ブランドの安全性とメディアの品質

Advertising DSPは、ブランド保護機能のスイートを提供し、各キャンペーンがブランドセーフ環境で実際のユーザーに届くようにします。

当社の不正監視チームは、次のような業界をリードするパートナーと密接に連携しています。 Interactive Advertising Bureau, Trust and Accountability Group (TAG)、および WhiteOpsを使用して、プラットフォーム上の在庫を慎重にキュレーションします。 DSPは、アドビの供給を積極的に管理することで、プラットフォーム全体のすべての広告主が非人間トラフィック(ボット、クローラー、データセンタートラフィック、不正)から保護され、ブランドに安全なコンテキストでのみ配信できるようにします。

一元的な品質管理を提供するだけでなく、広告主がブランドに合わせた制御を設計できるようにすることを信じています。 DSPオファーとの統合 Comscore, DoubleVerify, Integral Ad Science, Oracle Data Cloud、および Peer39を使用することで、各広告主が適切なレベルの不正保護、コンテキストフィルタリング、キーワードターゲティングを選択できるようになります。

品質イニシアチブ

との在庫の検証 Ads.txt サポート

Ads.txt(これはを意味します) Authorized Digital Sellers は、 Interactive Advertising Bureau (IAB) 2017 年 6 月にオープンマーケットでのインベントリの適切な表示を容易にし、トラフィックの不正なソースとドメインのスプーフィングと戦う。 参加するパブリッシャーおよびディストリビューターは、デジタルインベントリを販売する権限を持つ企業、およびこれらの関係の性質を、 ads.txt ドメインの最上位レベルのページ ( example.com/ads.txt) をクリックします。

DSP supports ads.txt 各出版社の ads.txt ファイルを作成し、検証済みからのみを購入するオプションを提供する ads.txt 販売者。 例えば、販売者と照合すると、にアクセスしているのがわかります。 nytimes.com ニューヨーク・タイムズに ads.txt ファイルを編集すると、正当なものと正当でないものを特定できます。認定販売者のみから購入するように配置が設定されている場合は、違反者をブロックします。

デフォルトを設定できます ads.txt 各広告主のコントロールを選択し、オプションで 各配置の設定をカスタマイズする 移動先:

  • ドメインの許可された直接販売者のみから在庫を購入する

  • ドメインの許可された直接販売者および再販売者のみから在庫を購入する

  • ドメインの許可された直接販売者および再販売者から在庫を購入することを優先する

  • すべての販売者から在庫を購入する

プラットフォーム不正監視

DSPは、アドビのプラットフォーム全体で不正を管理するための強力な内部ツールおよびシステムを構築し、次のような業界の主要ベンダーと提携しています。 Whiteops および Integral Ad Science.

また、Adobeは IAB および TAG 業界標準の堅牢な不正ブロックを確保して広告主を保護するために、次のようなツールを活用します。 ads.txt (前の節を参照)、 IAB ボットおよびスパイダーのリスト、および TAG データセンターの IP リスト。

品質に対する多次元的なアプローチを通じて、チームは異常値と無効なトラフィックパターンを監視し、保護された在庫で無効なトラフィックが 3%未満になるようにします。 特定のドメイン上の在庫や特定の発行者または販売者からの在庫など、疑わしい在庫は、プラットフォーム全体で即座にブロックされます。

インベントリのマッピング、階層化、分類

在庫マッピングは、新しいすべての在庫がアドビのプラットフォームに追加される前に必要となる詳細なレビューとオンボーディングプロセスです。 このプロセスは、DSP上のすべてのインベントリの安全性と品質を確保するように設計されています。

  • マッピング: アドビのインベントリチームは、各ドメインを慎重にレビューし、次のような側面を評価します。

    • ブランドの安全性

    • 広告タイプの検証

    • 汎用コンテンツ、重複ドメイン、および偽の広告配信

  • 階層化: エコシステム全体でのブランドの存在を総合的に調べ、異なる階層にわたるインベントリを分類します。 以下が可能です。 配置のターゲット設定 を次の層に追加して、必要なリーチレベルに設定します。

    • T1 — ブランド名、国際的に認識可能なサイト

    • T2 — 最新で最新の、ユーザーが生成したコンテンツを含まず、通常グローバルな認識に欠ける優れた外観のサイト

    • T3 — ユーザー生成コンテンツとコンテンツのニッチ化

  • サイトの分類: コンテンツのターゲティングとブロックを容易におこなえるように、各プロパティに、プロパティのコンテンツに基づいてDSPで定義されたサイトカテゴリでタグ付けします。 以下が可能です。 各プレースメントに対してこれらのサイトカテゴリをターゲット化または除外 配置目標に基づいて

サイトブロックの包括的なサポート

DSPは、グローバルにブロックされたサイトリストと、広告主やアカウントのカスタムブロックされたサイトリストを作成するオプションの両方を提供します。

グローバルにブロックされたサイトリストをDSP global-blocked-sites

DSPは、広告の実行が安全でないと見なされる、グローバルにブロックされたサイトリストを管理します。 このリストには、好ましくないコンテンツ(憎しみや恐怖など)や、ボットに感染したサイト、偽のプリロール、不一致のドメイン、その他の不正なアクティビティを含むサイトが含まれています。

広告主を欺く活動を根絶するための Brand Safety イニシアティブの一環として、すべてのサイトは、グラフブロックサイトリストの測定を使用してスクリーニングされます。 ブランドの安全性チェックに合格しないすべてのサイトは、グローバルにブロックされたサイトリストに追加されます。 DSPはこのリストを動的に管理するので、最新のブランド安全性分析に基づいて、サイトはいつでもリストのオン/オフを切り替えることができます。

