5月21日(PT)

新機能

修正点および改善点

  • 同意がオプトアウトされたときに、事前非表示スニペットによってデフォルトコンテンツが非表示になるバグを修正しました。

バージョン 2.19.2 - 2024年1月10日(PT)

修正点および改善点

  • ID エラーが他のエラーをマスクし、ID エラーを警告に変更していた問題を修正しました。
  • renderDecisionsfalse に設定された top of page 呼び出しがある場合に、bottom of page 呼び出しが送信されない問題を修正しました。
  • 複数の adobe_mc クエリ文字列パラメーターがある場合に、Web SDK がクロスドメイン ID を読み取れない問題を修正しました。

バージョン 2.19.1 - 2023年11月10日(PT)

修正点および改善点

  • sendEvent の呼び出しから返された提案配列が常に空である問題を修正しました。

バージョン 2.19.0 - 2023年11月1日(PT)

新機能

  • Adobe Journey Optimizerからのアプリ内メッセージのレンダリングがサポートされるようになりました。
  • ページイベントの上部と下部のサポートを追加しました。
  • sendEvent コマンドに defaultPersonalizationEnabled ページ全体の範囲とデフォルトサーフェスの要求を制御するオプションを追加しました。

修正点および改善点

  • 複数のタイプのパーソナライゼーションをレンダリングする際に、パーソナライゼーションの表示イベントを組み合わせたものです。
  • 単一ページアプリケーションビュー名で大文字と小文字が区別される問題を修正しました。
  • シャドウ DOM のパーソナライズされたオファーセレクターの問題を修正しました。

バージョン 2.18.0 - 2023年7月31日(PT)

新機能

  • 🔗データストリーム ID のコマンドごとの上書きのサポートを追加しました。

修正点および改善点

  • ドメインがクエリの一部として含まれていることが原因で離脱リンクが適合しない問題を修正しました。
  • Web SDK 設定では edgeConfigId が非推奨となり、datastreamId が優先されます。

バージョン 2.17.0 - 2023年5月17日(PT)

修正点および改善点

バージョン 2.16.0 - 2023年4月25日(PT)

新機能

バージョン 2.15.0 - 2023年3月30日(PT)

新機能

  • onBeforeLinkClickSend リンククリックのコールバックのサポートを追加しました。
  • Adobe Journey Optimizer のクリックの追跡に対するサポートを追加しました。

修正点および改善点

  • リンクコレクションに、リンク名と訪問者の地域が含まれるようになりました。
  • 失敗した URL 宛先のコンソールエラーを削除しました。

バージョン 2.14.0 - 2023年1月25日(PT)

  • (ベータ版)Adobe Journey Optimizer のサーフェスと提案のサポートを追加しました。

修正点および改善点

  • コードが at.js とは別の場所に挿入される、Adobe Target VEC カスタムコードアクションの問題を修正しました。
  • 一部のエッジの場合に「リファラー」ヘッダーが Edge Network へのリクエストに適切に設定されない問題を修正しました。
  • ユーザーエージェントクライアントヒントプロパティが間違ったタイプに設定される可能性がある問題を修正しました。
  • placeContext.localTime がスキーマに一致しない問題を修正しました。

バージョン 2.13.1 - 2022年10月13日(PT)

  • 設定後に window.Visitor が定義されると訪問者の移行が機能しない問題を修正しました。 これは、Adobe タグを使用して実行する場合に特に問題になります。
  • 一部の環境で device.screenWidthdevice.screenHeight が文字列として入力される問題を修正しました。

バージョン 2.13.0 - 2022年9月28日(PT)

新機能

修正点および改善点

  • リンクトラッキングが無効になっている場合に、パーソナライゼーションのクリックの追跡指標が更新されなかった問題を修正しました。
  • 不明なオプションが指定された場合に検証エラーをスローするようにコマンドを更新しました。
  • 表示およびインタラクションのパーソナライゼーションイベントを自動的に送信する際に、_experience.decisioning.propositionEventType プロパティが入力されるようになりました。
  • getIdentity コマンドに重複した名前空間の検証を追加しました。
  • sendEvent コマンドの重複した決定範囲の検証を追加しました。

バージョン 2.12.0 - 2022年6月29日(PT)

  • URL の一部として cluster cookie の場所のヒントを使用するように、Edge Network へのリクエストを変更します。 これにより、セッション中に場所を変更したユーザー(VPN 経由やモバイルデバイスでの運転など)が同じエッジに到達し、同じパーソナライゼーションプロファイルを持つようになります。
  • getLibraryInfo コマンド応答で設定された関数を文字列化します。

