最新情報

次の機能は、新規または最近変更された機能です。

日付
機能
説明
詳細情報
2024 年 7 月 12 日(Pt)
Campaigns、Packages、Placements

Campaigns、Packages、Placements の各ビューでは、一部の指標の名前がフィードバックに基づいて変更されました。

  • トレンドグラフでは、「必要な支出」が「支出ベンチマーク」に、「ターゲット支出」が「支出目標」に変更されました。

  • データテーブルで:

    • 「昨日の必要支出」および「今日の必要支出」は、「昨日の支出基準」および「今日の支出基準」に名称が変更されました。
    • ツールチップ「昨日のペーシング % および「今日のペーシング %」は「昨日の総支出を昨日の支出基準の %」および「今日の総支出を昨日の支出基準の %」に変更されました。
    • 「昨日の目標支出」および「今日の目標支出」は「昨日の支出目標」および「今日の支出目標」に名称が変更されました。
カスタム列表示の作成」および「 カスタム列表示の編集」を参照してください。

Oracle は、2024 年 9 月 30 日までに広告事業を廃止する予定です。 これにより、BlueKai、Oracle Data Cloud (以前の Grapeshot)、MOAT のすべてのサービスが無効になります。 既に次の代替手段が使用可能です。

  • 標準のサードパーティおよびカスタムセグメント:eXelate、Eyeota、LiveRamp、Lotame、Neustar、およびその他の利用可能なサードパーティデータパートナー
  • 予測サードパーティセグメント:Proximic by Comscore
  • Integral Ad Science を使用したキャンペーンレベルのブランドの安全性とビューアビリティの測定
  • DoubleVerify および Integral Ad Science を使用したプレースメントレベルの Pre-bid viewability
  • Proximic by Comscore によるプレースメントレベルのトピックのターゲティング

サードパーティセグメントの CPM 価格は Audience Library で入手でき、サービスの CPM 価格は Settings > Fees で入手できます。

利用可能なサードパーティデータプロバイダー」、「 ブランドセーフティとメディア品質」、「 キャンペーン設定」および「 プレースメント設定」を参照してください。
2024 年 7 月 11 日(Pt)
Custom Goals

カスタム目標(目標)に対する新しいサポートが利用できます。

  • Advertising DSP パッケージで使用するために、検索、ソーシャル、Commerceで作成された目標の名前に、「ADSP_Registrations」などの「ADSP_」を接頭辞として付ける必要があります。 プレフィックスでは大文字と小文字が区別されません。 この命名規則を使用した目標は、DSP内のカスタム目標として利用できます。

    既存のDSP目標の名前は既に変更されており、それ以上の作業は必要ありません。
  • 目標のDSP属性指標に対して、重み付けのレコメンデーションが生成されるようになりました。 目標に少なくとも 1 つの目標指標と 1 つのアシスト指標が含まれる場合、目標の各アシスト指標に対して、モバイル以外の重み(DSPのすべてのデバイスタイプの広告に使用される)のレコメンデーションが生成されます。 重み付けのレコメンデーションは、目標の定義を保存または編集した翌朝に計算されます。 レコメンデーションは、目標に対する変更が検出された 1 日後、または 7 日ごとに更新されます。 重み付けのレコメンデーションが使用可能な場合、検索/最適化/新しい目標Betaで、目標名の横にインジケーター( 重み付けのレコメンデーションが使用可能 )が表示されます。 ワンクリックで、すべての重み付けレコメンデーションを適用できます。 「ADSP_」で始まる目標に対するすべての重み付けの変更は、2 日以内にDSPでアルゴリズムにより適用されます。
カスタム目標」を参照してください。

目標の詳細と重み付けの推奨事項の適用については、検索、ソーシャル、Commerce内から利用できる「(Beta)新しい目標」に関する最適化ガイドの章を参照してください。
2024 年 6 月 24 日(Pt)
認定広告サービングパートナー
GumGum から提供されるインパクトの高いディスプレイ広告ユニットに対するサポートが利用可能です。
認定広告サービングパートナーを参照してください。
2024 年 6 月 19 日(Pt)
Campaigns、Packages、Placements

