プレースメント設定

Basics

Placement name プレースメント名。

TIP
状況に応じて意味のある命名規則を使用します。 推奨される命名規則の 1 つは、です。<campaign name="">: <ad unit="">: <duration>: <targeting>.」と入力します。

Status: プレースメントのステータス: Active (デフォルト)または Paused.

TIP
ベストプラクティスは、ローンチの準備が整うまでプレースメントを一時停止することです。

Details: (読み取り専用)該当する広告タイプ、プレースメントを作成または作成したアカウント、親キャンペーン。 詳細を表示するには、をクリックします Show more.

Templates: 既存のプレースメントテンプレートのリストを開きます。 テンプレートからターゲティング設定を自動入力するには:

  1. 次のいずれかの操作をおこないます。

    • テンプレートからすべてのターゲットを再利用するには、テンプレート名の横にあるチェックボックスを選択します。

    • テンプレートから個々のターゲット・タイプを再利用するには、テンプレート名を展開し、再利用するターゲット・タイプの横にあるチェック・ボックスを選択します。

  2. クリック Apply.

Ad specs for forecast: (ビデオ広告フォーマットのみ)右側の Forecast プロジェクションを計算するために使用される広告期間および/または広告仕様。 フィールドは、広告タイプによって異なります。

Environment: (ユニバーサルビデオ広告形式のみ)プレースメントのターゲットとして含めるデバイス環境(デスクトップ、モバイル、接続されたテレビ)。 1 つ以上を指定してください。

カスタムレポートでは、プレースメントレベルのディメンション「デバイス環境」は、ターゲット環境を示します。

Placement tags: (オプション)このプレースメントを見つけるのに役立つキーワードまたはニックネーム。

目標

Package: (オプション)プレースメントが割り当てられるパッケージ。 クリック 編集 既存のパッケージを選択するか、パッケージを作成します。 プレースメントをパッケージに割り当てると、 Goals セクションが、パッケージのフライト日、配信目標、予算で更新されます。

Flight Dates: プレースメントの開始日と終了日。 承認済みの広告は、プレースメントがアクティブで、アクティブなパッケージまたはキャンペーンに割り当てられている場合、フライト中に実行できます。

パッケージ(該当する場合)またはキャンペーンの日付は、デフォルトで自動入力されます。

NOTE
  • フライト日は、キャンペーンフライト日とパッケージフライト日の範囲内に含める必要があります。

パッケージレベルのペーシングを使用してパッケージに割り当てられたプレースメント

Placement Funding: プレースメントの予算設定方法:

  • Optimize based on performance: パッケージレベルで予算を制御します。

  • Set a Fixed Minimum or Maximum Budget: 最小および/または最大のプレースメント予算を設定できます。 予算の種類を少なくとも 1 つ指定してください:

    • Maximum Budget:値と期間(All time, Daily, Weekly, Monthly)に設定します。

    • Minimum Budget:パッケージ予算に対する割合としての最小予算。 インターバル キャップを指定すると、最小の予算値は常にインターバル キャップのパーセンテージとして計算されます。 それ以外の場合は、パッケージ予算のパーセンテージとして計算されます。

Max Bid: 1000 インプレッションの支払いの上限。

Placement Pre-bid Filters: 入札が行われるためには、最大 5 つの KPI しきい値(最小視聴可能指標やクリックスルー率など)を満たす必要があります。 事前入札フィルターは最適化戦術として使用できますが、各ルールによってこのプレースメントが入札できる機会が制限される可能性があることを理解してください。 フィルターを追加または編集するには:

  1. クリック 編集 .

  2. 次のいずれかの操作をおこないます。

    • フィルターを追加するには:

      1. クリック Add Filter.
      2. 次の Only bid if ​指標を選択し、値を入力します。
    • フィルターを削除するには、をクリックします X フィルター行

  3. クリック Save.

