2020 年 Customer Journey Analytics リリースノート

2020年11月 1120

機能
一般公開 - ターゲット日
説明
Customer Journey Analytics ドキュメント
2020 年 11 月 11 日(PT)
Customer Journey Analytics ドキュメントは Experience League に移行しました。11 月中には、すべてのリリースノート、記事、ビデオおよびチュートリアルが、現在の場所(experienceleague.adobe.com)から experienceleague.adobe.com に移行します。この移行により、すべてのラーニング、セルフヘルプ、イネーブルメント、コミュニティに関するコンテンツが 1 か所で提供されるようになります。すべてのリンクが Experience League にリダイレクトされました。
折れ線グラフビジュアライゼーション:移動平均のトレンドラインオプション
2020 年 10 月 8 日(PT)
折れ線グラフビジュアライゼーションのトレンドライン設定に移動平均が追加されました。移動平均は、指定した前の期間の平均を計算し、それをトレンドラインのデータポイントとして使用して、次の期間に移動します。詳細情報
バックフィル制限の削除
2020 年 10 月 19 日(PT)
Customer Journey Analyticsエクスペリエンスを向上させるために、バックフィル(履歴データの読み込み)に関する制限を解除しました。 以前は、ユーザー自身でバックフィルできるのは最大 25 億行までで、それ以上の場合はエンジニアリングチームの関与が必要でした。現在は、ユーザー自身で無制限にデータをバックフィルできます。詳細情報
Analysis Workspace パフォーマンスヘルプページ
2020 年 10 月 22 日(PT)
Analysis Workspace のパフォーマンスに関するヘルプページには、プロジェクトのパフォーマンスに影響を与える様々な要因と、最適化のためのヒントへのリンクが表示されます。詳細情報
滞在時間指標およびディメンション
2020 年 10 月 30 日(PT)
滞在時間指標とディメンションを使用すると、カスタマージャーニーの様々な側面に消費者が滞在した時間を確認し、チャネルをまたいだエンゲージメントやボトルネックをより完全に表示できます。
デバイスおよび地理的ディメンション
2020 年 10 月 30 日(PT)
デバイスおよび地理的ディメンションは、Adobe Analytics ソースコネクタの「グローバルルックアップのサポート」プロジェクトの一部として、デフォルトで使用できるようになりました。この多くの要望を受けた追加は増加する Adobe AnalyticsとCustomer Journey Analyticsの平価.
Journey IQ:Cross-Channel Analytics
2021 年 1 月 11 日(PT)
Journey IQ:Cross-Channel Analytics を使用すれば、Adobe Experience Platform データレーク内の Adobe Analytics(または他の)イベントデータセットを、ある ID 名前空間から別の ID 名前空間へと再入力できます。通常、これは、cookie ベースの ID から人物ベースの ID にイベントデータセットを再入力することを意味します。これにより、キーを変更したデータセットをCustomer Journey Analytics接続内の他の人ベースのデータと組み合わせることができ、Analysis Workspaceでのクロスデバイス/クロスチャネル分析が可能になります。 [詳細情報] (…/stitching/overview.md

2020 年 10 月 1020

機能
一般公開 - ターゲット日
説明
Customer Journey Analytics ドキュメント
2020 年 10 月
Customer Journey Analytics ドキュメントは Experience League に移行中です。10 月中には、すべてのリリースノート、記事、ビデオおよびチュートリアルが、現在の場所(experienceleague.adobe.com)から experienceleague.adobe.com に移行します。この移行により、すべてのラーニング、セルフヘルプ、イネーブルメント、コミュニティに関するコンテンツが 1 か所で提供されるようになります。この変更が適用されると、すべてのリンクが Experience League にリダイレクトされるので、特別な操作は必要はありません。一括移行が開始したら、リリースノートが更新されます。
ワークスペース:単一のディメンションに対して 50,000 個の項目をダウンロード
2020年9月17日(PT)
セグメントとフィルターが適用されたフリーフォームテーブルで、単一のディメンションに対して 50,000 個の項目をダウンロードできます。これにより、Analysis Workspace の外部で 400 行を超えるデータにアクセスできます。詳細情報
ワークスペース:折れ線ビジュアライゼーションの強化
2020年9月17日(PT)
  • 線 の視覚化の X 軸と Y 軸の表示/非表示を切り替えることができます。これは、折れ線グラフのビジュアライゼーションがコンパクトな場合に特に便利です。
  • 任意の線の視覚化に最小値と最大値のラベルをオーバーレイして、指標の山と谷をすばやく強調表示できます。
  • 様々な回帰トレンドラインを線の視覚化に重ねて、データのトレンドをより簡単に確認できます。線形、対数、指数、累乗、二次方程式などのオプションがあります。