Campaigns、Packages、Placements の各ビューで、

  • トレンドグラフに、次のオプション指標を含めることができるようになりました。

    • 日ペーシング: 「昨日のペーシング」指標のトレンドの推移を表示します。
    • 前方/後方のフライトペーシング: 累積ペーシングのトレンド(経過時間に対する相対的)の推移を表示します。

    新しいペーシング指標

  • データテーブルには、オプションで、新しいペーシング関連の指標列を含めることができます。

    • 昨日の必要経費: 昨日、残りの予算を残りのフライト全体に均等に配分するために費やすべきであった金額。
    • 昨日のペーシング: 昨日の支出を、昨日の必要支出のパーセンテージとして計算します。 これは、非推奨(廃止予定)になった「今日の OTS」の改良版です。 今日のペーシングが一貫して 100% 未満である場合、パッケージまたはプレースメントは予算の配信に苦労しています。
    • 今日の必要経費: 残りの予算をフライト全体に均一に配分するために、今日費やす必要がある金額。
    • 今日のペーシング: 今日の支出を、今日の必要な支出のパーセンテージとして表したもの。値は 30 分ごとに更新されます。 これは、現在非推奨となっている「昨日の OTS」の改善バージョンです。 昨日のペーシングが一貫して 100% 未満である場合、パッケージまたはプレースメントは予算の配信に苦労しています。
  • データテーブルでは、「昨日の目標」列と「今日の目標」列の名前は「昨日の目標支出」および「今日の目標支出」に変更されます。

カスタム列表示の作成」および「 カスタム列表示の編集」を参照してください。
2024 年 6 月 10 日(Pt)
Audiences
(Beta機能)ファーストパーティセグメントを Amperity および Optimizely のカスタマーデータプラットフォームから、[LiveRamp RampIDs] または Unified ID 2.0 (UID2.0) ID で構成されるセグメントに変換できるようになりました。 オーディエンスターゲット設定のプレースメント設定内で、共有セグメントは「ファーストパーティセグメント」リストで使用できます。
ユーザー ID をユニバーサル ID から Amperity ユニバーサル ID への変換」、「 ユーザー ID を Optimizely ユニバーサル ID からユニバーサル ID への変換」および「 ユニバーサル ID のアクティブ化のサポート」を参照してください。
Cookie のないターゲット設定のための、人物ベースのユニバーサル ID のDSP ベータ版機能に関するドキュメントが利用可能です。
ユニバーサル ID のアクティブ化のサポートを参照してください。
2024 年 6 月 5 日(Pt)
Placements
スプレッドシートを使用して、複数のプレースメントの入札乗数を一度に管理できるようになりました。
プレースメントの入札乗数の管理を参照してください。
オーディエンスソース
ソースオーディエンスの翻訳先のユニバーサル ID タイプを変更し、変更のログを確認できるようになりました。
ユニバーサル ID オーディエンスをアクティブ化するためのオーディエンスソースの管理を参照してください。
2024 年 5 月 22 日(Pt)
最適化、コネクテッド TV 広告
「最低の CPA」と「最高の ROAS」の最適化目標を持つパッケージでは、接続された TV 広告のパフォーマンスモデルが、コンバージョンパスの複数のタッチポイントのデータを使用して、より迅速で堅牢な機械学習を実現するようになりました。 既存のパッケージは、マルチタッチ最適化を使用するようにアップグレードされるので、アクションは必要ありません。
2024 年 5 月 20 日(Pt)
接続された TV 広告、ピクセル、リターゲティングセグメント

(オープンベータ版、米国および AUS でのみ利用可能)追加の広告を使用して、接続された TV キャンペーンに公開されたオーディエンスセグメントを再ターゲットして、クロスチャネル広告を強化できるようになりました。

