環境の管理 managing-environments

作成できる環境のタイプと、Cloud Manager プロジェクト用に環境を作成する方法について説明します。

環境タイプ environment-types

必要な権限を持っているユーザーは、(特定のテナントで使用できる範囲内で)次のタイプの環境を作成できます。

  • 実稼動環境とステージング環境 - 実稼動環境とステージング環境はペアとして使用でき、それぞれ実稼動およびテストのために使用されます。ステージ環境でパフォーマンスとセキュリティのテストを実施します。規模は実稼動と同じです。

  • 開発環境 - 開発環境は、開発およびテストのために構築でき、実稼動以外のパイプラインにのみ関連付けることができます。開発環境は、ステージング環境や実稼動環境と同じ規模ではないので、パフォーマンスおよびセキュリティのテストの実行には使用しないでください。

  • 迅速な開発 - 迅速な開発環境(RDE)を使用すると、開発者は、ローカル開発環境での動作が証明済みの機能に要するテスト時間を最小限に抑え、変更を迅速にデプロイおよび確認できます。RDE の使用方法について詳しくは、迅速な開発環境ドキュメントを参照してください。

各環境の機能は、その環境のプログラムで有効になっているソリューションによって異なります。

NOTE
実稼動環境とステージング環境はペアとしてのみ作成されます。ステージング環境または実稼動環境のどちらか一方のみを作成することはできません。

環境の追加 adding-environments

環境を追加または編集するには、ユーザーが​ ビジネスオーナー ​の役割のメンバーである必要があります。

  1. my.cloudmanager.adobe.com で Cloud Manager にログインし、適切な組織を選択します。

  2. マイプログラム ​コンソールで、環境を追加するプログラムをタップまたはクリックします。

  3. マイプログラム ​コンソールで、環境 ​カードの「環境を追加」をクリックして環境を追加します。

    環境カード

    • 環境を追加」オプションは「環境」タブでも使用できます。

      「環境」タブ

    • 環境を追加」オプションは、権限がない場合やライセンスされているリソースによっては、無効になっている場合があります。

  4. 表示される​ 環境を追加 ​ダイアログで以下を行います。

    • 環境タイプ」を選択します。

      • 使用可能な環境または使用中の環境の数は、環境タイプ名の後ろの括弧内に表示されます。
    • 環境名」を入力します。

    • 環境の説明」を入力します。

    • 実稼動環境とステージング環境 ​を一緒に追加する場合は、実稼動環境とステージング環境の両方の名前と説明を入力する必要があります。

    • ドロップダウンから「メイン地域」を選択します。

      • メイン地域は作成後に変更できません。
      • 使用可能な権限によっては、複数の地域を設定できる場合があります。

    環境を追加ダイアログ

  5. 保存」をクリックして、指定された環境を追加します。

これで、概要 ​画面の​ 環境 ​カードに新しい環境が表示されます。新しい環境にパイプラインを設定できるようになりました。

複数の公開地域 multiple-regions

ビジネスオーナー ​の役割を持つユーザーは、メイン地域に加えて、最大 3 つの公開地域を追加で含めるように、実稼動環境とステージング環境を設定できます。追加の公開地域を使用すると、可用性が向上します。詳しくは、追加の公開地域に関するドキュメントを参照してください。

TIP
Cloud Manager API を使用して、使用可能な地域の現在のリストをクエリします。

新しい環境への複数の公開地域の追加 add-regions

環境を追加する際に、メイン地域に加えて、追加の地域も設定できます。

  1. メイン地域 ​を選択します。
    • 環境を作成後は、メイン地域を変更できません。
  2. 追加の公開地域を追加する」オプションを選択すると、新しい「追加の公開地域」オプションのドロップダウンが表示されます。
  3. 追加の公開地域」ドロップダウンで、追加の地域を選択します。
  4. 選択した地域がドロップダウンの下に追加され、選択内容が示されます。
    • 選択した地域の隣にある X を選択すると、選択を解除できます。
  5. 追加の公開地域」ドロップダウンで別の地域を選択して、別の地域を追加します。
  6. 環境を作成する準備が整ったら、「保存」を選択します。