バージョン 2.11.0 - 2022年6月13日(PT)

新機能

  • モバイルアプリとモバイル web コンテンツの間、およびドメイン間で訪問者 ID を共有することで、パーソナライズされたエクスペリエンスをより正確に提供できるようになりました。詳しくは、専用のドキュメントを参照してください。
  • 分析指標を増分せずに、Adobe Target からシングルページアプリケーションに提案の配列をレンダリングまたは実行できるようになりました。これにより、レポートのエラーが減り、分析の精度が向上します。詳しくは、専用のドキュメントを参照してください。
  • 使用可能なコマンドやインスタンスの最終的な設定など、getLibraryInfo コマンドに追加情報を追加しました。

修正点および改善点

  • HTTPS ページで sameSite="none"secure フラグを使用するように cookie 設定を更新しました。
  • eq 疑似セレクターを使用すると、パーソナライズされたコンテンツが正しく適用されない問題を修正しました。
  • localTimezoneOffset が Experience Platform の検証に失敗する可能性がある問題を修正しました。

バージョン 2.10.1 - 2022年5月3日(PT)

  • ID 同期とセグメント宛先に対して複数の永続的な iframe が作成される問題を修正しました。

バージョン 2.10.0 - 2022年4月22日(PT)

  • すべての ID 同期とセグメント宛先に永続的な iframe を使用します。
  • 結合された指標の提案が sendEvent の結果で重複していた問題を修正しました。

バージョン 2.9.0 - 2022年3月10日(PT)

  • トラッキング control (default) Adobe Target エクスペリエンスのサポートを追加しました。
  • 単一ページアプリケーションのビュー変更イベントを最適化しました。パーソナライズされたエクスペリエンスがレンダリングされる際に、表示通知がビュー変更イベントに含まれるようになりました。
  • eventType が存在しない場合のコンソール警告を削除しました。
  • エクスペリエンスがリクエストされた際、またはキャッシュから取得された際に、propositions プロパティが sendEvent コマンドからのみ返される問題を修正しました。 propositions プロパティは、常に配列として定義されるようになりました。
  • Edge Networkからエラーが返された場合に、非表示のコンテナが表示されない問題を修正しました。
  • 操作イベントが Adobe Target でカウントされない問題を修正しました。この問題は、web.webPageDetails.viewName でビュー名を XDM に追加することで修正しました。
  • コンソールメッセージのドキュメントのリンク切れを修正します。

バージョン 2.8.0 - 2022年1月19日(PT)

  • パーソナライゼーション用のシャドウ DOM セレクターをサポートします。
  • パーソナライゼーションイベントタイプの名前を変更しました。(displayclick は、decisioning.propositionDisplaydecisioning.propositionInteract になります)
  • スクリプトが 1 回しか実行されていないにも関わらず、インラインスクリプトタグを含む HTML オファーで、スクリプトタグがページに 2 回追加される問題を修正しました。

バージョン 2.7.0 - 2021年10月26日(PT)

  • inferencesdestinations など、Edge Networkからの追加情報を sendEvent からの戻り値で公開します。 これらの機能は現在、Betaの一部としてロールアウトされているので、これらのプロパティの形式は変わる可能性があります。

バージョン 2.6.4 - 2021年9月7日(PT)

  • head 要素に適用された HTML Adobe Target を設定アクションが head コンテンツ全体を置き換えていた問題を修正しました。 head 要素に適用される HTML を設定アクションを、HTML を追加するように変更しました。

バージョン 2.6.3 - 2021年8月16日(PT)

  • configure コマンドから解決された promise を介して、公開を目的としていないオブジェクトが公開される問題を修正しました。

バージョン 2.6.2 - 2021年8月4日(PT)

  • result.decisions プロパティがアクセスされていない場合でも、result.decisionssendEvent コマンドによって提供される)の非推奨(廃止予定)に関する警告がコンソールに記録される問題を修正しました。result.decisions プロパティにアクセスしても警告はログに記録されませんが、プロパティはまだ非推奨(廃止予定)です。

バージョン 2.6.1 - 2021年7月29日(PT)

  • パーソナライゼーションコンテンツを持たない単一ページアプリビューのパーソナライゼーションをレンダリングすると、エラーがスローされ、sendEvent コマンドから返される promise が拒否される問題を修正しました。

バージョン 2.6.0 - 2021年7月27日(PT)