  1. 広告露出セグメントを設定し、インプレッショントラッキングタグを目的の接続された TV 配置または広告にコピーして、セグメントのトラッキングを開始します。
  2. リターゲティングプレースメントで、「Audience Targeting」セクションの接続された TV 露出セグメントを選択します。
カスタムセグメントの作成と実装」および「 プレースメント設定」を参照してください。
2024 年 5 月 2 日(Pt)
広告、ピクセル
キャンペーン内のすべての広告に関する広告設定とプレースメントの関連付けは、XLSX (Excel スプレッドシート)形式でダウンロードし、Ad Tools ビューで確認できます。
スプレッドシートを使用した広告詳細のレビュー」を参照してください。
Ad Tools view > Attach Pixels タブには、広告に付加されたサードパーティトラッキングピクセルが表示され、1 つ以上の広告にピクセルを付加したり、既存のピクセルを分離したりする新しいワークフローが提供されます。
プレースメントへの広告の添付を参照してください。
プレースメント、オーディエンス
一括編集ツールまたはプレースメントエディターを使用して、プレースメントから個々のオーディエンスセグメントまたは再利用可能でないオーディエンスを除外できるようになりました。
プレースメントの編集」および「 プレースメント設定」を参照してください。
2024 年 4 月 18 日(Pt)
Placements
プレースメントの指定されたターゲットタイプに対して、入札を乗算して入札を増減させる入札修飾子を作成および管理できるようになりました。 デフォルトの入札修飾子は 1.00 で、増減はありません。値の範囲は 0.10 ~ 10.00 です。例えば、入札修飾子が 0.50 の場合、6 米ドルの入札は 3 米ドル(0.50 x 6)に減ります。 オークションが複数の入札モディファイアに該当する場合、適用可能なすべての入札モディファイアが乗算されます。 入札修飾子は、最大入札値を超えて入札を増加させることはありません。
プレースメントの入札乗数の管理を参照してください。
2024 年 4 月 3 日(Pt)
在庫パートナー
Google Authorized Buyers のAdobe AdvertisingEU 席は既存の APAC 席と統合されました。
SSP パートナー」を参照してください。
最適化

パッケージ、プレースメント、関連テーブルの新しい CPA (獲得あたりのコスト)指標と ROAS (広告費用対効果)指標は、関連する目標を使用してパッケージとプレースメントをより正確にパフォーマンストラッキングします。 新しい CPA 指標は、獲得あたりのコストを計算するための最終的なコンバージョンイベント(サインアップなど)のみを考慮します。これにより、計算に上位ファネルイベント(ページ訪問数や買い物かごへの追加など)も含まれた従来のカスタム目標指標よりも実際の CPA を正確に把握できます。 同様に、新しい ROAS 指標は最終的な収益イベント(購入や購入値など)のみを考慮し、パフォーマンスの追跡に関して、従来のカスタム目標指標よりも信頼性が高くなります。

現在は、CPA または ROAS ベースの最適化目標を持つパッケージを設定する場合、最終的なコンバージョンまたは収益イベントと、コンバージョンまたは収益イベントを含むカスタム目標を指定する必要があります。カスタム目標には、パッケージ最適化のために CPA または ROAS 指標に加えて、使用する追加の重み付き上位ファネルイベント(ページ訪問数および買い物かごの追加など)を追加オプションに含めることができます。

さらに、パフォーマンスに焦点を当てた最適化目標を組み合わせて、シンプルにしました。

  • 新しい「Highest Return on Ad Spend (ROAS)」目標は、従来の「Highest ROAS - Custom Goal」と「Highest ROAS (click focused) - Custom Goal」に代わり、どちらのレガシーシナリオも達成するためのオプションを提供します。
  • 新しい「Lowest Cost per Acquisition (CPA)」目標は、従来の「Lowest CPA - Custom Goal」と「Lowest CPA (click focused) - Custom Goal」に代わり、どちらのレガシーシナリオも達成するためのオプションを提供します。

