でのユーザーと製品の管理 Experience Cloud

Admin Console へのログイン、Experience Cloud ユーザーの権限および製品プロファイルの管理、ブラウザーのサポートについて説明します。

IMPORTANT
次の情報は、Experience Cloud アプリケーションを対象としています。この情報は、すべての Adobe Cloud 製品を対象とするエンタープライズ管理ユーザーガイドの幅広い管理情報を補完するものです。

管理ツールでは、すべての Experience Cloud ユーザーとその詳細に関する、並べ替え可能でフィルタリング可能なリストを確認できます。詳しくは、管理ツールでの Experience Cloud ユーザーの表示を参照してください。

プロビジョニングの更新通知 provisioning

更新日:2022 年 7 月 20 日(PT)

IMPORTANT
Experience Cloud のプロビジョニングに関する次の通知を確認してください。

Adobe は、一部の Experience Cloud 製品間の相互運用性を支援する基本的な機能に対するすべての Experience Cloud のお客様のアクセスを提供するために、プロビジョニングを更新しています。 ユーザーには、新しい使用権限として Experience Cloud 組織に Adobe Experience Platform が追加され、データ収集のサービスが付属します。

Adobe Experience Platform のデータ収集には、汎用性のあるタグ管理を簡素化するためのタグが含まれており、信頼性の高い、堅牢で完全なストリーミングデータインフラストラクチャを提供します。 タグを使用すると、顧客体験のデータ収集を簡素化し、エクスペリエンス配信を効率化できます。

の変更点Admin Console

管理者は、に対する変更や追加を確認できます Admin Console 次のように設定します。

  • Admin ConsoleのAdobe Experience Platform製品カードには、次のものが含まれます。

    • Places
    • Assurance
    • ID 名前空間
    • サンドボックス
    • エクスペリエンスデータモデル
    • スキーマ
    • データストリーム
    • 訪問者 ID

    現在Experience Platformを使用していない組織の場合は、が表示されます Adobe Experience Platform 内の製品 Admin Console(上記の機能を含む)。

    現在 Experience Platform を使用している組織の場合、 Places は Experience Platform カードに統合されます。

  • Adobe Experience Platform のデータ収集(以前の Launch)およびプライバシーは、他の Experience Platform 機能とは別の製品カードとして引き続き表示されます。

新機能の詳細については、Experience League の各ページを参照してください。

Experience Cloud ユーザー認証(計画移行) migration

2022年2月よりアドビは、組織が個々のプロファイルに対するビジネス権限をより適切に管理できるように、プロファイル管理システムを更新しています。 したがって、個々の Adobe ID(Type1) に対応する個人プロファイルを持つすべてのユーザーは、新しいビジネスプロファイルに移行されます。このプロファイルは Business ID(Type2e)に対応しています。

参照: Adobeの ID タイプ Admin Console id タイプの詳細については、を参照してください。

移行プロセス

移行の時期が来たら、移行の 30 日前に組織の管理者に通知メールが届きます。

  • 移行は午後 10 時から午前 6 時(組織の主要タイムゾーンまたは週末に基づく)の間に予定されています。
  • 移行中、Experience Cloudへのアクセスが約 15 分間に及び、 Admin Console 最大 30 分までアクセスできない場合があります。 そうでない場合、この移行はシームレスに行われます。

移行後の変更

Admin Console

  • 複数のアカウントを持つ管理者がにログインすると、プロファイルセレクターが表示される場合があります Admin Console.

  • 個々のAdobe ID ユーザーは、Business ID に更新されます。

  • Business ID ディレクトリはに追加されます。 設定 > ID > ディレクトリ.

