2021 年 Customer Journey Analytics リリースノート

2021 年 11 月

機能 説明 一般公開 - ターゲット日
Analysis Workspace の分レベルの日付範囲 分レベルの日付範囲は、パネルカレンダーの詳細設定で、またはカスタム日付範囲を作成する際に適用できます。何日にもわたる日付範囲でレポートを作成する場合、開始時刻は最初の日、終了時刻は範囲の最終日に適用されます。 2021 年 10 月 18 日(PT)
クイックフィルタービルダー ビジネスユーザーは、シンプルなインラインプロジェクトワークフローで、基本的なセグメントをすばやく適用できます。フィルタービルダーに移動する必要はありません。詳細情報 2021年10月21日(PT)
Analysis Workspace 左パネルの検索の改善 左パネル検索は、1)コンポーネントの最新性と関連性を引き続き考慮に入れることに加えて、部分一致よりも完全一致を優先します。2)一致した文字をハイライトして、検索結果をわかりやすくします。3)ディメンションに関連する分類を見つけやすくなります。4)最後に、ワイルドカード(*)検索をサポートして、必要な特定のコンポーネントをより簡単に見つけます。注意:ワイルドカード検索は、ディメンション項目レベルではまだ機能しません。 2021年10月21日(PT)
ダークテーマ ダークテーマは表示オプションとして使用できます。 2021 年 10 月 21 日(PT)
ディメンション割り当てのルックバックウィンドウ データビュー設定の「永続性」の下で、ディメンション割り当て設定に最大 90 日のルックバックウィンドウが追加されます。詳細情報 2021 年 10 月 28 日(PT)

Customer Journey Analytics の修正点

  • CJA のパフォーマンスの問題(プロジェクトの読み込み中のエラーメッセージ)を修正しました。(AN-269451、AN-270649)
  • CJA で、セッション開始がページ名のフローエントリと一致しなかった問題を修正しました。(AN-273501)
  • CJA のフォールアウトレポートが正しく機能しない問題を修正しました。(AN-269761)

2021年10月

機能 説明 一般公開 - ターゲット日
接続データ保持のためのローリングウインドウ メモ:この設定を実装するには、カスタマーケアまたはアドビのアカウントマネージャーにお問い合わせください。CJA UI からは、まだ使用できません。

CJA データ保持設定を、(データセットレベルではなく)月単位(3 か月、6 か月など)の接続レベルでのローリングウィンドウとして定義できます。データ保持は、イベントデータセットのタイムスタンプに基づいており、イベントデータセットにのみ適用されます。適用可能なタイムスタンプがないため、プロファイルまたは参照データセットのデータ保持設定は存在しません。主な利点は、該当する有用なデータのみを保存またはレポートして、有用でなくなった古いデータを削除できるという点です。契約上の上限を超えないようにし、超過コストのリスクを軽減します。

2021 年 10 月 7 日(PT)
Report Builder のサポート Report Builder は、Customer Journey Analytics データを使用して、カスタムレポートを簡単に作成、編集、更新できる Microsoft® Excel アドインです。Report Builder と Excel を使用すると、シンプルで柔軟なドラッグ&ドロップ UI を使用して、複雑なデータリクエストを簡単に作成できます。Customer Journey Analytics の Report Builder を使用すると、次のことができます。
  • 既存のワークシートセルを参照して、適切な行の順序、日付範囲またはフィルターを取得
  • カレンダー、セル参照または日付計算を使用したカスタム日付を作成
  • 慣れ親しんだ Excel 書式設定ツールを使用してテーブルおよびビジュアライゼーションをデザイン
  • macOS、Microsoft 365 for the web、Microsoft Windows の Excel で使用可能
詳細情報
2021 年 10 月 7 日(PT)
Analytics ダッシュボードのビジュアライゼーション Analytics ダッシュボードには、3 つの新しいビジュアライゼーションが導入され、エグゼクティブや意思決定者がデータを一目で把握できるようになりました。新しいドーナツグラフ、折れ線グラフ、横棒グラフを使用すると、詳細ビューを開かなくても、個々のディメンション項目のデータを簡単に確認できます。詳細情報 2021 年 10 月 7 日(PT)
Customer Journey Analytics Audit Logs API Audit Log API エンドポイントを使用して、アドビの監査ログデータをリクエストできます。これは、セキュリティコンプライアンスの重要な部分であり、データやユーザーアクションの監査に役立ちます。 2021 年 10 月 7 日(PT)
クイックフィルタービルダー ビジネスユーザーは、シンプルなインラインプロジェクトワークフローで、基本的なセグメントをすばやく適用できます。フィルタービルダーに移動する必要はありません。詳細情報 2021年10月21日(PT)
Analysis Workspace 左パネルの検索の改善 左パネル検索は、1)コンポーネントの最新性と関連性を引き続き考慮に入れることに加えて、部分一致よりも完全一致を優先します。2)一致した文字をハイライトして、検索結果をわかりやすくします。3)ディメンションに関連する分類を見つけやすくなります。4)最後に、ワイルドカード(*)検索をサポートして、必要な特定のコンポーネントをより簡単に見つけます。注意:ワイルドカード検索は、ディメンション項目レベルではまだ機能しません。 2021年10月21日(PT)
Analysis Workspace ダークテーマ ダークテーマは表示オプションとして使用できます。 2021年10月21日(PT)

