onBeforeEventSend

onBeforeEventSend コールバックを使用すると、データがAdobeに送信される直前に送信したデータを変更できるJavaScript関数を登録できます。 このコールバックを使用すると、要素の追加、編集、削除の機能を含め、xdm オブジェクトまたは data オブジェクトを操作できます。 クライアントサイドのボットトラフィックが検出された場合など、データの送信を完全に条件付きでキャンセルすることもできます。

WARNING
このコールバックを使用すると、カスタムコードを使用できます。 コールバックに含めるコードがキャッチされない例外をスローした場合、イベントの処理が停止します。 データはAdobeに送信されません。

Web SDK タグ拡張機能を使用して、イベント送信コールバックの前にを設定します tag-extension

タグ拡張機能の設定時に、「イベントの前に提供するコールバックコード」ボタンを選択します。 このボタンをクリックすると、目的のコードを挿入できるモーダルウィンドウが開きます。

  1. Adobe IDの資格情報を使用して experience.adobe.com にログインします。
  2. データ収集/タグ に移動します。
  3. 目的のタグプロパティを選択します。
  4. 拡張機能 に移動し、Adobe Experience Platform Web SDK カードの 設定 ​ をクリックします。
  5. 「​ データ収集 ​」セクションまでスクロールし、「イベント送信前に提供コールバックコード」ボタンを選択します。
  6. このボタンをクリックすると、コードエディターでモーダルウィンドウが開きます。 目的のコードを挿入し、「保存」をクリックしてモーダルウィンドウを閉じます。
  7. 拡張機能設定の 保存 をクリックして、変更を公開します。

コードエディター内で、次の変数にアクセスできます。

  • content.xdm:イベントの XDM ペイロード。
  • content.data:イベントの data オブジェクトペイロード。
  • return true:直ちにコールバックを終了し、content オブジェクト内の現在の値を使用してデータをAdobeに送信します。
  • return false:直ちにコールバックを終了し、Adobeへのデータの送信を中止します。

content 外で定義された変数は使用できますが、Adobeに送信されるペイロードには含まれません。

// Use nullish coalescing assignments to add objects if they don't yet exist
content.xdm.commerce ??= {};
content.xdm.commerce.order ??= {};

// Then add the purchase ID
content.xdm.commerce.order.purchaseID = "12345";

// Use optional chaining to prevent undefined errors when setting tracking code to lower case
if(content.xdm.marketing?.trackingCode) content.xdm.marketing.trackingCode = content.xdm.marketing.trackingCode.toLowerCase();

// Delete operating system version
if(content.xdm.environment) delete content.xdm.environment.operatingSystemVersion;

// Immediately end onBeforeEventSend logic and send the data to Adobe for this event type
if (content.xdm.eventType === "web.webInteraction.linkClicks") {
  return true;
}

// Cancel sending data if it is a known bot
if (myBotDetector.isABot()) {
  return false;
}
TIP
ページの最初のイベントで false を返さないようにします。 最初のイベントで false を返すと、パーソナライゼーションに悪影響を与える可能性があります。

Web SDK JavaScript ライブラリを使用して、イベント送信コールバックの前にを設定します library

configure コマンドの実行時に onBeforeEventSend コールバックを登録します。 インライン関数内のパラメーター変数を変更することで、content 変数の名前を任意の値に変更できます。

alloy("configure", {
  edgeConfigId: "ebebf826-a01f-4458-8cec-ef61de241c93",
  orgId: "ADB3LETTERSANDNUMBERS@AdobeOrg",
  onBeforeEventSend: function(content) {
    // Use nullish coalescing assignments to add a new value
    content.xdm._experience ??= {};
    content.xdm._experience.analytics ??= {};
    content.xdm._experience.analytics.customDimensions ??= {};
    content.xdm._experience.analytics.customDimensions.eVars ??= {};
    content.xdm._experience.analytics.customDimensions.eVars.eVar1 = "Analytics custom value";

    // Use optional chaining to change an existing value
    if(content.xdm.web?.webPageDetails) content.xdm.web.webPageDetails.URL = content.xdm.web.webPageDetails.URL.toLowerCase();

    // Remove an existing value
    if(content.xdm.web?.webReferrer) delete content.xdm.web.webReferrer.URL;

    // Return true to immediately send data
    if (sendImmediate == true) {
      return true;
    }

    // Return false to immediately cancel sending data
    if(myBotDetector.isABot()){
      return false;
    }

    // Assign the value in the 'cid' query string to the tracking code XDM element
    content.xdm.marketing ??= {};
    content.xdm.marketing.trackingCode = new URLSearchParams(window.location.search).get('cid');
  }
});

インライン関数の代わりに独自の関数を登録することもできます。

function lastChanceLogic(content) {
  content.xdm.application ??= {};
  content.xdm.application.name = "App name";
}

alloy("configure", {
  edgeConfigId: "ebebf826-a01f-4458-8cec-ef61de241c93",
  orgId: "ADB3LETTERSANDNUMBERS@AdobeOrg",
  onBeforeEventSend: lastChanceLogic
});
recommendation-more-help
ad108910-6329-42f1-aa1d-5920a2b13636