  • Adobe Target 応答トークンなど、sendEvent で解決された promise でより多くのパーソナライゼーションコンテンツを提供します。sendEvent コマンドを実行すると、promise が返されます。これは、サーバーから受信した情報を含む result オブジェクトで最終的に解決されます。以前は、この結果オブジェクトには decisions という名前のプロパティが含まれていました。この decisions プロパティは、非推奨(廃止予定)です。新しいプロパティ propositions を追加しました。この新しいプロパティにより、顧客は応答トークンなど、より多くのパーソナライゼーションコンテンツにアクセスできます。

バージョン 2.5.0 - 2021年6月

  • リダイレクトパーソナライゼーションオファーのサポートを追加しました。
  • 自動的に収集されたビューポートの幅と高さが負の値の場合、サーバーに送信されなくなりました。
  • onBeforeEventSend コールバックから false を返すことによってイベントがキャンセルされると、メッセージがログに記録されるようになりました。
  • 単一のイベントを対象とした特定の XDM データが複数のイベントにわたって含まれていた問題を修正しました。

バージョン 2.4.0 - 2021年3月

  • SDK を NPM パッケージとしてインストールできるようになりました。
  • デフォルトの同意を設定する際に、同意が得られるまですべてのイベントをドロップする out オプションのサポートを追加しました(既存の pending オプションは、同意が得られるとイベントをキューに入れ、送信します)。
  • onBeforeEventSend コールバックを使用して、イベントが送信されないようにすることができるようになりました。
  • レンダリングまたはクリックされたパーソナライズされたコンテンツに関するイベントを送信する際に、meta.personalization の代わりに XDM スキーマフィールドグループを使用するようになりました。
  • getIdentity コマンドは、ID と共にエッジ地域 ID を返すようになりました。
  • サーバーから受信した警告とエラーが改善され、より適切な方法で処理されます。
  • setConsent コマンドに対するAdobeの同意 2.0 標準のサポートを追加。
  • 同意環境設定を受信すると、CMP、Platform Web SDK および Platform Edge Network 間の統合を最適化するために、ハッシュされてローカルストレージに保存されます。同意環境設定を収集している場合は、ページが読み込まれるたびに setConsent を呼び出すことをお勧めします。
  • onCommandResolvedonCommandRejected の 2 つのモニタリングフックを追加しました。
  • バグ修正:パーソナライゼーションインタラクション通知イベントには、ユーザーが新しいシングルページアプリビューに移動し、元のビューに戻り、コンバージョンの対象となる要素をクリックした際に、同じアクティビティに関する重複した情報が含まれていました。
  • バグ修正:SDK によって送信された最初のイベントで documentUnloadingtrue に設定されていた場合、sendBeacon を使用してイベントが送信され、ID が確立されていないというエラーが発生していました。

バージョン 2.3.0 - 2020年11月

  • より厳格なコンテンツセキュリティポリシーを可能にする nonce サポートを追加しました。
  • シシングルページアプリケーションのパーソナライゼーションサポートを追加しました。
  • window.console API を上書きする可能性のある他のページ上の JavaScript コードとの互換性を改善しました。
  • バグ修正: documentUnloadingtrue に設定されている場合や、リンクのクリックが自動的に追跡されている場合、sendBeacon は使用されませんでした。
  • バグ修正:アンカー要素に HTML コンテンツが含まれている場合、リンクは自動的に追跡されません。
  • バグ修正:読み取り専用の message プロパティを含む特定のブラウザーエラーが適切に処理されなかったので、別のエラーがお客様に公開されていました。
  • バグ修正:iframe の HTML ページが親ウィンドウの HTML ページとは異なるサブドメインにある場合、iframe 内で SDK を実行するとエラーが発生します。

バージョン 2.2.0 - 2020年10月

  • バグ修正:idMigrationEnabledtrue 定されている場合、オプトインオブジェクトが Web SDK の呼び出しをブロックしていました。
  • バグ修正:ちらつきの問題を防ぐために、パーソナライゼーションオファーを返す必要があるリクエストを Web SDK が認識できるようにします。

バージョン 2.1.0 - 2020年8月

  • syncIdentity コマンドを削除し、sendEvent コマンドでこれらの ID を渡すことをサポートします。
  • IAB 2.0 同意標準をサポートします。
  • setConsent コマンドで追加の ID を渡すことをサポートします。
  • sendEvent コマンドでの datasetId の上書きをサポートします。
  • モニタリングフックのサポート( 詳細を表示
  • 実装の詳細コンテキストデータで environment: browser を渡します。
recommendation-more-help
ad108910-6329-42f1-aa1d-5920a2b13636