2021 年 9 月

機能 説明 一般公開 - ターゲット日
指標の重複排除 Customer Journey Analytics(CJA)で、指標から重複しているインスタンスを排除できるようになりました。同じ値が列(同じ列または別の列)に表示される場合は、指標の増加するのを防ぐことができます。重複排除は、主要指標が何度もカウントされるのを防ぎ、データの信頼性を高めます。詳細情報 2021 年 9 月 16 日(PT)
レポートでの夏時間のサポート CJA内のすべてのデータは、(特定のタイムゾーンではなく)UTCで保存されます。CJA のデータビューで、夏時間に基づいた 1 時間の増減を考慮してデータをシフトできるようになりました。詳細情報 2021 年 9 月 16 日(PT)
カスタムカレンダー データビューに別のカレンダータイプ(retail 4-4-5など)を選択できます。同じ接続に基づいて複数のデータビューを作成し、同じデータを異なるカレンダー形式で表示できます。詳細情報 2021 年 9 月 16日(PT)
ブール値フィールドのサポート CJA でブール値フィールドがサポートされるようになりました。詳細情報 2021 年 9 月 16 日(PT)
新しい接続 情報のエクスペリエンス この接続 UI の機能強化により、データがレポートに使用できる状態かどうか、またいつ使用できるかを知ることができます。また、データ処理に関する問題を追跡することもできます。詳細情報 2021 年 9 月 20 日(PT)

2021 年 8 月

機能 説明 一般公開 - ターゲット日
新しい接続情報のエクスペリエンス この接続 UI の機能強化により、データがレポートに使用できる状態かどうか、またいつ使用できるかを知ることができます。また、データ処理に関する問題を追跡することもできます。詳細情報 2021 年 8 月 19 日(PT)
データビューディメンションでの大文字と小文字の区別の制御 Customer Journey Analytics でディメンション値を大文字と小文字を区別して扱うかどうかを制御できます。これにより、値が同じでも大文字と小文字が異なる行の重複排除が可能になります。詳細情報 2021 年 8 月 19 日(PT)

2021 年 7 月

機能 説明 一般公開 - ターゲット日
新しい接続情報のエクスペリエンス この接続 UI の機能強化により、データがレポートに使用できる状態かどうか、またいつ使用できるかを知ることができます。また、データ処理に関する問題を追跡することもできます。詳細情報 2021 年 8 月 19 日(PT)

2021 年 5 月

機能 一般公開 - ターゲット日 説明
ワークスペース:以前のプロジェクトバージョン 2021年5月20日(PT) ワークスペースプロジェクトの以前のバージョンを読み込んで、不要な変更を取り消したり、単に希望する以前のバージョンに戻したりできます。詳細情報

2021 年 4 月

機能 一般公開 - ターゲット日 説明
強化された CJA データビュー 2021 年 4 月 22 日(PT) データビューが強化され、XDM スキーマフィールドから指標やディメンションを作成する際の柔軟性が大幅に向上します。 文字列フィールドを指標として使用できます。 数値フィールドをディメンションとして使用し、異なるアトリビューションモデルとルックバックウィンドウを持つ複数の指標を同じフィールドから作成できます。 また、指標とディメンションをデータビュー間で互換性を持たせたり、レポートでコンポーネントを非表示にしたり、値を含めたり除外したり、バケットを使用したりと、様々なことができます。 詳細情報
Workspace:予定レポートのサポート 2021 年 4 月 7 日(PT) 予定レポートが CJA でサポートされるようになりました。
Analytics ダッシュボード:カスタム日付範囲 2021 年 4 月 22 日(PT) Analytics モバイルアプリのユーザーは、現在使用可能な標準提供の日付範囲に加えて、カスタムの日付範囲をスコアカードに適用できます。
ワークスペース:以前のプロジェクトバージョン 2021年5月20日(PT) ワークスペースプロジェクトの以前のバージョンを読み込んで、不要な変更を取り消したり、単に希望する以前のバージョンに戻したりできます。