複数の地域の選択

選択した地域は、実稼動環境とステージング環境の両方に適用されます。

追加の地域を指定しない場合、環境を作成した後でも指定できます。

プログラムの高度なネットワークをプロビジョニングする場合は、Cloud Manager API を使用して追加の公開地域を環境に追加する前に、このプロビジョニングを行うことをお勧めします。そうしないと、追加の公開地域のトラフィックがメイン地域のプロキシを通過します。

複数の公開地域の編集 edit-regions

最初に追加の地域を指定しなかった場合、必要な権限があれば、環境を作成した後に指定できます。

また、追加の公開地域を削除することもできます。ただし、1 つのトランザクションで行えるのは、地域の追加または削除のいずれかのみとなります。1 つの地域を追加し、1 つの地域を削除する必要がある場合は、まず追加して、変更を保存してから、削除します(または逆の順序)。

  1. プログラムのプログラム概要コンソールから、実稼動環境の省略記号ボタンをクリックし、メニューの「編集」を選択します。

    環境を編集

  2. 実稼動環境を編集 ​ダイアログで、追加の公開地域に必要な変更を加えます。

    • 追加の公開地域」ドロップダウンリストで、追加の地域を選択します。
    • 選択した追加の公開地域の隣にある「X」をクリックすると、地域の選択が解除されます。

    環境を編集

  3. 保存」を選択して、変更を保存します。

実稼動環境に対する変更は、実稼動環境とステージング環境の両方に適用されます。複数の公開地域に対する変更を編集できるのは、実稼動環境のみです。

プログラムの高度なネットワークをプロビジョニングする場合は、追加の公開地域を環境に追加する前に、このプロビジョニングを行うことをお勧めします。そうしないと、追加の公開地域のトラフィックがメイン地域のプロキシを通過します。

環境の詳細 viewing-environment

概要 ​ページから、2 つの方法で環境の詳細にアクセスできます。

  1. 概要 ​ページで、サイドナビゲーションパネルの「環境」タブをクリックします。

    「環境」タブ

    • または、環境 ​カードの「すべて表示」ボタンをクリックして、「環境」タブに直接ジャンプします。

      「すべて表示」オプション

  2. 環境 ​が開いて、プログラムのすべての環境が一覧表示されます。

    「環境」タブ

  3. リスト内の環境をタップまたはクリックすると、その環境の詳細が表示されます。

    環境の詳細

または、目的とする環境の省略記号ボタンをクリックし、「詳細を表示」を選択します。

環境の詳細を表示

NOTE
環境 ​カードには 3 つの環境のみ表示されます。前述のように「すべて表示」ボタンをクリックすると、プログラムのすべての環境が表示されます。

プレビューサービスへのアクセス access-preview-service

Cloud Manager は、各 AEM as a Cloud Service 環境に(追加のパブリッシュサービスとして)プレビューサービスを提供します。

このサービスを使用すると、web サイトが実際のパブリッシュ環境に達して公開される前に、web サイトの最終的なエクスペリエンスをプレビューできます。

作成時に、プレビューサービスには、Preview Default [<envId>] というラベルの付いたデフォルトの IP 許可リストが適用されます。これはプレビューサービスへのすべてのトラフィックをブロックします。デフォルトの IP 許可リストをプレビューサービスから適用解除して、アクセスを有効にできます。

プレビューサービスとその許可リスト

必要な権限を持つユーザーは、プレビューサービスの URL を共有する前に、次の手順を完了して、URL に確実にアクセスできるようにする必要があります。

  1. 適切な IP 許可リストを作成してプレビューサービスに適用し、Preview Default [<envId>] 許可リストの適用を直ちに解除します。

  2. IP 許可リスト ​の更新ワークフローを使用して、デフォルトの IP を削除し、必要に応じて IP を追加します。詳しくは、IP 許可リストの管理を参照してください。

プレビューサービスへのアクセスをロック解除すると、プレビューサービス名の前にあるロックアイコンは表示されなくなります。

アクティブ化した後は、AEM 内の、公開を管理 UI を使用して、コンテンツをプレビューサービスに公開できます。詳しくは、コンテンツのプレビューを参照してください。