詳細情報

Analysis Workspace パフォーマンスヘルプページ
2020 年 10 月 23 日
Analysis Workspace のパフォーマンスに関するヘルプページには、プロジェクトのパフォーマンスに影響を与える様々な要因と、最適化のためのヒントへのリンクが表示されます。詳細情報
折れ線グラフビジュアライゼーション:移動平均のトレンドラインオプション
2020 年 10 月 9 日
折れ線グラフビジュアライゼーションのトレンドライン設定に移動平均が追加されました。移動平均は、指定した前の期間の平均を計算し、それをトレンドラインのデータポイントとして使用して、次の期間に移動します。詳細情報
バックフィル制限の削除
2020 年 10 月 20 日
以前は、接続の作成中に、最大 25 億行をバックフィルできました。アドビでは、現在、バックフィル制限を削除し、サイズにかかわらず、最大 13 ヶ月分のデータをバックフィルできるようにしています。
Customer Journey Analyticsフィールドベースのステッチ
2020 年 11月 1 日
Customer Journey Analyticsのフィールドベースのステッチを使用すると、Adobe Experience Platformデータレイク内のAdobe Analytics(または他の)イベントデータセットを、ある ID 名前空間から別の ID 名前空間へと再入力できます。 通常、これは、cookie ベースの ID から人物ベースの ID にイベントデータセットを再入力することを意味します。これにより、キーを変更したデータセットをCustomer Journey Analytics接続内の他の人ベースのデータと組み合わせることができ、Analysis Workspaceでのクロスデバイス/クロスチャネル分析が可能になります。

2020年9月 0920

機能
一般公開 - ターゲット日
説明
Customer Journey Analytics 権限の変更
2020 年 9 月 9 日(PT)

Customer Journey Analyticsは、すべてのユーザーを管理者として扱わなくなります。 Adobe Admin Console の製品管理者に指定されたユーザーのみが次のアクションを実行できます。

  • 接続またはデータ表示の作成/更新/削除
  • 他のユーザーが作成したプロジェクト、フィルターまたは計算指標の更新/削除
  • ワークスペースプロジェクトをすべてのユーザーと共有

詳細情報

異常値検出のサポート
2020 年 9 月 10 日(PT)
異常値検出:重要な統計的変動と重要でない統計的変動を識別できます。この機能は、Customer Journey Analytics でサポートされるようになりました。
ワークスペースの新しい日付範囲
2020 年 9 月 10 日(PT)
5 つの新しい日付範囲が追加され、今日の日付の部分データを含まない日付範囲(過去 7 日間、過去 14 日間、過去 30 日間、過去 60 日間、過去 90 日間)から選択できるようになりました。
ワークスペース:折れ線ビジュアライゼーションの強化
2020年9月17日(PT)
  • 線の視覚化の X 軸と Y 軸の表示/非表示を切り替えることができます。これは、折れ線グラフのビジュアライゼーションがコンパクトな場合に特に便利です。
  • 任意の線の視覚化に最小値と最大値のラベルをオーバーレイして、指標の山と谷をすばやく強調表示できます。
  • 様々な回帰トレンドラインを線の視覚化に重ねて、データのトレンドをより簡単に確認できます。線形、対数、指数、累乗、二次方程式などのオプションがあります。