各 pre-bid フィルターの説明については、「」を参照してくださいプレースメントレベルの事前入札フィルターとその使用方法.」と入力します。

その他のすべてのプレースメント

Budget Goal: 総予算の上限と予算間隔(All time, Daily, Weekly, Monthly)に設定します。

Gross Budget Goal: (利益管理のみを使用するキャンペーンにおけるプレースメント)総予算の上限と予算間隔(All time, Daily, Weekly, Monthly)に設定します。

Optimization Goal: パッケージの最適化目標。 各最適化目標の説明については、「」を参照してください最適化目標とその使用方法」と入力します。

Target Goal: パフォーマンスの追跡に使用されるターゲット目標。

NOTE
このフィールドはベンチマークに過ぎず、意思決定には使用されません。

Pace on: ペーシングの基礎:

  • Budget goal: (デフォルト)このオプションは、割り当てられた予算内でできるだけ多くのインプレッションを配信します。

  • Impressions: このオプションは、指定された期間内に指定された数に達するまでインプレッションを配信します。 このオプションを選択した場合は、インプレッションの数と間隔を指定します。 All time, Daily, Monthly, または Weekly.

Max Bid: 1000 インプレッションの支払いの上限。

Flight pacing: (プレースメントレベルのペーシングのみを使用したプレースメント)広告配信のペーシング方法:

  • Even: (デフォルト)各フライト全体を通して配信を均等にペースで進めます。フライトの前半で配信の 50% をターゲットにします。

  • Slightly Ahead: (デフォルト)配信が加速されるので、投入期間の半ばで 55~65% 完了します。

  • Frontload: 配信を高速化して、フライトの半ばで 65~75% 完了するようにします。

  • Aggressive Frontload: 配信を高速化して、飛行の半ばで 75~85% 完了するようにします。

Intraday pacing: (プレースメントレベルのペーシングのみを使用したプレースメント)フライト内で毎日広告をペースで配信する方法:

  • Even: (デフォルト)在庫の可用性に基づいて配信をスケーリングします。 通常、オークションの量が多い昼間は 1 時間あたりにより多くの広告が配信され、朝と夜にはより少ない広告が配信されます。

  • ASAP: (デフォルト)配信を 2 倍の速度まで高速化します 偶数.

    note caution
    CAUTION
    このオプションは、パフォーマンスに悪影響を与える可能性があります。 配信の優先順位を完全に設定し、パフォーマンスの最適化よりも費用がかかる場合にのみ使用します。

Placement Pre-bid Filters: (任意)入札が発生するには最大 5 つのフィルターに適合する必要があります。 事前入札フィルターは最適化戦術として使用できますが、各ルールによって、このプレースメントが入札できる機会が制限される可能性があることに注意してください。 フィルターを追加または編集するには:

  1. クリック 編集 .

  2. 次のいずれかの操作をおこないます。

    • フィルターを追加するには:

      1. クリック Add Filter.
      2. 次の Only bid if ​指標を選択し、値を入力します。
    • フィルターを削除するには、をクリックします X フィルター行

  3. クリック Save.

Geo-Targeting

Audience Location: (任意)プレースメントに広告を含めるか除外する特定の場所。 場所を指定しない場合は、すべての場所がターゲットになります。

NOTE
Roku プレースメントでは、市区町村と DMA の場所は使用できません。

場所を指定するには:

  1. クリック 編集 .

  2. 次のいずれかの操作をおこないます。

    • 国、都道府県、市区町村、DMA、連邦立法区または州立法区を含めるか除外するには、次の手順を実行します。

      1. 左側の列で場所のタイプを選択します。
      2. (必要に応じて)場所をクリックして展開します。
      3. 場所の横にある「」をクリックします Include ターゲットとして含める、または Exclude ターゲットとして除外します。
    • 郵便番号を検索し、選択したすべての結果を含めるか除外するには:

      1. クリック Search Postal Code.
      2. 国を選択します。
      3. 市区町村名を入力し、 編集 .
      4. 正しい検索結果をクリックします。
      5. クリック Include All すべてのロケーションをターゲットとして含めるには、または Exclude All すべての場所をターゲットとして除外します。
    • 郵便番号を入力または貼り付け、すべてを含めるか除外するには、次の手順を実行します。

      1. クリック Paste Postal Code.
      2. 国を選択します。
      3. 1000 件までの郵便番号を入力または貼り付けます。
        1 行に 1 つの郵便番号を含めるか、コンマまたはタブで区切って複数の値を入力します。
      4. クリック Include All すべてのロケーションをターゲットとして含めるには、または Exclude All すべての場所をターゲットとして除外します。
    • から場所を削除するには Included または Excluded リスト、クリック X 右側の列の場所の横。

  3. クリック Done.