    Admin Console ID - ビジネス ID

移行後のログイン

この更新では、ログインのエクスペリエンスは変更されません。

  1. 同じ資格情報を使用した experience.adobe.com へのログイン

  2. Business ID に関連付けられた新しいプロファイルが作成されます。 「参加する」または「スキップ」するよう求められます。

  3. いずれかのオプションを選択すると、既存のランディングページのエクスペリエンスを使用することになります。

  4. Adobeプロファイルは各ビジネスプランに関連付けられ、追加のAdobeクラウドサービス(Creative CloudおよびDocument Cloud)から作成されたアセットを整理する機能を提供します。

詳しくは、アドビプロファイルの概要を参照してください。

製品プロファイルとは section_AB50558124D541CF80A0D3D76D35A4BF

製品プロファイル は、ユーザーに割り当てることができる製品およびサービスのグループです。 Experience Cloud では、権限はユーザーではなく、製品のプロファイルに基づきます。(ただし、管理権限は特定のユーザーに委任できます。)

例えば、Analytics では、Analysis Workspace や Report Builder などのレポートツールをレポートスイート、指標、ディメンションなどとともに 1 つのコレクションにまとめることができます。ユーザーをプロファイルに追加することにより、付与権限を割り当てることができます。

Experience Cloud 製品プロファイルの管理 task_16335111C52D40E9BAC73D0699584DBF

製品プロファイルを作成し、権限グループに割り当てます。

ユーザーを組織に招待する場合は、そのユーザーに製品および製品プロファイルへのアクセス権を付与することができます。ユーザーに制限付き管理権限を委任することもできます。同様に、ユーザーグループを作成し、そのグループを製品プロファイルに追加することによって、アクセス権を有効にすることもできます。

  1. が含まれる Admin Consoleを選択 製品.
  2. 組織名を選択します。
  3. 新規プロファイル」を選択します。
  4. プロファイルの詳細を設定し、「保存」を選択します。

詳細(および Creative Cloud と Document Cloud 製品管理のヘルプ)については、『管理ユーザーガイド』の ID を参照してください。

関連するヘルプ

ユーザーへの管理者の役割の委任 delegate-rights

対象: Admin Consoleの場合は、組織内の他のユーザーに制限付き管理者権限をデリゲートできます。 委任された管理者の役割では、エンドユーザーに対するソフトウェアアクセスを管理したり、デプロイ機能へのアクセスを提供したりできます。また、サポート代行者としての役割を果たすこともできます。

例えば、次のことができます。

  • クリエイティブディレクターが Creative Cloud へのアクセス権を付与できるようにする。
  • マーケティングディレクターがExperience Cloudへのアクセス権を付与できるようにします。
  • 管理者の役割と副管理者の役割を切り離して、お互いの役割を侵さないようにします。

副管理者の役割を使用すると、必要以上の機能を提供することなく、複数の人に同時に管理を委任できます。

  1. が含まれる Admin Consoleを選択 ユーザー ​を選択してから、ユーザーの名前を選択します。

    の管理者権限 Admin Console

  2. 管理者権限を編集 ​を選択します。

    での管理者権限の編集 Admin Console

  3. ユーザーの管理権限を指定します。

  4. 保存」を選択します。

Analytics ユーザーと製品の管理 section_97DE101F92CD494AB073893680992F1A

製品プロファイルに Analytics レポートのアクセス権限(レポートスイート、指標、ディメンションなど)を割り当てることができます。

例えば、複数の Analytics ツール(Analysis Workspace、Reports & Analytics、Report Builder)を含む製品プロファイルを作成できます。これらのプロファイルには、特定の指標およびディメンション(eVar を含む)に対する権限と、セグメントや計算指標の作成などの機能が含まれます。

  1. にログイン Admin Consoleを選択してから、 製品.
  2. 製品ページで、製品を選択してから「権限」を選択します(管理者のみが使用できます)。
  3. プロファイルの権限の設定:
要素
説明
レポートスイート
特定のレポートスイートに対する権限を有効にします。
指標
トラフィック、コンバージョン、カスタムイベント、アプリケーションイベントおよびコンテンツ対応などに対する権限を有効にします。
ディメンション
eVar、トラフィックレポート、アプリケーションレポートおよびパスレポートを含む、詳細なレベルでユーザーアクセスをカスタマイズします。
レポートスイートツール
Web サービス、レポートスイートの管理、ツールとレポート、およびダッシュボードの項目に対するユーザー権限を有効にします。
Analytics ツール
一般的な項目(請求、ログなど)、会社の管理、ツール、web サービスへのアクセス、Report Builder および Data Connectors の統合に関するユーザー権限を有効にします。カスタマイズからの会社設定 Admin Console カテゴリが Analytics ツールに移動されました。