2021 年 3 月

機能 一般公開 - ターゲット日 説明
Adobe Analytics ダッシュボードのサポート 2021 年 3 月 25 日(PT) Customer Journey Analytics(CJA)で、 Adobe Analytics ダッシュボードスコアカードビルダーとモバイルアプリがサポートされるようになりました。これにより、エグゼクティブやビジネスユーザーは、Adobe Analytics で既に使用しているのと同じアプリを利用して、CJA データに基づくチャネル間の KPI を確認できます。
Analysis Workspace:コンポーネントユーザー環境設定 2021 年 3 月 25 日(PT) コンポーネント/ユーザー環境設定ページでは、Analysis Workspace 設定(およびユーザー向けの関連するコンポーネント)を管理できます。ユーザー環境設定は、すべての新しいプロジェクトおよびパネルに適用されます。
注意: 次の設定は ユーザー環境設定ページに移動しました。
  • ワークスペースプロジェクト:ヘルプ/ヒントを有効にする
  • ワークスペースプロジェクト:空のパネル「このパネルを使用して新しいプロジェクトを開始」オプション
Analysis Workspace:ヒストグラムスマートバケット予測 2021 年 3 月 25 日(PT) ヒストグラムスマートバケット予測は、データ分散に使用するバケットの正しい幅と数を自動的に識別することで、カーディナリティ指標の高いヒストグラムの処理に役立ちます。低カーディナリティ指標の場合、ビジュアライゼーションは以前と同じように動作します。
Analytics ダッシュボードでの Customer Journey Analytics のサポート 2021 年 3 月 25 日(PT) Analytics ダッシュボードアプリで Customer Journey Analytics がサポートされるようになりました。 Customer Journey Analytics のユーザーは、Analytics ダッシュボードアプリで Adobe Experience Platform に取り込まれた任意のデータから KPI を導き出すことができます。Customer Journey Analytics を使用すると、複数のデータソースを組み合わせて、顧客体験の真のマルチチャネル表示を実現できます。 Analytics ダッシュボードアプリを使用すると、いつでもどこでもビジネスの最新の全体像を把握できます。詳細情報.

2021 年 2 月

機能 一般公開 - ターゲット日 説明
Analysis Workspace - コンポーネントの選択 2021 年 2 月 4 日(PT) クイックインサイトにあるドロップダウン/ドロップゾーンコンポーネントは、ワークスペースのすべてのドロップゾーンに追加されました。 この機能強化により、互換性のあるコンポーネントのドロップダウンリストから選択したり、スペースをドロップゾーンとして引き続き使用したりできるようになります。
CJA API 2021 年 2 月 18 日(PT) CJA API が利用できるようになりました。 これらの API を使用すると、コンポーネントをプログラムで編集し、レポートを取得できます。 詳しくは、CJA API ドキュメントを参照してください。

2021 年 1 月

機能 一般公開 - ターゲット日 説明
デバイスおよび地理的ディメンション 2020 年 10 月 30 日(PT) これらのディメンションは、Adobe Analytics ソースコネクタの標準検索のサポートプロジェクトの一部として、デフォルトで使用できるようになりました。この多くの要望をいただいた追加により、Adobe Analytics と CJA の間のパリティが増加しました。
ジャーニー IQ:クロスチャネル分析 2021 年 1 月 11 日(PT) ジャーニー IQ:クロスチャネル分析を使用すれば、 Experience Platform データレイク内の Adobe Analytics(または他の)イベントデータセットを、ある ID 名前空間から別の ID 名前空間へと再入力できます。通常は、cookie ベースの ID からユーザーベースの ID にイベントデータセットを再入力できます。これにより、再入力されたデータセットを CJA 接続の他のユーザーベースのデータと組み合わせることができ、Analysis Workspace でのクロスデバイス/クロスチャネル分析が可能になります。詳細情報
Analysis Workspace - コンポーネントの選択 2021 年 2 月 4 日(PT) クイックインサイトにあるドロップダウン/ドロップゾーンコンポーネントは、ワークスペースのすべてのドロップゾーンに追加されました。 この機能強化により、互換性のあるコンポーネントのドロップダウンリストから選択したり、スペースをドロップゾーンとして引き続き使用したりできるようになります。
Analysis Workspace - 画像 URL 2021年1月14日(PT) 公開画像 URL を参照することで、ワークスペースプロジェクトに画像を追加できます。

このページ