NOTE
  • すべての国に都道府県、市区町村または郵便番号の場所があるわけではありません。
  • DMA (指定市場地域)、連邦立法区、州立法区は、米国の場所でのみ使用できます。

Inventory Targeting

Inventory Sources: ターゲットとして含めるか除外する在庫ソース。 ほとんどのプレースメント タイプでは、すべての在庫タイプと各タイプのすべてのソースがデフォルトで含まれます。 の場合 Roku プレースメントでは、在庫タイプとソースを指定する必要があります。 次のタイプの在庫から選択できます。

  • Public:(Roku を除くすべてのプレースメントタイプ)DSPがアクセスできるすべてのオープン交換在庫。 公開在庫を含めたり除外したりできます。

    このリストは、ソース別またはフィード別に表示できます。 フィード別にリストを表示する場合は、フィード名、フィードキー、または選択した特性タグで検索できます。

  • Private | Roku Private:既存のプライベート取引(または既存のプライベート Roku の取引 Roku プレースメント)を使用する場合は、DSPで設定したパブリッシャーを使用します。 公開在庫を含めることはできますが、除外することはできません。

    キーワード、キー、取引 ID またはカスタムタグでリストを検索できます。

    • Ensure Fixed or Floor Price for the bid: (任意)入札価格アルゴリズムを上書きして、少なくとも取引の固定価格とフロア価格を入札します。
  • On Demand | Roku On Demand:すべて プレミアム、保証なし On Demand 在庫 (または On Demand Roku の取引 Roku 登録しているプレースメント) DSP. 次を含めたり除外したりできます On Demand 在庫。

    このリストは、ソース別またはフィード別に表示できます。 フィード別にリストを表示する場合は、フィード名、フィード キー、または選択した発行元の地域、カテゴリ タグ、特性タグで検索できます。

    • Ensure Fixed or Floor Price for the bid: (任意)入札価格アルゴリズムを上書きして、少なくとも取引の固定価格とフロア価格を入札します。

在庫ターゲティングを指定する手順は、次のとおりです。

  • 在庫タイプを除外するには、名前の横にあるチェック ボックスをオフにします。

  • 在庫タイプをターゲットにする手順は、次のとおりです。

    1. 在庫タイプ名の横にあるチェックボックスをオンにします。

    2. (オプション)ソースを次のように変更します。

      1. クリック 編集 .

      2. (Public および On Demand 在庫)クリック View by Source または View by Feed ソースのリスト方法を変更する

      3. (該当する場合)必要に応じて在庫をフィルタリングします。

      4. 含めるソースと除外するソースを指定します。

        • を含めるには Public または On Demand ソース、クリック Include ソース名の隣。

        • 次を含める Private ソース :

          • すべての在庫を取引に含めるには、 Include all 取引名の横。
          • 個別の在庫ソースを含めるには、取引名を展開し、ソース名の横にあるチェックボックスをクリックします。
        • を除外する場合 Public または On sourceを選択し、 Exclude ソース名の隣。

    3. (オプション)ターゲット情報を含んだ CSV ファイルをブラウザーのダウンロード場所にダウンロードするには、 Save & Export.

    4. クリック Save.

TIP
登録している場合 On Demand 在庫はあるが、ターゲットとするパブリッシャーまたは取引が見つからない場合は、取引のステータスを確認します。 ステータスの詳細については、を参照してください。 について On Demand プレミアム在庫.

Exclude out-stream: (ビデオプレースメントのみ)アウトストリームトラフィックを除外します。

アウトストリーム広告は、通常、ビデオプレーヤーの通常のビデオ広告ではなく、ポップアップとして、またはコンテンツに詰め込まれた(ネイティブエクスペリエンスの)コンテンツ上に表示されます。

Site Targeting

Traffic type: ターゲットにするトラフィックのタイプ。 次のようなオプションがあります Websites および Apps.