NOTE
プレビューサービスを使用するには、環境が AEM バージョン 2021.05.5368.20210529T101701Z 以降である必要があります。プレビューサービスを使用できるよう、自身の環境で更新パイプラインが正常に動作していることを確認します。

追加の公開地域のステータス additional-region-status

追加の公開地域を有効化した場合は、環境 ​カードからこれらの地域のステータスを確認できます。

  1. 概要 ​ページで、環境 ​カードを探します。

  2. 環境 ​カードの​ ステータス ​列には、設定された追加の公開地域にイシューがあるかどうかが表示されます。「情報」アイコンをクリックして、地域の詳細を表示します。

    環境カード上の追加の公開地域のステータス情報

または、「環境」タブからも同じ情報にアクセスできます。

  1. 概要 ​ページで、「環境」タブを選択します。

  2. 環境」タブの左側のナビゲーションパネルで、クエリを実行する環境を選択します。

  3. 環境を選択したら、次の手順に従います。

    • 環境情報 ​テーブルには、選択した環境に対して設定されている地域が表示されます。
    • 環境セグメント ​テーブルの​ ステータス ​列には、設定された追加の公開地域にイシューがあるかどうかが表示されます。ステータスの上にポインタを合わせると、イシューの詳細が表示されます。

    「環境」タブの追加の公開地域のステータス情報

追加の公開地域でイシューが報告された場合、以下の手順に従います。

  1. 我慢します。Cloud Manager は継続的に地域の回復を試み、この地域はいつでも使用できるようになります。
  2. 数時間後も問題が解決しない場合は、追加の公開地域を削除し、(同じ地域または別の地域の)公開地域を再度追加して、完全なデプロイメントをトリガーできます。

追加のアクションを実行する前に、システムが自動的に回復するまでどれくらいの時間待つかは、その地域の障害がシステムに与える影響によって異なります。

いずれの場合も、 トラフィックは、常にオンライン状態の最も近い他の地域にルーティングされます。 引き続きイシューが発生する場合は、アドビカスタマーケアにお問い合わせください。

環境の更新 updating-dev-environment

実稼動プログラム内の開発環境、ステージング環境および実稼動環境の更新は、クラウドネイティブなサービスとして、アドビが自動的に管理します。

ただし、サンドボックスプログラム内の環境の更新は、プログラム内で管理されます。そのような環境で AEM の最新の公開バージョンが動作していない場合、プログラムの​ 概要 ​画面で​ 環境 ​カードのステータスには​ アップデート利用可能 ​と表示されます。

環境のアップデートステータス

アップデートとパイプライン updates-pipelines

パイプラインは、AEM as a Cloud Service の環境にコードをデプロイする唯一の手段です。そのため、各パイプラインは特定の AEM バージョンに関連付けられています。

パイプラインで前回デプロイされた AEM よりも新しいバージョンの AEM が使用可能であることが Cloud Manager で検出された場合は、環境のステータスが​ アップデート利用可能 ​と表示されます。

したがって、更新プロセスは次の 2 つの手順で構成されます。

  1. パイプラインを最新バージョンの AEM に更新する
  2. パイプラインを実行して新しいバージョンの AEM を環境にデプロイする

環境の更新 updating-your-environments

NOTE
2024年の時点では、開発インスタンスと一部のサンドボックスプログラムは既に自動的に更新されているので、それらの更新を手動で管理する必要はありません。この移行の結果、開発インスタンスの環境を手動で更新するオプションを、一部 ​のプログラムで使用できない場合があります。

一部の開発環境およびサンドボックスプログラム内の環境の​ 環境 ​カードで環境の省略記号ボタンをクリックすると、「更新」オプションを使用できます。

環境カードの「アップデート」オプション

このオプションは、プログラムの「環境」タブをクリックした後、環境の省略記号ボタンを選択しても使用できます。

「環境」タブの「更新」オプション

デプロイメントマネージャー ​または​ ビジネスオーナー ​の役割を持つユーザーは、このオプションを使用して、この環境に関連付けられているパイプラインを最新の AEM バージョンに更新できます。