従来の目標を使用していた既存のパッケージは、関連する設定で新しい目標に自動的に移行され、手動で更新する必要はありません。

最適化目標とその使用方法」、「 パッケージ設定」および「 パフォーマンスキャンペーンの設定に関するベストプラクティス」を参照してください。
2024 年 3 月 20 日(Pt)
プレースメントの非入札理由
低支出の問題のトラブルシューティングに役立つ重要なデータポイントである、すべての実用的な非入札理由(NBR)が、セルフサービスのお客様が利用できるようになりました。 以前は、セルフサービスのユーザーは NBR に対する部分的なアクセスしか持たず、トラブルシューティングの手助けをするためにはアカウントマネージャーまたは取引アナリスト(管理者アクセス権を持つ)に依存する必要がありました。
プレースメント診断レポートの Non Bids の節を参照してください。
2024 年 3 月 20 日(Pt)
計画担当者
新しいプランナーツールは、ベータ版モードではなくなりました。
DSP Planner Tool について」を参照してください。
2024 年 2 月 21 日(Pt)
Campaigns、Packages、Placements、Ads および Deals の Alerts
Campaigns、Packages およびパッケージの詳細、Placements、Ads の各ビューの Pulse Panel のアイコンは、ビュー内の項目にアラートがあるかどうかを示します。 パネルを開いて各アラートを表示し、オプションで該当するビュー(該当するプレースメントがリストに表示された Placements ビューなど)を開くことができるので、イシューを解決するために必要に応じて設定を編集できます。 オプションで、任意のアラートを解除することもできます。

さらに、Campaigns、Packages、Placements および Ads の各ビューには、アイテムまたはそのコンポーネントに問題があるかどうかを示す「Alerts」列が含まれています。

アラートは、キャンペーンレベル、パッケージレベル、プレースメント レベル、広告レベルおよび取引レベルで使用できます。
アラートおよび通知の表示を参照してください。
Placements

新しいプレースメント設定を使用すると、a)十分な予算が利用可能な場合は常にパッケージレベルの予算配分を上書きする最小プレースメント予算、および b)入札価格アルゴリズムを上書きして、少なくとも契約の固定価格と下限価格を入札することができます。

  • パッケージに属するプレースメントの設定で、最小予算をパッケージ予算のパーセンテージとして指定できるようになりました。 この機能を使用するには、プレースメント資金オプションを「Set a Fixed Minimum or Maximum Budget」(旧称「Set a fixed budget cap」)に選択します。 引き続き(予算上限の場合と同様に)米ドルで Maximum Budget を入力でき、パッケージ予算に対する割合として Minimum Budget を入力することもできます。 既存のプレースメントの場合、既存の設定は、新しいフィールド名を使用して保持されます。
  • Inventory Targeting の設定では、On Demand ータインベントリーとプライベートインベントリーの新しいオプションを使用して、「Ensure Fixed or Floor Price for the bid」を実行できます。
プレースメント設定」を参照してください。
2024 年 2 月 7 日(Pt)
Placements と Ads
Ads Tool にパッケージフィルターが追加されました。
プレースメントへの広告の添付を参照してください。
2024 年 1 月 24 日(Pt)
Placements と Ads
プレースメントに広告を添付するワークフローのデザインを一新しました。
プレースメントへの広告の添付を参照してください。
2024 年 1 月 10 日(Pt)
Placements