Site tier: (次の場合に使用可能: Paste list of targeted sites 等しい Off)ターゲットとするサイトの品質。 Tier 1~3 はすべてブランドセーフであり、DSP マッピングチームによって審査および承認されています。

  • Tier 1: 全国的に認識できるプレミアムサイトとアプリケーション。

  • Tier 2: ターゲットは、階層 1 だけでなく、階層 1 よりも広く知られていない高品質のサイトとアプリケーションです。

  • Tier 3: ターゲット Tier 1~2 に加えて、ニッチなオーディエンスに対応する正当でブランドセーフなサイトとアプリケーション。 リーチまたはデータターゲティング購入には階層 3 を使用します。

  • All Sites: ターゲット Tier 1~3 およびスクリーニングまたは分類されていない新規在庫で、リーチに使用できます。

NOTE
在庫は、プレースメント内の広告単位に固有です。
TIP
パフォーマンスキャンペーンの場合、ベストプラクティスはを選択します。 All Sites.

Site Categories: (オプション、次の場合に使用可能: Paste list of targeted sites 等しい Off)を選択します。選択したサイト階層内のサイト カテゴリをターゲットとして含めるか除外します(両方は除く)。 件名に基づいてDSPがマッピングした垂直方向のサイトリストから選択します。

  1. クリック 編集 .

  2. 含めるか除外するサイト カテゴリを指定します。

    • サイト カテゴリを含めるには:

      1. クリック Include categories.
      2. ターゲットにする各カテゴリの横にあるチェックボックスをオンにします。
    • サイト カテゴリを除外するには:

      1. クリック Exclude categories.
      2. 除外する各カテゴリの横にあるチェックボックスをオンにします。
  3. (オプション)ターゲット情報を含んだ CSV ファイルをブラウザーのダウンロード場所にダウンロードするには、 Export.

  4. クリック Save.

Exclude Sites: (オプション、次の場合に使用可能: Paste list of targeted sites 等しい Off)除外するサイト。 サイトを検索して選択するか、ドメイン名を入力または貼り付けることができます。

  1. クリック 編集 .

  2. サイトを指定します。

    • サイトを検索するには:

      1. クリック Search.

      2. キーワードを入力するか、サイト層を選択するか、サイト カテゴリを選択します。

      3. 検索結果で、除外するサイトを選択します。

        • 個々のサイトを除外するには、隣のチェックボックスをオンにします。
        • (50 を超える結果がある場合)最初の 50 件の結果を除外するには、をクリックします Exclude these 50. すべての検索結果を除外するには、 Exclude these <*NN *>.
    • ドメイン名を入力するには:

      1. クリック Paste.
      2. 1 つ以上のドメイン名を別々の行に入力します。
      3. クリック Exclude All.
  3. クリック Done あなたが終わったら。

NOTE
  • DSPに加えて、アカウントレベルと広告主レベルのブロックされたサイトリストも適用されます グローバルにブロックされたサイト リスト(広告に対して安全でないと見なされるサイトが含まれます)。
  • ブロックされたサイト リストは、ターゲットのサイト リストを常に上書きします。 プレースメントに、広告に対して同じターゲットが含まれず、除外される場合、そのターゲットは除外されます。

Language: (任意)ターゲットとする単一の言語。

Site List Preview: (読み取り専用)プレースメントのすべてのターゲットサイトとブロックサイト。

オプションで、ターゲットサイトとブロックされたサイトのリストをコンマ区切り値(CSV)ファイルとして書き出すことができます。 リストをエクスポートするには、 Export full site list ​をクリックし、ブラウザーの通常の手順に従ってファイルを開くか保存します。

Allow unscreened sites: (標準の表示プレースメントのみ)監査されていないサイトでの広告配信を有効にします。 プレースメントがプライベートインベントリをターゲットにする場合、このオプションは、ブロックされたサイトに広告を配信する場合があります。

Paste list of targeted sites: 特定のサイトのみをターゲットにすることができます。 このオプションを有効にすると、他のサイトのターゲティングオプションは無効になります。

Sites: (次の場合に使用可能: Paste list of targeted sites 等しい On)ターゲットとするサイト。 サイトを検索して選択するか、ドメイン名を入力または貼り付けることができます。

  1. クリック 編集 .