詳細情報

2020年8月 0820

機能
一般公開 - ターゲット日
説明
ワークスペース:折れ線ビジュアライゼーションの強化
2020 年 9 月 18 日
  • 線の視覚化の X 軸と Y 軸の表示/非表示を切り替えることができます。これは、特に、線の視覚化がよりコンパクトな場合に役立ちます。
  • 任意の線の視覚化に最小値と最大値のラベルをオーバーレイして、指標の山と谷をすばやく強調表示できます。
  • 様々な回帰近似曲線を行のビジュアライゼーションに重ねて、データ内のトレンドをより簡単に確認できます。「線形」、「対数」、「指数」、「累乗」、「多項式」などのオプションがあります。

詳細情報

2020年6月 0620

機能
一般公開 - ターゲット日
説明
オブジェクト配列のサポート
2020 年 6 月 18 日(PT)
Customer Journey Analyticsのお客様は、Adobe Experience Platformデータセットスキーマ内のオブジェクト配列に表示されるディメンションと指標に関するレポートを作成できるようになりました。 詳細情報
Attribution IQ:アルゴリズムアトリビューション
2020 年 6 月 18 日(PT)
Analysis Workspace の アルゴリズムアトリビューションモデルでは、統計的手法を使用して、選択した指標に対するクレジットの最適な配分を動的に決定します。Adobe Analytics Ultimate のお客様が利用できます。詳細情報
Attribution IQ:カスタムルックバックウィンドウ
2020 年 6 月 18 日(PT)
Attribution IQ で任意のアトリビューションモデルを設定して、レポート期間の最大 90 日前のタッチポイントを含められるようになりました。これにより、通常、前月(または過去数か月)に発生したインタラクションを考慮することで、レポートの初期に発生するイベントのアトリビューション精度を高めます。詳細情報
異常値検出のサポート
2020 年 6 月 18 日(PT)
異常値検出は、以前のデータに関連して特定の指標がどのように変化したかを判断するための統計的手法を提供します。詳細情報
共有 Workspace プロジェクトのプロジェクトロール
2020 年 6 月 18 日(PT)
Workspace プロジェクトを共有する際は、受信者を、使用するプロジェクトエクスペリエンスに応じて、編集、複製、表示の 3 つのプロジェクトの役割のいずれかに受信者を配置できるようになりました。詳細情報
表示専用 Workspace プロジェクト
2020 年 6 月 18 日(PT)
Workspace プロジェクトは、「表示可能」としてのみユーザーに共有できます。「表示」受信者が共有プロジェクトを開くと、左側のパネルが表示されず、操作が制限された状態となる、より制限が厳格なプロジェクトエクスペリエンスが提供されます。詳細情報
Workspace プロジェクトを共同編集できる機能
2020 年 6 月 18 日(PT)
編集可能  役割に追加された受信者は、それらのユーザーと共有されているプロジェクトを上書き保存できます。詳細情報
ワークスペースのクイックインサイトパネル
2020年6月25日(PT)
クイックインサイトは、Analysis Workspace のアナリスト以外のユーザーや新規ユーザーに対して、ビジネス上の質問にすばやく簡単に回答する方法を学ぶためのガイダンスを提供します。詳細情報
ワークスペースについてのページ
2020年6月18日(PT)
ワークスペースについてページには、Analysis Workspace 環境や Adobe Analytics 管理者(サポートが必要な場合)に関する情報、および製品内でフィードバックを提供する方法が記載されています。ワークスペースヘルプワークスペースについて ​で確認できます。

