パーソナライゼーションのコンテキスト

Journey Optimizer が配信するメッセージの内容や表示は、様々な方法でパーソナライズできます。

エディターアイコンが付いているすべてのフィールドで、パーソナライゼーションエディター(式エディターとも呼ばれます)を開き、パーソナライゼーションを定義できます。

メールのパーソナライズ

メールを作成する際に、メッセージの「件名」フィールドにパーソナライゼーションを追加できます。

E メールデザイナーでは、コンテンツをパーソナライズできます。

  • メッセージ​内:テキストブロック内をクリックし、コンテキストツールバーの​パーソナライズ​アイコンをクリックして、「パーソナライゼーションを挿入」フィールドを選択します。E メールデザイナーインターフェイスについて詳しくは、このを参照してください。

  • リンク​の場合:テキストブロック内のテキストまたは画像を選択し、コンテキストツールバーから「リンクを挿入」アイコンをクリックします。このウィンドウで、パーソナライゼーション追加​アイコンをクリックすると、パーソナライゼーションブロックを追加できます。

どちらの場合も、パーソナライゼーションエディターにアクセスします。

プッシュ通知のパーソナライズ

以下の​プッシュ通知​のフィールドをパーソナライズすることもできます。

  • タイトル
  • 本文
  • カスタムサウンド
  • バッジ
  • カスタムデータ

プッシュ通知の設定については、この節を参照してください。

オファーのパーソナライズ

テキストタイプのコンテンツをオファーの表示域に追加する場合は、パーソナライゼーションエディターを利用することもできます。

意思決定管理を使用したコンテンツ管理について詳しくは、この節を参照してください。

パーソナライズされた URL の作成

パーソナライズされた URL は、プロファイル属性に応じて、受信者を web サイトの特定のページに誘導するか、パーソナライズされたマイクロサイトに誘導します。Adobe Journey Optimizer では、メッセージコンテンツの URL にパーソナライゼーションを追加できます。URL のパーソナライゼーションはテキストや画像に適用でき、その際にプロファイルデータやコンテキストデータを使用できます。

この節では、パーソナライズされた URL を挿入する方法について説明します。

このページ