スプレッドシートを使用して、複数のプレースメントの広告スケジュールをすばやくカスタマイズできるようになりました。

  • プレースメントの広告スケジュールテンプレートをダウンロードできます。 必要に応じて、ダウンロードしたファイルでフライト日や広告のローテーションを編集できます。
  • その後、編集した広告スケジュールテンプレートをアップロードできます。
プレースメントの広告スケジュールの編集を参照してください。
2023 年 12 月 21 日(Pt)
Audiences
Amazon Web Services を使用して Tealium customer data platform からファーストパーティデータをDSPと共有する際に、ドキュメントを使用できるようになりました。 RampIDs を使用して、セグメントに対するDSP プレースメントのターゲットを設定できます。 Audience Targeting のプレースメント設定内で、共有セグメントは First Party Segments リストで使用できます。
オーディエンスソースからの認証済みセグメントのアクティブ化について」および「DSP統合をと使用するためのワークフロー Tealium」を参照してください。
2023 年 12 月 6 日(Pt)
計画担当者
(Beta機能)新しいプランナーツールは、指定された予算とターゲティング条件に従って、接続された TV (CTV)プレースメントの世帯レベルのユニークなリーチを予測するのに役立ちます。 複数のプランを評価した後、目的の結果に最適なパッケージとプレースメントを実装できます。
DSP Planner Tool について」を参照してください。
最適化
すべてのユーザーが、Highest ROAS (click focused) - Custom GoalLowest CPA (click focused) - Custom Goal の 2 つの新しいクリックベースの最適化目標を使用できます。
最適化目標とその使用方法」および「 パフォーマンスキャンペーンの設定に関するベストプラクティス」を参照してください。
2023 年 9 月 27 日(Pt)
最適化
2 つの新しいリーチベースの最適化目標、Always Max Bid and Maximize ReachLowest Cost per Reach は、それぞれ同じレベルのインプレッション数または支出を使用して、できるだけ多くのユニークな世帯にリーチするのに役立ちます。 どちらの目標も、パッケージレベルとプレースメントレベルの両方で使用できます。
最適化目標とその使用方法」を参照してください。
2023 年 8 月 23 日(Pt)
Placements
新しいプレースメント予測ツールは、特定のターゲティング戦略に対するインプレッション数、支出および最適な最大入札額の予測値を表示します。 予測は、プレースメントで使用可能な在庫全体と使用可能な一意のユーザーに基づいて計算されます。
配置予測レポートの表示」を参照してください。
キャンペーンまたは 1 つ以上のプレースメントのスプレッドシートファイルをダウンロードし、新しい「Attached Ad ID」列に値を含めるようにファイルを編集し、編集したファイルをアップロードすることで、複数の広告をプレースメントにすばやく関連付けられるようになりました。 列を使用して、プレースメントに広告を追加するが、削除しない。

広告名および関連する Ad ID のリストをダウンロードするには、Ads ビューに移動し、ID 指標を含むカスタムビューを作成してから、データを書き出します。
スプレッドシートでのプレースメント設定の確認と編集を参照してください。

Campaign Management ビューからのデータのエクスポートも参照してください。
Custom Reports
カスタムレポートに End Date が追加されました。これは最大 4 か月後に追加できます。 既存のレポートの場合、有効期限は 2023 年 9 月 24 日(PT)です。