  2. サイトを指定します。

    • サイトを検索するには:

      1. クリック Search.

      2. キーワードを入力するか、サイト層を選択するか、サイト カテゴリを選択します。

      3. 検索結果で、含めるサイトを選択します。

        • 個々のサイトを除外するには、隣のチェックボックスをオンにします。
        • (50 を超える結果がある場合)最初の 50 件の結果を含めるには、 Include these 50. すべての検索結果を含めるには、 Include these <*NN *>.
    • ドメイン名を入力するには:

      1. click Paste.
      2. 1 つ以上のドメイン名を別々の行に入力します。
      3. クリック Include All.
  3. クリック Done.

Audience Targeting

Included Audiences: プレースメントに対するすべてのオーディエンスターゲット(以下を含む) サードパーティセグメント、ファーストパーティセグメント、Adobeセグメント、カスタムセグメント、保存済みオーディエンス. 選択したすべてのセグメントと保存されたオーディエンスにわたる、重複排除されたアクティブなオーディエンスの合計サイズも表示されます。 既存のオーディエンスを選択し、後で再利用できるオーディエンスを作成するか、特定のオーディエンスセグメントを選択できます。

  • 既存のオーディエンスを選択するには、をクリックします。 を選択 次の Included Audiences次に、オーディエンスを選択します。
  • オーディエンスを作成するには、をクリックします。 を選択 次の Included Audiencesを選択してから、 + Create Audience. 手順については、を参照してください 再利用可能なオーディエンスを作成(手順 3 から開始)。
  • 特定のオーディエンスセグメントを選択するには、をクリックします。 Select segments for this placement only. セグメントロジックを選択します。手順については、「」の手順 6 を参照してください再利用可能なオーディエンスを作成.」と入力します。 完了したら、 保存.

Excluded Audiences: プレースメント用に除外するオーディエンス( サードパーティセグメント、ファーストパーティセグメント、Adobeセグメント、カスタムセグメント、保存済みオーディエンス. 除外されたすべてのオーディエンスの合計およびアクティブな重複排除されたオーディエンスサイズも表示されます。 既存のオーディエンスを選択するか、新しいオーディエンスを作成して後で再利用できます。

  • 既存のオーディエンスを選択するには、をクリックします。 を選択 次の Excluded Audiences次に、オーディエンスを選択します。

  • オーディエンスを作成するには、をクリックします。 を選択 次の Excluded Audiencesを選択してから、 + オーディエンスを作成. 手順については、を参照してください 再利用可能なオーディエンスを作成(手順 3 から開始)。

Targeting: ターゲットとするユーザー ID のタイプ。 プレースメントがライブになった後(つまり、フライトが開始された後)は、この設定を変更できません。

レガシー ID とユニバーサル ID の両方を選択する場合、入札の環境設定がユニバーサル ID に指定されます。

  • Legacy IDs (Cookies, MAIDS, CTV):(デフォルト) Cookie、モバイル広告 ID または接続テレビ(CTV) ID に基づいてユーザーをターゲットに設定します。 ID は、ブラウザー、アプリ内または CTV インベントリに基づいて選択されます。

  • Universal ID Beta:ユーザープライバシーに焦点を当てた ID をターゲットにします。ID タイプを 1 つ選択します。 使用できるオプションは、で選択した地理的ターゲットによって決まります Geo-Targeting セクション。 での使用 RampID DSPに直接読み込まれたセグメント, DSPが PII をユニバーサル ID に変換するセグメント、または ユニバーサル ID を追跡するカスタムセグメント.

    • ID5:ターゲット ID5 メールアドレスやその他のシグナルから確率的に作成された ID。 ID5 ID は無料でご利用いただけます。 注意: のサードパーティセグメント Eyeota ID5 ID が含まれる場合があります。

    • RampID:ターゲット LiveRamp RampIDs (メールアドレスを使用してサイトにログインしたユーザーの) RampIDs は、北米、オーストラリア、ニュージーランドのユーザーが利用できます。

    • Unified ID2.0:ターゲット Unified ID2.0 (UID2)メールアドレスを使用してサイトにログインしたユーザーの ID。UID2 IDs は、欧州経済地域および一部の国のユーザーは使用できません。 を参照してください。 禁止国のリスト.