グローバルにブロックされたサイトのリストにサイトを配置のターゲットとして含めると、サイトには赤い感嘆符 (!) でフラグが付けられます。 これは、フラグ付きのサイトで広告が実行されないことを示します。

NOTE
オプションで、信頼できる非公開取引に添付された標準ディスプレイ広告に対して、グローバルブロックサイトリストをバイパスするには、「Allow unscreened sites」オプションが 配置設定. 必要に応じて、Adobeアカウントチームは、契約のパブリッシャー設定で、公開(オークションレベル)契約のサイトブロックをオプションで無効にすることもできます。

アカウントレベルのサイトリストと広告主レベルのブロック済みサイトリスト

また、アカウントレベルのサイトリストと、広告主レベルのブロック済みサイトリストを管理することもできます:すべての配置に対して自動的に使用されます。 下位レベルのブロック済みサイトのリストは、グローバルにブロックされたサイトのリストに加えて適用されます。

サードパーティ統合

コンテキストフィルター

コンテキストフィルタリングを使用すると、広告が提供されるページのコンテキストに基づいて、広告オポチュニティをターゲットにしたりブロックしたりできます。 Adobeは、業界の主要ベンダーとの統合を通じて、コンテキストフィルタリングを提供します。 Comscore, DoubleVerify, Integral Ad Science、および Peer39. 現在のフィルターの例を次に示します。 Adult Content, Natural Disasters, Legal Drinking Age, MANGA, Epidemics、および G-rated Sites.

各広告主に対して、デフォルトのコンテキストフィルターコントロールを設定できますを選択し、オプションで 各配置の設定をカスタマイズする. この機能を使用する場合は、追加料金が適用される場合があります。

Comscore ロゴ DoubleVerify ロゴ Integral Ad Science ロゴ Peer39 ロゴ

入札前の不正ブロック

とのサードパーティ統合を活用する Comscore, DoubleVerify, Integral Ad Science、および Peer39 を使用して、キャンペーンからの非人間トラフィックをブロックします。 これらの統合により、キャンペーンで一般的な無効なトラフィックと高度な無効なトラフィック(GIVT および SIVT)の両方を最小限に抑える、業界最先端の入札前ブロック機能が提供されます。

各広告主に対して、デフォルトの入札前不正ブロック制御を設定できますを選択し、オプションで 各配置の設定をカスタマイズする. この機能を使用する場合は、追加料金が適用される場合があります。

機能の詳細については、ご希望のベンダーに直接お問い合わせいただくか、Adobeアカウントチームにお問い合わせください。

Comscore ロゴ DoubleVerify ロゴ Integral Ad Science ロゴ Peer39 ロゴ

入札前の視認性 pre-bid-viewability

業界をリードするパートナーによる事前入札の視認性フィルター DoubleVerify, Oracle Advertising (Moat) および Integral Ad Science 広告主は、キャンペーンがビデオ全体で目標とする視認性のパフォーマンス目標を満たし、在庫を表示できるようにします。

各広告主に対して、デフォルトの視認性フィルターを設定できますを選択し、オプションで 各配置の設定をカスタマイズする. この機能を使用する場合は、追加料金が適用される場合があります。

DoubleVerify ロゴ Oracle広告ロゴ Integral Ad Science ロゴ

トピックのターゲティング

DSPトピックのターゲット設定では、業界をリードするコンテキストパートナーを活用して、キーワードリストをターゲティングまたはブロックできます Comscore および Oracle Data Cloud (Grapeshot) をクリックします。 トピックのターゲティングを使用すると、有害なコンテンツのブロックや、より大きな成果を確実に得るためのコンテキストでの支出を含め、ブランドに沿った環境で広告を常に提供できます。

トピックのターゲティングでは、を使用してカスタムトピックセグメントを直接作成する必要があります。 Comscore または Grapeshot ( Oracle Data Cloud) をクリックします。 これらをパートナープラットフォームで作成したら、次の操作を実行できます。 でセグメント ID をターゲットにするか除外します。 Audience Targeting 各配置のセクション. この機能には追加料金が適用される場合があります。

カスタムトピックセグメントを作成するには:

  • を作成するには、以下を実行します。 Comscore アカウントを作成してカスタムセグメントを作成すると、 Activation Segment Manager 時刻 https://agents.comscore.com. 詳しくは、 Comscore ヘルプセンター を参照してください。 カスタムセグメントの料金は、 Segment Manager 作成時に

  • を使い始めるには、以下を実行します。 Oracle Data Cloud,連絡先 Oracle Data Cloud またはAdobeアカウントチーム

Comscore ロゴ Grapeshot ロゴ

DoubleVerify Authentic Brand Safety

DSPは DoubleVerify 申し出る Authentic Brand Safety ターゲティングソリューション:一貫性を保つために、すべての購入プラットフォームを対象とする、一元化されたブランドの安全要件のセットを作成できます。

を作成したら、 DoubleVerify 必要なターゲット設定を含む brand safety セグメントを使用すると、DSP内でそのセグメントを使用して、web 環境全体で入札前のブロックルールをレプリケートできます。

次の項目を指定できます。 DoubleVerify 各広告主のセグメント IDを選択し、オプションで 有効化または無効化 Authentic Brand Safety 各配置に対して. DSPは、セグメント ID の使用を目的としてアカウントを請求します。

機能について詳しくは、 DoubleVerify 直接アクセスするか、Adobeアカウントチームにお問い合わせください。

DoubleVerify ロゴ

recommendation-more-help
9ff4800f-94be-45f0-a5bf-09d0d7e96baa