レポートの有効期限が切れる前に、指定したすべてのメール受信者は、有効期限の 7 日前と 1 日前にメールアラートを受け取ります。 レポートを長く保持するには、レポート設定で有効期限を変更します。
カスタムレポートの編集」および「 カスタムレポート設定」を参照してください。
2023 年 7 月 19 日(Pt)
在庫
Google認定購入者 SSP とのプログラムで保証された取引に対して、公開者が管理する広告を実行できるようになりました。 DSPではなくパブリッシャーで広告を直接ホストすることで、カスタムのリッチメディア広告フォーマットを活用できます。 カスタムの広告フォーマットは通常、直接予約経由で実行されるため、DSPでパブリッシャーが管理する広告を選択する機能により、直接予約予算をプログラムによるエコシステムにシフトすることもできます。
プログラムで保証された取引について」および「 プログラムで保証された取引の設定」を参照してください。
2023 年 7 月 19 日(Pt)
報告書
新しい Household Conversions Report では、デバイス/cookie レベルではなく、IP アドレスに基づく世帯レベルでのビュースルー変換を示しています。
レポートについて」および「 世帯レポートに関するよくある質問」を参照してください。
2023 年 5 月 29 日(Pt)
Campaigns
キャンペーン、パッケージおよび広告を一時停止またはアクティブ化できるようになりました。 プレースメントは、既に一時停止とアクティブ化が可能になっています。
キャンペーンの一時停止またはアクティブ化」、「 パッケージの一時停止またはアクティブ化」および「 広告の一時停止またはアクティブ化」を参照してください。
2023 年 5 月 24 日(Pt)
Campaigns
ユニバーサルビデオのプレースメントと広告が一般公開されました。
ユニバーサルビデオに関する FAQ」、「 ユニバーサルビデオ広告設定」および「 広告を作成」を参照してください。
2023 年 3 月
Reports
新しい Household Report は、デバイス/cookie レベルではなく、IP アドレスに基づく世帯レベルで、様々なディメンションにわたるインプレッション数、リーチ、頻度を示します。 レポートには、Campaign、Package、Placement、Site/Apps、Media Type、Device、Audience、Creative Length、ユーザー作成 Tags の 9 つのディメンションが含まれます。
レポートについて」、「 レポート設定」および「 世帯レポートに関する FAQ」を参照してください。
2023 年 3 月 20 日(Pt)
Campaigns
オープンベータ版機能であるユニバーサルビデオプレースメントと広告の詳細をご覧ください。
ユニバーサルビデオに関する FAQ」を参照してください。
2023 年 2 月 15 日(Pt)
Campaigns
変更ログをグラフ形式で表示し、任意のエントリにメモを追加するオプションはベータ版ではなくなりました。
キャンペーンの変更ログの表示」、「 パッケージの変更ログの表示」および「 プレースメントの変更ログの表示」を参照してください。
2023 年 2 月 3 日(Pt)
Campaigns
(Betaの機能)変更ログをグラフ形式で表示でき、任意のエントリにメモを追加できるようになりました。
キャンペーンの変更ログの表示」、「 パッケージの変更ログの表示」および「 プレースメントの変更ログの表示」を参照してください。
2023 年 1 月 25 日(Pt)
Deals
在庫/取引ビューの新しい「PG インプレッションペーシング」支出列で、保証された取引のペーシングがレポートされるようになりました。
カスタム列表示の編集を参照してください。
2023 年 1 月 4 日(Pt)
Campaigns
選択した日付範囲で行われた変更を示す変更ログが、キャンペーンごとに使用できるようになりました。 変更ログは、パッケージとプレースメントでは既に使用できるようになっています。
キャンペーンの変更ログの表示」を参照てください。
2022 年 12 月 14 日(Pt)
プレースメント、広告
(オープンベータ版機能)新しい「Universal Video」プレースメントと広告を使用すると、1 つのビデオプレースメントを使用して、複数のデバイス環境で VPAID および VAST 在庫をターゲットにすることができます。

ユニバーサルビデオのプレースメントには、デバイスタイプのターゲット(Desktop、Mobile、Connected TV)を指定する「デバイス環境」設定が含まれます。 ユニバーサルビデオ広告は、ユニバーサルビデオプレースメントにのみリンクできます。

カスタムレポートには、新しい配置レベルのディメンション「デバイス環境」が含まれます。
プレースメント設定」および「 使用可能なレポート列」を参照してください。

ユニバーサルビデオ広告設定」および「 広告を作成」も参照してください。
2022 年 11 月 23 日(Pt)
契約
Inventory/Deals ビューには、「Deal Health」列が含まれるようになりました。これは、各プライベート取引の健全性ステータス (「Success」、「Warning」、「Critical」または「Unavailable」)を示します。 ステータスをクリックすると、契約が期待どおりに行われていない理由や支出が予想どおりに進んでいない理由、潜在的な問題のトラブルシューティング手順など、詳細を確認できます。
2022 年 10 月 27 日(Pt)
Campaigns
選択した日付範囲で行われた変更を示す変更ログが、パッケージとプレースメントごとに使用できるようになりました。
パッケージの変更ログの表示」および「 プレースメントの変更ログの表示」を参照してください。
複数のプレースメントの Intraday Pacing 設定を同時に変更できるようになりました。
プレースメントの編集」および「 プレースメント設定」を参照してください。
Excel QA スプレッドシートでは、「Intraday Pacing」列を使用できます。
ダウンロードまたはアップロードされたスプレッドシートの列を参照してください。
「Intraday Pacing」列は、キャンペーン ビューで使用できます。
カスタム列表示の作成」および「 カスタム列表示の編集」を参照してください。
パッケージおよびプレースメントのビューは、Intraday Pacing 設定でフィルタリングできます。
キャンペーンデータのフィルタリング」を参照してください。
2022 年 10 月 6 日(Pt)
キャンペーン
Campaigns ビュー:「昨日の OTS」(目標支出)、「昨日の配信」、「昨日の目標」、「今日の OTS」(目標支出)、「今日の配信」および「今日の目標」で新しいペーシング関連指標列を使用できます。
カスタム列表示の作成」および「 カスタム列表示の編集」を参照してください。
2022 年 9 月 12 日(Pt)
パッケージとプレースメントのペーシング