    Terms of service:ユニバーサル ID を使用するためのサービス契約の条件。 データを新しい ID タイプに変換するには、DSP アカウントの別のユーザーが条件に 1 回同意する必要があります。 マネージドサービス契約を締結しているお客様の場合、Adobeアカウントチームがお客様の同意を得て、組織に代わって条項に同意します。 用語を読むには、 >. 条件に同意するには、条件の下部までスクロールし、をクリックします Accept.

Cross Device Targeting: (次の場合に使用可能 campaign は、ユーザーベースのクロスデバイスターゲティング用に設定されますを選択した場合は、従来の ID のみをターゲットにし(ユニバーサル ID はターゲットにしません)、少なくとも 1 つのセグメントまたはオーディエンスを選択します。 を使用すると、指定されたセグメントに含まれていないデバイスも含め、個人の既知のすべてのデバイス(キャンペーン設定で指定されたデバイスグラフごと)にターゲティングを拡張できます。 キャンペーンに指定されたグラフによって料金が発生する場合があります。 デバイスグラフデータは、北米でのみ使用できます。

Placement Cap: (任意)一意のデバイス、ユニバーサル ID またはユーザーの回数(指定に応じて異なります) Cross Device Level キャンペーンとプレースメントの Targeting 設定)を使用して、プレースメントから広告を配信できます。 次のようなオプションがあります Unlimited または、1 日、1 週間または 1 か月あたりの特定の金額。

NOTE
フリークエンシーキャップは、キャンペーン、パッケージ、プレースメントの各レベルで設定できます。 DSPは、キャンペーン階層内で最も厳格なフリークエンシーキャップに従います。

Secondary Cap: (オプション。数値を含める場合に使用可能 Placement Cap)プライマリプレースメントの上限の範囲内での追加の制限。 インプレッション数と期間(12 時間あたり 3 件など)を選択します。

Day Parting: (任意)広告を実行できる特定の曜日および時刻。 日分割間隔を指定するには

  1. クリック 編集 .

  2. 該当するタイムゾーンを選択します。

  3. 間隔を指定します。

    • プリセット間隔を選択するには、いずれかの間隔ボタンをクリックします。 オプションは次のとおりです​ Weekends*, Weekdays, Morning, Lunch, Dinner、または Prime (primetime)を指定します。
    • 間隔を手動で選択するには、セル内をクリックし、必要に応じてドラッグして間隔を選択します。
  4. クリック Save.

Topic Targeting: (オプション。で設定された広告主が使用できます Comscore および Grapeshot セグメント)から特定のセグメント名または ID Comscore および Grapeshot をターゲットとして含めます。 この機能には追加料金が発生する場合があります。 この機能をアクティブにしてトピックセグメントを設定するには、Adobeアカウントチームにお問い合わせください。

トピックのターゲティングを指定するには:

  1. クリック 編集 .

  2. ターゲットにするセグメントを指定します。

    1. 左の列で、「パートナー」(Comscore または Grapeshot)に設定します。
    2. 入力フィールドに、セグメント名またはセグメント ID を入力します。
  3. (オプション)トピック情報を含んだ CSV ファイルをブラウザーのダウンロード場所にダウンロードするには、 Export.

  4. クリック Save.

TIP
  • トピックターゲティングは、プレースメントが入札できる在庫を制限するので、全体の購入のごく一部に対してのみトピックターゲティングを使用します。

  • 次の場合は、セグメント内でのネガティブターゲティングの設定 Comscore または Grapeshot.

Device Targeting: (任意)デバイスの種類、製造元、オペレーティングシステム、ブラウザー、接続の種類など、特定のデバイス情報。ターゲットに含めたりターゲットから除外したりできます。 デバイスのターゲティングを指定するには:

  1. クリック 編集 .

  2. 含めるおよび除外するデバイスの詳細を指定します:

    1. 左の列で、カテゴリを選択します。

    2. ターゲティングを指定:

      • 値を含めるには、 Include 値の名前の横。
      • 値を除外するには、をクリックします Exclude 値の名前の横。
  3. (オプション)デバイスのターゲット情報を含んだ CSV ファイルをブラウザーのダウンロード場所にダウンロードするには、 Export.