ユーザーアカウントの移行

Analytics 管理者がユーザーアカウントを Analytics ユーザー管理からに移行するのに役立つ、Analytics ユーザー ID 移行ツールが利用できます Adobe Admin Console.

アカウントの移行は、顧客ごとに段階的に実施しています。既存のユーザーアカウントを次の場所から移行する場合、Adobeからお知らせがあり、その際にサポートが提供されます 管理ツール > ユーザー管理 に Admin Console.

移行後、ユーザーはそれぞれの Adobe ID(または Enterprise ID)を使用してログインし、Experience Cloud アプリケーションおよびサービスの認証を experience.adobe.com で行います。従来のログイン(my.omniture.com、sc.omniture.com および experiencecloud.adobe.com)でログインしようとしたユーザーは、experience.adobe.com にリダイレクトされます。

関連するヘルプ

Adobe Targetの管理 – 製品プロファイルと Workspaces section_3860AF177C9E4C7E9C390D36A414F353

Adobe Target では、Workspaces が製品プロファイルになります。組織でワークスペースを使用すると、特定のユーザーセットを特定のプロパティセットに割り当てることができます。多くの点で、Workspaces は Adobe Analytics のレポートスイートに似ています。

以下を参照してください。

Campaign 製品プロファイル、テナント、セキュリティグループの管理 section_09CDF75366444CF5810CF321B7C712F3

Campaign の​ テナント ​は、Admin Console の製品ページでは​ 製品 ​として表示されます。

セキュリティグループ ​は製品プロファイルとして表示されます。

セキュリティグループとセキュリティグループへのユーザーの割り当てについては、グループとユーザーの管理を参照してください。

Experience Platform データ収集の管理 section_F2DA6778DD2D48AA8F794041971EE6B1

Experience Platform データ収集は、Admin Console の製品ページに表示されます。データ収集製品プロファイルには、他のアプリケーションやサービスを含めることができます。

Platform データ収集にユーザーを招待し、ユーザーの役割と権限を割り当てます。

参照: ユーザー権限 でのユーザー権限について Admin Console プロファイルへの権限の設定について説明します。

Adobe Experience Manager as a Cloud Service

Adobeの Enterprise ユーザーは、Adobe内の組織として表されます Admin Console. お客様がAdobeを使用できるExperience Manager Admin Console Experience Manager as a に対する製品の使用権限と IMS 認証を管理するには Cloud Service.

Adobe Experience Manager as a Cloud Service の IMS サポートを参照してください。

Audience Manager section_C31E3FA8A1E14463B1B3E07235F1983C

Audience Manager ユーザーを作成し、グループに割り当てます。また、制限(特性、セグメント、宛先、AlgoModel)を表示することもできます。

Audience Manager ヘルプの管理を参照してください。

Experience Cloudーでサポートされているブラウザー

  • Microsoft® Edge(Microsoft® による Internet Explorer 8、9、10 のサポートは既に終了しています。そのため、今後アドビでは、Internet Explorer のこれらのバージョンに対して報告された問題は修正しません。)
  • Google Chrome
  • Firefox
  • Safari
  • Opera

メモ: Experience Cloud インターフェイスはこれらのブラウザーをサポートしていますが、個々のアプリケーションがすべてのブラウザーに対応しているわけではありません(例えば、Analytics は Opera をサポートしておらず、Adobe Target は Safari をサポートしていません)。

各ソリューションおよび製品の要件

recommendation-more-help
872fc4ed-f5f7-4b59-a6f8-4ddabe5aac1f