フライトペーシングと日中ペーシングに個別のペーシング制御を利用できるようになった。 以前は、1 つの戦略で両方を制御していました。 既存のパッケージとプレースメントの設定は、次のようにマッピングされました。

  • 従来の Pacing fill strategy=Even – 現在は、Flight pacing=Even および Intraday pacing=Even として設定されています。
  • 従来の Pacing fill strategy=Slightly Ahead – 現在は、Flight pacing=Slightly Ahead および Intraday pacing=Even として設定されています。
  • 従来の Pacing fill strategy=Frontload – 現在は、Flight pacing=Frontload および Intraday pacing=ASAP として設定されています。
  • 従来の Pacing fill strategy=Aggressive Frontload – 現在は、Flight pacing=Aggressive Frontload および Intraday pacing=ASAP として設定されています。
パッケージ設定」および「 プレースメント設定」を参照してください。
2022 年 7 月 27 日(Pt)
在庫
Auction Insights は、保証されている非公開取引と保証されていない非公開取引の両方の取引構成を分析できる新しいトラブルシューティングツールです。 このツールでは、データのビジュアライゼーションを使用して、特定の期間内に受け取った主要なオークション属性値のトレンドと相対比率を表示します。

パブリッシャーからの入札要求データに対する透明性を確保することで、時間のかかるトラブルシューティング手順を回避できます。
非公開取引のオークション・インサイトの表示を参照してください。
2022 年 6 月 29 日(Pt)
在庫
新しい Inventory/Deals 表示には、Campaigns 表示と同じデータカスタマイズ機能が含まれています(追加のフィルター、列のカスタマイズおよびカスタム表示、列の並べ替え、データビジュアライゼーション(グラフ)表示を保存するオプションなど)。 取引名の後の … をクリックすると、各行でコマンドメニューを開くことができます。
在庫機能の概要を参照してください。
在庫 Inspector
プレースメント Inspector の「Inventory」タブには、Viewability Rate、Clicks、Yesterday’s CPM など、カスタマイズ可能なデータビジュアライゼーショングラフおよび拡張されたパフォーマンス指標が含まれるようになりました。
プレースメントのサイト、広告、頻度および在庫の詳細の表示を参照してください。
2022 年 5 月 31 日(Pt)
オーディエンスソース
(Beta機能)Advertising DSPは、Customer Data Platform (CDP)内で作成された認証済みシグナルで構成される、ファーストパーティセグメントを取り込めるようになりました。
オーディエンスソースからの認証済みセグメントのアクティブ化についてを参照してください。
2022 年 5 月 25 日(Pt)
最適化目標
ビデオプレースメントとネイティブプレースメントを、最高の ROAS と最低の CPA のカスタム目標を持つパッケージに含められるようになりました。
最適化目標とその使用方法」を参照してください。
2022 年 4 月 12 日(Pt)
Campaign Management
現在のサポートを反映して広告仕様を更新しました。
サポートされる広告タイプの仕様」を参照してください。
2022 年 2 月 17 日(Pt)
ビデオチュートリアル
「標準の表示配置を作成する方法」に関する新しいビデオを利用できます。
Adobe AdvertisingTutorials を参照してください。
2022 年 1 月 31 日(Pt)
ヘルプ
Deal IDs と Simple Ad Serving に関する追加情報が利用できるようになりました。
在庫/個人在庫のサブ章を参照してください。
2021 年 12 月 10 日(Pt)
ビデオチュートリアル
新しいビデオチュートリアル:「Advertising DSPの概要」、「アカウント構造とユーザーインターフェイス」、「パッケージの作成方法」、「サードパーティの広告タグを一括アップロードする方法」、「一括編集ツールを使用してプレースメントを編集する方法」が利用可能です。
Adobe AdvertisingTutorials」を参照してください。
2021 年 11 月 12 日(Pt)
Deal IDs
Deal ID 設定では、「Rubicon」が「Magnite DV+」に変更されました。DV+ はディスプレイ、ビデオ、およびその他の形式(オーディオなど)を表します。 この名前は、SSP の新しいブランディング Magnite 反映されます。 メモ: Magnite DV+ は、Deal ID Inbox では「Rubicon」として引き続きリストされます。
SSP パートナー」を参照してください。
2021 年 10 月 27 日(Pt)
カスタムレポート
カスタムレポート用に、Amazon S3 および report destinations と呼ばれる様々なタイプの FTP 配信場所を作成および管理できるようになりました。 レポートの宛先を設定したら、新しいカスタムレポートをそれぞれ 1 つ以上の宛先タイプの場所に配信したり、メール受信者に配信したりするように設定できます。 Amazon S3 および FTP 資格情報を更新しても、レポートの配信が中断されることはありません。