  4. クリック Save.

ISP Targeting: (オプション)ターゲットとして含めるか除外する(ただし両方にしない)特定のインターネットサービスプロバイダー(ISP)。 ISP ターゲティングを指定するには:

  1. クリック 編集 .

  2. 含める、または除外する ISP を指定してください:

    • ISP を組み込むには:

      1. クリック Include ISPs.
      2. (オプション)キーワードでリストをフィルタリングします。
      3. ターゲットにする各 ISP の横にあるチェックボックスをオンにします。
    • ISP を除外するには:

      1. クリック Exclude ISPs.
      2. (オプション)キーワードでリストをフィルタリングします。
      3. 除外する各 ISP の横にあるチェックボックスをオンにします。
  3. (オプション) ISP のターゲット情報が記載された CSV ファイルをブラウザーのダウンロード場所にダウンロードするには、 Export.

  4. クリック Save.

Brand Safety and Media Targeting

Contextual filtering: のタイプ Comscore, DoubleVerify, Integral Ad Science、および Peer39 適用するコンテキストフィルター。 新しいプレースメントには広告主レベルのデフォルトが選択されますが、設定は変更できます。

  • DoubleVerify:

    • Block sites that are: (オプション)デフォルトでブロックする 1 つ以上のタイプのインベントリコンテキスト。 追加料金がかかる場合があります。
  • Peer 39:

    • 次のようなターゲットサイト: (オプション)デフォルトでターゲットにする 1 つ以上のタイプの在庫属性。 追加料金がかかる場合があります。
  • ComScore:

    • 次のサイトをブロック: (任意)デフォルトでブロックする 1 つ以上のタイプの在庫属性。 追加料金がかかる場合があります。
  • Integral Ad Science

    • Adult Content: (任意)デフォルトで広告をブロックするアダルトコンテンツの程度。 Do Not Block (デフォルト)、 Standard、または Strict. 追加料金がかかる場合があります。

    • Alcohol Content: (任意)デフォルトで広告をブロックするアルコール度数。 Do Not Block (デフォルト)、 Standard、または Strict. 追加料金がかかる場合があります。

Pre-bid fraud blocking: で測定された不正なトラフィックや疑わしいアクティビティに基づいてブロックするサイトのタイプ DoubleVerify, Integral Ad Science、および Peer39. 新しいプレースメントには広告主レベルのデフォルトが選択されますが、設定は変更できます。

  • DoubleVerify:

    • Block Fraud Sites (100% Invalid traffic) and User-Based Fraud and IVT Devices: デフォルトでは、は、新しいプレースメントに対して、ハイジャックされたデバイス上のトラフィックを含む 100% 無効なトラフィックをすべてブロックします。 追加料金がかかる場合があります。

    • Also block sites with: (任意)DSPがデフォルトで広告をブロックする原因となる、さらに高レベルの不正トラフィックおよび無効なトラフィック。 None (デフォルト。追加のトラフィックをブロックしません)、 >2% Average Fraud/IVT levels (lowest reach), >4% Average Fraud/IVT levels, >6% Average Fraud/IVT levels, >10% Average Fraud/IVT levels、または >25% Average Fraud/IVT levels. 追加料金がかかる場合があります。

  • Peer 39:

    • Block sites that are: (任意)DSPがデフォルトで広告をブロックする原因となる 1 つ以上の種類の詐欺。 Fraud (すべてのサイトを不正でブロックします)、 Fraud: Bot Sites_Non-Human traffic、および/または Fraud: Zero Ads. 追加料金がかかる場合があります。
  • Integral Ad Science:

    • Block sites that are: (オプション)DSPがデフォルトで広告をブロックする原因となる、疑わしい web サイトまたはアプリアクティビティの一種。 None (デフォルト。疑わしいアクティビティに基づく広告をブロックしません)、 Suspicious Activity - High Risk、または Suspicious Activity - High or Moderate Risk. 追加料金がかかる場合があります。

Ads.txt filtering:

次のどのレベル Ads.txt 各パブリッシャーの認証済みデジタルセラーのリストを適用して使用する事前入札フィルタリング。 新しいプレースメントには広告主レベルのデフォルトが選択されますが、設定は変更できます。