パイプラインのバージョンが公開済みの最新の AEM バージョンに更新されたら、ユーザーは、関連するパイプラインを実行して最新バージョンの AEM を環境にデプロイするように促されます。

パイプラインを実行して環境を更新するように促すメッセージ

更新」オプションの動作は、プログラムの設定と現在の状態によって異なります。

  • パイプラインが既に更新されている場合は、「更新」オプションを選択すると、パイプラインの実行をユーザーに促すメッセージが表示されます。
  • パイプラインが既に更新中の場合は、「更新」オプションを選択すると、更新が既に実行中であることがユーザーに通知されます。
  • 適切なパイプラインが存在しない場合は、「更新」オプションを選択すると、パイプラインの作成をユーザーに促すメッセージが表示されます。

開発環境の削除 deleting-environment

デプロイメントマネージャー ​または​ ビジネスオーナー ​の役割を持つユーザーは、開発環境を削除できます。

環境 ​カードのプログラムの​ 概要 ​画面で、削除する開発環境の省略記号ボタンをクリックします。

「削除」オプション

「削除」オプションは、プログラムの​ 概要 ​ウィンドウの「環境」タブでも使用できます。環境の省略記号ボタンをクリックし、「削除」を選択します。

「環境」タブの「削除」オプション

NOTE
  • 実稼動プログラムに作成された実稼動環境とステージング環境は削除できません。
  • サンドボックスプログラム内の実稼動環境とステージング環境は削除できます。

アクセスの管理 managing-access

環境 ​カードで環境の省略記号メニューから「アクセスを管理」を選択します。オーサーインスタンスに直接移動して、環境のアクセスを管理できます。

「アクセスを管理」オプション

TIP
AEM as a Cloud Service チームおよび製品プロファイルで、ライセンス取得済みのアドビソリューションに対するアクセスを許可および制限する方法については、AEM as a Cloud Service チームおよび製品プロファイルを参照してください。

開発者コンソールへのアクセス accessing-developer-console

環境 ​カードで環境の省略記号メニューから「開発者コンソール」を選択します。ブラウザーに新しいタブが開き、Developer Console へのログオンページが表示されます。

Developer Console へのログイン

Developer Console にアクセスできるのは、開発者 ​の役割を持つユーザーだけです。ただし、サンドボックスプログラムの場合は、そのサンドボックスプログラムにアクセスできるユーザーは誰でも、Developer Console にアクセスできます。

詳しくは、サンドボックス環境の休止と休止解除を参照してください。

このオプションは、概要 ​ウィンドウの「環境」タブで個々の環境の省略記号メニューからも使用できます。

ローカルログイン login-locally

環境 ​カードで環境の省略記号メニューから「ローカルログイン」を選択すると、Adobe Experience Manager にローカルにログインします。

ローカルログイン

また、概要 ​ページの「環境」タブからもローカルにログインできます。

「環境」タブからのローカルログイン

カスタムドメイン名の管理 manage-cdn

Cloud Manager では、Sites プログラムのパブリッシュサービスとプレビューサービスの両方に対してカスタムドメイン名がサポートされています。

TIP
詳しくは、カスタムドメイン名の概要ドキュメントを参照してください。

IP 許可リストの管理 manage-ip-allow-lists

Cloud Manager では、Sites プログラムのオーサリングサービス、パブリッシュサービス、プレビューサービスで IP 許可リストがサポートされています。

IP 許可リストを管理するには、プログラムの​ 概要 ​ページの「環境」タブに移動します。個々の環境をクリックすると、その詳細を管理できます。

IP 許可リストの適用 apply-ip-allow-list

IP 許可リストを適用すると、許可リストの定義に含まれているすべての IP 範囲が、環境のオーサリングサービスまたはパブリッシュサービスに関連付けられます。

TIP
詳しくは、IP 許可リストの概要ドキュメントを参照してください。
recommendation-more-help
fbcff2a9-b6fe-4574-b04a-21e75df764ab