既存のレポートは、指定した電子メール受信者に引き続き送信されます。 別のレポート宛先への配信を設定するには、新しい宛先でレポートを作成します。
Report Destinations について」、「Report Destination を作成」、「Report Destination 設定」および「 カスタムレポート設定」を参照してください。
Packages、Placements および Ads ビュー
1 日分のデータを表示する場合、トレンドグラフに時間別データが含まれるようになりました。 任意の時点にカーソルを置くと、その時間のデータが表示されます。
単一キャンペーンレポートを参照してください。
Placements
プレースメント Inspector に「Inventory」タブが含まれるようになりました。このタブには、プレースメントのすべての取引とそれに関連する指標が表示されます。 この情報を使用すると、カスタムレポートを生成せずに、すばやく調整を行ったり、問題をトラブルシューティングしたりできます。
プレースメント Inspector」を参照してください。
Ads
(広告に Clearcast 時計番号を含める権限を持つユーザー)別の広告に添付されている時計番号を使用しても、DSPでエラーが表示されなくなりました。 注意: ベストプラクティスは、各ビデオ広告に一意の時計番号を使用することです。 そうしないと、出版社はすべての広告を承認しません。
Deal IDs

Deal ID の設定およびユーザーインターフェイスのその他の場所は、Magnite の SSP の新しいブランディングを反映しています。

  • SSP 「Tremor」(Telaria)は「Magnite CTV」になりました。
  • 今後数週間で、「Rubicon」は「Magnite DV+」に変更されます。DV+ はディスプレイ、ビデオ、およびその他の形式(オーディオなど)を表します。
SSP パートナー」を参照してください。
プログラムで保証された取引の Freewheel
広告を送信し、プログラムで保証された取引の広告のステータス Freewheel ジ Ads ーニー表示から確認できるようになりました。 以前は、両方を Deals ビューからのみ実行できました。
プログラムで保証された取引に対する広告の送信 Freewheel" and "Check the Status of Ads for Freewheel プログラムで保証された取引」を参照してください。
2021 年 10 月 7 日(Pt)
ヘルプ
Experience League のすべての DSPおよびその他のAdobe Advertisingドキュメントは、利用可能なすべての言語に機械翻訳されるようになりました。 表示言語を変更するには、ページの左下にある「言語を変更」メニューを使用します。
言語を変更
recommendation-more-help
9ff4800f-94be-45f0-a5bf-09d0d7e96baa