からのユーザー ID の変換 Tealium ユニバーサル ID に

ベータ版機能

とのDSP統合の使用 Tealium 顧客データプラットフォーム:組織のファーストパーティのハッシュ化されたメールアドレスをターゲット広告のためにユニバーサル ID に変換します。 プロセスでは、 Amazon Web Services (AWS) firehose コネクタ。 Tealium からDSPにデータを共有するには、次の手順に従います。

手順 1:のトラッキングの設定 Analytics 測定 analytics-tracking

を使用した広告主 Adobe Analytics for Advertising

メールアドレスをに変換するには RampIDs または ID5 ID に関しては、次の手順を実行する必要があります。

  1. (まだ完了していない場合)すべて完了 実装の前提条件 Analytics for Advertising また、次のことを確認します AMO ID と EF ID はトラッキング URL に入力されています。

  2. ユニバーサル ID パートナーに登録し、Web ページにユニバーサル ID 固有のコードをデプロイして、デスクトップおよびモバイル Web ブラウザーの ID からビュースルーへのコンバージョンに一致させます(モバイルアプリは除く)。

    • の場合 RampIDs: デスクトップおよびモバイル web ブラウザーの ID からビュースルーへの変換に一致するように(モバイルアプリではなく)、web ページに追加の JavaScript タグをデプロイする必要があります。 Adobeアカウントチームにお問い合わせください。チームからは、に登録するための手順が示されます LiveRamp LaunchPad tag from LiveRamp 認証トラフィックソリューション。 登録は無料ですが、契約書に署名する必要があります。 登録後、Adobeアカウントチームは、組織が web ページに実装するための一意のタグを生成し、提供します。

手順 2:DSPでのオーディエンスソースの作成 source-create

  1. オーディエンスソースの作成 オーディエンスをDSP アカウントまたは広告主アカウントに読み込みます。 ユーザー識別子を任意のに変換することもできます 使用可能なユニバーサル ID 形式.

    ソース設定には、自動生成されたソースキーが含まれ、セグメントマッピングデータの準備に使用されます。

  2. オーディエンスソースを作成したら、ソースコードキーをと共有します。 Tealium ユーザー。

手順 3:セグメントマッピングデータの準備と共有 map-data

広告主は、セグメントマッピングデータを準備して共有する必要があります。

  1. 広告主は、内でデータを準備する必要があります Tealium:

    1. SHA-256 アルゴリズムを使用して、広告主のオーディエンスのメール ID をハッシュ化します。

    2. ハッシュ化されたメール ID を含む列を、訪問者 ID タイプの属性にマッピングします。

    3. を使用したオーディエンスの作成 Tealium_visitor_id 属性。 適切なエンリッチメントを適用して、オーディエンスをトリガーに設定します。 を参照してください。 Tealium 訪問者 ID 属性に関するドキュメント.

  2. DSPでセグメントを作成するには、広告主がセグメントマッピングデータをAdobeアカウントチームに提供する必要があります。 コンマ区切り値ファイルで、次の列名と値を使用します。

    • 外部セグメントキー: 外部セグメントキー(後で、のコネクタのアクション設定で指定します) Tealium. 推奨される命名規則は「」です<DSP source key>_<Tealium segment name>例えば、「57bf424dc10_coffee-drinkers」などです。 DSP ソースキーには、を使用します Source Key DSP オーディエンスソースの設定から。

    • セグメント名: セグメント名。

    • セグメントの説明: セグメントの目的、ルール、またはその両方。

    • 親 ID : 空白のままにする

    • ビデオ CPM: 0

    • CPM を表示: 0

    • セグメントウィンドウ: セグメントの有効期間。

手順 4:でのコネクタの作成 Tealium セグメントデータを共有するには tealium-connector

共有するセグメントごとに、データの変化をトリガーするアクションごとに個別のコネクタを作成します。 例えば、それぞれが 2 つのトリガーを持つ 2 つのセグメントを共有するには、4 つのコネクタを作成します。