2020 年 5 月 0520

機能
一般公開 - ターゲット日
説明
ワークスペースのクイックインサイトパネル
2020年6月25日(PT)
クイックインサイトは、Analysis Workspace のアナリスト以外のユーザーや新規ユーザーに対して、ビジネス上の質問にすばやく簡単に回答する方法を学ぶためのガイダンスを提供します。詳細情報
Customer Journey Analytics:グローバルに利用可能
2020年5月21日(PT)
EMEA および APAC のお客様は、Customer Journey Analytics を利用できるようになります。
Customer Journey Analytics:Adobe Experience Platform サンドボックスのサポート
2020年5月21日(PT)
特定の Adobe Experience Platform Sandbox をクリックして、Customer Journey Analytics接続を作成します。 詳細情報
ワークスペース:空白の状態からフリーフォームテーブルを自動的に作成
2020年5月21日(PT)
以前は、空のプロジェクトや空のパネルにコンポーネントを直接ドロップすることはできず、最初にフリーフォームテーブルを追加する必要がありました。現在は、空のプロジェクトまたはパネルにコンポーネントを直接ドロップできるようになりました。フリーフォームテーブルは推奨される形式で自動的に作成されます。また、空のフリーフォームテーブルにドロップした場合の混合コンポーネントタイプ(ディメンションや指標など)の処理方法も強化されました。
アクセシビリティの強化
2020年5月21日(PT)
Adobe Analytics チームでは、キーボードナビゲーション、カラーコントラスト、スクリーンリーダーのサポートの強化など、Analysis Workspace に関していくつかのアクセシビリティの改善をおこないました。詳細情報

2020年4月 0420

機能
説明
Customer Journey Analytics:自動データセットバックフィル
この新しいオプションを使用すると、Customer Journey Analytics の接続に関するすべての履歴データを読み込むことができます。詳細情報

2020 年 3 月 0320

機能
説明
Analysis Workspace - トレーニングチュートリアルテンプレート
この新しい標準テンプレートでは、Workspace で最初の分析を作成するための一般的な用語と手順について説明します。これは、「新規プロジェクト」モーダルの標準テンプレートとして利用可能であり、リストに他のプロジェクトがない新規ユーザー向けの、既存サンプルプロジェクトを置き換えるものです。

2020 年 2 月 0220

機能
説明
Workspace の新しいホットキー
  • すべてのパネルを折りたたむ/展開する:alt + m
  • アクティブパネルを折りたたみ/展開: alt + ctrl + m
  • 左パネルを検索: ctrl + /
  • 次のパネルに移動: alt + Right Key
  • 前のパネルに移動: alt + Left Key

詳細情報

Workspace のその他の機能拡張
  • パネルまたはビジュアライゼーションを ワークスペース にドロップすると、左パネルがコンポーネントへと自動的に切り替わり、よりシームレスなワークフローが実現します。
  • テンプレートコンポーネントに対するアクションを実行できるようになりました(例:タグ付け、お気に入りに登録、承認)。
  • フィルター適用済みの指標およびセグメントリストには、必要な項目が見つからない場合に新しいコンポーネントを追加する + ボタンが表示されます。
Workspace デバッガー
Workspace デバッガーがヘルプメニューに追加され、よりシームレスに有効化して Workspace リクエストをデバッグできるようになりました。詳細情報

2020 年 1 月 0120

機能
説明
Analysis Workspace - フリーフォームテーブルビルダー

Table Builder を有効にすれば、多くのディメンション、分類、指標およびセグメントをドラッグ&ドロップして、より複雑なビジネスの質問に回答するテーブルを作成できます。データはすぐには更新されません。代わりに、ビルド ​を選択した後に更新が行われ、どのテーブルを作成したいかがわかると時間を節約することができます。さらに、この機能では次のことが可能です。

  • プレビュー:時間をかけて実際のデータをレンダリングする前に表形式でプレビューできます。
  • 柔軟な行と分類の設定:各ディメンション行に対して行と分類レベルを設定できます。以前は、ワークスペースで適用されたデフォルトは、データが返されるまで変更できませんでした。
  • 位置で分類:ディメンション行を、特定の項目 ​ではなく常に​ 位置で分類(デフォルト)するように設定できます。
  • 手動の静的行の並べ替え:静的な行を手動で並べ替え、必要に応じて表示できます。以前は、静的な行は指標の列またはアルファベット順でのみ並べ替えることができました。

関連ドキュメントは、1 月後半にこの機能がリリースされるタイミングで公開される予定です。

recommendation-more-help
080e5213-7aa2-40d6-9dba-18945e892f79