  • Opt out of ads.txt (default):すべてのセラーから在庫を購入する。
  • Ads.txt sellers + sites without ads.txt:ドメインの承認済みダイレクトセラーおよびリセラーからの購入在庫を優先順位付けする。
  • Ads.txt sellers only:ドメインの承認済みダイレクトセラーおよびリセラーからのみ在庫を購入できます。
  • Ads.txt sellers only:ドメインの承認済みダイレクトセラーからのみ在庫を購入する場合。

DoubleVerify Authentic Brand Safety: (を設定した広告主) DoubleVerify Authentic Brand Safety (オプション)有効 DoubleVerify Authentic Brand Safety:指定したセグメント ID に設定されたカスタムブランドセーフティルールを使用して、入札後のインプレッションをブロックします。 DSPは、広告主設定で指定されたセグメント ID の使用に対してアカウントに請求します。

Tracking placement-tracking

NOTE
(Roku プレースメント)サードパーティのトラッキングベンダーの承認 Roku 次を含める Acxiom, comScore, Data Plus Math, Experian, Factual, Kantar, Marketing Evolution, Neustar, Nielsen, Nielsen Catalina Solutions, NinthDecimal, Oracle, Placed, Polk、および Research Now.

Event Pixels: (任意)サードパーティのイベントトラッキングピクセル。デフォルトでプレースメント内のすべての新規広告に添付されます。 イベントのピクセルを指定するには:

  1. クリック 編集 .

  2. 次のいずれかの操作をおこないます。

    • 既存のピクセルを選択するには、ピクセル行のチェックボックスをオンにします。

    • ピクセルを作成するには:

      1. クリック Create.

      2. 次の情報を入力します。

        • Pixel name: ピクセル名。最大長は 500 文字です。 ピクセルを識別しやすい名前を使用します。
        • Pixel event fires on: 発生するピクセルをトリガーするイベント。 使用できるイベントは、広告タイプによって異なります。
        • Pixel type: ピクセルが IMG URL (1x1 ピクセルの画像ファイル)、 HTML、または JavaScript URL.
        • Pixel URL: ピクセル画像の URL。
      3. クリック Create and attach.

    1. クリック Save.

Conversion Pixels: (任意)コンバージョントラッキングピクセル。デフォルトでプレースメント内のすべての新規広告に添付されます。 変換ピクセルを指定するには:

  1. クリック 編集 .

  2. 次のいずれかの操作をおこないます。

    • 既存のピクセルを選択するには、ピクセル行のチェックボックスをオンにします。

    • ピクセルを作成するには:

      1. クリック Create.

      2. 次の情報を入力します。

        • Conversion pixel name: ピクセル名。最大長は 500 文字です。 ピクセルを識別しやすい名前を使用します。
        • Conversion category: コンバージョンのタイプ。
        • Impression conversion window: インプレッションをコンバージョンに関連付けることができる広告インプレッションが発生した後の日数。 デフォルトは 30 日です。
        • Click conversion window: クリックをコンバージョンに関連付けることができる広告クリックが発生した後の日数です。 デフォルトは 30 日です。
        • Notes: (任意)ピクセルに関する説明またはその他の情報。
      3. クリック Create and attach.

      4. 関連する web ページに変換ピクセルを実装します。

        1. メインメニューで、に移動します Resources > Conversion pixels.

        2. ピクセル行で、 edit.

        3. 値を次にコピー HTML Tag および Flash Tag 必要に応じて、広告主または web サイトの連絡先に提供するフィールド。

          広告主の IT 部門またはその他のグループは、タグのデプロイメントをスケジュールするか、知らせる必要がある場合があります。

    1. クリック Save.

3rd-party Fees: (任意) 1,000 インプレッションあたり請求不可コストとしてトラッキングされる、静的なサードパーティの料金レート。 異なる値を入力しない限り、新しいプレースメントには、該当する場合、パッケージレベルのデフォルトが自動的に適用されます。

NOTE
請求可能な料金は次に反映されます Net CPM 指標。
recommendation-more-help
9ff4800f-94be-45f0-a5bf-09d0d7e96baa