  1. Adobeアカウントチームは、広告主にAWS firehose コネクタ資格情報を提供します。

  2. 対象: Tealium, コネクタを追加。使用するオプションは次のとおりです。

    1. 「」を選択します AWS Firehose コネクタ。

    2. ソース設定で、次の操作を行います。

      1. 共有するオーディエンスセグメントを選択します。

      2. トリガーを設定します。

        • セグメントの最初のコネクタには、トリガーを選択します Joined Audience. これにより、ユーザーがセグメントに参加するたびに、データがDSPと共有されます。

        • セグメントの 2 番目のコネクタには、トリガーを選択します Left Audience. このコネクタは、すべてのオプトアウトと、DSPでセグメントを離れるユーザーを処理するために使用されます。

    3. 設定で、AWS firehose コネクタを指定します。 DSP用の Firehose コネクタをまだ追加していない場合は、次の情報を使用して Firehose コネクタを追加します。

      • 名前: コネクタの名前。

      • アクセスキー: Adobeアカウントチームから提供されたアクセスキー。

      • 秘密鍵: Adobeアカウントチームから提供された秘密鍵。

      • 地域: 米国東部バージニア州(米国東部–1)

    4. アクション設定で、次の操作を行います。

      1. 次の情報を使用して、「顧客データを配信ストリームに送信(詳細)」アクションを作成し、セグメントにデータを追加します。

        • アクション名: アクションの名前。

        • アクションタイプ: 顧客データを配信ストリームに送信(詳細)

        • 配信ストリーム : Tealium_CDP_Connector

        • メッセージデータ : 次の手順を実行します。

          1. セグメントの属性を 1 つ選択します。

            • Hashed_Email 属性に、カスタムメッセージという名前を付けます hashed_email.

            • 「Cookies」属性に、カスタムメッセージという名前を付けます cookies.

          2. カスタムフィールドを作成するオプションの Source Key フィールドに、 External Segment Key それはに含まれていた セグメントマッピングデータ 前の手順で、

            DSPはこのキーを使用してセグメントにデータを入力します。

          3. (推奨)更新アクションを作成して、セグメントを最新の状態に保ちます。

手順 5:での既存のコネクタの複製 Tealium セグメントの共有を続行するには duplicate-connector

セグメントごとに 1 つのコネクタと、コネクタごとに 1 つのセグメントのみを使用できます。

  1. 対象: Tealiumを選択し、別のセグメントを作成するセグメントを複製して、新しいセグメントの名前を変更します。

  2. 対象: Tealium、複製 作成したコネクタ 前の手順で、新しいコネクタの名前を「」から変更します。<original name>-copy」を選択します。

手順 6:ユニバーサル ID の数とハッシュ化されたメールアドレスの数の比較 compare-id-count

すべての手順を完了すると、セグメントは 24 時間以内にDSPで使用可能になります。 オーディエンスライブラリでの検証(オーディエンスの作成または編集時に使用できます) Audiences > All Audiences またはプレースメント設定内)を選択した場合、24 時間以内にセグメントが入力されます。 ユニバーサル ID の数と、元のハッシュ化されたメールアドレスの数を比較します。

ハッシュ化されたメールアドレスのユニバーサル ID への翻訳率は、90% を超える必要があります。 例えば、顧客データプラットフォームからハッシュ化されたメールアドレスを 100 個送信する場合は、90 個を超えるユニバーサル ID に翻訳する必要があります。 90% 以下の翻訳率が課題です。 セグメント数の変化について詳しくは、「」を参照してくださいメール ID とユニバーサル ID のデータの相違の原因.」と入力します。

セグメントは 24 時間ごとに更新されます。 ただし、セグメントへの追加は、デフォルトで 30 日後、または顧客が指定した有効期限が切れた後に有効期限が切れます。 から再プッシュしてセグメントを更新 Tealium 有効期限の前。 カスタムセグメントの有効期限をリクエストするには、Adobeアカウントチームにお問い合わせください。

トラブルシューティングのサポートについては、Adobeアカウントチームまたは adcloud-support@adobe.com.

recommendation-more-help
9ff4800f-94be-45f0-a5bf-09d0d7e96baa